カテゴリ:母(義父
2019年1月21日

足の悪い母の分の切符を買おうと俺と兄貴が券売機へ行ってる間に、ジジイが前を見ずに母に衝突!ジジイは謝るどころか母に向かって怒鳴り散らし、更に母を突き飛ばし・・・

313 :おさかなくわえた名無しさん 2012/10/28(日) 01:00:41 ID:Q6X+2Gd2
半年前の事。
オカンと俺と兄の3人でうまいもんでも食べに行こうとして駅前を歩いてた時の事。
オカンの分の切符を買おうと俺と兄貴が券売機へ。
買って待ってるオカンのとこへ歩み寄ったところ70歳くらいのジジイが前を見ずに、足が悪く杖をついてるオカンに衝突。
ジジイ、オカンにむかって怒鳴り散らし、さらにオカンを突き飛ばし、オカン倒れる。
さらに大声の罵倒を始めた。

俺と兄貴の存在にはジジイ気づいてないようで、母思いの兄貴がおもっきりキレて、ジジイをおもっきり突き飛ばす。
ジジイ、気持ちいいくらいに吹っ飛び、地面にキス状態
あたり大騒ぎで駅員数名も飛んでくる。
俺もキレてたので「クソジジイふざけんなボケ!!」とすごんだら
ジジイは「ひぃぃい!」とか奇声をあげながら消えていった。

特に警察沙汰にもならなかったが弱者には強気のクズジジイは本当にずうずうしい。

2019年1月21日

毒親に色んなことを制限され続けてきた。なんとなくSNSを利用しはじめると、私と同じアラサー女性が自由に暮らしている都会が羨ましくなり、いつか都会で暮らそうと考えはじめ・・・

645 :おさかなくわえた名無しさん 2017/10/07(土) 16:56:38 ID:vTLxaFjY.net
今起こってる修羅場。長いらしいので、分けました。改行多めです。
1/2
うちはネットでいう毒親で、進学とか色々制限されてた。家も山奥の田舎で、男性社会で女性の自分はいなくても良い存在。
SNSになんとなく登録したら、私と同じアラサー女性が自由に買い物をしたり、田舎とは遠い煌びやかな街が羨ましくて、私もそこで生活したくて、給料3万以外は親に渡してたけど、そこから半年かかって先月で10万貯まった。
いつか都会で暮らすのだから、都会に友達がいた方がいいなと思って、ネットで友達募集してた人と遊んでもらった。そこで私は異常だと思い知った。
そもそも、私は買い物が自分で出来なかった。ペットボトル1本買ってレシートを写メって親にラインしたり、カフェのメニューもラインして親がコレなら食べていいって返事きて、そのレシートもライン。
そしたら相手がそれは変だと言ってくれた。

2019年1月19日

小学校教師だった母「教師は女の仕事としては最高の仕事だ」うんざりした兄「女性のお医者さんや弁護士や大学教授もいるよ」母「それは例外でそんな人はあんまり居ない」→更に兄が反論すると・・・

36 :名無しさん@おーぷん 2017/09/28(木) 00:40:13 ID:HRr
学校の先生は性格がおかしい人が多いと言われるが、自分の母を見ていると真実だと思う。

今は退職して何十年も経ったが、昔、母は小学校教師だった。母は私や兄に「教師は女の仕事としては最高の仕事だ」といつも言っていた。
その「最高の仕事をしている自分」にものすごいプライドを持っていた。ある時、その最高話にウンザリした兄が「女性のお医者さんや
弁護士や大学教授もいるよ」と言ったら、母は「それは例外でそんな人はあまり居ない、普通の仕事では最高なんだ」と怒鳴った。
兄が「普通は普通で、最高とは違う物だ」と言った瞬間、兄は母に殴られていた。目が吊り上がって顔が真っ赤な母に「お前もそう思うか?」と
聞かれた私は兄を裏切るわけもいかないけれど、殴られたくないのでどうしてよいか分からず即答できなかった。再度「お前はどう思うんだ!」と
怒鳴られ、パニックになった私は「普通は最高だと思う」と答えてしまい「馬鹿」と言われ、母に殴られそうになった。その瞬間、兄が「今の事を
赤の他人に言って聞かせてもいい?」「最高話を人に言いふらすよ」と言ってくれたので母に殴られずに済んだ。母は「お前たちは世の中の事を
分かっていない」などとブツブツ言いながら部屋を出て行った。家に父親は居たが、全くの空気だった。何を言っても相談しても「母さんの言う
通りにしなさい」「母さんを怒らせたら駄目だよ」と言うだけだった。

