カテゴリ:復讐
2019年2月16日

糖尿気味のトメに糖分だの炭水化物だのを望むままに与え糖尿を悪化させて失明・片足切断に追い込んだ私母。そして最後のとどめに旦那(私父)に…→私(母ちゃんこえぇぇ)

176 :名無しさん@HOME 2011/01/27(木) 19:13:17 0
糖尿気味のトメに糖分だの炭水化物だのを
望むままに与えて糖尿悪化させて失明・片足切断に追い込み、
入院してるトメの枕元で、トメの世話を嫁に押し付け浮気に励んでいた夫に
浮気の証拠を突きつけ慰謝料をもぎとり、緑の神に判を押させた。
病身の母を放置して女狂いしてたバカ息子と病院中に言い触らされた夫は
一度も見舞いに来ることなく、トメは孤独に亡くなったそうです。

↑私の母の話。かーちゃんこええと思ったけど、
早く離婚しなきゃ夫(私父)の借金も被ることになってたのでGJか?
母は夫のためと思いトメのいびり耐えてたが、浮気を知ってブチきれたらしい。

2019年2月13日

私をイビりまくって挙句の果てには流産させたコトメが、DVモラハラコトメ旦那から逃げて義実家に帰ってきた。しかしストーカー化したコトメ旦那は何度も義実家に凸し・・・

166 :1/2 2008/04/04(金) 08:56:50 0
顔合わせで「あんた(私の親)の娘ブス、気が強そう」、結婚式で客に
「ほんとはあんな人○○家に入れたくないけど~」と言ったコトメ。
偽実家に行けば
「お兄ちゃん、あたしあの人嫌いだから連れてこないでって言ったのに!」、
「嫁子が実家に来ると物が無くなる!泥棒!!」、
「何で赤の他人が人の家で図々しく台所しきるの?」
などなど、書いてたらキリがないほどの嫌がらせを受けた。
そのつどウトメや夫は〆るけど効果なし。
ちなみにブラコンやシスコンではない。ただサンドバッグが欲しかっただけみたい。

当時コトメは彼氏と結婚すると言いつつも、
ウトメが強硬に反対、
相手方両親とももめ、相手ともなんだかうまく行ってない状態で
私に言った言葉も、コトメが彼氏親に言われた事だった。
ウトメに「今気が立っているんだ」と謝罪されて何とか我慢。
その後私が妊娠。コトメは以前彼との子供を中絶した事がある。
それで切れたコトメに腹をけられ、階段から落とされて流産した。
「傷害で訴える!」と私たちと私親に言われ、
泣きながら謝罪、それで私たちはもう偽実家にかかわらなくなった。

そしてコトメは家出して無事彼氏と結婚。
でもやっぱり彼親とうまくいかない…
それで流産して、とうとう泣きながら実家に戻ってきた。
まあラリって凄いなって思うんだけど、彼氏、と言うか夫は無職、パチンカス、
おまけに借金持ちでコトメはキャバ勤めで返済、
DV、モラハラ、おまけに浮気。
ウトメは「だから言ったのに」ってな感じで呆れつつも
やっぱり娘だから、と保護。

2019年2月12日

同僚の彼女が生活保護を不正受給しているようだ!自分「役所にバラしたろ」同僚彼女ブログ「リスカした」→その後の同僚彼女はどうなったかというと・・・

545 :可愛い奥様 2011/03/06(日) 17:45:34 ID:WvX2glQjO
同僚男性が携帯を忘れてきたと騒いでいた日、その男性の携帯から
「なんだよお前うざいんだよ」って感じのメールが来た。
彼はなんかややこしい女性と付き合っているという噂だったので、そいつからだなと思った。
それ以降、同僚男性や周辺からその彼女情報を収集、キーワード入れてググったらそれらしきブログを見つけた。
ブログをざっと読むと、同僚男性と同棲状態なのに生活保護を受給してることが書いてあった。
年末に同僚男性に年賀状出したいから新しい住所教えてと言い同棲先住所を入手し、
不正受給のことを何回か電話でちくった。
そのうち、ケースワーカーが家に探りに来てうざいからリスカしたとか書くようになってきた
(リスカは元々してたようだが、病院で縫ったり頻度が上がったりしていっていた)。
最終的にブログは更新されなくなったのでメール女がどうなったかは不明だが、
同僚が弱ってきた頃を見計らって後輩女性と近づくようにはからったら
あっさり二人は付き合うようになって、結局結婚した。
ブログに何でも書く人ってなんで本当に何でも書くんだろうね、バカだね。
あとその女の住んでる地区の行政が真面目で見直した。

2019年2月11日

彼女である私には一度も奢ってくれなかった彼氏が、美人な私の友人にはご飯を奢った事が発覚した。彼「自分が奢られるほどいい女だと思ってんのかよ?!ああ!?」私「!?」

72 :恋人は名無しさん 2010/09/04(土) 00:35:20 ID:6eDPX05k0
たいした修羅場じゃないですが

私子 私
友子 私子と彼男の共通の友達 インリンを美人にした感じの美人 
浪人したため学年は一緒だが私子より一つ年上
彼男 私子の彼氏 私子より二歳年上
全員同じ大学の大学生

