カテゴリ:恋愛
2018年2月7日

ドライブ中に彼に『音楽聴きたいから携帯かして』と彼に携帯借りてaikoって調べようとしたら変換にあいらぶゆーってでてきた!私『きーーーー!!なによ』結果→

1 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/08/16(日) 05:25:44 ID:pORTgb4Y0.net
ドライブ中彼氏の携帯で音楽聴くことに→aikoって調べようとしたら何故か予測変換にあいらぶゆー?の文字が→私激怒キイイイイイ誰よこれえええ→彼氏知らないの一点張り→疑うなら勝手にしろとまで言われる→私発狂しながら車からでる→めんどくせえ・・疲れてるのに

その後自分から戻って理由聞いたら恋愛感情は全くないただの職場構ってちゃんに付き合っただけと言われて一安心したけど腑に落ちない
なんですぐそう言わなかったのか
何故隠す必要があるのか
正直に言えば怒ることもないのに一方的に面倒くさいと思われてる事に腹が立つ

皆さんのご意見下さい

2018年2月6日

婚活男のプロフィールに『年収300万円の女性』『家庭的な人』を希望→私『ヤバイっしょwww』こういうプロフィール書く男って相場は決まってるwwwwww

881 :愛とタヒの名無しさん 2017/03/13(月) 10:27:43 ID:QGjRKX1j.net
パーティーのプロフィールに年収300万、好きな女性のタイプ「家庭的な人」って書いてるのを見たときは本気で吹きそうになった
300万なんて共働き必須なのに、家事まで丸投げにする気かよwと
そういう人って大抵、実家暮らし
家にお金を入れてないor入れていたとしても自分の食費分程度だから、結婚したら夫婦でどれだけの生活費が必要なのか
ぜーんぜん理解出来て無いんだよね
その上、嫁は母親のように献身的に自分の世話をしてくれると思ってる
男はよく「結婚にメリットが無い」って言うけど、女はこの↑結婚のどこにメリットがあるんだと聞きたいわ

2018年2月2日

彼女とデート中に不審な男がついてくる。俺(なんだ?・・彼女は俺が守る!!)様子をうかがってたら男が彼女の名前を呼びながら彼女に掴みかかってきた→俺『やめろ!いい年して恥ずかしくないのか!!』男『はなせ!違うんだ!!その女は・・・・』結果→ま、マジで!!!!!!!!!

504 :名無しさん@おーぷん 2014/11/24(月) 15:57:33 ID:LUH
どこにでもある修羅場の話

随分若い頃になるが、初めて本気で好きになった彼女ができた。少し年上だった
それまでの恋愛と言えばまさに子供の考えるそれで、本気で人を好きになると言うことを経験した

順調に付き合いが進み、半年ほどが経過した頃のデートの帰りのこと
彼女は気付いていないようだったが、少し前から視界にチラチラと不審な男がフレームインしてくる

危ないやつだったらどうしようとか、彼女と相談するべきかイヤ何があっても彼女を守るべき、とか考えてるうちに男が距離を詰めてくる
やがて男が彼女の名前を叫んで掴みかかってきたので、想定していた通りに相手の腕を掴み捻りあげ制圧
にわかだが格闘技を習っていたのでこのあたりは拍子抜けするほど簡単だった

男は彼女よりもさらに年上という印象、
「いや、違う、違うだろ!」としきりに叫んでいたが、襲ってきた理由などは要領を得ない、
というか話さない
彼女は黙ってへたり込んでいる、相当怖かったんだろう(と思っていた)
「いい歳した男が、恥ずかしくないのか!」
などといっちょ前に説教したつもりになってたのは今でも恥ずかしい思い出

ここからは速やかに通報→お持ち帰り
そこでの事実の判明に衝撃を受ける

・彼女は既婚者である
・男は変質者ではなく彼女の夫である
・襲ってきたのではなく現場を抑え問い詰める予定であった
・が、思わぬ反撃を受けパニックになり事情の説明ができなかった

問答無用で制圧したのは防衛ということで不問となったが、旦那さんは俺が「彼女が既婚者だと知っていた」と思っており、訴えるつもりであると聞かされたが
この時点で彼女が既婚者だという事実に衝撃を通り越して燃え尽きたようになってしまっていたので、うまく弁明できずに
既婚者とは知らなかったと証明するのに時間と労力がかかってしまった

以下は結末

・彼女と旦那さんはもちろん離婚
・彼女は俺との関係の継続を希望したが、さすがに無理とお別れを申し付ける
・なぜか迷惑料なるお金を渡されそうになるが、これもお断り
・彼女からは言い訳らしき言葉を聞くことは一切なかった
・彼女は最後まで何と言うか、清楚で大人な振る舞いだった。浮気なんかした最低な人間には見えないほどに
・しかしそれが逆に俺の女性不信を招いたのか、恋愛する気はあるにはあるが今にいたるまで彼女のひとりもできないでいる

2018年2月1日

私と妹とは容姿に差がある。妹はリア充でキラキラしてる。そんなに妹が気持ちがたかぶってか本音を漏らしたw『沢山告白されるけど、付き合うのは一人だけど、振った男の子にも気のある素振りしてた、』『若さは武器だから今のうちに、』ほ、ほ、んと?!www

