カテゴリ:事故
2015年6月30日

【山登り】友人と二人で山登りに行ったんだが、途中で迷ってしまった→暗い山の中を歩いていたら、俺だけ車に轢かれ・・・→それまで記憶を完全に無くしていた自分のことを聞いてみると・・・

144: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2011/11/28(月) 10:26:57.69 ID:FTTWlKks
数年前友人と二人で山登りに行った帰り、少し迷ったせいで暗い道を歩いてたら事故にあった。
友人は大丈夫だったんだが、俺だけ車にひっかけられて吹っ飛んだ。
交通事故に遭ったのは初めてでそれも衝撃的ではあったんだが、俺自身はその前後の記憶は一切ない。

友人の話では、吹っ飛んだ俺は一応意識があるようで目だけキョロキョロしてたらしい。
でも話しかけても全然反応しなくて、車を運転してた女の子は素早く救急車呼んでくれたとか。
人通りは全然ない暗い道、明かりはほとんど車のランプだけでシーンとしてて。
一生懸命二人で声かけてくれてたらしいんだが、突然、俺が何かを凝視しながら(友人にはそう見えたらしい)
ギャーッ、ギャーッって甲高い声あげて倒れてんのに腕を肩ごとぐるんぐるん回しはじめて急にゴテンって気を失った。
女の子は「あゎ…あゎわわわ…」って声上げてボロボロ泣き始めてしまい、とっさに動くの止めようとした友人も「あ、こいつ死んだわ…」って思ったらしいw
事故後知らない間に自分がそんな異常動作してたことも衝撃だったけど、友人がそれ以降
夜中に何度もそのギャーッて叫ぶ俺を夢でみて飛び起きるようになったって聞いて…
俺は結構早くに意識戻ったので「俺が死ぬかも」とかの心配じゃなく単純にその光景自体がトラウマだったらしいが。
退院してしばらく経ってから唐突に目の前でギャーッて言いながら腕ぐるんぐるんさせたら殴られた。
それで、急にしみじみと「お前がこうして生きてても俺にとってはかなりトラウマ物だったのに、
もしお前があのまま死んでたら多分俺はノイローゼになって眠れなくなって自殺してたかも」とか真顔で語られたのが衝撃だった。
正直すまんかった。

2015年6月24日

【閲覧注意】突然サッカーボールが飛んできて側頭部に直撃→少しよろけたぐらいでなんともないと思っていた・・・→友人「大丈夫?」私「大丈夫大丈夫!」そう言って、押さえてた手を離してみると・・・

192: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/10/26(土) 20:15:35.38 ID:JfUqXuZX
流れ読まずに投下※流血注意

学生の頃、耳の縁を覆うタイプのピアスを愛用していた。
友人と校内の中庭を歩いていたある日、校舎の窓から突然サッカーボールが飛び出してきて側頭部に直撃、バーン!という物凄い衝撃(音?)で思わず耳を押さえてよろけた。
「大丈夫か!?」と心配する友人。
どうして室内からサッカーボールが?と混乱しながらも(後から聞くと、中庭にいた人に室内からパスしようとしたらしい)、とりあえず痛くはない。
「大丈夫大丈夫!」と言いながら耳から手を離した。途端に顔面蒼白になる友人。
「すみませーん!大丈夫ですか!」と校舎からサッカーボールを放ったと思われる男性が出てくるも、彼もこちらを見て唖然。
ここで何故か恥じらい、再び耳を押さえた(凝視してくる彼らから耳を隠したかった)。
…なんかぬるぬるしてるな、あれ?そういえばピアスしてなかったっけ?とか考えながら手を下ろすと、手のひらから前腕の中ほどまで血がべっとり。耳から首すじにかけてもべっとり。次第に耳に激痛が。

ボールがぶつかった衝撃で薄い金属のピアスが耳たぶに食い込み、ズタズタに切断しまくっていて何針か縫った。
ちなみにピアスは衝撃で吹っ飛んだらしく、友人が拾って来てくれたがねじれてひしゃげて見る影もなかった。
医者に「ピアスしたままサッカーをするなんて!耳たぶが千切れかけてますよ!」と勘違いで怒られまくったのと、大の男二人に恐ろしいものを見る目で(耳を)凝視されたあの瞬間が修羅場。

2015年6月15日

【事故】バックで急加速してきた車が私の車に突っ込んできた→運転手のおっさん「ちゃんと止まってくれんと」「人身扱いにして」と完全に私のせい→警察「100:0は無理ですね・・・」→切り札導入!!www

193: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2010/03/04(木) 14:24:07 ID:gQZW5DaZ
昼前の出来事なのですが車を運転中に店舗からバックで出てこようとする車がいて
信号待ちの列が続いていたので間隔を開けて止まってあげたらバックで急加速して私の車に激突ww

おっちゃんは「バックしているんだから止まってなぁ~」と言い私側が悪いみたいな言い方…
その内、首が痛いとか言い出す始末。 警察が来たら警官に「人身にしてもらうわぁ~」と
言って完璧私に責任を押し付けて来る状態に…
警官・保険屋さん両方にバックしている最中にぶつけられたと言っていて
相手の保険屋さんにも100:0にはならないですからとまで言われる…
おっちゃんには言いたい事を言わせておいて、ここから私のターンww

「おっちゃん。あのなドライブレコーダって言うの積んでいてぶつかった瞬間録画されてるよww」

発言した瞬間から、おっちゃんの勢いが無くなり痛かったはずの首も「痛くないです…」とか言ってんのwwww
最終的には警察官に怒られ保険屋さんにも怒られ100:0でおっちゃんの責任にwwww
ドライブレコーダは一番証拠になるって警察官も行ってました。
その瞬間をUPしようかと思ったのですが、まだ事故の処理中なので来月ぐらいになったらUPしますねw

2015年6月10日

【運転手】バスに乗り損ねたオッサンが扉をガンガン叩いてて急停車→オッサン「客無視して発車すんのか!」と切れだしたが、運転手さんは・・・

379: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2011/04/22(金) 17:22:34.70 ID:Lwk95xaA
タクシーで思い出した。まだ高校生だった数年前、塾に通うためにバスに乗った。
乗客は高齢者と子供連れのお母さんくらいでみんな座れてたんだけど
発車した途端にバスの乗降口を割らんばかりに叩き喚くおっさんが。運転手は服が挟まったのかと思ったのか急停車してドアを開けた。
勢いでおばあさんが席から落ちそうになって、自分も胸部打った。オッサンは乗り込むないなや、「客無視して発車すんのかこのバス会社は!」と運転手に切れまくり。
車内は凍り付いてしまって、罵詈雑言浴びせるオッサンを誰も止められない。そしたら運転手、「死人が出ねえようにバス停以外じゃ停めねえし時刻通り発車してんだよ!降りろ!」
オッサン「なんだテメエ、おれは〇〇(競合バス会社)の運転士だが停めるぞ!名前控えてやるからな」
「やれよ!おれは△△会社の□□だ!お前も名乗れ!」の応酬。
多分オッサンがバス会社勤務はウソだと思うけど、運転手が怒鳴りながらも安全運転で行き交うバスに手を上げる合図してたり
言葉と裏腹に平常心で感動した。
オッサンは次の停留所で運転士にたたき降ろされてた。

2015年6月7日

【恐怖】ヘリの試乗体験に行って興奮してたらそこの担当者の人がそれ以上に大興奮→コックピットまで乗せてもらって気分良かったんだけどその後日・・・

6: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/08/28(水) 23:06:44.45 ID:Ec8rX2nX
許可いただけたんで投下します
即興ですいません。2つに分けて投下します

数年前の事、某組織の所有するヘリコプターに体験搭乗で乗せていただくことになりました
何分ヘリに乗るのは初めてで私は大興奮
係員さんのヘルメットにヘリのローターがかすめたりするハプニングがありながらも体験搭乗はつつがなく終了
その後はヘリの整備班長さんの案内でハンガーを見学させていただくことに

「ここがハンガーです!」
「このへりこぷたーはこうでこうで!!!!」
「あ、今離陸したのが〇○という飛行機ですね!!!!!」

テンションが上がってるのかものすごく声が大きい班長さん。
するとあるヘリコプターの前で立ち止まりました
なんでもそのヘリコプターは私達が乗ったヘリのマイナーチェンジ前(?)のモノらしく
日本ではほとんど現存してないそうで、班長のトーンが上がる上がる!

「もしよろしければコックピットに乗ってみますか!?」

班長さんのご厚意でコクピットに上がる見学者一同
これには班長に比べて静かなおじさま方も含め大興奮
その日は見学者一同大満足で帰宅した

2015年6月4日

【大惨事?】顔を洗うために洗顔フォームを搾り出したんだけど、思いっきり飛び散って○○を直撃!

496: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/05/30(木) 21:56:45.79 ID:Cgoi6GSZ
さっき顔洗ってて思い出した修羅場というか痛かった話

数年前、やっぱり顔洗おうと思って残り少なくなってた洗顔フォームのチューブを強めに押した
そしたら、洗顔フォームの石鹸が勢い良く飛び出て、なんと、そのまま右目に入った

最初の何秒かは起きた事が理解出来ず、目に石鹸が入ったと理解した途端、もの凄い激痛が…
洗い流さなきゃ!と思うんだけど、激痛で目が開けられない
なんとか目をこじ開けて洗い流すけど、なかなか痛みは引かず、10分ぐらい洗ってた

ようやく痛みが引いて、鏡を見てみたら、白目の部分が真っ赤になってたよ
その後、痛みは引いたけど、5日ぐらい白目が赤かったし、なんだか右目だけで視界がぼやけるし、目やには凄いしで大変だった

2015年6月3日

【悲劇】弟が急にいなくなり探していたら池に浮いていた・・・→救急車を呼んで何とか一命を取り留めた→そんな弟は今・・・

19: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/03/09(水) 00:11:50.95
プチ投下。
保育園児だった頃の話。
家で遊んでいるときに、弟の姿が見えないので探していた。
ふと庭を見ると、池に弟が浮いていた。俺パニック。

泣きながら「次郎が~~」って母親を呼んでいたと思う。
すