カテゴリ:閲覧注意指定
2017年4月29日

猫が好きで多頭飼いしてる俺。引っ越しの時なかなか物件がなくて困るんだよなー。都内でこんなに安いの?!って物件を見つけた→不動産屋にぶっちゃけ聞いてみたら・・・案の定、夜中にトイレのドアの前に猫が必ず集まりドアにネコパンチ!こわーい

245 :名無しさん@おーぷん
俺は昔から猫を多頭飼いしている(最大で10匹ちょい)のだが、やはり引っ越す事になると一番困るのが新居。
そもそもそんなに引越しもしないのだが、一度どうしても仕事の関係で引っ越す事になってしまった。
そこで見つけたのが普通のアパートなのだが、ペット(猫多頭も)可。
なのに何故かやたら安い。
都内で2部屋+台所風呂トイレ付き4万台なんて異常だ。
「ははーん」と思って案内してくれた不動産屋に「事故物件ですか?」と聞いてみたら案の定そうだった。
ユニットバスのトイレで女性が心不全の為に亡くなったらしい。
でも、お化けとか信じてないと関係ないし!と思って、そこに入居。

そしたらね、猫がね、なんか毎晩トイレのドアの前に集合するんですよ( ;∀;)
同じ時間に。
たまに何匹かが急に立ち上がってドアに猫パンチするしね。
壁とかに止まったハエを叩くみたいにね、パンチパンチってするんですよ。
毎晩ですよ、毎晩。
しかも1匹残らず集合。

さすがに霊の存在を信じたわ、あそこに住んでた時期は。
因みに猫さん達は1ヶ月もしない内に飽きた模様。
あの部屋に住んでた時は夜中にトイレに行くのが毎回修羅場だった。

2017年4月20日

小1の時同じマンションに住む男性に襲われいたずらされた・・・誰にも言えず、、けどこのままじゃいけないと何とか自分なりに克服しようといたが・・大人になり実家に言ったら奴がいた・・・フラッシュバックで恐怖が押し寄せた

719 :名無しさん@おーぷん
決して人には話せないけど、整理して文章にして吐き出す事で気持が楽になるかな、と思い立ちました。
ある小さな悪夢の記憶が、平凡な私の人生のところどころで影響を及ぼしている気がします。
最近ちょっとしたことで、当時をとても鮮明に思い出しました。
長くてすみません。不快に思う人も居ると思うので、どうぞ無視してくださって結構です。

ありがちかもしれないけど、小学校1年生の時に変質者にあった。男は同じマンションの住人だった。
両親共に働いてて、毎日寂しいから学校から帰ってすぐ友達のところへ行っていた。多分いつも一人で鍵を開けるところを見られてたんだと思う。
たまにすれ違うおじさん(おにいさん?)に、マンションの廊下の隅っこでいたずらされた。
後ろからガッてつかまれて、お母さん!?急に帰ってきた!?とか思って笑顔で振り向いたら「何このオジサン」で、ショックだったのを覚えてる。息が臭かった。
大声なんて出せるはずもなく、終わった後もしばらく動けなくて、その日は友達との約束すっぽかして家の押し入れでずっと布団にくるまっていた。
なんとなく、ものすごく恥ずかしくて屈辱的なことをされたことは分かってた。恐怖と怒りと、それから友達との約束を破った罪悪感で苦しかった。
局部から血が出てて、トイレとお風呂がしみて痛かった。

翌朝パンツが血だらけで、母親に見つかり、前日夕飯をあまり食べなかったこともあって「病気かも」と優しく心配されて、初めてどっと泣いた。
学校を休んで、母も仕事を休んで、近所の小児科に連れてかれた。
手で広げられたりしてすごく痛かったけど、なにより物心ついた時から知ってる先生の前で足を広げるのは恥ずかしかった。
あまり覚えてないけど、たしか外側に小さい傷があって「転んでぶつけた」などと言ってごまかしたんだと思う(何年も後に自分で知ったけど、膜は無事だった)
もしかしたら当時小児科の先生と母親は私の挙動からなにか気づいてたかもしれない。でもそれ以上何も聞かれなくて、そのまま誰にも言わなかった。
その後もたまに男を見かけては、見つからないように逃げて隠れた。心がぐちゃぐちゃだった。途中から不思議と全く会わなくなったけど。