廊下で友人達とだらだらしゃべってたら友子が話しかけてきて、
「これ、彼男くんに渡しといてくれる?」と封筒?手紙?を渡してきた。
私子「いいけど何?ラブレター?www」
友子「ちげぇしwwこの前たまたま駅の近くで会ってね。
奢ってもらったんだけど悪いから返そうと思って」
彼男に直接渡すつもりだったが彼女である私子を見かけたので・・・・
ということらしい。

なんか態度が嫌味っぽいな・・・とは思ったが「そっかw渡しておくね」と言った。
友人達も同じこと思ったらしく、友子が去った後
「今の挑発?」
「こわあ・・彼男盗られないように気をつけなよ」としばらく友子の陰口を言っていたw

もてるが故に人の彼氏にちょっかいをかけたがる癖のある友子はさておき。
私子、一度も彼男に奢られたことないんですけど・・・

2019年2月10日

コトメ「父無し子乙・貧乏人乙・低学歴乙」「メシマズ、家事もろくに出来ないダメ女」「(私)は片親だから育ちが悪い!」私「そんな・・・親戚達の前でそんな言い方しなくても・・・」→結果

851 :名無しさん@HOME 2013/11/08(金) 20:24:36 0
豚切り投下で義実家同居の糞コトメにやったDQN返し。
長文な上、フェイク盛り盛りなんで辻褄合わないトコ等ありますがご容赦。

義実家同居人のスペック
私(嫁子):26歳、中学生の時に父が他界し、以降ボッシー。実母を早く助けるため高卒で就職。結婚3年目、子餅
旦那:28歳、四大卒。私とは就職先で知り合い、職場結婚。
ウト:59歳、会社員。孫ラブの良ウト
トメ:57歳、専業主婦。家事万能。良トメ
大トメ(ウト母):88歳。腰はほぼ90度に曲がっちゃてるけど元気。これも良
コトメ(旦那姉):糞、32歳。地元の底辺短大卒。年齢=彼氏いない歴のピザデブ。
ことあるごとに私のことを父無し子乙、貧乏人乙、低学歴乙、メシマズ、家事もろくに出来ないダメ女とpgrしてくる。

片親なのは事実だけど、メシマズは関係ねーしwつか、それ言っているのはオマエだけ。他の家族はみんなおいしいと
言ってくれる。大体、義実家寄生で家事を一切手伝わないオマエに家事云々言える技量があると思えない。
ウトメ、旦那が〆ても効果無し。まぁ、ウトメ、大トメとは超良好な関係だし、反論するのもメンドクサなんで、
毎日軽くスルーしていたんですが、いつまでも調子付かせてもよくないなぁと思い、
先日、大トメの米寿のお祝いでDQN返しさせて頂きました。

2019年2月7日

中学の頃、部活動を中心にいじめられていた。数年後、いじめメンバーD「AとCの件、お前?」俺「何が?」D「轢き逃げに遭ったんだってBが疑ってるぞ」俺「???」→この情報を得た俺は・・・

413 :名無しさん 2014/04/20(日) 18:44:40 ID:pcPXF34F7
中学の頃、部活動(体育系)を中心にいじられてた。
チビガリで後輩より小さかった俺はそのうち蹴られたりはたかれたりするようになった。
そいつら(AやB他)がけしかけて後輩(C他)も真似て俺を蹴る。
俺は戸惑って笑いながら怒るが、いじりは加速するだけだった。
そのうち後輩以外の下級生にも下に見られて体当たりとかされたりするようになった。

いじりって書いたがまあいじめだよな。
金盗られたりケガしたりは無かったんだけど。
学校じゃヘラヘラしてるけど、家帰ったら悔し泣きしてた。

それで部活の連中と同じ高校に行くのが嫌で猛勉強したよ。
でも元々の頭が悪いから、ギリギリ底辺より上の高校が精一杯だった。
いじり連中(AB他)は最底辺とその上の底辺高校だったから、それでも嬉しかったわ。
高校生活は楽しかったから、勉強を何故か見てくれたガリ勉クラスメートには本当に感謝してる。

2019年2月7日

クズ上司からいじめを受けていた私「(こんな会社辞めてやろう!とにかく復習してやろう!)」→積極的に社内で仕事をこなしまくって辞めた結果、その会社は・・・

876 :名無しさん@おーぷん 2014/08/18(月) 17:31:57 ID:zl5WdWss3
働いてたら上司(以下Aとする)が独立するからとやめることになりました
Aは仕事もできるいい上司だったので、みんな辞めるのを惜しみましたが、
決まってしまったことなのでしかたない。

そこからが大変でした。

まず上司の上司(以下Bとする)が使えない屑で、
大手に勤めてたことと、会社立ち上げから在籍していたことだけが自慢で、
同期がほぼ管理職になっている中、本部に椅子を用意されず、
現場にお目付け役として置かれているようなやつ。

そのBが本当に使えない。
仕事もやるにはやるのだが、遅い、計画性がない。
簡単にいうと、何日までに仕上げなければいけない仕事をその前日にやりだす。
終わらない。切れる。周りにあたる(何で俺ばっかりがこんな…)。
何とか終わらせるも間違いだらけで再提出を食らわされる。周りにあたる。

