カテゴリ:結婚・再婚
2016年3月24日

新郎友人席からバカにしたような「ハッ」という女の笑い声。「バカじゃないの、もろ遺産狙いバレバレじゃん」。見るとなんか荒んだケバ目の女が酔っ払ってグデグデしながら喚いていたわけ。

191: おさかなくわえた名無しさん 2009/09/19(土) 13:46:05 ID:JT1rlGxV

ちょっと長いけどお付き合い下さい。会社の後輩Aちゃんの結婚式の話。
3年付き合った彼氏とAちゃんが晴れてゴールインすることになった。
Aちゃんは凄くいい子で仕事も出来る。彼氏はとても優しく真面目そうな資産家令息(イケメン)。
小さい会社だから、もう会社中で我が事のように大喜びだった。
式には社員総出(+社員の家族)でお呼ばれ。
式中、結婚にいたったきっかけが披露された。
彼氏に腫瘍ができたことが発覚。そのときAちゃんが彼氏に
「もし悪性だったら結婚しよう、あなたに出来ることは全部したいから」とプロポーズしたらしい。
幸い腫瘍は良性で、検査結果を聞きに行った帰りに彼氏から
「両性だったけど、結婚してくれますか」と改めてプロポーズしたんだって。

その話に一同和んでいたところ、新郎友人席からバカにしたような「ハッ」という女の笑い声。
「バカじゃないの、もろ遺産狙いバレバレじゃん」。
見るとなんか荒んだケバ目の女が酔っ払ってグデグデしながら喚いていたわけ。その後も
「新婦の席見てみなよ、片親じゃん」「この前みかけたらユニクロとか着てて地味だった。嫁ぎ先に不似合い」
挙句「ブス」などAちゃんをけなし放題。
その女の旦那さんらしい人が手を上げそうになってるわ、うちの会社の後輩(若くて血の気が多い)が
「あんたにAさんの何が分かんのよ!」とか怒鳴りだすわ、もうぐちゃぐちゃの大騒ぎ。
と、ゴボゴボッ、ドンドンというような音の後に「あーあー」という女性の声。
声のほうを振り返ってみると、和装の美熟女がマイク片手にすっと立っていた。
新郎のお母様だった。

2016年3月23日

嫁と元彼は結婚まで決まっていたけど、結局元彼親と嫁親の関係の問題で破局したという過去が嫁にはある。ある日、嫁と元カレがバッタリ遭遇。「嫁子ちゃん…?」「え…え…元彼君…?」

933: 名無しさん@おーぷん 2014/10/09(木)13:27:32 ID:27HlPBJaq

嫁の元彼の話。
嫁と夜の元彼は結婚まで決まっていたけど
結局元彼親と嫁親の関係の問題で破局
お互い愛し合っていたのに別れることになった
でも別れても友達で居ようねと元彼に言われ
連絡
その後に出会ったのが俺。付き合うことになってからは彼女のほうから
「もう元彼と連絡取らないし関係を絶つよ、俺君心配させたくないし」
と連絡も関係も絶ち、俺と嫁の関係もどんどん深まって結婚した。

元彼と嫁が結婚しなかった理由は元彼側の両親が嫁親族を見下したため。
元彼両親の立場がそこそこ地域じゃ有名で上らしく
立場が釣り合わないから別れろとの事だった。
嫁側も親を悪く言われるの辛かったし
元彼も親の権力には逆らえずこうなったと言う。

嫁の過去なんて俺にはどうでも良いし今嫁が嫌な過去を断ち切って
幸せって毎日のように言ってくれるのが嬉しいので
過去を追及してない。
ただプチ修羅場がこのあと
したり相談し合ってたらしい

2016年3月23日

突然嫁が交通事故で逝った。娘17の時。突然2人きりになった&現実味がなくて二人して呆然。これからどうしようと思った。

360: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/03/12(水) 10:30:53
土曜日、一人娘の結婚式だったんさ。