2017年4月12日

【犬好き閲覧注意】近所で柴犬を放し飼いしてる家がいて自治会から苦情があり散歩させるようになった→飼い主がビシバシ叩き『キャイーん』と物凄い声で鳴く・・・私見かねて『この子お腹が大きいから妊娠してるのでは?』飼い主青ざめて逃げるように帰ると→結果、、お前らは2度と犬飼うな!!ゴラァァ

988 :名無しさん@おーぷん
鬱話注意。

近所に外飼いの柴犬がいた。(以下柴ちゃん)
そこんち(以下糞飼い主)、番犬として玄関の真横に繋いでるんだが、
夜9時前後になると1時間ほど放し飼いにしていた。
夫婦と子供がふたり(中学と高校)の4人家族だけど
散歩に連れ歩いてる姿は一度も見たことなかった。
おとなしい柴ちゃんだから放し飼いにする一時間の間に問題を起こしたことはなかったが、
犬好きな人ばかりではないので当然苦情は出た。
それで自治会の会合の時に注意されてやっと放し飼いはなくなった。
で、散歩する姿をたまに見かけるようになったんだけど
早く切り上げたいらしくて、糞飼い主が行きたがる方向(自宅)から
柴ちゃんが遠ざかるルートに歩き出すと腰のあたりをビシバシ叩くんだ。
「そっちダメ!」とか言って叩いてグイグイ引っ張る。
うわあ、柴ちゃんかわいそう・・・(´・ω・`)・・・と思ってたある日、
また「違う!そっちじゃない!」とか言いながら叩いてたんだけど
ギャインギャイン!ってその鳴き方が本当に痛そうで耳を塞いだ。
その時気が付いたんだが、柴ちゃんお腹周りがごつくなってて
ひょっとして妊娠してるんじゃ?って思って
だったら叩いたりしたらダメじゃん!って急に怖くなって
糞飼い主に「ねえ、柴ちゃん妊娠してるんじゃない?叩いたりしたら可哀想だよ」って言ったら
「交配とかさせてないし」って言うんだ。
「だってずっと放し飼いにしてたでしょ?その時じゃないの?」って言ったら
急に黙って抱きかかえて走って行った。
それから数日後、聞いてる方が切なくなるような鳴き声が夜中に聞こえて
それ以降柴ちゃんの姿を見かけなくなった。
ずっと気になってたんだけど、うちの子が糞飼い主家の中学生の子から学校で聞いた話によると
真っ黒い子犬を3匹産んで、2匹はタヒ産だったそうだ。
1匹はかろうじて生きてたけど母犬とともに2日後にタヒんじゃったって。
その子が「家族みんな泣いて泣いて、もう二度と犬なんか飼わない!って決めた」って言ってたらしいが
おまえらが殺したんじゃないかと言いたい。
が、二度と飼わないのは正しい。絶対飼うなよと思った。

2017年4月4日

【食事中の方閲覧ダメ】酷い便秘もちの私。下剤を飲むが出口で硬いのがありでてこない・・・腹は痛いし気張り過ぎて酸欠状態、、(あの方法しかない!)私は立ち上がりビニール手袋をして、いざ!