後年、兄は大学を卒業し就職して家を出た。母が望む超難関大学に行かなかった兄を母は絶対に許さなかった。「○○大学に行くのに東京に行くのなら
まだしも、就職のために東京に行くのは許さない」と母は怒っていた。給料が出るまでの間、兄がお金に困ると思った私はお年玉や小遣いを貯めていた
のを兄に渡した。兄は「ありがとう」と言ったけれど、お金を受取らなかった。それでもと言う私と押し問答になって兄は「じゃ」と言ってその中から
1000円だけ持って行った。兄はその千円札を今も持っているらしい。

高齢となった母は今もプライドの塊で、内心、すべての人を見下している。自分が知らない事は、世間でもあまり認められていない事だと信じ込んでいる。
だから、インターネットとはロクでもないもので、そんなものはすぐに廃ると思い込んでいる。
現在、私は母とは完全な絶縁はしていない。完全な音信不通にすると半狂乱になって故郷の友人の実家に押しかけたことがあったから連絡先は教えている。
「東京なんてロクでもない」場所だから母は私の家には来ない。いろいろ準備をして疎遠にしていくつもりだ。
兄はインフラエンジニアをやっているが母曰く「ロクでもない仕事」だから兄とはほぼ絶縁状態となっている。

そんな母だが、母が担任していたクラスの同窓会が開かれる度に、母は「恩師」として何回も呼ばれている。故郷の人に聞くと、母は温厚で理解のあるとても良い先生
だったらしい。「私と兄の話は誰も信じないだろうな」と思い、母が以前「お前たちは世の中の事を分かっていない」と言った事を思い出した時がスレタイ。

2019年1月19日

頭がよく、国立の工学部に通う妹「自分で服を買いたいからバイトしたい!」妹の発達障害が理由で離婚した母「バイトは禁止!!お小遣いあげるから!」私「・・・」

628 :名無しさん@おーぷん 2017/09/12(火) 15:32:31 ID:lEr
県トップの公立高校出身で国立工学部に通う発達障害の妹がいる。妹の障害が理由で両親が離婚して母子家庭。
妹は頭は良いけどコミュ力ないからとバイト禁止。

コミュ力ないとすれば、迷惑かけるからと妹に友達付き合いや部活や委員会を禁止して宿泊学習も先生と同じ部屋で寝させたからだと思う。さすがに高校は友達の部屋だったらしいけど。

妹は今でも自分に障害があることを知らない。
母は妹がいじめられないように携帯をもたせていない、教授からのメールは母の携帯に来る。

1人で出かけさせるのは徒歩10分の大型スーパーと美容院くらい。大学までは祖母が車で送迎してる。

服も私のお下がり(サイズが全然合ってない)のみで靴は高校時代の指定ローファーと体育館シューズしか持ってない。

それを合わせると、ピンクのワンピースに緑色のスニーカーとものすごいセンスの服になる。

妹が服装のことで陰で変なあだ名をつけられていたことを最近知ったらしくて、「自分で服を買いたいからバイトしたい!私もかわいい靴ほしい!」とダダをこねた。母は困ってママ友(妹と同じ障害の男の子と健常者の女の子がいる)に相談したら

「お小遣いを増やした方が良いよ。親は先にタヒぬんだから、服も自分で買えるようになっておかなきゃ」と言われてお小遣いを月1000円から1万に上げることに決めたらしい。

健常者の私や兄は「自分の小遣いと学費は自分で稼いでね」と上限ギリギリまでバイトをしてきたのに、一日中何もしないでゴロゴロしてる妹は障害者だからって学費を払って貰える上に1万も貰えるのかって思う。