当時俺25歳、嫁33歳、娘13歳。
まぁ、要するに嫁の連れ子だったんだけど。
娘も大きかったから、
多少ギクシャクしながらも数年過ぎた。

子供はあえてつくらなかった。
収入の問題もあったけど、娘の気持ちを考えたら、
子供は娘1人いればいいって事になった。
突然嫁が交通事故で逝った。
娘17の時。
突然2人きりになった&現実味がなくて二人して呆然。
これからどうしようと思った。

生活の面では収入も安定してたし、娘も家事の一通りは出来た。
何の問題もないはずだったけど、嫁側親戚が騒ぎ立てた。

そらそーか。
血の繋がらない29の男と17の女。
ある意味カップルでもおかしくない歳の差だもんな。

「あなたはまだ若いんだから」とか、
「再婚するにも子供がいちゃ・・・
しかも自分の子供じゃないのに・・・」
とか、散々言われた。

でも、俺は間違いなく娘は俺の娘だと思ってた。
何よりも、嫁のたった一人の忘れ形見だ。
俺が育てて行く以外の選択肢は全く頭になかった。
そんな親戚の騒ぎは右から左に流した。

娘も「今更こんな足の臭いオッサンとどーにかなるかw」
と笑ってた。
当たり前の様に言う娘の気持ちが嬉しかった。

やっぱり影であらぬ噂を立てられた事もあった。
三者懇談や進路面談で学校に行くと、
必ず教師に変な顔をされた。

部活で遅くなった娘を迎えに行って
「お宅の生徒が成人男性と遊んでる」と
近隣住民から学校に通報された事もある。

それでも2人で暮らして来た。
再婚なんか考えた事もなかった。
それくらい娘には穏やかな、
幸せな時間を与えてもらってた。

2016年3月10日

【結果オーライ】「私が旦那に一目ぼれ、お節介な上司が仲を取り持った」←というのが旦那の認識なんだが実は少し違う。本当は私が一目ぼれした相手は旦那ではなかった。

134: 名無しさん@おーぷん 2014/12/16(火)13:42:59 ID:zyh

旦那は元同僚。他部署の社員だった。
旦那の中では、私が旦那に一目ぼれ、お節介な上司が仲を取り持ち、
交際から結婚にという話になってる。
大筋では間違ってないのだが、
本当は私が一目ぼれした相手は旦那ではなかった。

ある社内会合で司会をしてた人に一目ぼれして、
上司にその人の名前を尋ねて、
お節介してくれて忘年会のパーテイーで紹介されたが、
会ったら違う人だった。
恋に落ちてて全く気づかなかったのだが、
檀上に司会者は二人いたらしい。

「私が一目ぼれした」という情報ももう相手に伝わってるらしく、
なんだかモジモジとされ、
正直「うあああああああ」という感じだったのだが、
「人違いです」とも言えず、
とりあえずちょっと付き合ったらイメージ違いましたのていでお断りしようと思って、
一度デートしたら大変気が合って、そのまま付き合い、結婚した。

人違いだったと何度か話そうと思ったのだが、
旦那は私と付き合うまで喪で、一目ぼれされて
結婚したというのをどうも心の大事な柱にしているらしく、
「君と結婚出来て良かった、神は僕のことを忘れてなかったんだ」
と度々感謝されていて、なんとなく言い出せずにいる。

元の一目ぼれの相手はもうどうしてるのかわからない。
気になるといえばなるけど、まあその程度。

旦那が今日ちゃんと傘持って行ったかの方が気になる。

2016年2月28日

【ほのぼの】付き合ってからほぼ毎日一緒にお風呂に入ってる。昔は二人で狭いユニットバスに ぎゅうぎゅう入ってたのがいつしか私のお腹が膨らんで、しばらくすると・・・

45: 名無しさん 2014/04/08(火)21:04:50 ID:???

