タグ:挙式
2019年2月11日

重度障/害児を持つコトメが私達の結婚式で式場に無茶な要求。コトメ『バリアフリーのチェックするから下見させろ!皿は何枚用意しろ』私「出席は遠慮して」コトメ『嫌よぉぉ(泣)』

974 :名無しさん@HOME 2019/01/08(火) 02:35:56 0.net
去年挙式したんだけど準備と仕事の両立で忙しい中夫に子供の送迎依頼をしてた

子供は重度障/害児なんだけど式場のバリアフリーチェックがしたいから下見をさせろとか
流動食を食べる為の皿を何枚用意しろとかオムツ替えやお昼寝する部屋を用意しろとか
本当に何様かというレベルで知らないところで式場に要求していた

事態を知った私は正直出席は遠慮して欲しいとキッパリ伝えたがしまいには泣き付かれて
・式には出ない ・披露宴は途中からの参加 ・子供が奇声や発作がでたらすぐ退席と約束しての参加となった

それでも貸衣装で色留を借りるにしても白い留袖を選ぼうとしたり
式当日のカメラマンに家族写真を撮ってもらいたいとか勘違い甚だしくてイライラしていた

式当日はヘアセットと着付けをホテルで準備していたが来るなり「メイクはしてもらえないの?」と騒ぎ美粧室で道具を借りて自分でメイクをした模様

そもそも貸衣装もヘアセットや着付けも全てこちら持ちでどこまで図々しいのかと

式披露宴では見事に約束を破り最初から最後まで居たし来賓のスピーチ中に何度も奇声をあげて微妙な雰囲気になったが妹夫婦はスルー

それでも何とか全体的に満足のできる式披露宴だったので良かったと思っていたのも束の間

当日のスナップ写真を見ていたら私が中座している間に高砂の新婦席に座っていた

夫を問いただすと妹が並んで写真を撮りたいと高砂に来て当たり前の様に新婦席に座ったからダメな事とは思わなかったと

散々式準備の最中にも散々引っ掻き回した挙句に当日まで知らぬ所でやらかしていたとは絶対に許せない

2018年12月21日

自分「来月、姉の挙式があるからスイスに行くんだよね」「スケジュールギリギリだし観光なんかしてる暇ないよ~」→社員食堂でそんな雑談してただけなのに、買い物リストをやたら手渡されるんだけど・・・

180 :おさかなくわえた名無しさん 2012/05/23(水) 17:04:39 ID:Rnz+tUcc
社員食堂で同僚に来月姉の挙式のためにスイスに行くという話をした。
ギリギリのスケジュールで観光なんかしてる暇ないよ残念ということも
話したと思う。

午後の勤務中に私の職場まで来て
「スイスに行くならこれを買ってきてもらえない?」と
リストを差し出さして来た人がいる。結構多い。
自分の買い物すら危ういのに人の買い物なんかしてる暇ない。
どこで聞いてたんだ、食堂か。
それより仕事しろよ。
なによりも、あんた誰・・・・(うちの会社工場なので人数べらぼうに多い)

見ず知らずの相手に話してもいない旅行での買い物を要求され
断ったら冷たいと言われたのはさすがに初めてだ。

2015年12月25日

今日コトメの披露宴だった。その披露宴に私、私の父母、私の叔父(少しだけ名を知られている楽器演奏者で箔付けのため呼ばれた)三名欠席&招待客のホテル予約キャンセルした。

29: 名無しさん@HOME 2007/08/24(金) 19:46:00

今日コトメの披露宴だった。

コトメとコトメ旦那は教師なのでこんな日になった。

その披露宴に私、私の父母、私の叔父
(少しだけ名を知られている楽器演奏者で箔付けのため呼ばれた)
三名欠席&招待客のホテル予約キャンセルした。
30名ほどの予約だけど観光地なので
なかなか他のホテルは予約できないはず。

おまけに衣装、ブーケ、小物届かずに
しょぼい間に合わせの貸し衣装で
間に合わせたと思うのでずいぶん
惨めな式になったと思う。

親戚中で都会の嫁と馬鹿にしつづけ
裁縫以外とりえのない女と罵り、
私の母(和裁士)まで巻き込んで
衣装を安く上げようとしたり

何より私の子は席代が無駄なので呼ばない、
でも花束贈呈はさせろなんて
コトメ夫婦で言うので腹が立った。

さっきから携帯がずっと鳴ってるけどもう知らない。

2015年12月23日

私の友人が披露宴を挙げたとき、座席表(表紙つきの豪勢なもの)が配られたんだが、重大な間違いがひとつ。新郎の会社の元社長の名前に誤りが・・・。本人を恐る恐る見ると・・・

110: 愛と死の名無しさん 02/07/25 16:04

私の友人が披露宴を挙げたとき、

座席表(表紙つきの豪勢なもの)が
配られたのですが、重大な間違いがひとつ。

新郎の会社の元社長(彼や両親にとって最も大切な招待客)
の名前に誤りがあったのです。

着席して置いてあった座席表を眺めて、
この事実を知った私たち会社の同僚は凍りつきました。
決して粗相があってはならない人に、やっちゃった。

で、「人様の名前を間違えることは決して良くないこと!」が口癖だった
元社長の方を恐る恐る見ると・・・


なんと
何事も無いかのように平然とされていました。
ふーーむ、さすが・・・と思ったものです。



披露宴の会場入り口で
挨拶していた新郎の目がなんで涙目だったのか、
その時あの間違いのせいだったのね、と思った次第です。

座席表、校正でちゃんと確認せにゃあ・・・。