タグ:ゆとり
2018年10月12日

大卒の女の子が新しくバイトで入って来た。仕事もできて気も利くし『正社員にならないか』とお声がかかったが、頑なに拒否し続けた。すると店長が『これだからゆとりは』といびり出した。ある日バイトの女の子が…

683 :名無しさん@おーぷん 2015/06/05(金) 15:34:57 ID:SS1
店長がスレタイ
私の職場に大学卒業したばかりの娘がバイトで入ってきた
すごーく働くし気も効くし、正社員にならないかと声がかかるくらい
でも頑なに正社員は拒否し続けた
店長はそれを見て「ゆとりだから社会人としての責任感がないんだ、甘えだ」と段々とバイトの子をいびりだした
私は心配になって何度か理不尽に叱られたりした時フォローしたんだけど
「仕方ないんです、私みたいな身体で雇ってくれるところは少ないですから
皆さんにもご迷惑をおかけしてすみません」
一体何のことから解らず、思わず「なんの話?」と口から溢れてしまった
相手もびっくりした顔で
「あの、私、自己免疫疾患があって、無理をするとダメなので、それでどんなに忙しい時でもバイトの時間増やせないって伝えてたんですけど」
びっくりした、そんな話は聞いてなかった
私はシフトの担当だから知っているものだと思ってたそうだ
でも店長からそんな話はなかった
正社員のお誘いをしてくる上司も聞いてなかったらしく、2人でバイトの子に謝った

ある時、すごく忙しい時に店長が電話で怒鳴り散らしていたことがあった
その時は気にもとめてなかったんだけど、暫くしてバイトの子が青ざめた顔をしてやってきた
挨拶はハキハキだし、仕事もテキパキするんだけど、どう見ても顔色が悪い
暫くして忙しい波が去ったあと、やっと休憩を入れられた
まかないが出てそれを順番に食べるんだけど、休憩室からガシャーン!と音がした
慌てていってみると、顔が真っ赤になってパンパンになり嘔吐を繰り返すバイトの子
慌てて救急車を呼んだけど、救急車くるまでに顔だけでなく喉までパンパンに腫れ続けて息が止まってた

バイトの子は無事助かったんだけど、事情を聞いたらその時38度の熱が出ていたらしい
休みの連絡を入れたさい、店長がそれを許さず怒鳴りつけて呼び出した
結果、体が許容範囲を超え、口にしたスープに過剰反応して、免疫が口や喉の粘膜を攻撃しまくったそうだ
暫く入院することになり、その間にバイトの子の母親が怒鳴り込んできた
そりゃ娘がタヒにかけたんだから当然だろうと思うんだけど、店長は
「二十歳過ぎて親がしゃしゃり出てくるなんてキメーな、これだからゆとりは、もうあいつクビだ」
と自分の行動は棚に上げ、皆が退社した後にバイトの子のロッカーを空にしてしまった

この行動も問題になり、結果店長は消えたんだけど、バイトの子はこのことで精神的にもやられてしまった
いじめ倒された挙句タヒにかけたことで、働くことが怖くなってしまい、2年間引きこもった
それでもネットで出来る仕事をして少額を稼いだりしてたみたい
2年後自力で脱ニートをし、またパートとして働きだしたそうな
しかも時給1600円
2年間引きこもってる間に資格だけはきっちりとってたそうで、「働くのは一日4時間なんですけど、前よりお給料も増えて、身体も楽です」と言っていた
今度結婚するらしく、ウエディングドレスの相談をされた
ホントに幸せになってくれてよかったと思う

2018年9月4日

私達が契約している駐車スペースに自転車やバイクがよく無断で停めてある。私達が車を止められないから仕方なく大家さんや管理会社に連絡するのだが、いい加減イライラする・・・

13 :名無しさん@おーぷん 2016/06/15(水) 20:47:24 ID:9lO
今住んでるマンション、入り口に駐車場が2台分ある
契約は私達夫婦なんだけど、入り口に近いからかバイクや自転車が良く停めてある
その度に私達が車停めれなくて大家さんや管理会社に連絡しなきゃいけないのがイライラする
管理会社から駐輪場使えってチラシを全戸定期的に入れてもらってるけどそれでもダメ
巡回にくる大家さんもいろいろ声かけしてくれてるけどそれでもダメ
このマンションは3階までが大学生や単身向け、それより上はファミリー向け
基本的に入り口近くに置くのは大学生だそうで
ゆとり世代って纏めたくないけど纏めて貶したくなる

2015年5月23日

【DQN】取引先の担当者がクズ過ぎて、誰もが『この会社とは手を引こう…』と考えていたところ、ある年に念願の担当者交代!『これならうまくやっていけるだろう!』と考えていたところ、新しい担当者が前任者を凌ぐクズだった!

296: 1/2 2013/03/10 21:08:20 ID:WouwyDdj
以前働いていた職場での話。

DQNな取引先(以降D社)があって、皆手を焼いていた。
やってる仕事はまっとうだが、担当者のA男がDQN。口が悪くすぐ切れる。
無理難題を押し付けてきて、断るとブチ切れ。
その月の支払いを渋り(妥協点を見つけて最終的には払ってくれるが)、
支払いが終わるとまたトラブル→恫喝の無限ループ。
「もうこの会社とはつきあえない」と、どの会社もD社から手を引いていて
それでもどこからか新しい業者が参入するので、なんとかD社はもっていた。
とはいえ私の働いていた職場も(支払日の)月末が近付くと、
D社との問題で毎月が修羅場だった。

そんなこんなで2年ほど取引は続いたが、いよいよもう付き合えない、
切るしかないと誰もが思っていると、A男に呼び出された。
A男が担当から外れ、これからは新入社員のB郎が担当するという。
A男さえいなければ仕事じたいはスムースにいく(筈)。

しかし、そこからが本当の地獄だった。
B郎は底抜けのゆとりバカだった。