カテゴリ:驚き
2017年4月30日

我が家は落ちた物は食べないと子供にいいきかせてる→公園でママ友におにぎりせんべいを貰うも、受渡しに失敗し落としちゃった。ママ友『ほら、3秒ルールよ!』と強く言ってきた。我が家にはそんなルールなし!!

10 :名無しの心子知らず@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 09:26:43.52 ID:xwxIWTVk.net
公園で遊んでたらママ友子におにぎりせんべい一枚貰って子供同士が受け取る時にタイミング合わず地面に落ちて泥が付いた。

うちは地面に落とした物は食べさせないけど、相手親は「ほら!早く拾って!3秒ルールだよ!」相手子も「あーあ、せっかくあげたのに!!」と言ってくる。

うちの子は「でも落ちたよ?汚いよ?」と硬直、しばらく沈黙が続いてどうしようもなかったので私が拾って「おばちゃんが家帰ってから食べるねありがとう」と言ってハンカチ包んで持って帰る事にした。

後から相手親に「折角うちの子があげたのに!」「最後の1枚だったのに!」「食べ物粗末にして!」と喚かれたのでハンカチごと渡してじゃあ返すわね、良かったら食べてって押し付けて帰った。

食べ物大事にするのはいいけど押し付けないで欲しい。安物だしどうでもいいけどハンカチ帰って来ない。
まあここまま縁切れるだろうな。

2017年4月30日

幼稚園からの付き合いの彼氏、小さい頃から家に出入りしてて彼母とも良好で良くしてもらった、、のに結婚の話がでると反対された!全然わからなくて・・・よくよく話を聞いてみたら、猫がこじれを作ったみたいだ。

804 :名無しさん@おーぷん
学生時代からの彼氏と結婚話が出たんだけど、彼の母親から反対された。
付き合いだしたのは高校だけど、彼氏とは幼稚園から一緒だったし、彼のお母さんにもよくしてもらってたと思ってたからものすごくびっくりした。
ちなみに彼氏は母子家庭、一人っ子。
「私のことを嫌っている女の子と結婚したら息子とも疎遠になってしまう。同居とかは全く考えてないけど、せめて私と普通に仲良く接する気のある女性じゃないと…
私も嫁姑で苦労したから必要以上にベタベタはしたくないけど、初めから嫌いな姑がいる相手と結婚なんでしないほうがいい」と言われた。
私は彼氏のお母さんの事、全く嫌ってない。
むしろ自分の母が専業主婦だったから、バリバリ正社員で働く彼氏のお母さんはかっこいいし好きだと思っていた。
高校の時とか彼氏が実家住まいだった頃も、土日働いてるお母さんとは滅多に会わなかったし、会っても普通によくしてくれてたので、何でそう思われてるのかまったくわからなかった。
原因は猫だった。彼氏実家は猫を二匹飼っている。
彼氏が中学頃から飼っている猫と、私と彼氏が20歳頃に拾った猫。
この二匹目は、私と彼氏が地元を歩いていた時に、捨てられていて、少し怪我をしていたので拾って最初は動物病院に入院して面倒を見ているうちに飼うことになった猫。
私の実家は猫アレルギーがいたのでかえず、退院後は彼氏がうちは既に一匹いるから二匹目もいいよと彼氏の実家で飼うことになった。
白くてふわふわだったから、しらたまという名前をつけて、彼氏の実家に行くたびにわしゃわしゃ可愛がっていた。
そしたら、実はしらたまにはお母さんがつけた全く別の名前があることが判明。
で、それをまったく知らない私はお母さんの前でもしらたまと呼び続け、お母さんは嫌われてる?と思ったそうな。
お母さんは彼氏になんで彼女はしらたまって呼ぶの?と何度も聞いたみたいだけど、彼氏はその度にはぐらかしていたらしい。
彼氏に、何でしらたまに新しい名前があるの教えてくれなかったの?別の名前があるならそっちで呼んだのにと聞くと、
新しい名前をつけたと知ったら先に名前をつけたのは私なのにと私が気を悪くすると思った、でも母親にももうすでに彼女が名前をつけたと言ったら世話をするのは私なのにと気を悪くすると思ったから言えなかったと意味不明。
そして5年以上しらたまと呼び続けた私は、なんとかお母さんのつけた名前で呼ぼうとするも違和感を感じてしまって、何度も呼び間違える。
お母さんもしらたまちゃんと呼ぼうとするも、同じ感じらしく、間違える。
彼氏の意味不明な気遣いでこじれてしまい、結局別れた。
先日SNSで友達かも?で出てきた元彼のプロフィール写真が、子どものときのしらたまで、なんだか切ない。

