カテゴリ:感動
2018年11月15日

【感動】夫を事故で亡くし、女で一つで息子を育てていたHさん。ところが息子も白血病になり他界した。その後縁があり再婚して赤ちゃんを産んだんだけどその赤ちゃんが病気になってしまい

401 :本当にあった怖い名無し 2009/12/11(金) 13:12:22 ID:kXIQxZOtO
知り合いの霊能者、Kさんから聞いた話です。
Kさんがよく相談を受ける女性、Hさんは長男を白血病で
亡くしています。
旦那さんを事故で亡くし、女手一つで働きながら息子を育てて
いたのですが、9歳の時に息子さんが発病。
11歳の時、『親孝行出来なくてごめんね』の言葉を残して他界。
後を追うのではないかと、周囲の人が不安に思うほど嘆き悲しんでいた
Hさんですが、何とか立ち直り必タヒに働いて生活してきたそうです。

2018年11月11日

【素敵な母ちゃん】母子家庭で貧しく、体が弱い母ちゃんの負担を減らすためファミレスでバイトして授業料と生活費の一部を賄ってた。ある日バイト先に母ちゃんが来て

222 :おさかなくわえた名無しさん 2018/04/05(木) 12:26:33 ID:7OpruVP7.net
30年以上前の話。
うちは母子家庭で母ちゃんは体が弱くて貧しかったから、俺もファミレスでバイトして高校の授業料と生活費の一部を賄ってたんだ。
ある日バイト割きに母ちゃんが食べに来たんだけど、口紅塗ってスカート履いた母ちゃんを初めて見たw
そして乗って来たのはライトが壊れて懐中電灯をくくりつけてあるサビサビのママチャリww
注文は店で一番安いスパゲティーナポリタン380円也www
母ちゃん同僚や店長が通る度に、一々立ち上がって「これ本当に美味しいですね。○○を宜しくお願いします」って頭下げてるし、同僚には「オマエの母ちゃん380円www」なんて笑われるし。
家に帰って二度と来んな!って怒っちゃった。
んで衝撃的だったのは、先日母ちゃんが亡くなって遺品整理してたら、何十年も使ってたバッグの内ポケットからその日のレシートが出てきた事。
印字はほとんど消えかけてたけど、日付と金額は確認出来た。
んでレシートの裏には小さな字で、「こんな美味しい物があるなんて。食べるきっかけを作ってくれた○○に感謝!また食べたいけど怒られるからなあ」と書いてあった。
昨日はそれを見た嫁が、当時のメニューを思い出しながらナポリタンを再現してくれてみんなで食べた。もちろん母ちゃんにもお供えして。
因みに嫁は当時のバイト仲間で、母ちゃんを唯一笑わずに 「いいお母さんだね」と言ってくれた子だ。
そう言えば俺も娘のバイト先に食べに行ったあと、恥ずかしいから来ないで!って怒られたよなあ。
でもバイトとは言え子供が働いてる姿を見るのって、嬉しいし誇らしいよね。

2018年11月11日

【ほのぼの】息子がサンタさんに書いたプレゼントの希望のお手紙に「あたらしいおかあさん」と書かれてた。旦那は爆笑してるけど凹むよー…なんと息子の真意は

677 :なごみ 2012/12/21(金) 23:26:35 ID:2yl79p/C0
897 名前:名無しの心子知らず[sage] 投稿日:2012/12/20(木) 00:22:57.20 ID:dlZTOmGz [1/2]
サンタさんへの手紙が「あたらしいおかあさん」てなんだよー!
サンタさんしか読まないことになってるから真意は訊けないしプレゼントも決まらないよ(‘A`)
旦那は腹抱えて笑ってるし…


