カテゴリ:武勇伝
2017年3月17日

何十年ぶりかの中学の同窓会に行った。地味だったA子は美人になっててチヤホヤ→当時の中心グループ達B子が『あれ、絶対整形ww』『中学の時意地悪してやった』とか昔の武勇伝で盛上がる。俺(たかが中学3年間の武勇伝語っても今は〇〇じゃんww)長い人生卒業してからが勝負だよ!

449 :名無しさん@おーぷん
先月末、中学時代の同窓会だった。
卒業した年の倍+αになり初めての同窓会だった。
中学時代、大人しかった女子Aが凄い美人になっていて結構注目を集めていた。
それを見た中学時代に中心的グループだった女Bは
「アレ、整形だよね。バレバレ」
(そんなことはない。元々Aは綺麗な顔立ちだった)
「さっき何か私たちと話たそうだったけれど無視してやったの」
(Aの周囲には男どもと先生たちが寄っていたので別に話相手になってほしそうでもなかった)
とやたら見下していた。
Bはひたすら中学時代は良かったとか昔のアイツはダサかったとかそんな話ばかり。
今は何しているのかと聞くと未婚で実家住みのフリーターだった。

2017年3月17日

目の前で女子中学生と自転車の爺さんが衝突。爺さん普通に逃走!陸上部の友人が追いかけて捕まえるも、爺さん頭の悪い言い訳ばかりで上から目線wwwとその時女子高生が『あれ?お爺ちゃんじゃん』と現れた結果、爺さんあわわわ

957 :名無しさん@おーぷん
高二の夏、当時のクラスメイトと歩いて帰っていたら目の前の歩道で自転車が女子中学生と衝突した。
自転車に乗っていた爺さんは颯爽と逃走
突然のことでポカーンとしている俺を尻目に、隣にいたクラスメイトは即座に走り出し(陸上部だから早い早い)自転車の後輪を掴んで爺さんを捕まえた

慌ててクラスメイトに駆け寄ると、小汚ない爺さんはクラスメイトの手をピシャピシャと叩きながら
「なんか文句あるんか??ええ??」
と歯のない口から唾を飛ばしながら怒鳴っていた
「あの女の子に謝ったらどうです?」
クラスメイトが普段より三割増しぐらい低い声で言うと
「なんで大人が子供に謝らなきゃならんのや」
こんな返事
「悪いことしたからでしょ。それともあの子じゃなくて警察にごめんなさいしたいですか?」
クラスメイトは携帯を取り出そうとした。
爺さんは今度はクラスメイトの肩をペシペシ叩きながら
「ベル鳴らしたのにどかなかったから」
震える声でこう言い訳した
「クラクション鳴らしたのにどかなかったから。って車にひかれてもいいんですか?」
更にドスを聞かせた声でクラスメイトは爺さんに問いかけた

手持ちぶさたでオロオロしてた俺も何か言うべきだと思って
「そもそも歩道は自転車走っちゃダメって法律で決まってますよ」
こう言った。

すると爺さん、なんとびっくり
「それでも女子供が道を譲るのは当然」
「そうやって甘やかすから子供が調子に乗る。法律なんかで守るな。働いて一人前になってから文句言え」
こんな頭に虫沸いてそうな言い訳をした

話は変わるが、接客業でバイトしてる姉がよくバイト先にいた老害客の話を愚痴混じりに聞かせてくれる
数々の老害客エピソードの一つにこの爺さんと全く同じ主張してバイトの女子高生にセクハラしたおっさんというのがいたので
(あっ、これ話にならんやつだ…)って戦慄していると
「あれ?おじいちゃんじゃん。どうしたの?」
違う学校の制服を着た女子高生が歩み寄ってきた

頭の回らない俺でもこの女子高生と爺さんの関係は瞬時に理解できたから
「いや〜この爺さんが女の子に自転車で当て逃げしたんすよ〜」
って一息で説明した。
爺さんは慌てた様子で自転車から降りてモゴモゴ何か言い出そうとした
「えっ?なにそれ!ちゃんと謝った?」
俺、正直かなりのビビりだから、爺さんを叱り始めた女子高生と落ち着かない様子で俯いた爺さんに
「自転車マナー、ご家庭でちゃんと教えて下さいね!」
って言い残して逃走した

後日クラスメイトから聞いたが爺さんは女子高生にこってり絞られたらしい

2017年3月7日

俺っていったい、、、→公園で5歳の娘と鬼ごっこしてたら、爽やかな男子大学生に「ちょっと何してるんですか!?」と変質者に間違えられ、娘固まるwww

336 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 19:58:02.10 ID:NlFm6O1L.net
公園で子供と遊んでたときの話。

そこの公園は住宅街の近くにある東京ドーム数個分くらいの面積がある広い公園で、たまに大学生サークルが遊んだりボランティアでゴミ拾いしてくれていた。

その日もゴミ拾いやってて、自分はその隣のエリアにある原っぱで5歳の娘と鬼ごっこをしていた。
自分が鬼役で娘をゆっくり追いかけてて、そろそろタッチするぞーってくらいに近づいて娘がキャーキャー言いだしたところで、大学生サークルの爽やかイケメン風男に声掛けられた。
男「ちょっと何してるんですか!?」
私「え?遊んでるだけですけど」
男「見てましたよ!ずっと追いかけまわしたじゃないですか!」
と言い、娘と私の間に割って入る。

変質者かなにかと勘違いされてるなと思い、
私「その子は私の娘ですよ。親子です。」
男「え?本当ですか?」
私「嘘だったらあなたと話してる間に逃げてるか、親が飛んでくるでしょ。」
娘は父親が揉めてるの見て固まってた。
男「だからって嫌がってるのに追いかけ回すなんて…」
とか言ってどかない。

2017年3月7日

憧れの女性と牛丼屋へ。彼女「汚い身なりでいちゃもんつけんなよ」と一言。武勇伝的に話す彼女に憧れは消え去った、、、

656 :672
いいなぁと思ってた女性の恐ろしい一面。

大学時代サークルで憧れていた女性と出かける予定が出来た。
当時貧乏学生だった俺は奢ることなんて出来ず牛丼屋を提案。それでもその人は「一回入ってみたかったんだよね!」と乗り気。見栄っ張りな女性が苦手な俺はますます好きになってしまった。

店内で待ってたところひとりの中年男性が店員に文句をつけ始めた。
「時間かかりすぎだよ、これ要らない。新しいのちょうだい」と。
そして近くにいた俺たちに「安くてもこれじゃ困るよね(笑)」なんて苦笑いしながら声をかけてきた。
するとその女性は「汚い身なりでいちゃもんつけんなよ」と一言。
俺もびっくりしたがその男性はもっと驚いたらしく悲しそうに去ってしまった。

彼女は店員を助けたみたいにして誇らしそうだったが当の店員も困惑。
その後のサークルでこの話を武勇伝のように話す彼女と絶賛する友人らを見て彼女への憧れは無くなってしまった。

あの見た目で未だに独身てのもわかる気がする。