2015年8月20日

【逆の生き方】『虐待された子どもは歪む』『子どもは親に似る』→私「は?」

339: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2014/03/11(火) 18:07:29.37 ID:ew9Tl5Mp
携帯からなので、見辛かったらごめんなさい

私の両親はどうしようもない人たちで、母親はまともに会話も出来ないマジキチ
父親は今でこそ良くなったけど私をよく怒鳴ったり叩いたり放り出したりしてた
虐待っていう程のことじゃないのかもしれないけど、
幼稚園児くらいの私は怖くて仕方なかったし、
されたことは今でも鮮明に覚えてる

それでも両親みたいにはなりたくないと思って今まで生きてきたけど、
テレビとかで「虐待された子どもは歪む」とか、「子どもは親に似る」っていうのを見ると、
私は人から見たらおかしいんだろうかと思って、人と接することが出来なくなってしまった今が修羅場

板違いだったらごめんなさい

2015年8月20日

【ご利益?】突然PCが不調になり、サポセンで対処法聞いてもどうにもならず。→『もうだめぽ…』とバックアップの準備をしていたある日・・・

737: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2014/01/30(木) 01:31:30.02 ID:ID0GJ1gf
突然PCが不調になり、サポセンで対処法聞いてもどうにもならず
OSの再インストしかもう手は無い、それでダメならハード的な故障とお手上げ宣言をされ
もうだめぽとバックアップの準備をしていたある日、伊勢神宮にお参りに。
いろいろあって途中の宮?でお参りすることになり
最後にやけくそ気味に「PCが治ったらうれしいです」と付け加えて、
帰ってきてPC立ち上げたら故障箇所が治っていた・・・でスレタイ

神様も時代に即してPCの勉強もしてるのかなあw

2015年8月20日

【救えないDQN】ネズミーランドにてキチママ「危ね~だろ」と言われた。→夫に宥められた直後、突然ぶちギレ出して・・・

845: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2014/01/31(金) 16:04:56.07 ID:unXtj12+
大したことないかもしれんが投下
この間ネズミーランドに行った時のこと
城に向かって左側辺りにあるレストランで昼を食べたんだ
向かいにステージのあるとこ

で、注文したトレイを持って席を探してたらベビーカーにぶつかりそうになって、
「危ね~だろ」ってキチママに睨まれた
そこまではまあ良かったんだが、ママ夫が宥めながら
「ほら、中の方空いてるよ。寒いから中にしよう」
って言った途端に、さらにブチ切れ
「はあ?ざっけんなよ、バッカじゃね~の?
中に入ったらステージ見えねえだろ、ボケ
全く使えね~な、カス、タヒね!」
と全力で罵り、こちらをギロリと睨んでから外に出て行った
ママ夫はタヒんだ魚のような目で無表情について行ったよ
初めてキチに遭遇したから、凄く衝撃的だった
やっぱりあの赤ちゃんは托卵だったのだろうか・・・

2015年8月20日

【秘密の小屋】休日は祖母の畑仕事を手伝うことが日課だった。→しばらくして『倉庫の鍵』を預けられるようになった。→その倉庫は・・・

305: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2014/03/10(月) 15:29:19.97 ID:27RxU1Z/
相手がめでたく塀の向こうに行ったので厄落としに。

数年前にあったこと。
父の単身赴任が決まった頃、私はすでに地元の高校に入学しており、母だけ父についていくことになった。
私はすぐ近くにある祖母の家から学校に通うことになってから、住んでいるところが田舎ということもあって、
休日には祖母の畑仕事を手伝うことが日課になった。

これが意外と面白くて、そのうち一人で小松菜やら大根やら育て始めるようになってから、
祖母がいつも農具をしまっている小さい倉庫の鍵を預けられるようになったんだけど、その倉庫は畑の隅の方にあって、
「鍵は預けるけど、夜になると真っ暗で危ないから畑仕事は夕方以降やっちゃいけないよ」って言われてた。
そのうち出来た野菜を近所におすそわけしに行くことも増えて、
私が畑仕事をし、自分で野菜を作っていることが広く知られるようになった頃。

キーケースにつけていた倉庫の鍵が紛失するという出来事があった。
最初は落としたのかな? と思ってたんだけど、ちゃんと落ちないようにしっかりとつけていたし、
落とせば音もするはずだし…ともやもやしたまま、鍵をなくしてしまったことを祖母に謝った。
祖母は「倉庫の中に入っているのは錆びた鎌だとか、そんなもんばかりだから盗む人もおるまいよ」
と言って慰め半分、もちろん注意もされた。
新しい鍵を作ってもらってしばらく、祖母が町内会主催の慰安旅行に出かけて、家に一人になった日の夜。
なんと警察が家にやってきた。
不審者でも出たのかなと思って出てみると、腰を抜かすくらいびっくりしたことを言われた。

