カテゴリ:親
2018年10月15日

当時高校生だった姉が妊娠し、あっさり中絶。引っ越すまでになってしまったが、どうやらこの事態を招いた原因となる人物は・・・

282 :名無しさん@おーぷん 2015/12/08(火) 05:55:59 ID:KTG
当時高校生だった姉が妊娠。お腹が膨らむまで黙ってたせいで引っ越す羽目に(小さい町で噂が広がりやすかったし田舎だったから娯楽も少なくてすぐ姉のことは広まった)
別に仲いい友達もいなかったし引越し自体はどうでもよかった
当人も別に産みたそうじゃなかったし親も倫理観とか特になかったのであっさり中絶
それから今のところは高知には帰ってない

胎児の父親は当時のクラスメイトだったらしいけど、なんかどうも別に付き合ってるわけじゃなかったらしい
押し切られて半ば強姦みたいな形でヤられたんだと
なんで抵抗しなかったかって聞かれて「怒鳴られて頭の中が真っ白になった」「人の言うことに逆らえない」だって
確かに姉は小さい時から母さん(父の女癖が悪かったせいで極度の女嫌い)に怒鳴られて(時には殴られて)あらゆる行動を制限・干渉されてた
けど中高の友人とか先生とか習い事の先生とか、成長するに従って親のいない世界を体験してきたんだから、そこで主体性とか養えばよかったのにって思う
姉を見てると歯がゆい思いをすることが多い

2018年10月14日

フィーダーの母に育てられて感覚がマヒ。彼氏『量が多い、いつもお腹いっぱいになる』私「減らしたらお腹いっぱいにならないでしょ?」彼氏『考え方がおかしいよ…』うちの実家では量が多いのはもちろんのこと、水分も

3 :名無しさん@おーぷん 2018/07/31(火) 19:56:15 ID:Pyg
>>1乙

フィーダーの母親に育てられ、「食べ物を残す」ができなかった。
食後のげっぷで食べたものが出てくるほどの食事量だった。
量を減らしてほしいと言うと食材をシンクに叩きつけて怒鳴られた。

ある時友達と電話しながら、
「おやつにポテチ食べたいけどビッグサイズしかない。食べると夕飯が入らない」と漏らしたとき
「少し食べて残せばいいじゃん」と言われたときスレタイ。

また、食事=満腹のイメージがついていた。
同棲を始めた彼氏に「量が多い。いつもお腹いっぱいになる」と言われるも、
「完食してくれてるし、減らしたらお腹いっぱいにならないでしょ?」と当たり前のように返すと
「お腹いっぱいにしなくていい。満腹じゃない=足りてないって考え方は変」と言われてスレタイ。

そして、実家では食事中の水分はコップ一杯までと決められていた。
カレーが辛くても、パンなどで口の水分が減ってもコップ一杯だけ。
理由は水っ腹になると完食できないから。
だから今でも食事中に水分をほとんどとらない。
飲み会でいつも二次会から急に飲酒ペースがあがることを指摘され、
上の話をしたらおかしいと言われてスレタイ。

2018年10月12日

我が家は自営業。主任の兄は「この山場を乗り越えたら結婚しよう」と、色んな意味で助けてくれる彼女に言い続けること12年。やっと結婚の挨拶に二人で来たと思ったら・・・

566 :名無しさん@おーぷん 2017/03/30(木) 00:13:45 ID:Gx9
我が家は父が社長、母が役員、兄が主任で従業員10人未満の零細。
資金繰りにいつも困っていて、兄の彼女がいつも色んな意味で助けてくれてた。
兄は彼女さんに「この山場を乗り越えたら結婚しよう」っていつも言ってたみたい。
言い続けること12年。
このたび兄が結婚相手を家に連れて来た。
彼女さんとは全然違う人で、風俗で働いてる21歳w
兄は36歳、彼女さん同い年。
母は兄に「何てことをするのか、彼女さんはどうするんだ恩知らず」と怒り
父は「若い方がいいに決まってるよなw」
と言い放って母に置物投げられてた。
母がポロっと洩らしたけど中絶させたこともあったみたいだ。

兄がここまでクズと思わなくて修羅場。
父にも幻滅。

2018年10月10日

母や私に頼ろうとしないで、一人で父の分の食器を片付けようとする祖母。私「お父さん、せめてお爺ちゃんみたいに”やって”って言ってね」→父からのあり得ない返事とは・・・