2017年4月29日

猫が好きで多頭飼いしてる俺。引っ越しの時なかなか物件がなくて困るんだよなー。都内でこんなに安いの?!って物件を見つけた→不動産屋にぶっちゃけ聞いてみたら・・・案の定、夜中にトイレのドアの前に猫が必ず集まりドアにネコパンチ!こわーい

245 :名無しさん@おーぷん
俺は昔から猫を多頭飼いしている(最大で10匹ちょい)のだが、やはり引っ越す事になると一番困るのが新居。
そもそもそんなに引越しもしないのだが、一度どうしても仕事の関係で引っ越す事になってしまった。
そこで見つけたのが普通のアパートなのだが、ペット(猫多頭も)可。
なのに何故かやたら安い。
都内で2部屋+台所風呂トイレ付き4万台なんて異常だ。
「ははーん」と思って案内してくれた不動産屋に「事故物件ですか?」と聞いてみたら案の定そうだった。
ユニットバスのトイレで女性が心不全の為に亡くなったらしい。
でも、お化けとか信じてないと関係ないし!と思って、そこに入居。

そしたらね、猫がね、なんか毎晩トイレのドアの前に集合するんですよ( ;∀;)
同じ時間に。
たまに何匹かが急に立ち上がってドアに猫パンチするしね。
壁とかに止まったハエを叩くみたいにね、パンチパンチってするんですよ。
毎晩ですよ、毎晩。
しかも1匹残らず集合。

さすがに霊の存在を信じたわ、あそこに住んでた時期は。
因みに猫さん達は1ヶ月もしない内に飽きた模様。
あの部屋に住んでた時は夜中にトイレに行くのが毎回修羅場だった。

2017年4月29日

どうやら友人Sは俺の妹が気に入ったみたいだ。俺(友人として何とか取りもとう!)と妹とSを合わせた→デートして妹が嫌だと言ってきた。俺は友人の味方したら、、友人がとんでもない奴だった・・・すまん妹

645 :名無しさん@おーぷん
移動した先のスレも止まってるし戻って来たらその時総員で追い出しかけるってことで
スレ流速速いとこうなるのがわかったから、次回類似の際には専スレ追い出し検討し易くなるんでない?

2017年4月29日

【神業】UFOキャッチャーで商品じゃなく、商品が乗った底の分厚い板を掴んでしまったwww『あわわわわーーー』と慌てふためくって、こういう事なのね。ちょー焦った、歌舞伎町だったしね

343 :名無しさん@おーぷん
大昔、新宿歌舞伎町のゲーセンのユーフォーキャッチャーで商品じゃなくて商品ののった底の分厚い台をすくってしまったことがある。

あわわわわ・・・と慌てる自分の目の前で斜めに立ち上がる床部分。

歌舞伎町だし怖い人に怒られる・・・と思いながら涙目で店員さんに謝ったら無視されたので逃げてしまった・・・。

2017年4月28日

同棲してる彼女がミニマリズムにハマり何でもかんでも捨てようとする→目が覚めると、PC類が全部ない!『泥棒だ!』警察呼び現場検証。彼女が戻ってきて『何で警察いるの?断捨離しただけよ♪ルン』俺&警察ポカーン→本命彼氏と仲良く塀の中で暮らせ!