909 名前:名無しの心子知らず[sage] 投稿日:2012/12/20(木) 08:16:15.32 ID:dlZTOmGz [2/2]
897です。本気で凹んだからレス嬉しかったです
今朝旦那が「○君が欲しいお母さんはどんなお母さん?」とサンタさんからの返事を子に渡してくれて
子が急いで書いた手紙を通勤ついでに投函という名目で預かっていった
さっき「同じのもう一つだってさ」とメールが来てホッとしたやら笑えるやら、少し涙も出てしまった
今日から忙しい忙しいって言うの控えます

2018年11月5日

【いい話】子供の頃、近所のお寺に住み込みで働いてた生まれつきの知的障/害があるおじさんが棒で車のガラスを叩き割った。俺はおじさんがおかしくなったのかと思ったんだけど…

840 :1/2 2008/01/14(月) 00:36:24 ID:zE8AhcJ/
長文すまん

俺の故郷は田んぼばっかりのまさに田舎ってとこだったんだが
近所のお寺に住み込みで手伝いしてるオッサンがいたんだ
生まれつきの知的障/害があってあんまり会話は成立しないけど
いつもニコニコして寺の掃除とかしていた

俺ら子供連中はそのオッサンの背が小学校高学年くらいしかないから
「子供+オッサン」で失礼だけど「こどっさん」と呼んでた
俺と友達何人かでよくからかったりして遊んだりしたけど
基本的にはみんな、こどっさんのことは別に嫌いじゃなかった

冬になりかけぐらいのある日、こどっさんが寺の外にいるのを見かけた
その様子が普通じゃなかった
手にはいつも境内で焚き火をしたりするときに使う火かき棒持って
顔を真っ赤にして走り回っているが声をかけても全然聞こえてない

俺らは、もともとおかしかったこどっさんが
ついにトチ狂ったと驚いて、家に走って帰り
「こどっさんがおかしゅうなった!」
と報告して何人もの大人がこどっさんを追いかけて
それに俺らが走ってついていくという形になった

ついにこどっさんを発見したけど、こどっさんは血走った目で取り乱していて
要領を得ないし、すばしっこく動いて大人にも捕まえきれない

そのうち集落のはずれに停まっていた白いバンの窓ガラスを
火かき棒で叩き割った
「キャー!」
という悲鳴が響き渡って、俺もついにこどっさんがこの村からいなくなってしまうんかな
とか妙に他人事みたいに考えてた

2018年11月4日

成人式直前で着物をレンタルする予定だった業者が夜逃げ。至急レンタルできる所を探すも見つからず。友達『もし嫌じゃなければ…』私「そんなの悪いよ」友達『だって私ちゃん…』

698 :おさかなくわえた名無しさん 2018/01/09(火) 20:07:08 ID:39BjiYI7.net
友達の家が有り得ないほどお金持ちだった。
中高の友達と成人式に一緒に行こうと約束していたけど
着物レンタルする予定のハレノ○ヒが夜逃げしてしまい
私はバイト代で稼いだ30万近くを支払い済み。両親が至急レンタル出来る所を
探してくれたけど、周りも同じような被害に遭った人がいたせいか
レンタルや着付けも一杯だと断られ。
友達に事情を話して行けなくなったと連絡したら
「(私)ちゃん、もし嫌じゃなかったら家のおばあちゃんが買ってくれた振袖着ない?」
「え?そんなの悪いよ、気持ちだけ貰っとく」と話してありがとね。と言ったら
「お母さんもおばあちゃんも、着付け出来るし、少し家に来て見るだけ見て。
(私)ちゃん、私が牛乳吐いた時に拭いてジャージ貸してくれた(中学時代)よね?」と言われて
何度かお邪魔した事はあったけど、実は西側に広い離れがあり、そこには着物やその付属品(襦袢とか半襟、帯、足袋とか)が
仕舞ってあり、振袖は豪奢な物から優雅で可愛いものが木箱に5枚も揃っていた。
こんな綺麗なの初めて見た…と感動してしまった。
おばあちゃんが「背格好も似てるから、どれでも着付けてあげるけん」と私の肩に振袖を掛けて
似合うのを選んでくれた。
時代劇でお姫様がおめかしするシーンみたいになってて
母と相談して一式貸して頂く事にして
着付けや着物の借り代をお支払いしますと言うと
「もう着物のお代は夜逃げの店舗に払っているんでしょう」と受け取ってもらえず。
私は千○の振袖と帯を着付けてもらい、平行して友達の家に来た美容師さんに
髪型とお化粧をしてもらい
成人式に出る事が出来た。
友達の振袖は曾祖母が見立てた物で180万位、私の借りた振袖もやっぱり70~80万はするだろう、と式で会った知り合いの人から言われた。
今日、御礼と叶松寿庵のお菓子を持参して挨拶してきた。
友達に「普段もよく着物着てるの?」と聞いたらびっくりされて
「普段は着ないよ、時と場所考えてお祝い事の時に着る」と言っていた。
普段は洋服もバッグもブランドものとかではないし
趣味も私と同じ(ハンカチ集め)なので驚いたし、多分ハレノヒが夜逃げしなかったらずっと知らなかったと思う

