カテゴリ:感動
2018年10月8日

【いい話】義妹には二人の子供がいて、義両親の遺産はこの二人に相続される予定だったのだが私が高齢出産で双子を産んだことによって状況が変わった。すると義妹の嫌がらせが始まり…

56 :名無しさん@HOME 2012/07/25(水) 09:08:05 0
私は40歳で結婚し、旦那の両親同居、旦那の妹は近くに住んでいて、よく金の無心に来ていた。
義妹夫婦には中学生と小学生の男の子(当時は手のつけられないような悪ガキ)がいたので
義両親の遺産はこの二人に相続されることになっていたらしい。
しかし、その後私が高齢出産で双子の男の子と女の子を出産。この頃から義妹の嫌がらせが
始まった。
私にしか聞こえないように言ってくるので誰にも信じて貰えなかった。
そんな中、寝たきりだった旦那の父方の祖母が亡くなり葬儀が行われることに。
自分の双子は保育士の妹に預けて私も出席したのだが、義妹の長男がお葬式なのに
髪を金髪にし、中学生なのに咥え煙草で出席、案の定義妹は頭ごなしにブチ切れ。
その後も親戚中からの冷たい視線に義妹は耐えられなかったのか酒を浴びるほど飲み泥酔。
その後義妹は「私は我慢して二匹もガキを育てたのにこの女(私)のせいで何もかも
無くなって・・・何のために産んだと思ってるんだよ!」と支離滅裂な事を絶叫。
すると姑が義妹の顔面をグーで殴り
「てめぇがこんなんだから何の罪もない子供たちが非行に走るんだよ!
私の方こそなんでお前なんか産んだかわかんねーよ!今すぐここから出でけ!
そして帰ってくるなバカ娘!」と説教。
普段はおしとやかな姑があんな風になったのは驚きだが、その後は先述の
私の疑いも晴れてスッキリした。

2018年9月12日

自営業をしていた両親が商売で失敗。多くの借金ができ、私はお金で売られ結婚する事に。旦那になった人や義両親は私をとても大切にしてくれ、義姉は本当の妹のように可愛がってくれた。ある日両親が孫を見に来て…

24 :名無しさん@HOME 2014/09/01(月) 23:06:53 0.net
スカになるかわかんないけど、自分的にはスカ

私の両親は、自営業をしていたんだけど商売で失敗して多くの借金が出来た。
それでも、商売を続けたいからと私は強制的に金で売られて結婚する事に。

でも、旦那になった人は私に一目ぼれしたからお金を出したと言ってくれてとても大切にしてくれた。
義姉も本当の妹のように可愛がってくれて、義両親は自分の子供のように扱ってくれた。

それで、私の両親が孫を見に来た時の一言が酷い。
「私子に似なくてよかった、旦那君そっくりできっといい息子に育つ」
「義姉は美人なのに、私子はブスでとろくて愛嬌も悪くて、本当にいい所がないのに……」
とか言ってる最中、義姉が私両親に向かって熱いコーヒーをぶちまけた。

「悪いけど、私の妹の悪口言わないでくれない? アンタ等何様で物言ってんの?」
そう義姉が言ってくれた。
私両親は怒りながら「折角嫁にくれてやったのに、離婚だ!!!」って怒鳴り始める。
けど、義姉は強い。
「親らしいことは何もしてないのに、勝手に育っただけなのに親面とかねぇ。
子供を売った事も棚に上げてこの暴言。
育ちの悪い人は困るわ」

その後、お出かけから帰ってきた義両親に見つかり、私両親がした事を知ると追い出してくれた。
その最中、義姉はわんわん泣いてた。
あんな事言われるなら会わせなきゃよかったってぎゃん泣きしてた……。
両親は私の事を道具としか思ってないから、ここまで泣いてくれて嬉しい限り。

2018年7月22日

俺の年収500万で嫁は250万円。嫁『お金が足りない足りないわぁ~』と言ってくるが俺(そんなに足りないかな、、、)と通帳を見てみたら驚愕した!!!!!!俺(ま、まじか、、、)

30 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/12/26(金) 13:02:47 ID:uFOgEmG3.net
嫁の金銭感覚。

