カテゴリ:自分語り
2017年5月22日

高校生の時に難病にかかり生地獄をみてきた・・・幸運な事に彼氏ができプロポーズされ専業主婦させてもらってる→上辺だけみて『いいよねー』だって、、じゃアンタも同じ病気になれば??

498 :名無しさん@おーぷん
面倒くさい女の愚痴なので嫌いな人は見逃してください
私のことを話さないといけないので、最初に簡単にまとめます
高校の頃倒れる→病院で検査→難病が見つかり三ヶ月の入院→治療中に国の難病指定が外れたので補助金が出ず治療中断して退院→
大学受験もできず、働けずニートへ→症状が緩和してきたので医者と相談してアルバイトへ→私が入院するまで付き合ってた彼氏からプロポーズされ結婚→現在兼業主婦

私が言っちゃいけないんだけど、かなりの幸運に恵まれてる
でもその上辺だけ見て羨ましい恵まれてるって他人に言われることが心底嫌だ
言っちゃいけない贅沢なのは分かってるけど、私だって高校の修学旅行行きたかったし、部活続けたかったし、受験して大学行って夢だった職になりたかった
そのために中学から頑張って勉強したし、親に頼み込んで塾まで行かせてもらったのにこんなことになっちゃって
私の塾代稼ぐために仕事増やしてた両親の苦労を思うと悔しい
倒れたときは苦しくて、毎日見舞いに来る母の前で笑ってるのが辛くて、思春期もあって毎日毎日タヒにたかった
18歳過ぎて市の医療補助が切れて更に国の支援がなくなったときは自分の足手まといさに嫌気が差して生き地獄だった
何より退院後、苦しくて吐いて家族に当たり散らしてしまう毎日が辛かった
体にメスを入れられて傷跡が刻まれていくのも耐えられなかった
こんな傷跡がある私は私じゃないと受け入れられなかった
一番苦しかったときは乗り越えたけど、今でも苦しくない訳じゃない
毎日しんどくて苦しくて皆が普通にできてることが私にはできない
みんなと同じ速度で歩くこともできない

私が辛いようにみんなも裏で苦しんでるのは知ってる
でも「あんたは病気あるから周りからちやほやされて結婚もしてもらえて主婦にもなれて羨ましい」と言われると凄く凄く侮辱された気持ちになる
相手にそんな意図はなくても、両親や夫も侮辱されたように感じる
あまりにも羨ましい羨ましいって言われるから、そういう人には「じゃあ私と同じ病気になりたい?」って聞くと、結局みんな嫌だという
そしてまた侮辱されてると感じる
「あなたは恵まれてるのよ」と繰り返し言ってくる人にはたまらなく悔しくなる
恵まれてるからこれ以上の幸せは望むなと言いたいの?それとももっと苦しめと言いたいの?と問い返したくなる
何度も言い聞かせられなくても周りに恵まれてることはよく知ってる
陰で「夫さん、真面目でいい人なのに、あんな人貰って可哀想」「捨てるのも罪悪感で難しいんだろうね」と言われてるのも知ってるけど、私には何も言い返せなくて悔しい

全部夫と共通の人間関係の人から言われるから切ることもできない

2017年5月21日

両親離婚してたけど仲は良好だった。父が迎えに来てくれて学校まで一緒に行く事も→ホームで物凄く転倒し歯を折った私、母『アナタがついてながら!』私『お父さんのせいじゃないの』父をかばったが、大人になり母から父じゃ、な・い

472 :名無しさん@おーぷん
駅のホームの話で思い出した小学生の時のものすごく小さな修羅場w
うちは母子家庭だったけど父親との関係は良好で、たまに迎えに来てくれて学校まで一緒に電車で行ってた(電車で5駅ほど離れたところに通ってた、引っ越したばかりで転校手続きが終わるまでの間)

その日も父が迎えに来てくれて雨が降ってたので相合傘しながら学校へ向かってた、途中
駅のホームで滑り見事に顔から転び前歯ポーン
痛くて閉じれない口から血をダラダラ流しながらトイレに駆け込みとりあえずうがい
そのまま歯医者に行き、ショックすぎて学校は休んだ
前歯無いとか絶対いじめられる…とか考えて何日か引きこもったけど両親の説得で仕方なく行くことになった