2018年10月8日

【いい話】義妹には二人の子供がいて、義両親の遺産はこの二人に相続される予定だったのだが私が高齢出産で双子を産んだことによって状況が変わった。すると義妹の嫌がらせが始まり…

56 :名無しさん@HOME 2012/07/25(水) 09:08:05 0
私は40歳で結婚し、旦那の両親同居、旦那の妹は近くに住んでいて、よく金の無心に来ていた。
義妹夫婦には中学生と小学生の男の子(当時は手のつけられないような悪ガキ)がいたので
義両親の遺産はこの二人に相続されることになっていたらしい。
しかし、その後私が高齢出産で双子の男の子と女の子を出産。この頃から義妹の嫌がらせが
始まった。
私にしか聞こえないように言ってくるので誰にも信じて貰えなかった。
そんな中、寝たきりだった旦那の父方の祖母が亡くなり葬儀が行われることに。
自分の双子は保育士の妹に預けて私も出席したのだが、義妹の長男がお葬式なのに
髪を金髪にし、中学生なのに咥え煙草で出席、案の定義妹は頭ごなしにブチ切れ。
その後も親戚中からの冷たい視線に義妹は耐えられなかったのか酒を浴びるほど飲み泥酔。
その後義妹は「私は我慢して二匹もガキを育てたのにこの女(私)のせいで何もかも
無くなって・・・何のために産んだと思ってるんだよ!」と支離滅裂な事を絶叫。
すると姑が義妹の顔面をグーで殴り
「てめぇがこんなんだから何の罪もない子供たちが非行に走るんだよ!
私の方こそなんでお前なんか産んだかわかんねーよ!今すぐここから出でけ!
そして帰ってくるなバカ娘!」と説教。
普段はおしとやかな姑があんな風になったのは驚きだが、その後は先述の
私の疑いも晴れてスッキリした。

2018年9月12日

自営業をしていた両親が商売で失敗。多くの借金ができ、私はお金で売られ結婚する事に。旦那になった人や義両親は私をとても大切にしてくれ、義姉は本当の妹のように可愛がってくれた。ある日両親が孫を見に来て…

24 :名無しさん@HOME 2014/09/01(月) 23:06:53 0.net
スカになるかわかんないけど、自分的にはスカ

私の両親は、自営業をしていたんだけど商売で失敗して多くの借金が出来た。
それでも、商売を続けたいからと私は強制的に金で売られて結婚する事に。

でも、旦那になった人は私に一目ぼれしたからお金を出したと言ってくれてとても大切にしてくれた。
義姉も本当の妹のように可愛がってくれて、義両親は自分の子供のように扱ってくれた。

それで、私の両親が孫を見に来た時の一言が酷い。
「私子に似なくてよかった、旦那君そっくりできっといい息子に育つ」
「義姉は美人なのに、私子はブスでとろくて愛嬌も悪くて、本当にいい所がないのに……」
とか言ってる最中、義姉が私両親に向かって熱いコーヒーをぶちまけた。