633 :名無しさん@おーぷん
3年ちょっとほど前の話
同棲してた元彼女がミニマリズムにハマり、あれ捨てようこれ捨てようと煩くなった
それが全くの不用品(着なくなったシャツとかそういうの)ならよかったんだが、仕事で使うタブレットや、
その前に使ってたサブのノートPC(当時元彼女が使ってた)までも処分させようとする

いい加減神経を疑うようになり、だんだん同棲解消を考え出した頃、
ある朝起きたらアパートからPC類が全て消えていた
スマホだけは無事だったので泡食って110番し、警察が事情聴取と現場検証してるところに、
元彼女(友人宅に泊まりがけで遊びに行ってた、後述するが嘘)がルンルンでご帰宅

元彼女「え、何で警察がいるの?」
俺「寝てる間に泥棒入られたんだよ。お前、帰ってこなくて正解だったわ」
元彼女「やーもー大袈裟だなぁ、断捨離してあげただけなのに」
俺&警察一同「……はぁ?」

2017年4月28日

素敵なママAさん。実家に引っ越すとの事でお別れ。旦那さんが親と住んでくれていいなぁ、と思いきや→親戚がAさん宅の近くに住んでて話を聞いたら、衝撃過ぎてポカーン、今後の付き合い考え直さなきゃ

248 :名無しさん@おーぷん

ママ友との、今後の付き合いに悩んでた。
転居が決まったからFO予定。

ママ友Aさんが引っ越したので、お疲れ様ランチをした。
実家の母と同居で、マスオさんなら嫁姑とかなくていいねと話してた。

引っ越し先のご実家近くに、親戚が住んでいて、遊びに行った時、Aさんちの話をした。
親戚が眉をひそめて、Aさん実家の話をしてくれた。

新興宗教の信者で、近所中を勧誘したので、距離を置かれている。
Aさんには兄が二人いて、二人とも結婚後に同居したが、一年足らずでお嫁さん家出。
嫁いびりを、Aさん母とAさんがしていた。
その後、Aさんが結婚して実家に入り、おうちを建て替えた。
しかし、一年足らずでAさんが家出。
近くで、他の男性と住み始めた。近所中から、目撃される。
その後、Aさん夫が家を出ていく。離婚したらしい。
暫くはAさん母だけが住む。
そのうち、お腹が大きくなったAさんが出入りし始め、新しい夫も住み始めた。
家の名義はまだ元夫で、住宅ローンも元夫で、ただで住んでるとAさん母が親戚に話していた。

親戚は引退したが法律関係の仕事をしていたため、名義をAさんに変える方法を訊かれたそうだ。
法律関係といっても、パート事務だから知らないと追い返した。
使えない人間と、Aさん母に罵倒されて気分悪かったと。
変な家だから、あまり付き合わない方がいいと言われた。

Aさんがバツイチとか、不倫の末の結婚とか知らなかったし
綺麗なおうちは、Aさんが結婚した時に建てたと言ってた。
誰が建てたとは言ってなかったけど…

Aさんは、ママ友の中では高齢でリーダー的存在。
だが、集まると誰かをターゲットに弄る癖があった。
「ちょっと膨らんだ?」と断乳太りに悩むママに言って
ドリンクバーで甘い飲み物選ぶと「また膨らむよ〜」とチクチク
抜け毛に悩んでベリーショートにしたママに「出家?出家するんだ?!」としつこく言ってたり。
周りが窘めると「私、関西人だから〜関西なら、弄りは美味しいところだよ〜」と開き直る。
親戚によると、Aさん母が関西人で、Aさんは地元生まれ。

周りのママ友は、働き始めたり引っ越したりで、段々欠けていく。
私も、このまま距離を置こうと思う。
この話をママ友達にすると、人間関係的にあまり良いことにならなさそう。
でも黙ってるのがシンドイので、フェイク交えて全世界に告白してみた。
私は、あの人のことが嫌いだったんだなと実感した。
スッキリした。終わり。

2017年4月28日

いつものデカイ声でしゃべる同僚。端から端まで聞こえるぐらいデカイ声。内容は愚痴か不満→朝から『ヤバイ、ヤバイ』とあたふたしてデカイ声出してるwww(いつもの事かぁ)とスルーしてたら大惨事wwヤベえ

329 :名無しさん@おーぷん
油を扱う工場に勤めているのだが、一人声のでかいおっさんがいる。
張り上げれば大型のフライヤー10台が並ぶ工場の端から端まで届くし、
普段の会話も壁を挟んでも余裕で聞こえる。
元気な人で連日の残業で皆がへたれてても一人威勢よく誰彼構わず雑談を持ちかける。
ただ特に話が面白い訳でもなく、内容はだいたい会社への不満か家庭の愚痴なので冷ややかな目を向けられることもしばしば。
またあやふやな情報や噂に過剰反応して騒ぐ癖もあり、信用はあまりない。