30 :名無しさん@おーぷん 2017/07/16(日) 19:38:00 ID:scn
実家にいる父だけが家族の中でなぜか膿家思考で、例えば食事を終えた後の片付けが顕著に出てくる
実家は前から食事に使った食器は個々に食洗機へ入れる習慣だけど父だけ持っていかないで誰かに持っていかせる構え
戦前生まれの祖父すら手が震えるようになる前は自分で食器は食洗機へ入れていたのに健康な父はやらない
食器を運べなくなった今でも祖父は使った食器をティッシュで軽く拭いてから「後は頼むね」って家族へ片付けを頼めるのに父はそれすらしない
母が父にレクチャーして言って聞かせても祖母が父の分までやってあげてしまい、なんでやってあげないの!って母や我々孫たちに文句を言ってたから結局治らなかった
祖母が元気で動けるうちは良かったが最近さすがに歳で祖母もよぼよぼしてきたから父の分までやると食器を落としたりふらついたりするようになった
それでも父は相変わらず片付けをやらず祖母まかせで、祖母は母や孫を頼ろうとしない
今日帰省した時も食後に祖母が運ぼうとしたお箸を落としていたから「祖父みたいにやってって言ってね」と伝えてたら、後ろから父に「お前が言われる前にやればいいんだがな」と嫌味を言ってきた
じゃあ父が自分と祖母の分を言われる前に食洗機へ突っ込めばいいだけの話だろってめちゃくちゃイライラした

2018年10月3日

母は『本当は結婚なんてしたくなかった。子供なんて産むんじゃなかった』とよく呟いてた。生活に追われ世間から断絶した母の関心と執念は俺と姉に向き…母『私だけを見て。他の人とは仲良くするな』

571 :名無しさん@おーぷん 2015/12/09(水) 04:36:34 ID:0P7
うちの母親の口癖は『本当は結婚なんてしたくなかった』『子供なんて産むんじゃなかった』だった
じゃあどうして結婚したのかって聞いたら『田舎で独身の女性への風当たりが強かった』『昔の女性は一人では生きていけなかっ』って返される

確かに母の結婚生活は子供だった俺から見ても幸せそうじゃなかった
義理の両親の干渉、母との会話さえ面倒臭がる父
なまじ母はそこそこ高学歴だったから自分の人生への後悔も強かったと思う
生活に追われて世間から断絶した母の溢れんばかりの関心と執念は、別に産みたくなかったはずの子供に向かった
最初の被害者は姉だった
友達と登下校、自分で服や髪型を選ぶこと、部活動、メールやLINEを使って友達を連絡、休みの日に何処かに出かける等、色んなことを禁止した
『自立心と主体性と対人能力を養ってほしくなかった』『友達とか先生とか、家の外の人と仲良くしてほしくなかった』『ずっと私だけを見ててほしかった』
母は俺にはっきりとこう言った
当時高校生だったにも関わらず門限5時を強いられて、おそらくストレスで髪を抜く癖がついて禿げてしまった姉は、学校の先生やカウンセラーの介入もあって祖父母の家で暮らすようになった

次の被害者は俺だった
机を文字通り引っ繰り返されて部屋の点検、宿題を破られる、テストの前日に遊園地に誘われて、俺が断ったら発狂する、シャンプーや石鹸を使うのを禁止
俺は姉に比べりゃ幾段か鈍感に出来てた
相手にするのも面倒だったし、どうせあと一年弱もすれば家出られるから耐えたよ

ペットの文鳥踏み杀殳されるまではな?