その日も雨が降っていた…と言ったらわかるかもしれないけどまた同じパターンで残った前歯とついでに下の奥歯もポーン
もう絶望よ、片方ならまだしも両前歯無いとか笑えない
そして母親ブチ切れ、あなたがついていながら二回もこんな事になるなんて!とか責めるからお父さんのせいじゃない!と必タヒに弁解した
でも結局お父さんとはもう会うことはなかった
それから十数年後、成人して母と初居酒屋で今まであった罪悪感と共にその話をしたら
「あの人はお父さんじゃなくてお母さんの彼氏だったのよ」
と衝撃の発言
二十年間父親だと思ってた人は血の繋がりもない他人で、本当の父親はたまーに遊びにきてた親戚のおじさんだったw

2017年5月17日

ワキガって臭いって聞くけど実際臭い知らない私。友人が『これよ!この臭い』と教えてくれるも・・・コレって青春の汗の匂いじゃない?!

477 :名無しさん@おーぷん

最近ワキガのにおいを知ったのが衝撃だった。
書いてみたら長くなった…ごめん。

たまに「電車に乗っててワキガが乗ってきたらすぐ気付く」みたいなこと聞くけど、
10年間電車通学してたけど一度も出会わなかったなーってずっと思ってた。
もしやワキガって都会にしかいないんじゃ、とも思ってた。

あるとき、話の流れでワキガのにおいを知らない、と言ったら、
そのとき話をしていた相手が教えてくれた。
お行儀よくないのは百も承知で、ワキガに悩んでる人には申し訳ないんだけど、
ワキガの人がいるときに小声で「ほら、このにおいだよ」、みたいに。

そしたら、私、ワキガのにおい知ってた。
確かに電車でにおったこともあった。
私はそれを「汗のにおい」だと認識してた。
部活帰りっぽい男子学生からにおったことがあったからかも。
四半世紀生きてきてやっとワキガのにおいを知ったことが衝撃だった(建前)
そして実はそのにおいがちょっと好きなことがさらに衝撃(本音)

2017年5月15日

隣の女の子から壮絶ないじめにあってた当時私は3歳ぐらい・・突き落とされたり知らない道で放置されたり、暴言吐かれたり。能面のような女の子だった・・・大人になりその能面の理由がわかり衝撃

571 :名無しさん@おーぷん
私が5歳の頃まで祖父母が健在
その祖父母の家の隣に住んでた家族に女、女、男の三姉弟がいた
私の記憶には上の姉妹しかいなかったんだけど、その姉妹の妹のほうに執拗にいじめられていた
もう20年は前の記憶だからほんとうに曖昧なんだけど、妹は私より年上で、とても綺麗な能面のような表情が張り付いていた
彼女はまだ3歳かそこらの私を遊びに誘っては、私がタヒんでもおかしくないようなことを繰り返した
ジャングルジムのてっぺんに登らせて両手を離して立たせたり(鉄にぶつかりながら落ちた)
鉄棒の上に立てと言われたり(顔面から落ちた)
滑り台の上から飛び降りろと言ったり(突き落とされた)
知らない道に連れて行って放置したり(教会の十字架を目印に帰ってこれた)
漕いだブランコから飛び降りろと言ったり(頭かち割れて大流血した)
すべて両親共働きで祖母に預けられている間のこと
妹の方はなぜか周りからイイ子として扱われており、私がこんな大怪我をしても誰もそいつが犯人だとは思わなかった
私は怪我をさせられるたびこっぴどく周りから叱られることが続いた
妹のほうがやったと言っても、叱られたくなくて人のせいにしてると思われてた
今でも当時負った傷の跡が残っている
相当ひどい怪我だった
心の中では「なんであの根性悪の妹を大人たちは可愛がるの」と思いながら、常に妹の方に恐怖していた

大人になり、ふとその時の話を思い出して母にした
すると私の知らない真相を母が知っており、母の知らない真相(上記)を私が知っていることが判明

母によると、私が恐怖し恐れていた妹は「全く笑うことのできない」子供だった
原因は母親の愛情不足
顔の表情が一切変わらなくなったことも、母親は幼稚園の先生に指摘されるまで気づかないほど放置されていた
表情が消えてから数年経っても改善しなかった
しかも妹のほうは大人の前ではまるで気弱で内気な女の子のように、物陰に隠れ、一言も発せず、大人の言うことに小さく首を動かすことしかしなかったそうだ
大人からはとてもか弱く儚い少女に見えていた
私の知っている人物像とはまるで違う
私の知る妹は、能面の顔で残酷なことを告げ、多弁で罵り、従わなければ暴力、時に崖から突き落とすような真似を簡単にする人だった

