タグ:執着
2018年9月14日

【黒い過去】母親は気付いてないけど父親との離婚原因は私が作ったようなもの。私が〇〇しなけりゃ超仲良し夫婦だったから離婚しなくて済んだろうな。

843 :可愛い奥様 2010/04/13(火) 05:17:21 ID:Ff05vD2lO
母親は気付いてないけど父親との離婚原因は私が作ったようなもの
性生活中に寝惚けたふりして突撃を繰り返しやる気を萎えさせ、
父親を浮気させることに成功
黒い幼児だった

私が突撃しなけりゃ昼でも四六時中イチャイチャしてたから離婚しなくて済んだろうな
離婚した時うれしかったです

2018年9月6日

バイト先の極太眉毛・友達いない・悲壮オーラが漂う存在の女が彼に気がある事が分かった。でも、彼も相手にしないと思っていたし、私が負けているわけがないと自信があったが・・・

218 :恋人は名無しさん 2009/05/15(金) 09:54:46 ID:CozA+tDi0
私子…19歳 大学生
彼男…20歳 大学生
股子…25歳 フリーター
姉…私の姉 26歳
姉彼…私の姉の彼氏

以上が登場人物で、全員同じバイト先で働いていました。

彼男の第一印象は、イマドキの大学生って感じでチャラチャラしてそうで好印象はなかった。
が、仲良くなって行くうちに3年ぐらい彼女がいなく恋愛に対してかなりウブなことがわかった。

前の彼氏がイケメンでモテるタイプで他に女作って捨てられたので、
見た目のギャップと彼男の純粋そうなところに惹かれた。

が、前回の恋愛で軽く男性不審だった私は二ヶ月ほど友達として
二人で遊んだりしていた。個室の漫画喫茶へ行ったりカップルも同然で
このまま彼男と付き合うんだろうなあってなんとなく思っていました。

そして同じバイト先の股子。
年上で、どちらかと言うと姉と近いのでバイト内でも
同じグループ?とは思っていなかった。
自分で切っただろう眉上の前髪に、極太眉毛、病的な肌の色と細さ
でいかにも友達いない、悲壮オーラが漂う存在。

同年代のバイトの子たちからも、キワモノ扱いされていました。
私と彼男が仲良くなっていくうち、股子が彼男に気があるという話が耳に入りました。
同じバイトだった彼男の友人も「股子さんはないわ(笑)」と言っていたし
私としても股子など眼中に入っていませんでした。