リビングに転がって鼻血流しながら『許して。許して。』って懇願する母を見ても、特に後悔とかはなかった
それから母は大人しくなった

工業系の高校だったからこのご時勢なのに就職は苦労しなかった。祖父母の援助を頂いて家を出てから、もう実家には帰ってない
祖父母を経由した情報によると母の執着は父に向かってるようで、何故だか俺と姉にSOSを求めてるっぽい
なんかもう俺含めたみんなの神経がわからん

2018年9月30日

【胸糞注意】夫「君の辛い過去を話して楽になるなら話して、心配だよ」私「(この偽善者め。聞いてくれなかったのはあなたなのに)」

503 :名無しさん@おーぷん 2017/06/25(日) 09:58:35 ID:udZ
お母さん。
小学校入学前の冬、高熱を出してしまい、つらくて泣いていたら母は鬱陶しく思ったのか私を下着だけにして寝室の押入れに閉じ込めた。ごめんなさい、許してください、出してくださいと何度も叫んだが意味もなく。気がついたら眠っていた。
目が覚めて、そっと扉を開けたら薄っすらと外は明るくなっていて、母は押入れのすぐ横に布団を敷いて眠っていた。
そんな時間に1人起きていることが特別に感じられて少しドキドキしながら母を起こさないように抜け出して、窓の外を見ると雪が降っていた。
きれいだなあと思ってしばらく見つめていた。雪国の山の中に建つ家で、早朝ともなれば人どころか車通りもなくて本当に静かだった。一人ぼっちだなあと思った。寂しくて寂しくてしょうがない気持ちになり、母のほうに振り向いたけれど親は頭まで布団をかぶっていて寝顔も見えない。
私に気づいて、一緒に寝ようと言ってくれないかなあと思ってしばらく待った。母が寝返りをうった時、起きたらまた叩かれるのではないか、それとも布団に招き入れてくれるかと、不安と期待でまたドキドキしたけど、母は目覚めなかった。
私は諦めて、ちゃんと敷かれていた自分の子供用の冷たい布団に潜り込んで1人で眠った。
母は、私の落書き帳の最後のあたりのページに「◯◯、ごめんね」と書いていたけど、私は気づかないふりをした。

2018年9月30日

私「賃貸の保証人になってほしいんだけど」母「お母さん 離 婚 し て 苗 字 変 わ っ た けど、保証人になるのに問題無いわよね?」私「!?」

681 :名無しさん@おーぷん 2016/06/02(木) 12:44:02 ID:41a
両親がいつの間にか離婚してた。
賃貸の保証人になってほしくて母親に電話したら、
「そういえばお母さん離婚して苗字変わったけど、保証人になるのに問題無いわよね?」
とサラッと言われた。
確かに私も成人してたし親の問題だから自分たちで決断したことに文句を言うつもりは無いけど、普通は離婚するからねって事前報告するもんではなかろうか?
しかも私から連絡しなかったらその報告も無かったよね?
どんだけ希薄な家族関係なんだろうとショックだったよ。

テンパりすぎてその場にいた不動産屋さんに
「今親が離婚したって聞いたんですけど!私と苗字違うんですけど!保証人大丈夫ですか?」
とか報告してしまったら
「赤の他人の僕と実のお子さんが同時にご両親の離婚を知るってすごいですねー」
としみじみ呟かれたよ。

2018年9月27日

両親「学費、生活費は一切払わん!自分で何とかしろ!」学校「アルバイトは禁止です!」→私がたどり着いた答えは・・・

244 :名無しさん@おーぷん 2016/10/22(土) 16:09:17 ID:GWP
10年以上前、高校生だったころ、エンコーモドキをやってた。
私の親は毒親で、高校の学費・生活費など一切払ってくれなかった。
兄がいたが兄にはもちろん学費も払うし豪華なご飯やお弁当もある。
私の分は一切なし。空腹に耐えきれず冷蔵庫からハムとかちくわとかを食べたりしたら殴る、蹴る。

通ってた高校は進学校でアルバイト禁止だったので、タヒ活問題。
遠方に住む父方の祖父が携帯電話だけは持たせてくれていた。でもいい年で半分ボケてたようなものなので、助けてもらうことはできず。
その携帯で出会い系を駆使して、女子高生ブランドを最大限に宣伝して、学校帰りにエンコーモドキ。
何がモドキかっていうと、
一緒にホテルに入る→
先にシャワー浴びてこさせる→
その間に財布からお金を抜いてトンズラ
だった。

運良く一度もバレたり失敗したことはなかった。でもだいたいの男はすぐホテルを出てきて私を車で探し回るから、ホテルを出たすぐ近くの物陰とか草むらとかに1時間ほど潜んでから帰る必要があった。

体だけは売ってないけど、人として最低なことしてた。あのときの男の人達には本当に申し訳ない。
いま思えば、女子高生とやれる~ってウキウキしてたおっさん共もどうかと思うけど…。
それでも本当に申し訳ない。