一応Aが辞めた後の代理でAの仕事をしているだけなのに、
なぜそんなに使えない(遅い)のかといぶかしんでいたら、
元々使えないBをAが見越して、Bの仕事も含めてAがやっていた模様。

その結果、Bは今まで仕事らしい仕事をせずにすごしてきたのが、
Aが辞めたとたん一気にAの仕事+自分の仕事もやらざる終えなくなったという…
(後日私がAから聞いた顛末)

長くなったのですが、ここまでが前提です。

2019年2月5日

息子(小1)の授業参観に行ったら、突然40代くらいの女性が教室に乱入!女性「この女!この子の母親のこの女!」「私が夫の親の介護をしている間に夫を寝取ったのよ!」

729 :名無しさん@おーぷん 2017/11/19(日) 09:14:07 ID:jqS
仕返しを目撃した話だけど。

息子が小1だった時の授業参観でのこと。
多少の緊張感がありながらもいつも通りに授業が始まって10分ぐらい経ってただろうか、
先生が質問して生徒たちが元気よく「ハイハイハイハイ!!!」って手を挙げ
その中のひとりの男の子を指して立ち上がらせたところで
突然教室の前の扉がガラッ!!!って開いて40代ぐらいの女性がプロレスの入場みたいな足取りで入ってきた。
先生(若い女性教師だった)はオロオロしてて制止することもなかった。
そして女性が父兄の中のひとりの女性をビシッ!と指さし、「この女!この子の母親のこの女!!」と
思いっきり注目させた後、「私が夫の親の介護をしてる間に夫を寝取ったのよ!何年も姑の下の世話をしてる間に
ずっと夫と不倫して、知らない間にこの子を産んでたのよっ!」って
このまんまの言葉じゃないけど、そんなことをもっと口汚い感じで叫んだ。
言われた方の女は慌てて息子を抱え上げて教室を出て行った。
その後もザワザワして、先生は動揺し過ぎて顎がガクガクして授業も出来ず。
なんかものすごいものを見てしまった・・・と心臓はドキドキするし、心のどこかではワクワクするし
わけわからん状態になって、息子のクラスだけ授業参観中止。
あとで息子から色々聞かれたけど、小1じゃ説明もできないし「ママもわかんないよー」で押し通したw
多分相当調べ上げて、効果的な復讐方法として狙ってたんだろうな。
あの日なら簡単に学校に入ってこれるし、一発で大人数に不倫暴露できるし。
ただ、その不倫相手の子供が可哀想だ。子供は親を選べないって本当に可哀想。
その子はその後一度も学校には来なかった。

2019年2月3日

引き取り同居することになったトメ「姑に向かってなにか挨拶があるんじゃないの?(ふんぞり返り」私「ご不満ならいつでも出ていってください^^」→結果www

132 :名無しさん@HOME 2009/05/31(日) 20:09:39 0
引き取り同居することになったトメ。
家にくるなり「姑に向かってなにか挨拶があるんじゃないの?」
とふんぞり返って言われたので
「御不満なら、いつでも出ていってください」と言った。
ここは息子の家だろう嫁のくせにとぎゃーぎゃー喚かれたが
「この部屋は賃貸です。そして夫婦で家賃を払っています。
夫ひとりの稼ぎでは家賃を払うことは出来ません。
ただでさえ一人、低収入の居候が増えて苦しいんです。
トメさんがあくまでここは息子の家だ嫁のくせにとおっしゃるのであれば、
私は離婚していつでも出ていく気でいます、どうしますか」
ここまで言ってようやく黙った。

浪費がたたって貯金食いつぶして、アパートを決めるまでの約束での同居だから妥協したんだ。
新婚当初からの嫁いびりの数々はひとつも忘れていません、と言ったら泣かれたが。
泣くぐらいならやらなきゃよかったんだよ、と思っている。

2019年1月25日

DQNグループが美術室に向かっていくのを目撃。俺「(いつも俺にちょっかいを出してくる奴だ!嫌な予感がするな・・・)」→美術部に唯一の友達がいる俺はDQN達の後を追い・・・

940 :本当にあった怖い名無し 2013/01/02(水) 21:50:48 ID:Kqlqi28u0
時間をかけた復讐とは違うけど。
中2のころからDQNグループが色々ちょっかいを出してきた。成績表にいたずら書きとか、机の中にエ□本入れられる程度。分厚いダサいメガネ、友達が少ない、帰宅部、太り気味、とか色々要因はあったんだろう。それに従い、周りの奴からも無視され始めた。
そんな中ただ一人、美術部のAだけ自分を普通に扱ってくれた。Aは成績は体育含めてほぼ5、部活で描いた絵は何かで入賞とかいうパーフェクトな奴だった。
そいつだけがとにかく普通に接してくれた。親友って訳じゃないけど友達、みたいな距離でいてくれた。
初めは漫画読みに図書室に行ってたけど、終いにはそいつとよく会う図書室隣の渡り廊下で週二回くらい一分もない会話をするためだけに通うようになった。