2015年8月20日

【苦肉の策】震災当時マンションの13階は結構揺れてた。→怖いけどどう逃げていいのか分からなかったので・・・

812: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2014/01/31(金) 08:27:50.70 ID:FKS9DcIH
今まで生きてきて凄く衝撃だったことと言えば、
3.11の震災の時、うちは当時千葉住まいだったんだけど
マンションの13階は結構揺れて、怖いけどどこにどう逃げていいのか分からなくて
布団にくるまってトイレに駆け込んだ。
揺れが収まって出てみると部屋の中がぐちゃぐちゃで
一番ショックだったのは食器棚が倒れていたこと。
粉々に割れた食器を見て、これを片づけることを思うと絶望的な気分だった。
そこまでで十分衝撃だったが、その後旦那と一緒に「せーの!」で食器棚を起こしたら
粉々の食器の中に「どーも~!大丈夫でっす!」とでも言いたげに鎮座した
モロゾフの瓶を見た時が衝撃だった。
キズひとつなかったモロゾフの瓶、すげー!

2015年8月20日

【毒を盛って】母親は父親の残してくれた土地の収益金を独り占め。→母「金が欲しかったら裁判でこい!」→しばらくして、毒母が寝たきりになったんだが・・・

560: 投稿日:2014/01/27(月) 17:58:29.07 ID:d3xx3Wsr
うちの母親はキチガイ毒母で、父のタヒ後は絶縁してた。
父親の残してくれた土地の収益金をガメて、「金が欲しかったら裁判でこい!」と、毒づくキチガイだから。
絶縁して遠方で暮らし結婚もした。その間ずっと私の権利分のお金を横領されていた。

いよいよ毒母が寝たきりになり、病院と家の往復滞在介護状態になった。
ニートの弟が同居して、親類のリタイア爺さんを介護で雇って住み込んでもらってた。
金を握ったボケ老人と世間知らずのニートの所帯だから、詐欺師に目をつけられて当然だった。
ある時、様子を見に帰省すると、家に「司法書士」の肩書きをひっさげたオッサンが出入りしてた。
母親と弟と懇意にし、家族のように面倒みていると。
両者は昔からキチガイで、寄って来るのは宗教かセールスか詐欺しかいないというのを私はよく知っていたので、
自称司法書士のオッサンを信頼するフリをして、家に出入りするのを観察してた。

そのオッサンの父親は修羅の国で昔から事務所をかまえる有名な本物の司法書士。
大先生(先代)のことは母親もよく知っていたし、うちの父親も世話になったことがあったらしい。

2015年8月20日

【ストレスの捌け口】友人は第一志望の難関校に落ち浪人することに。→久しぶりに会うことになったら別人になってた・・・

892: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2014/02/01(土) 09:12:27.66 ID:k3T9zhmr
高校時代の友人がカルトにハマったこと。
高校時代、クラスメイトに趣味の合う奴がいて、ちょうど帰り道の途中にそいつの家があったこともあって遊びに行くようになった。
割と裕福な家庭で、両親もいい人でよくメシを食わせてもらったりしたし、あと妹ちゃんが可愛くて惚れてしまったもんだから、それからは何かと口実を見付けては立ち寄ってた。
卒業して自分は大学に通うため地元を離れることになったが、友人は第一志望の難関校に落ち、悩んだが妥協せず浪人することに。
卒業後の春休みには家に泊めてもらい、友人や親父さんと一緒に酒を飲んで「またな」と別れた。
それからしばらくはお互い連絡も取らず疎遠に。
当時はまだ携帯も普及しきってない時代で、手軽な連絡手段としてのSNSなんかも当然なく、また田舎育ちの自分にとっては都会での大学生活が新鮮かつ刺激的だったこともあって、地元のことはすっかり頭から消えていた。