俺30代前半で年収500万程度だけど嫁が足りない足りない言ってくる。
嫁は共働きで250万程度。
結婚したときに家をお互い折半で現金で買ったから家賃かからないし
そんな足りないかなぁと思って通帳見たら2000万近く俺の通帳に貯金有ってマジでビビった。
この通帳、結婚したときに給料振り込み口座として作って嫁に渡してたんだが
殆ど使われてなかった。
なんだこりゃ?と思って聞いたら老後いくら有っても病気とかで足りなくなるかも知れないでしょ!
ってドヤ面で言われた。
嫁よ、高額医療費制度ってものが有ってだなorz

しっかりしてるんだかマヌケなんだか判らん。
取り敢えず穴の空いた靴下を捨てさせて新しい靴下買ってあげた。

2018年7月17日

母が余命を宣告されて入院中に母『個室に移りたい』と大部屋で精神的に参ってた母に父『どうせタヒぬやつに高い部屋代払えるか』と・・・・

185 :sage 2009/02/03(火) 00:10:51 O
初めて投下します
携帯からなので読みにくかったらごめんなさい。
兄から聞いた話で私は今回初めて聞きました。

普段からお金に細かい父。
数年前母が余命宣告され
入院中のこと。(大部屋)
精神的に参ってた母は
『個室にうつりたい』と父に頼んだそうです。
そしたら父は…
『どうせタヒぬやつに高い部屋代払えるか』と
聞き入れなかったそうです。
私は学生だったので知りませんでしたが
兄はそれ以来父を嫌い、全くといっていいほど連絡も取っていないようです。

父よ、それって人道的にどうよ?!
ちょっと父を見る目が変わってしまいました。

2018年7月16日

主人を一目見て『この人!絶対に手放してはいけない!!』という感覚に襲われ猛アタック→結果無事に結婚することになり毎日の手料理や掃除に幸せを感じてた→ある日主人が街の占い師に見てもらったら主人『俺と君は・・・・』

938 :名無しさん@おーぷん 2016/02/28(日) 07:12:54 ID:ZY4
主人と出会ったのは学生時代、友達の紹介でした。初めて見た瞬間、あっこの人だ!絶対に手放してはいけない、あとで後悔する、と思いました。

それからは私からの猛アタックでした。私の手料理を食べて貰う為に、住んでいるアパートに来た時にご馳走しました。容姿には自信がありませんが、手料理には自信があったのです。

その後、旦那さんの胃袋を掴んだ私はいつも夕食を共にしました。お互い大学の講義が終わったら、私のアパートに来て手料理をご馳走して…もう半同棲状態になりました。

2018年7月13日

【感動】深夜の牛丼屋でバイトしてたら父と子が入店した。父『小盛牛丼一つください』俺『他にご注文は?』父『以上です』子『おいしいぃ~』父『よかったな、、』俺(これって、、、)→結果

782 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/05/17(日) 20:54:27 ID:JUIyeg75.net
修羅場といえば修羅場なので投下させてもらいます。

少し前、資格とりたくて数年勤めた職場を退社してフリーターしながら資格の勉強してた。
バイト先は牛丼屋で、基本は22時から朝までのシフト。
2年前のちょうど今時、深夜1時頃にある父子が客で入ってきたんだ。

父親は30代くらい。子供は女の子でたぶん2才~3才くらいかな。
深夜にもかかわらず女の子は眠い感じがなく、活発に喋ってた。
お冷を持っていったら父親「ちょっと注文考えさせて下さい」と。

当時は1人シフトで地方都市の国道沿いの店なもんで他に客は無し。
父子の会話が明瞭に聞こえてきた。

娘「これナホちゃん食べたいなー」
父「ナホはこれ食べたいんだなー(財布の中身見て)いいよ、これ頼もうか!」
娘「ぎゅどんておいしいー?」
父「うん、すごくおいしいよー!」