付き合ってから
ほぼ毎日一緒にお風呂に入ってる、
昔は二人で狭いユニットバスに

ぎゅうぎゅう入ってたのが
いつしか私のお腹が膨らんで、
しばらくするとちょっと広いお風呂に
夫と私と小さいのが入るようになって、
最近は夫とまたお腹が膨らんだ私とちょっと成長した小さいのが
仲良く入るようになったの。
たまーに夫の髪を洗ったり背中を洗ったりして
夫の背中を見つめながら
幸せだなって考えてる、贅沢だわ。

2016年2月27日

スポーツ観戦を通して知り合った夫。お互い趣味第一だったんで結婚式はあげず、そのかわり海外遠征に行ったんだが・・・→親戚「今どこにいるんだ!?結婚式はじまるぞ!」

147: 愛と死の名無しさん 2011/01/07(金) 02:32:53
家庭板と迷ったんだけど、こちらに 

私は去年春に結婚しました。 
相手は同じスポーツ観戦を通して
知り合った人で、お互い趣味第一
だったんで、結婚式はあげず。
そのかわり海外遠征に行くことにしました。
ある夜、連日試合観戦を楽しみ、
幸せな気持ちで眠りについた
夫の携帯が鳴り出しました
日本時間だと正午ごろです

親戚から、
「今どこにいるんだ!?結婚式はじまるぞ!」
な内容でした

なんのことかさっぱりなので、話を聞いてみると
私達の式なのに、朝自宅に迎えに行ってもいないし、
いくら待ってもこないのは何故だ。

前述の通り、式はあげずに観戦旅行と
決めていましたから、私達はまったく知らない
「今すぐこい」という親戚に
「でも、今フランス」と答えてしまった夫。
親戚絶句、
「とりあえずこっちでなんとかする」
と言って電話は切れました

後からわかったことですが、式は姑の暴走だったようです
・式をあげないなんて許せないわ。
お金がないなら私がやらせてあげましょう
・サプライズで式をあげさせることにするわ
↑嫁(私)感動して私(姑)に服従ウマー

・うちに嫁ぐんだから、家族も友人も捨てるわよね
↑招待は夫の親戚のみ←だから当日まで知らなかった
(私の両親も招待されず)
・ドレスだって似合わないだろうから必要ないわね
↑私(姑)のほうが似合うかも(姑がドレス着ていたそうな)


結果、夫共々絶縁、親戚からも絶縁された姑、
なぜか正月に帰ってこないと昨日怒鳴りこまれました
親戚たちが不幸だった式。

2016年2月24日

【人間不信】彼女の両親から「職人さんでは…とか、家柄が…」とか結婚に否定的な態度を示されていたのに、預貯金が6千万あると伝えた結果wwwwwwwwwww

909: 恋人は名無しさん 2014/07/28(月) 15:56:49.57 ID:0u4yymhLO.net

大学生の頃、両親が亡くなった。
どうにか卒業して、就職して転職して、今は建設業の職人。
彼女は父が県議会議員、母は医者、祖父母も医者だった。
根っからのお嬢様で、ファーストフードなんて食べたことない、
ファミレスやラーメン屋にも行ったことがないほど。
扱い辛い人ではあったけど、付き合っていた。

1年ほどして、彼女の家に行った時に、
親御さんから結婚の話になったが、
職人さんでは…とか、家柄が…とか否定的な話をされた。
彼女とはまだ結婚の話もしてない頃だったが、
実質別れなさいよ宣言だった。

その後彼女と結婚の話をした時に、預貯金が6千万あると伝えた。
そしたら彼女の家族の態度が激変。
すぐに結婚して家を建ててなどと言いだした。
彼女も俄然結婚モード。家族でオセオセモード。
一気に人間不信。別れを告げた。
ちなみに6千万は両親の遺産。
手付かずに残してるお金。

2016年2月17日

夫にはプレゼントとして1日私を自由にしたいと言われていた。そして朝起きたら寝室にメイド服が掛けてあった。結果、メイド服にニーソを装備した子持ちのおばさんが・・・

412: 名無しさん@おーぷん 2014/09/14(日)11:30:46 ID:???