「悪いけど、私の妹の悪口言わないでくれない? アンタ等何様で物言ってんの?」
そう義姉が言ってくれた。
私両親は怒りながら「折角嫁にくれてやったのに、離婚だ!!!」って怒鳴り始める。
けど、義姉は強い。
「親らしいことは何もしてないのに、勝手に育っただけなのに親面とかねぇ。
子供を売った事も棚に上げてこの暴言。
育ちの悪い人は困るわ」

その後、お出かけから帰ってきた義両親に見つかり、私両親がした事を知ると追い出してくれた。
その最中、義姉はわんわん泣いてた。
あんな事言われるなら会わせなきゃよかったってぎゃん泣きしてた……。
両親は私の事を道具としか思ってないから、ここまで泣いてくれて嬉しい限り。

2018年7月22日

俺の年収500万で嫁は250万円。嫁『お金が足りない足りないわぁ~』と言ってくるが俺(そんなに足りないかな、、、)と通帳を見てみたら驚愕した!!!!!!俺(ま、まじか、、、)

30 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/12/26(金) 13:02:47 ID:uFOgEmG3.net
嫁の金銭感覚。

俺30代前半で年収500万程度だけど嫁が足りない足りない言ってくる。
嫁は共働きで250万程度。
結婚したときに家をお互い折半で現金で買ったから家賃かからないし
そんな足りないかなぁと思って通帳見たら2000万近く俺の通帳に貯金有ってマジでビビった。
この通帳、結婚したときに給料振り込み口座として作って嫁に渡してたんだが
殆ど使われてなかった。
なんだこりゃ?と思って聞いたら老後いくら有っても病気とかで足りなくなるかも知れないでしょ!
ってドヤ面で言われた。
嫁よ、高額医療費制度ってものが有ってだなorz

しっかりしてるんだかマヌケなんだか判らん。
取り敢えず穴の空いた靴下を捨てさせて新しい靴下買ってあげた。

2018年7月17日

母が余命を宣告されて入院中に母『個室に移りたい』と大部屋で精神的に参ってた母に父『どうせタヒぬやつに高い部屋代払えるか』と・・・・

185 :sage 2009/02/03(火) 00:10:51 O
初めて投下します
携帯からなので読みにくかったらごめんなさい。
兄から聞いた話で私は今回初めて聞きました。

普段からお金に細かい父。
数年前母が余命宣告され
入院中のこと。(大部屋)
精神的に参ってた母は
『個室にうつりたい』と父に頼んだそうです。
そしたら父は…
『どうせタヒぬやつに高い部屋代払えるか』と
聞き入れなかったそうです。
私は学生だったので知りませんでしたが
兄はそれ以来父を嫌い、全くといっていいほど連絡も取っていないようです。

父よ、それって人道的にどうよ?!
ちょっと父を見る目が変わってしまいました。

2018年7月16日

主人を一目見て『この人!絶対に手放してはいけない!!』という感覚に襲われ猛アタック→結果無事に結婚することになり毎日の手料理や掃除に幸せを感じてた→ある日主人が街の占い師に見てもらったら主人『俺と君は・・・・』

938 :名無しさん@おーぷん 2016/02/28(日) 07:12:54 ID:ZY4
主人と出会ったのは学生時代、友達の紹介でした。初めて見た瞬間、あっこの人だ!絶対に手放してはいけない、あとで後悔する、と思いました。

それからは私からの猛アタックでした。私の手料理を食べて貰う為に、住んでいるアパートに来た時にご馳走しました。容姿には自信がありませんが、手料理には自信があったのです。

その後、旦那さんの胃袋を掴んだ私はいつも夕食を共にしました。お互い大学の講義が終わったら、私のアパートに来て手料理をご馳走して…もう半同棲状態になりました。