2015年8月20日

【危うく・・・】脚立に登って蛍光灯を解体?というか取り外しをているおっさんがいた。→私「(じゃまだなぁ…)」おっさん『チッ!』→すると、頭上から物音がして・・・

417: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2014/03/15(土) 01:31:37.83 ID:bC+kfdZU
私も割り込み失礼します。
今日のことなんだけど、投下
余りにも暇だからツ○ヤにDVDを
借りに行った。
そしたら、新刊の棚をおおう形で、脚立に登って蛍光灯を解体?というか取り外しをているおっさんがいた。
邪魔だなぁ~と思いつつ、
何を借りようか脚立の建っている場所を避けつつ物色していたら、突然頭上から、
『チッ』という、おっさんの舌打ちするこえが聞こえたと同時に、鉄板みたいな物が落下(おそらく、蛍光灯の横に着いてる四角い物体)してきた。

2015年8月20日

【部室での争い】血相変えた部長が、私に 「私ちゃん!お願い!助けて!」→私「えっ?どうしたんですか?」部員「こ、これ!使ってください!」

790: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2014/01/30(木) 17:39:03.31 ID:8vgGRJwY
私の高校は比喩ではなく山の上にあった。
時々猿が降りてきては、水泳部が爆竹武器に戦ってた(プールに入られると掃除やり直しなので)そのくらい山の中。

私は、吹奏楽部に所属。夏場の教室は暑く、クーラーなんて無いので、窓を開けて練習する。
その日、私は委員会があって、途中から部活に参加する予定だった。一人で、部室に向かってると、血相変えた部長が、私に駆け寄ってきた。
わざわざお迎え?にしては先輩切羽詰まってるなぁ、と思ったら、
「私ちゃん!お願い!助けて!」
と、普段厳しい先輩が、軽くパニック起こしながら、私の腕をグイグイ掴んで部室へと向かわせる。
私は何が何だか分からずに、とにかくヤバい事が起きたんだと、冷や汗かきながら、普段練習してる教室に到着。

入ると、部員全員が、教室の角に怯えたように固まってた。
窓から毒蛇でも入ったのか!?いや、変態か!蜂か!?と身構えると、同級生が、窓際に立てかけてある楽器を指差して叫ぶ。
「せ、蝉!!」

聞くに、休憩の間に、蝉が何匹か教室に侵入。立てかけてた楽器に張り付いてミンミン鳴き出してしまったと。
動いたら飛び回るかもと、女子ばかりの部員は大混乱。
私(祖父が農家)が、虫大丈夫と聞いた部長が、勇気を出して廊下へ脱出。私を探しに行ったそうだ。

…物凄く脱力した。蝉ってorz
パーカッションの子が「こ、これ、使ってください!」って、コントラバスの弓を差し出したけど、
お断りして、一匹ずつ、手で窓から放り投げたら、幸い蝉は戻って来なかったよ。しばらく部内で英雄扱いされたのが、何だか複雑だった。

以来、他の部でも虫(昆虫)が出ると、何故か私が駆除係にされた。
Gや、セミならともかく、カブトムシやカミキリムシくらいどうにかできるだろ、と思ったが、
「私さんすご~い(笑)」とかからかう図体でかい男子に、捕まえたのを突き出したら、半泣きになってたので、本当にダメだったんだろうな。

畑の少ない地域ではあったけど、最近の子は、虫ダメなのか…
私、田舎者かぁ…とスレタイ。

2015年8月20日

【確信犯?】K「ごめんね、間違えちゃった」私「そうなんだ…」→K「ごめんね、また間違えちゃった」私「 」

864: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2014/01/31(金) 22:54:43.56 ID:VCh8bBgS
前の職場に、中肉中背なのに足の横幅が尋常じゃないくらい大きい女性
(以下Kさん)がいたんだけど、お昼休みの時間に休憩室の靴箱に
オフィスサンダルを置いてお弁当を食べていたら、後から入ってきた
Kさんが私のサンダルを間違えて履いて行ってしまった。

その後Kさんは「ごめんね、間違えちゃった」と返してくれたんだけど
いざ履いてみたら、サンダルのベルトの金具部分が勢いよく吹っ飛んだ。
「え?」と思ってよくサンダルを見てみたら、何かとんでもない力で
物凄く横に引っ張られたみたいに伸びきっていた。

その時は単に靴に寿命がきたのかな?と思って買い直した。
更に数か月後、再びKさんが「ごめん、また間違えちゃった」と言って
サンダルを返してきた。自分の物とは思えないくらいに横に伸びきって
ゆるゆるになっていた・・そこでようやく、Kさんが履いたから
こうなったんだ・・と気が付いた。

そこからの、「私子さんって靴24.5�pでしょ?私とサイズが同じだから間違えちゃうのよね☆」
という一言に衝撃を受けた。