母には「なんでその時言わなかったの」と言われたが、まだその時私は3歳か4歳
弁の立つ年上の妹の言い分は私の言い分より理路整然としていて説得力があり、泣きじゃくりうまく喋れない私が真実を話す前に周りの大人たちは妹の言うことから偽の事実を予想しそれを信じ込んだ
「遊びたくないといえばいいじゃない」と言われたが、面倒見のいい優しい妹と評判だった彼女の遊びの誘いを断るのは子供の立場からして辛いものがあった
子供は扱える言葉数が少ない分、自分でも不思議なくらい空気を読む
残酷な妹が面倒見のいい女の子、私が手のかかるグズな子と大人が見ていれば、私は大人の当てはめた役を演じるほかなかった
私が大人の作った役から外れれば、大人が困るということを3歳にしてなんとなく理解していた
大好きな祖父母も母も困らせたくはなかった

今思えば妹にとって私は唯一のストレス発散の相手だったのかもしれない
母によると、私が幼稚園に行ける年齢となり、遊ばなくなってから、より症状が悪化したようだ
本当は私が週に一回も母に会えず、夜に寂しくて泣いていることも知らず
母と私が楽しく縁側で談笑している姿を見ては、私に嫉妬してか、私を遊びに誘い、母の目がなくなった隙に大怪我をさせられていた

私は妹から執拗にいじめられていた理由が分かったし、母は私がなぜこうも大怪我を繰り返していたのかの真相が判明したが、お互い残ったのはその妹がどうなったのかという心のシコリだけだった
母も私も忘れたままでいたほうがよかったのかもしれない

2017年5月15日

【奇妙な話】楽譜が読めない。けどね、学校で配られた楽譜を見たら弾けたの??自分でも謎

977 :名無しさん@おーぷん
楽譜読めないんだけど、学校で配られた(音楽発表会?みたいなのをクラス全員で弾く曲)を見ただけで弾く事が出来た。
あれ、なんで弾けたんだろう・・・?

2017年5月9日

離婚して元夫に会うと『お前の料理がまた食いたい』と言われ、〔そういや久しく作ってないなー〕→結果、離婚と共に夫の好物とも離婚したのねwwwww

30 :名無しさん@おーぷん
最近、子供の関係で元夫と会った。
その時に元夫から「おまえの料理は旨かったな、また食いたい」と言われた。
前に会った時には今嫁がメシウマだと自慢されていたので??となった。
今嫁さんに「もっと○○な感じにして」とか「なんか違う」とか言ってたら
今嫁さんに、私の料理と比べられていると気づかれてしまって、
一切好みのリクエストを聞いてもらえなくなったらしい。
相変わらず馬鹿で無神経な男だなー、と思いつつ、元夫が「食べたい」
と言った料理は子供たちが好まないので離婚後作っていない事に気づき
でも今夫は好きなはずなので、さっそく晩ご飯に作ろうと
ピーマンと豚肉と筍をまな板に乗せたところで、細切りにした後
どうしたらいいんだっけ?と考えたんだけど、レシピが思い出せなかった。
他によく作ったメニューを思い出そうとしたんだけど、
どれも材料は思い出せてもレシピはさっぱり。
レシピ帳とか料理本なんてほとんどなくて料理はほぼ目分量で作っている。
離婚前から不仲だったけど、夫の好きな料理は作っていたのに
離婚と同時に全てサッパリ記憶から消去してしまったらしい。
ネットで青椒肉絲を検索してなんとなく思い出したので作ってみたけれど
やっぱり記憶にある味とは別物で驚いた。
たぶん回数を重ねるうちに今夫の好きな味になっていくんだろう。

2017年5月9日

幼稚園の時のことが未だに夢に見る。書道でAより上の賞を取った。Aに『なんでお前が上なんだ』って責められる・・・

85 :名無しさん@おーぷん
自分でもどうでもいいことだと思っているんだけど、未だに夢で見るので衝撃的だったんだと思う。
幼稚園の時、授業(って言うのかはよくわからないけど)の一環で書道をやった。
クラスのみんなは正座して幼稚園児なりに真剣にやってたけど俺は片手で鼻くそほじりながらやってたんじゃないかと思う。書道で使った筆にはなくその乾いた跡とかあったりするし。
で、同じクラスのA、こいつは書道の習い事をしていて、多分一番真剣に書道やってた。