536 :名無しさん@おーぷん 2018/01/10(水) 11:37:46 ID:XPI
すみません「m」は間違いです。

自分は父似、妹は母似で昔から容姿の差は感じていた。自分は普通に目立ちもせず虐められることもなくモブとして大学まで進学、
妹は常に主人公で注目を浴びて自信に満ち溢れたしっかりした明るいリア充。
ある時に妹が何かの映画で感動して泣きじゃくり、高揚したのか本音のようなことを語り出した。

・去年あたりに流行った「彼女とデートなうに使っていいよ笑」は、本当にその通りに使ってほしいのではなく
「こんなかわいい子が彼女ならなあ」「可愛くて畏れ多くて使えないよ笑」みたいなリプのみが欲しいんだよ(光の反射とかで顔はそこまでハッキリわからないように自撮りを上げてた)

・告白はしょっちゅうされるが付き合うのは1人なのは当然で、でも断った男子たちはずっと私(妹)が好きでいるように思わせぶりな言動をとるよ。理由は自己肯定感の為。貢がせる?足替わり?それ考えたことなかった!けど今後もそういう意味で繋ぎ止めることはしないよ。

・街なかとか全くの他人を何度か見る事もあるよ。気があるのでは?と思わせれば勝手に寄ってくる。基本的に自分(妹)のタイプの人にだけだけど、
「この人が自分に惚れてるって彼氏に伝わったら彼氏とってもヤキモチ焼くだろうな」という人を狙うよ。

・若さは武器。だからこうして今のうちにたくさんタネを撒いておくんだよ。

姉の私がモブキャラだからなのか、妹が変なのかわからくなるほどしれーっとニコニコ話していた。
これ衝撃スレの方が良かったのかな…

2018年1月30日

嫁との出会いは粉雪が舞い降る夜だった・・・フラフラの傷だらけの女性が歩いてた。俺は困惑しながらも声を掛けた→女性は何も言わなかったので俺は『カツ丼作れる?』と女性に言うと結果→

819 :名無しさん@お腹いっぱい。 2018/01/10(水) 11:35:01 ID:mIudm9Tw0.net
今日は朝から冷えると思ったら雪降ってたよ
めったに降らない地域なのに
雪が降ると思い出すから書く

嫁との出会いは俺が大学二年の頃の年末
粉雪が降る夜だった
バイトの帰り道、ふらふら歩く嫁を発見
夜中に、しかも粉雪とはいえ雪が降ってる中傘もささずに、しかもコートとかもなんもなし
最初情けないけど幽霊かと思って本気でビビったし、できる限り見ないようにスルーして通りすぎようとした
けどよくよく見たら顔中あざだらけで、しかも口も切れてる
ちゃんと足があること確認したうえで、心配になって声をかけた
不審な出で立ちじゃなきゃお近づきになりたいと思うくらい可愛かったっていう下心があったのは否定しない
嫁は立ち止まりはしたけど、こっちを見つめるだけで返事しないし、今だから言うけど声をかけたことちょっと後悔した
とりあえず怪我してるんだし救急車呼ぶなり警察なりって言ったとこで嫁過剰反応してそれだけはって懇願してきたんだよ
それでなんともないのでってどっか行こうとする嫁に、カツ丼作れますか?って聞いたのがきっかけ
その次の日大事な試験で、ゲン担ぎにはカツ丼だろって思うけど作れないから作ってって頼んだ
24時間スーパーはあっても外食するようなとこは車で行かなきゃいけないような田舎だったから、我ながら上手い言い訳だったと思う
とにかくそのまま一人にしたらタヒぬんじゃないかって思って、でも次の日ニュースになんかなったら後味悪過ぎるって必タヒだった
それ以来うちは記念日にはカツ丼が出てくる
嫁のカツ丼を食べ続けて10数年になるが安定の美味さ
歳とってもきちんと食べきれるように健康でいたいと思うっていう年末年始の思い出話

2018年1月29日

彼女と商業施設をぶらぶら歩いてたら赤ちゃん連れのママさん二人がいた。一人は男の子もう一人は女の子→彼女『かわいい!』と男の子の方ばかり可愛がり女の子の方は無視→俺『なんで無視してんの?』彼女『だってぇw女の子のほうは・・・ww』こ、こ い つ!!!!