今日の夫
先日は夫の誕生日
平日に祝うのもアレなので、日曜日である今日祝うことになっていた
その際、前々から夫にはプレゼントとして
1日私を自由にしたいと言われていた
そして朝起きたら寝室にメイド服が掛けてあった


結果、メイド服にニーソを装備した子持ちのおばさんが娘のはしゃぐ中、
夫に愛でられるというよくわからない状態になった。

ちなみに今日私はお料理禁止令がでており、
旦那はお昼と晩のための買い出しにでている
何でもメイド服が汚れるからだめ、
俺(旦那)が愛を込めてつくる。とか主張してる

娘にプリキュアプリキュア言われてポーズを決めながら
メイドの存在意義と誕生日の意味を考える私であった

……これ書いて思ったけどスレチならごめんなさい



2016年2月15日

弟嫁とその親が最悪だった。結婚前に嫁親と同居する、名字は弟のほうにする、ということを話し合った。にも関わらず、弟夫婦の子供が1才を過ぎてから「名字を変えてくれ」

964: 名無しさん@HOME 投稿日:2008/10/09(木) 13:16:58

弟嫁とその親が最悪だった。
「一人っ子だし、仕事も定年まで続けたいから」ということで
結婚前に嫁親と同居する、名字は弟のほうにする、ということを話し合った。
なのに、弟夫婦の子供が1才を過ぎてから
「子供が自分の名前を覚えるまでに名字を変えてくれ」と言ってきた。
弟嫁の親は普通の会社員で、財産持ちでもなく
ただ弟嫁父親の両親の墓があるってだけ。(父親の祖父母はその墓にはいない)
弟が「結婚前の話し合いを反故にされると自分を馬鹿にされているようで嫌な気持ちになる。
同居してくれ、名字も変えてくれというのは勝手過ぎないか」と言ったら
「勝手なのは承知している。嫌ならば離婚してもらって構わない。
慰謝料も出す。子どもはこちらで面倒をみる」と言ったそうだ。

なんでこんなに嫌なやつらが生きているのだろうと本気で憎い。

2016年2月13日

途中、酔っ払った新郎恩師がスピーチ台に立った。「えー新郎君は、あはは、いや新郎ちゃんかな?新婦さん、騙されないように!新郎は女です!オナベも続けてると、引き返せない所まで来ちゃうんだな~。」

390: 愛と死の名無しさん 2013/12/12(木) 00:27:02.88
先日思い出した、会社の後輩(♀)の不幸な結婚式。

美人で有名な後輩が結婚するとなって、わくわくしながら出席した。
多少新郎側の出席者が少ない気もしたけど、気にならない程度。
新郎新婦は美男美女、式も滞りなく進み、披露宴の余興も押し付けがましくなく、とても良い式だった。
途中まで。

途中、酔っ払った新郎恩師がスピーチ台に立った。
高砂近くに座ってた友人曰く、「新郎の笑顔がちょっと固くなった」。
プログラムに無かったので「?」と思ったが、サプライズだと思って皆拍手。
そして新郎恩師は爆弾を投下していった。
「えー新郎君は、あはは、いや新郎ちゃんかな?新婦さん、騙されないように!新郎は女です!
オナベも続けてると、引き返せない所まで来ちゃうんだな~。
しかしここの式場は女同士でも結婚できるんだな!まぁ見た目が良いからマシだけどな~。
あ、新婦さん、新郎は子種無いから、子供が欲しいならいつでも連絡してね!」

会場が凍った。
新郎は顔真っ青、新婦は鬼の形相。恩師はどこかに連れていかれた。
披露宴は早目に切り上げられ、新郎は「体調不良」で見送りに来なかった。