呼び出しが鳴ったので注文を取りに行った。

父「すいません、この(小盛の牛丼)をひとつください」
俺「他にご注文は?」
父「以上です」

え、子供の分しかないじゃん。お金ないのかなーと思った。
この父子をよく見れば、父親はけっこう着古したスラックスにヨレヨレのYシャツ。
娘はもう5月も終わる時期なのにスウェットっぽいズボンに毛玉いっぱいついた長袖。
荷物は汚い大き目のリュックひとつ。
明らかに何日かは風呂も入ってないなって感じの風貌だった。

続きます

2018年6月22日

住みついた子猫の抜け毛が激しい医者『皮膚病ではないですね』いっぱい可愛がってるのになんで?→ふと、おもったまさか『ストレス』なのか。そこで私は・・・・

135 :名無しさん@おーぷん 2018/01/04(木) 17:33:59 ID:GYe
仔猫が(多分)心の傷から抜毛症になり、治りつつある話を書く。

最近、うちに勝手に住み着いた猫…というより最早飼っている仔猫が
やたら自分の毛をばっさばっさと抜くようになって、あちこち物凄くハゲた。
最初は病院に連れていったけど、皮膚病では無いとの事。でも仔猫は抜く事をやめなかった。

心配で猫が毛を抜く事について調べるうちに、どうも「ストレス」しか考えられない。
うちの家族は皆猫好きで、この子を精一杯可愛がっているつもりなのにどうして…?と悩んでいた。

色々考えるうちに、もしかしたら寂しいのかなあ?と思った。
この子は元々、近所をうろつく本物の野良猫だった。人間を信用せず、私達を見たら常に逃げる。
そしていつも兄弟や母猫と一緒に人間を警戒していた。

ある日、兄弟と母親を全く見なくなった。
最近見ないね、可哀想だけどシンでしまったんだろうか?…と話していた数日後に、
この毛を抜く仔猫を見つけた。我が家のホットカーペットで寝ている所を。
『居たーー!生きてたーー!でも家に勝手に入るなよ』と無事を喜びつつ困惑する私達。
で、結局寒いしこんな子供を叩き出すのはあんまりだと、刺激しないよう猫缶だけ置いて放置していたら
3日後完全に心開いてもう家から出ないようになった。以降成り行きで飼っている。

…この経緯を思い出して、お母さんも兄弟もいきなり居なくなったトラウマがあるんじゃないか?と思った。
対策として、まず兄が母親と同じ模様の大人猫人形をネットで取り寄せ、仔猫に与えた。
そして私が安心出来る様に狭い猫の家を買ってきて、母猫人形を入れた。

そしたら仔猫は母猫人形を抱いて、猫小屋に入るようになった。これで昼間は大丈夫。
夜は父と母が毎晩交代で仔猫を抱いて寝るようになった。ゴロゴロ言いながら眠るそうだ。

結果、毛を抜く事は無くなり沢山のハゲも治りつつある。これでもう寂しくないね、と安心する私達だった。

でも、幼子の心の傷は本当に大きな影響を与えるんだと衝撃も覚える。
時々本気で、猫も人間と変わりない心を持っていると思っている。

2018年6月16日

【感動】姪っ子と出かけてると『お茶が欲しい』と言うので自動販売機で買ってあげた→姪『コレどうぞ』と姪は公園にいたホームレスにさしだした。ホームレス『いいのかい?こんなゴミに、、、』姪『おじちゃんはゴミなんかじゃないよ?』ホームレスは泣きながらお礼をいい姿を消した→その後・・・