ある朝そんなおっさんがやべえと叫びながら走りまわっていた。
その時場内にはおっさんと俺入れて4人が各々の仕事の準備をしており、
喚き慌てるおっさんを見た他3人は皆また始まったと相手にしなかった。

しかし準備を終えて一休みしようと休憩所に向かいかけた俺が見たのは、おっさんの担当のフライヤーの半分くらいを覆う炎と、それに必タヒで小麦粉をかけるおっさんだった
(消火器は管理職の判断がないと使えないので小麦粉をかける判断は正しい)
思わず火事かよ!!! と絶叫して俺も小麦粉を取りに走った。
他二人も俺の声に反応して袋片手に走ってきた。
4人で必タヒに粉をかけて何とか鎮火した。

しばらくして出勤してきた工場長は、叫んでるのに誰も助けてくれなかったと嘆くおっさんを普段から落ち着きがないからだと叱りつけ、
俺たち3人はお咎めなし。
後日3人でおっさんに飯を奢った。
炎を見た瞬間は修羅場だったが、おっさんは出世した今も裏ではリアル狼少年と呼ばれているw

2017年4月27日

初めて見た心霊写真・・・妹の背後に写るのは、、なんと亡くなったバァちゃん!妹を見守ってるんだねってホッコリしつつ、私じゃないの?!と嫉妬www

242 :名無しさん@おーぷん
修羅場ではないんだけど衝撃体験。
23歳の時心霊写真という物を初めて目にした。
友達と妹と皆で写真を撮った時、現像してくれた友達が恐い恐いと言いながら皆に見せて回って最後に私に回ってきた。
見せてくれた写真に写ってたのはなんと、?うちの婆ちゃんだった。
妹の後ろから伸びる婆ちゃんの顔…(故人)。
見守ってくれてるんだね、良かったね。ってほっこりしつつも婆ちゃんは妹の後ろについてるんだなとほんのり嫉妬。

数年後、その妹が出産。
爺ちゃんの命日に甥が産まれた。
爺ちゃん(故人)そっくり…w
赤ちゃんなんだけど顔が爺ちゃんw
今甥は2歳になるんだけど、好きなものはあんこ、ジャガイモの煮物。
爺ちゃんの好きだった物をドンピシャで好んで食べる。
きっと甥は爺ちゃんの産まれ変わりなんだね。とほっこりしつつも爺ちゃんも妹かよ!と嫉妬。

守護霊とか信じてなかったけど、本当にあるんだなって思った。
でも私の後ろはスカスカなのかな?とちょっと心配。

2017年4月26日

進路を大学院に行く事に決めた時に親戚の集りで『女なのに勉強ばっかりして』と嫌味を言われた→近くにいた祖父がボソッと言ってくれた。その言葉一生忘れない!より一層勉学に励むよ!

13 :名無しさん@おーぷん
昔大学院に進学を決めた時期にあった法事で嫌味な遠縁の親戚に嫁の貰い手が云々や女なのになんでそんな勉強させるのって嫌味を言われた
そしたら近くに座ってたいつも無口な祖父が「俺は中学に行きたかったけど長男に学はいらんて行かせてもらえんかった。勉強したかったのにできなかった悲しい思いを孫にさせたくないよ」ってボソッと言ってくれた
祖父は小卒だけど頭がすごく良くて仕事でひとかどの人物になった人だったが勉強に関しては一切何も言わない人だったので思わず聞いた勉強に対する思いのあまりの深さに驚いた
小卒という学歴で誰より有能だったのに出世が頭打ちしたり兄弟から兄ちゃんは小卒だからって色んな話し合いから外されたりしても黙ってた祖父の気持ちを考えたらその場で泣きそうになった
両親からお前は自慢の娘だがお前を一番自慢に思ってるのは祖父なんだよって言ってた意味がよくわかったのでその後勉強に一層励めた
祖父の自慢の孫になれたかわからないがあの時のことはすごく感謝してる