18 :名無しさん@おーぷん
昨日の話。下注意

ひどい便秘持ちの私は、一般の人だと下痢になるレベルの下剤を飲んでいた。
ようやく便意をもよおし、いざトイレに。しかしポロポロのがちょろちょろ出るくらいで、出口辺りにあるメインが出てこない。踏ん張りすぎて顔も真っ赤。半酸欠状態の頭が導き出した解決法…
「ほじくり出してやる…」
すぐにビニール手袋を取り出し、いざ秘密のアナへ……痛みを堪えほじるがなかなか出ない。あと少しのとこで指を引き抜き踏ん張る!
出たー!!!!!ホッとして拭き取ろうと腰を上げると、便器にはウンと赤い点……
切れちゃった…(´;ω;`)
元々イボ地主なのに……みんなも、無理しないトイレ生活送ってね…

2017年4月3日

【閲覧注意】玄関でブーツ履いたら・・・ぐにゅ?” やばい奴かもしれない(・・) ぬ、脱げないww

48 :名無しさん@おーぷん
コンビニ行こうと思ってブーツ履いたら

中で何か潰した。

確実に奴かもしれないけど、冬にも出るの?
脱ぎたいけど脱げない今現在玄関にある修羅場。

2017年3月19日

【壮絶人生閲覧注意】兄に虐待されてた。家庭内はバラバラだった、、中学時代に最悪女に捕まり金を取られてた→女家まで付いてきた、女は兄に捕獲され写真を撮られ脅されるようになったらしぃ、、やがて不登校に

131 :名無しさん@おーぷん
兄に性的虐待されてきた
父は家に寄りつかずATM、兄溺愛の母は見てみぬフリ
母からの重たい愛情と受験プレッシャーで兄は歪んだんだろう
私は根暗猫背モサ女になり、中学になると過食でデブった
兄は豚と呼んで蹴ってくるようになったが、性的虐待はなくなった
でも学校でもいじめられることになった
なるべく目立たないで過ごしたかったのに、運悪くろくでもない女(二つ上)に捕まった
その女が金をたかるようになった
同病相憐れむ友達もいたけど、その女のせいで友達とは疎遠になった
煙草とか押し付けられて、こいつは兄と同類だと思った
何度目かのたかりで、もうお金がないと云うと
「いますぐ親の金盗ってこい」と
逃げないようにと家までついてこられた
裏手で待っててと誘導し、兄に話して捕獲してもらった
襖一枚隔てた兄の部屋の物音を聞くのが嫌で、その日は深夜まで外をうろついた
すごしやすい季節だったけど、孤独だった
部屋に帰るとなぜか私の部屋に女のパンツが落ちてた
女は兄に写真撮られて脅されるようになったらしいが、どうでもよかった
家に帰るのが嫌で学校や図書館で遅くまで勉強してから帰った
その頃は女は不登校になってたらしい
高校は進学校に受かった
母に話しても関心が無く、相変わらず家に寄りつかない父に話して寮に入れてもらった
やっぱり勉強して国立の大学にも受かった
また父に話してお金を工面してもらった
ほとんど会話も無く、ATMのままの父だった
私も感謝の言葉を云わなかった

2017年3月17日

【グロ注意】祖父と祖母は戦時中に出会った。その出会いは我々現代人とはかけ離れたとてもロマンチックなモノじゃなかった。。命を賭けた出逢いだった。。

468 :名無しさん@おーぷん
祖父と祖母のなれ初めが強烈過ぎて衝撃的だった話。
昭和20年3月8日未明、米軍から無差別爆撃により火の海と化した東京下町を当時女学生だった祖母は両親・妹2人と逃げまわっていた。
途中、焼夷弾が体を貫通した上の妹が上半身吹っ飛んで爆タヒしたり、木の上から赤ん坊の生首と腸が落ちてきたり、飛んできたトタンが見知らぬ爺さんの首をチョンパしたりする光景を目撃したりしながらなんとか荒川沿岸にたどり着いた。
後ろから火はどんどん迫ってくるし、川に飛び込むのを躊躇している人たちは次々火だるまになるしで選択の余地もなく家族で荒川に飛び込んだ。
飛び込んできた人々でごった返した川面の中で、祖母一家があっぷあっぷしていると、どこからか長細い板切れが流れてきた。