111 :なごみ 2011/08/07(日) 17:04:59 ID:mEG6ZopwO
少し前の書き込みだけど、まだ貼られていないようなので。
子供注意



212:おさかなくわえた名無しさんsage2011/06/11(土) 18:57:34.44 ID:QPCiOJxr
十数年前姉が病タヒ、姪っ子は私達の母親の養子になった。
そんな姪っ子は当時幼稚園児。
両親は自営業だった為、事実上私が母親代わりになり、
仕事を辞め姪っ子のケアに専念。
そんなある日、姪っ子の誕生日プレゼントを買いに出掛けた。
しかしふと足を止め、お茶が欲しいと言い出した。
夏でとても暑い日だったので、喉乾いたのかな?と
思い、自販機でお茶を買い姪っ子に渡すと走り出してしまった。
慌てて追いかけると、姪っ子はある人の前に行き、
『どうぞ』とお茶を差し出してた。
最近この辺に居るようになった、40代と思われるホームレス。
元々ホームレス自体少ない地域だったので、姪っ子は気になってたようで
いつも座ってるホームレスが喉乾いてると思ったらしい。
ホームレスは戸惑い『貰っていいのかい?』と私の方に問い掛けてきた。
姪っ子はホームレスにあげたいからお茶を欲しがったので、
『良ければ貰ってください』と答えるとホームレスは泣いてしまった。
『こんなゴミに優しくしてくれるなんて…』泣きながらお茶を受け取ってくれた。

2018年6月11日

16歳の飼い猫がもうダメって時仕事以外は猫につきっきりで彼氏とも会う時間もなかった→猫は亡くなってしまい彼氏は猫に会った事なかったのに・・・・・

959 :恋人は名無しさん 2017/05/05(金) 23:29:54 ID:1PAS3Iwm0.net
去年、16歳の飼い猫がもうダメかもって時に数ヶ月間仕事以外は猫につきっきりで彼氏と会う時間を作れなかった
その猫は亡くなってしまったけど、彼氏は飼い猫に会ったことすら無かったのに亡骸を撫でてくれて仕事の合間を縫って火葬もお骨拾いも一緒にやってくれた
悲しさから抜け出せない私にしばらくは俺の家で暮らそうと言ってくれて、猫のお骨も一緒に置いてくれた
ここまでしてくれるなんて思ってなくて正直びっくりしてる
動物好きな人に悪い人はいないって本当なんだなと思えた
今もまだ寂しくてお骨は部屋に置いてあるから落ち着いたら彼と2人で納骨しに行こうと思う

2018年5月24日

兄は結婚したが事故で嫁と子供を亡くした→それから10年して私の同僚が一目惚れで兄に猛アタックし結婚した→すると同僚もまた事故に!瀕死を彷徨ったけど同僚はうわ言のように・・・・

523 :名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/16(木) 21:51:40 ID:pAQQKgGH0.net
私の馴れ初めではないが
兄が最初の奥さんと出会ったのは大学生のころ。ベタ惚れだった兄の猛アプローチで卒業後しばらくして結婚。
赤ちゃんもできて、兄は本当に幸せの絶頂だったと思う。
でも、信号無視した車にはねられて奥さんもお腹の赤ちゃんも亡くなった。
兄の落ち込みようは凄くて、今にも後を追うんじゃないかと思うくらいだった。
なんとか立ち直るのに10年かかった。
その間に私も社会人になった。
会社の飲み会終わり、兄に迎えに来てもらった私は同じ方向の同僚も送ってやってほしいと兄に頼んだ。
快諾する兄を見て、同僚は一目惚れしたらしい。
まあ、妹の目から見ても兄はイケメン。
それからはもう、毎日すごいアプローチだった。
私と同僚はさほど親しくなかったが、毎日毎日兄のことを訊いて来た。
押しに押しまくっていたが、兄はまだ前の奥さんと子供を忘れられなくて、断り続けていた。
そっからまた5年ほど経って、ようやく兄の心が同僚に向けられた。
なんでも、同僚が言った「私は絶対にあなたより先にタヒにません」って言葉に胸打たれたんだって。
トントン拍子に二人は結婚した。
でも、また奥さんが事故にあった。
同僚はバイクでトラックとぶつかって、全身強く打っていた。ぶっちゃけタヒんでもおかしくないというか、タヒぬ可能性の方が高かったらしい。でも同僚は助かった。
救急隊員?の人が言うには意識が混濁してたのに、うわごとのようにずっと言ってたらしい。
まだタヒねない。絶対タヒねないってずーっと。
もう良く覚えてないけど三、四日くらい経ってようやく同僚は目を覚ました。
ちょっと手に麻痺が残ったけど、それでも助かった。
病室で、兄が泣いた。
兄が声を上げて泣くのを初めて見たような気がする。
それ見て、私もちょっと泣いた。
先日、甥っ子が生まれた。
このままずっと、幸せでいてほしいと思う。