その時書いた奴は市の書道大会の園児の部みたいなのにに出展されたんだけど、よく分かんない結果になった。

金賞 他の幼稚園の誰かが書いた奴。子供心ながらきれいな字だと思った
銀賞 俺の 字のバランスも大きさも書き順もおかしいし、なんか半紙の隅に墨汁じゃない変なシミもある
銅賞 Aの 子供心ながら金賞と同じぐらいカッコイイと思った
佳作 五作品ぐらいえらばれた。金銅とくらべると少し劣る気はするけどそれでも綺麗な字だった


なぜか鼻くそほじりながら書いた俺の奴が、書道を習って一番頑張ってどう見ても綺麗なAの奴より上の賞とっちゃったんだよね。
幼稚園のみんなは「なんで俺君が銀賞何だろうねー?」なんて言うし、俺自身「どんなに高く評価しても努力賞ぐらいだろう」なんて思ってた。
Aはただ俺に「おめでとう」とだけ言ってくれた。

俺自身が銀賞って言うのに納得いかなくて先生や親に聞いたことがあるんだけど、流石に本人に「お前が賞を取るのは確かにおかしい」なんて言えなかったみたい、
苦笑いしながら「字は綺麗じゃないかもしれないけど、書いてるときの頑張りが審査員に伝わったんだよ」見たいなことを言われた。鼻くそほじりながら書いた作品に。

一週間ほど駅前のビルの中で賞をとった作品が展示されてたんで、母と見に行ったことがあるんだけど
そのときにAとA母を見かけて、A母がAに何か怒っていてAが涙目でA自身の作品を見ていたのが鮮明に記憶に残ってる。
他のところは日記からひろったりうろ覚えだったりするのに。

それから20年ぐらい経ってるし、その間地震に巻きこまれたり目の前で交通事故があったり、それなりに衝撃的な体験はしているんだけど、たまに見る悪夢は8割ぐらい、幼稚園児のAが泣きながら「なんでお前が銀賞何だ」って言ってくる夢。
Aは一度も俺にそんなこと言ってないはずだし、小学校までは普通に友達だったはずなんだけど。

未だに芸術家が芸能人の作品を批評する番組何かを見ると芸術家や家族の評価と俺の評価がまるっきり正反対だったりする。

2017年5月8日

小さい頃から人見知りで話しかけられても話できなかったり会話続かなかったり→大人になりかなり克服できたと思ったら初対面の相手ばかりさせられるようになったww

174 :名無しさん@おーぷん
私は小・中学生の頃は人見知りで初対面の人に話しかけられると
緊張して返事が単語で終わっちゃって話が続かなかったり
モジモジしたり顔や耳が真っ赤になったり汗がダラダラ垂れたりして恥ずかしいし
こちらからなかなか話しかけられないから
最初は向こうから話しかけてくれても
話が続かないと諦められてあんまり話しかけてもらえなくなって寂しくなったりするので

なんとか自分から話をふったり
話のラリーができるように努力したり
相手も人見知りで話がブツ切れになった時
質問で話を戻したりできるよう考えたりと10年くらい努力してきた。

なので今では人見知りと言うと
どこがー!?
と言ってもらえるようになったけど

今でも慣れてない人に話しかける時耳熱くなるし汗も出るしかなり勇気はいる。

そんななのによく人見知りの人を押し付けられるようになってしまった。
私が話が続かない相手でも頑張って話しかけるから無愛想な人でも
大丈夫だと思われてるっぽいけど

根底では人見知りコミュ障は治ってないのでつらい。
まだ恥ずかしがるタイプの人見知りはマシだけど
無言無表情になるタイプの人見知りっていうかコミュ障の人は本当に苦手。
うわー、本物の人見知りってこんなにウザいんだなー。
と昔の自分を客観視してからますます
人懐っこい人になるように頑張っていたんだけど
私にそういう人達を押し付けてくる人達のように
適度にあしらえるようになりたいとも考えるようになってて
もう人と仲良くしたいのかそうじゃないのかわけわからなくなってきた。

何故か知り合いがみんな「自分の友達はみんな友達!」みたいな感覚で
遊びに行くと初対面の人連れてくる事が多くてその人が人見知り率が物凄い高い。
その人たちが初対面の人が苦手なだけで慣れれば平気ってのはわかりすぎるんだけど
こっちは初対面の時にすごい必タヒにコミュニケーション取ってるから
後々過度に馴れ馴れしくされるとちょっと引っかかる時もある。

結局何が言いたいんだって感じだけど
FO、COしたいわけじゃないけど
交友関係に不満がある愚痴を吐き出したかった。すまそ。