タグ:自己免疫疾患
2019年3月2日

私には持病があり、1日3回の服用が必須。自己免疫疾患もあるのでエピペンと抗炎症剤も持ち歩いている。しかし、アルバイトを終えると鞄の中から薬が消えており・・・

265 :名無しさん@おーぷん 2015/10/08(木) 04:05:02 ID:CsX
神経がわからないし許せないこと

私は病気を抱えてる
一日3回服薬していて、自己免疫疾患があるからエピペンと炎症を抑える塗り薬も持ち歩いてる
時々皮膚がミミズバレのようになって腫れ上がることがあるので、そんな時は塗り薬を使い、症状が収まらず広がっていく時はエピペンを使うよう指示されていた

私が大学生のころ大手ショッピングモールでアルバイトをしていた
私は決まった時間にプレドニンやホルモンの薬を飲まなければならないので、土日など一日仕事がある日は薬袋まとめて持ち歩き、職場でも薬を飲んでいた
入れ忘れを防ぐため、大体鞄には一週間分の薬を入れていた
働きはじめて三日目にして鞄から薬がなくなった
置き忘れたんじゃないかと休憩室も探して、周りの人にも探してもらった
見つからないのでその日は返してもらって薬を飲んだ
次のバイトの時、指導にあたってくれた人が「薬はある?」と聞いてきたので、目の前で薬局の袋を見せて「あります」と答えた
しかし、それもなくなった
忙しくてお昼休憩の時間がずれ、薬を飲むタイミングを逃してしまい、皮膚がまたミミズバレ状に腫れ上がったので塗り薬を取りに戻ったら、全部の薬がなくなっていた
犯人は見ていた人がいたので直ぐに判明した
パートのババアだった
その人は宗教に狂っていた
「薬は毒、毒を飲み続けるのはよくないこと」
「症状が出るのは身体が毒素をだしたいるから、あなたは全身に毒素が溜まっているから毒素をどんどん出さなければ」
「今も皮膚から毒素が出ている、どんどん出さなきゃ」
結果、皮膚の腫れはどんどん広がり、反応を抑える飲み薬も飲み損なっていたために効果が切れ、身体中に反応が広がって救急車を呼ぶ騒ぎになった
ババアは「毒素がいっぱい出てる、毒素がいっぱい出てる」と大喜びしていた
病院ではプレドニンを飲めなかったことをかなり叱られた
一日2回昼と夕方に飲んでいたので、昼を飲みそこねると危険な状態になるのは当然だと
命に関わるものを無くすなと強く約束させられた
その日でバイトは辞めた
店側も理解を示してくれた
その後病院にかかって捨てられた分の薬を処方してもらったけど、薬代がバイト代を上回って赤字だった
でもあのババアには二度と関わりたくなかったので勉強代として諦めた
もし家でも知られたら本当に杀殳されてたかもしれない
それくらい苦しむ私の顔を見るババアの目は黒く輝いていた

2018年10月12日

大卒の女の子が新しくバイトで入って来た。仕事もできて気も利くし『正社員にならないか』とお声がかかったが、頑なに拒否し続けた。すると店長が『これだからゆとりは』といびり出した。ある日バイトの女の子が…

683 :名無しさん@おーぷん 2015/06/05(金) 15:34:57 ID:SS1
店長がスレタイ
私の職場に大学卒業したばかりの娘がバイトで入ってきた
すごーく働くし気も効くし、正社員にならないかと声がかかるくらい
でも頑なに正社員は拒否し続けた
店長はそれを見て「ゆとりだから社会人としての責任感がないんだ、甘えだ」と段々とバイトの子をいびりだした
私は心配になって何度か理不尽に叱られたりした時フォローしたんだけど
「仕方ないんです、私みたいな身体で雇ってくれるところは少ないですから
皆さんにもご迷惑をおかけしてすみません」
一体何のことから解らず、思わず「なんの話?」と口から溢れてしまった
相手もびっくりした顔で
「あの、私、自己免疫疾患があって、無理をするとダメなので、それでどんなに忙しい時でもバイトの時間増やせないって伝えてたんですけど」
びっくりした、そんな話は聞いてなかった
私はシフトの担当だから知っているものだと思ってたそうだ
でも店長からそんな話はなかった
正社員のお誘いをしてくる上司も聞いてなかったらしく、2人でバイトの子に謝った

ある時、すごく忙しい時に店長が電話で怒鳴り散らしていたことがあった
その時は気にもとめてなかったんだけど、暫くしてバイトの子が青ざめた顔をしてやってきた
挨拶はハキハキだし、仕事もテキパキするんだけど、どう見ても顔色が悪い
暫くして忙しい波が去ったあと、やっと休憩を入れられた
まかないが出てそれを順番に食べるんだけど、休憩室からガシャーン!と音がした
慌てていってみると、顔が真っ赤になってパンパンになり嘔吐を繰り返すバイトの子
慌てて救急車を呼んだけど、救急車くるまでに顔だけでなく喉までパンパンに腫れ続けて息が止まってた

バイトの子は無事助かったんだけど、事情を聞いたらその時38度の熱が出ていたらしい
休みの連絡を入れたさい、店長がそれを許さず怒鳴りつけて呼び出した
結果、体が許容範囲を超え、口にしたスープに過剰反応して、免疫が口や喉の粘膜を攻撃しまくったそうだ
暫く入院することになり、その間にバイトの子の母親が怒鳴り込んできた
そりゃ娘がタヒにかけたんだから当然だろうと思うんだけど、店長は
「二十歳過ぎて親がしゃしゃり出てくるなんてキメーな、これだからゆとりは、もうあいつクビだ」
と自分の行動は棚に上げ、皆が退社した後にバイトの子のロッカーを空にしてしまった

この行動も問題になり、結果店長は消えたんだけど、バイトの子はこのことで精神的にもやられてしまった
いじめ倒された挙句タヒにかけたことで、働くことが怖くなってしまい、2年間引きこもった
それでもネットで出来る仕事をして少額を稼いだりしてたみたい
2年後自力で脱ニートをし、またパートとして働きだしたそうな
しかも時給1600円
2年間引きこもってる間に資格だけはきっちりとってたそうで、「働くのは一日4時間なんですけど、前よりお給料も増えて、身体も楽です」と言っていた
今度結婚するらしく、ウエディングドレスの相談をされた
ホントに幸せになってくれてよかったと思う