そんなことを繰り返して高校を卒業し、無事大学に行って家を出て親と絶縁。
親は私がお金も食事も与えてないのにどうやって生きてるんだ?と思わなかったのかな?どうでもよかったんだろうな。

さすがにこの話はしてないけど、私の境遇を理解してくれる夫と出会い結婚。

おばさんになった今では、よくそんなことやってたなあと自分でも驚く。
墓場まで持ってく。

2018年9月27日

私がバイトする事を良く思っていなかった父親。ある日、テレビでやっていた障碍者雇用についての話を母としていると、父が話に横入りしてきて・・・

309 :名無しさん@おーぷん 2016/07/20(水) 02:50:27 ID:j3n
些細なことだけど、父は思い込みが激しくキレやすい
高校生の時、ほぼ毎日バイトしている時期があった
成績も悪かったからか、父はバイトを敵視というか、ちょっと嫌がっていたようだったけど、スルーしていた
そんなある日テレビで障害者雇用かなんかの話で、1000人近い従業員の部署と名前を完全に記憶している社内配送のバイトの人が出ていた
1000人の名前と部署を完全に覚えてるなんてすごいねと母と言い合っていたら、何か読みながらテレビを聞いていたらしい父が突然所詮バイトだ、何もすごくないとキレ出した
今思えば、私がバイトにはまりすぎて、バイト先のファミレスでこのままフリーター化するのを心配していたらしいんだけど、そんなの知らないし、安定志向の私は大学も決まってたし、絶対正社員になりたいと強く思ってたんだけどな
障害者雇用の人なんだって、そもそもバイトか社員か関係なくその記憶力はすごいよねと何度説明しても、所詮バイトだ、すごいならなぜ社員にならないとブチギレ
どうでもいいことだったが、父の人の話を全く聞かないところが嫌だったので、何度も何度も説明した
が、父はさらにヒートアップするばかり
結局もういいわ、と私が自分の部屋に行って終了
その後数時間経ってから、母に説明されてようやく納得したらしい父から謝られた
一緒に暮らさなくなってから喧嘩は減ったが、今でも何泊かするとこういう些細なことから喧嘩になってしまう
さいきんどうだ?→最近仕事でこんなことがあって…の途中で今日の夜なに食べる?→焼きにk→俺は最近こんなことがあった→大変だn→なに食べる?
みたいに、正直会話のキャッチボールが全くできない
これはボケとかじゃなくて、私が物心ついてからずっと
そして父方の祖母も昔からそうだ
父は好きだが、未だに父と雑談はできないし、たまに会うだけでいいよなと思う

2018年9月24日

母宛てに20万のクレカの請求書が届いた。母「こんなの知らない」父「詐欺か!?電話して確認しよう!」→とんでもない事実が発覚した・・・

55 :名無しさん@HOME 2013/06/28(金) 16:22:39 0
すみません。少し長くなるかも知れませんが、母のことで相談させて下さい。

一昨日、たまたま父が間違って開けた封筒が、母宛のクレカの請求書でした。
今月の請求が20万。母に聞いても知らないと言うので、詐欺かと思った父が
カード会社に確認したところ、先月と先々月、三月の合計で60万支払われているとのこと。
問い詰めたら、そのお金は全て携帯の占いのサイトに使ったという。

怒った父と私でカード全てと携帯を没収し、通帳を調べて見るとどうもお金の動きがおかしい。
全部書き出したら占いに計300万遣ってる。
支払額60万と思ってたうちは「家経費とへそくりから出した」の言い分も通じたけど
300万なんてあるわけない。
2日かけて問い詰めたら、銀行保険ローン、祖母の年金を借金して
母名義で使えるものは限度額まで全て使ってお金を工面してた。

「だって鑑定(占いのことをこう言うらしい。占いと言うと怒る)続ければ幸せになれるんだもん」
「鑑定してもらって、卒業できればお金持ちになれるから、それで返せばいいと思った」
「お祈りの言葉を言わないといけないから、1通1500円のメールを何度もやった」
を繰り返し言ってて宗教みたいだった。金額の大きさを分かってない。
一昨日まで一緒に笑いながら話してた母とは別人にしか見えなかった。