559 :名無しさん@おーぷん 2018/01/10(水) 22:51:29 ID:pzR
付き合ってる彼女が糞、神経分からなかった

この間の日曜日に某商業施設で昼食を一緒に取ったんだけど、
食後、施設の中を二人で散歩した
屋内庭園的なところがあったんだけど、そこによちよち歩きの赤ちゃん連れの母親が
二人いた、いわゆるママ友ってやつだと思う
一人は男の子で一人は女の子

彼女はしばらく母親たちと赤ちゃんたちを見てたんだけど、
かわいいーと言いながら駆け寄って行った

2018年1月26日

アウトレットモールに買い物行くのに勝手に付いて来たコトメ→小汚いカッコで彼氏なしのコトメが突然大泣きし始めたwwwどうやら・・・・ 乙!!!!wwwwww

283 :名無しさん@おーぷん 2018/01/06(土) 18:24:42 ID:cs1
今日の午後、某三井アウトレットの一階でしゃがみこんでワァワァ泣いて注目集めてたのはうちの小姑さんです。
お騒がせしました。
なんか失恋したみたいwww
断ってるのにさ、こっちの買い物に無理矢理着いてきた結果が失恋w
しっかし35にもなって情けない奴。
ザマミロ。

2018年1月25日

仕事用のメアドにメールがきた私(誰だろ??)開けると上司の不倫相手の爆弾メールだっwww→動画や写真付で終わったねwwwwww上司に関わる人全員に送られてるみたいw乙!!

600 :名無しさん@おーぷん 2015/01/26(月) 17:02:46 ID:SvS
業務中、仕事用のメアドに上司の不倫相手から地雷メールが来た。
一斉送信で、その上司に関わっている人ほぼ全員に来た模様。
何十通も来た。内容はエ□音声動画メールラインetc。
上司と不倫相手とのやり取り付きで。内容を見たけど、

・不倫相手に愛してる結婚しようなどと頻繁に言う
・奥さんや奥さん実家、子供に対するえぐい悪口三昧。
・一生一緒に生きよう、僕の子供を産んでくれ
・不倫相手が妊娠すると「おめでとう頑張って育ててくれ」
・不倫相手が結婚するんじゃないのかと問うと「無理」
・不倫相手エコー写真を送ると「気持ち悪いもん送るな」
・切れてる不倫相手に「秘密の本当の家族になろう」
・不倫相手流産してジサツ未遂、上司に電話くれとメール
・上司「俺は今自分の子を失った悲しみで動けない」
・不倫相手別れを切り出すが、上司「妻とは離婚する」
・不倫相手、お見合いの予定を断る。上司喜ぶ。
・不倫相手二人で暮らす用のマンションを借りる提案をする
・上司、物件の希望をガンガン言う
・物件を借りたようだが上司は来ない
・文句を言う不倫相手に上司「色々考えたがやっぱり妻が好き」

以下上司の名言が続く
「体だけの関係で良い覚悟が君にあるなら会ってもいいよ」
「こんな事ばかりしていたらいけないよ」
「早く良い男を見つけなさい、子供が産めなくなるよ」
「君とは時々会って話すくらいが最高、妻子は特別な存在」
「妻のどこが君よりいいかと言うとね、~~~」

などなど、メールやラインの写メ+動画でドバッと。

2018年1月23日

俺『休みが取れそうだから年末年始旅行いこう』彼女『嬉しい!宿とか予約しとくね!』→年末に近づくと休みが取れないことになりLINEで『ごめん。休めない』と送ると結果→ははぁぁぁっぁぁあ~~

1 :名無しさん@おーぷん 2015/12/15(火) 21:15:16 ID:6Ya
俺だってつれーよ…

2018年1月22日

俺は一人で外食をするのが趣味だと言っていいほど好きだ。彼女『一人で食事するの止めて・・・』と泣きながら訴えてきた俺『なんで?』彼女『一人でフレンチレストランなんて恥ずかしすぎる・・・』意味不明なんですけどwwイラッ

851 :名無しさん@おーぷん 2016/05/13(金) 19:49:29 ID:5Cu
俺は食道楽だった親父の影響もあって一人で外食するのが趣
味で、大体週3~5のペースで色々な店に出かける。
先日、行きつけのフレンチレストランに行ったんだけど、そこに彼女の友人カップルが来ていたらしい。

友人から報告を受けた彼女が、1人での食べ歩きを止めて欲しいと言い出した。
雰囲気の良いフレンチレストランに、1人客が黙々と食事していて笑えたと、友人から馬鹿にされたそうだ。
記念日とか特別な日に行く店に1人客がいるのは可笑しいし恥ずかしい事だと言う。
滅多に来ないなら知らないかもしれないけど、普通に1人客は来て食事している。1人客の常連も普通にいると言っても、恥ずかしい事しないでと泣き喚いて話が通じない。

流石に鬱陶しくなったので、別れる事にしたら、自称友人から説教された。
彼女が嫌だと泣いているのに、従うことも出来ないのか。そもそもフレンチなんて、女をエスコートするために行くものであって、男が1人でなんて有り得ない。と

何が悲しくて親の代から付き合いのあるレストランに行くのを止めなくてはならないのか、趣味の外食を止めなくてはならないのかと言っても、男とは斯くあるべきだと繰り返すだけで、聞く耳を持たない。
昨日は、彼女と一緒なら外食も赦すと言っているから謝罪してよりを戻せと言ってきた。

必要ないと断ったのに、今日は元彼女が家に来た。何しにきたのかと尋ねたら、謝りたいみたいだから来てあげた。と言う
消えて下さいとお願いしたら、謝れないなんて、本当に恥ずかしい人だね。と何故か泣きながら言われた。
もう勘弁して欲しい。