母親の神経が分からない。
多分、妹、普通にバイトできると思うんだけどな。

2019年1月18日

俺「俺の家から出ていけ!」母「嫌だ!」俺「じゃあ俺が出ていくからローンを払え!」母「私が他界したらこの家を売るよう兄には言ってあるから」俺「」

1 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/10/20(木) 23:55:50 ID:ZRM7WY0N.net
兄弟がいるとあるじゃん。
愛玩子と搾取子。

俺には兄貴がいるんだが、うちの母親は兄貴を溺愛して、俺は愛しているふりの搾取子なのかな、とうすうす感じていたが、本日確定。

俺が建てた家にこれから2人だけで住んでにんまりするのかな。

2019年1月17日

お世話になった伯母が他界した途端、鬼の首を取ったように母が「お前は本当は(兄)と私の間に出来た子、(兄)は私と伯父の間に出来た子」と私に言った。

740 :名無しさん@HOME 2012/04/11(水) 01:42:14 0
私は本当は兄と母の間にできた子で
兄は母と伯父の間にできた子だったということ

私の耳に入れないよう自分を犠牲にしてくれていた伯母がタヒんだら
鬼の首でもとったように母が私に言った
本当は私は生きてちゃいけない人間なんだと思う
でもタヒねない
生き穢くてごめんなさい

2019年1月16日

【閲覧注意】父がガンになり手術を受けた。時間にも及ぶ大手術も無事に終わり待合室に執刀医が来たと思ったら、不機嫌な顔で銀色のトレイをテーブルの上に置いて・・・

584 :名無しさん@おーぷん 2015/09/29(火) 17:52:38 ID:jrV
父が数年前膀胱癌になり手術を受けた
かなり長時間にわたる大手術で約8時間ほどかかり、終わったのは夜遅くになった。
家族全員が専用の待合室でずーーと待ってたのだが待ってるのもくたびれた
まぁ一番くたびれるのは執刀医なんだから文句は言えないのだが。
待ち時間が長いと聞かされていたので漫画とかゲームをもってこようとしたけど何となく不謹慎かと思って
手ぶらで来たからすっごく手持無沙汰だった。
ちなみに家族は母・姉・俺・弟
ようやく無事終わりましたと連絡を受けて別の部屋で術後の説明を受けることに
部屋で待ってたら執刀医の先生が不機嫌な顔で(多分疲れから)入ってきて何か手に銀色のトレイ
そいつをいきなりテーブルの上にドンッと置いたと思ったら
たった今切除したてホヤホヤの親父の膀胱
何の予告もなしに、心の準備もないままベッチョリしててデロデロの贓物とご対面・・・
ぶったまげて俺涙目、横にいる弟も同じだったみたいで顔面蒼白
で、先生はピンセットで摘まんでここが癌患部で抗がん剤の投与によりここまで小さくなっておりました、だの詳しく説明してんだけど
それを真剣な表情でフムフムと聞きいってる母。
まぁそれは解る、自分の旦那の病気の事だし、母ちゃんだし。
だが問題は姉だった、平気な顔して母と同じようにヘーホーと肉塊を見つめて聞いてやがんの。
俺と弟がどん引いてるってのに。それが第二の衝撃
説明が終わって部屋を出て弟と
「お前、顔色すげーぞ」「いやそっちこそやべーし」
とへろへろになりトイレに駆け込んで情けないけど吐くかなーと思ったけど吐かなかった
生唾が大量に出たけど・・
後で姉になんで平気だったのかと尋ねたら
「んーなんか旦那の好物の牛筋煮込みよく作るんだけど、それとそっくりだなーと感心してた」
と謎回答が返ってきた、そんなもんなのだろうか?それとも女は子供を産むと強くなるってやつなのだろうか
ただ単に姉が変な女なだけなのか?
ま、それはそうと父は再発もなく今も元気です。

2019年1月16日

母「セーター編んだから着なさいね」中学生私「(確かに出来はいいけど親の手編みとか・・・)」→せっかく編んでくれたものなので仕方なく学校に着ていくと・・・

482 :名無しさん@おーぷん 2017/06/26(月) 21:03:17 ID:???
中学生の頃、指定の制服とは別にブレザーの中に着るセーターはみんな私服(とはいっても無地の無難なやつ)だった。
学年が上がると派手な色を着たりするんだけど、あの年齢特有の後輩はスカートは短くしちゃいけないとかの亜種?「後輩は地味でいなきゃいけない」暗黙ルールで、一年生は黒、二年生は紺とグレー可。三年は何色でも。ってのがあった。
そんな私が一年の時に母が用意したのは「手編みの紺色セーター」
母は手芸が得意で良いものだったのだけど、手編感はあるし思春期当時は親の手編みを着ることに抵抗があって、
でもせっかく編んでくれた母に買ってとも言えずそのセーターを着た。
正直、紺だからダメ!と怒られたらそれを口実に母に言えるかな。なんて考えもあった。
着た初日当然先輩に呼び出され「何で一年なのに紺着てるの?」
「すみません、ルールを知る前に母が編んでくれてこれしかなくて…新しいやつ買ってもらわなきゃダメですよね?」となかばウキウキでしおらしく答えたら「そういうことならいいの!!」
たぶんきつーくしめるつもりで呼び出しただろうに優しい先輩で
けろっと「手編みなら紺でもいいよ」と言われてしまって買う口実を無くしてしまった。
結局三年間手編みセーターを着続けたんだけどとくに傷むこともない丈夫なセーターだった。
当時としては恥ずかしい気持ちでいっぱいだったけど、今思えばこんなに丈夫で飾り編み?もされてるセーターなかなかないし、何より母の気持ちが有り難い物だったよね。
と、あれからうん十年だけど断捨離をしてたら例のセーターが出てきたので思い出吐き出し。

2019年1月16日

私の地元は「女の子は地元の短大や看護学校に行かせて介護と育児に従事させるのが一番」といった価値観が根強い。両親もまたそんな思考で、甘やかされまくって育った弟は・・・

570 :名無しさん@おーぷん 2017/09/16(土) 21:41:53 ID:zM9
私の地元は極めて保守的な地域で
「女の子は地元の短大や看護学校に行かせて親元に残して地元の男と結婚させて、地域のために介護と育児に従事させるのが一番」
といった価値観が未だに根強く残っている
私の両親もご多分に漏れずこうした思想の持ち主で、弟は県外の大学に行かせたのに、私には常々「女の子の幸福とは~」等々、抑圧的なことを言い聞かせてきた
洗脳のつもりだったのかな
虐待とまでは行かないけど、いわゆる長男教によくあることは大体受けてきた

私が他の女の子と比べて幸運だったのは、県外で暮らす母方の祖父母が相談相手になってくれたこと
何より学費と仕送りを援助してくれたこと
なんでこの人たちからあの母親が…と幼心に疑問に感じるぐらい優しい人たちだった
母は二人のこと疎ましがっている様子だったけど
今の私がいるのはあの二人のおかげ。だから恩返ししたくて勉強も就活も頑張ったんだけどね
恩返しする前に亡くなってしまった

それが理由でモヤモヤを抱えながらしばらく生きてきた
だけどふと、誰かを助けて社会に還元することが報いになるんじゃないかと思ったのよ
地域と弟に対する恨みも古傷みたいに残っていたから、この二つにちょっと痛い思いをさせたかったという動機もあった
両親の思想をそっくりそのまま受け継いだ弟によって色々しんどい思いをしていた姪っ子の学費と生活費を代わりに出した
独身で正社員として働いている身だからそれなりに貯金もあったし、大した負担ではなかった
奨学金を借りるっていっても二十歳そこそこの女の子に600万の借金を背負わせるなんて酷いことだと思うしね

都内で働きながら楽しく暮らしているらしい姪の近況を聞く度、なんだか気持ちが落ち着くのを感じる

2019年1月15日

小さい頃から家族の搾取用兼サンドバックとして扱われ続けてきた。常日頃「生物と思わないように」と妹弟に説明されていた自分は、父方の親族会議を機会に復讐をすることに・・・

25 :本当にあった怖い名無し7/1 2012/10/27(土) 23:16:16 ID:OqYch63/0
毒家族に行った復讐。
小さい頃から搾取用兼サンドバックとして育てられてきた。
三人兄弟の一番上だが、下の妹弟は私の事は生物と思わない様に、と常日頃両親に言われていた。
父方の親族会議を機会に復讐開始。
会議もつつがなく終了し、場は宴会へと移行。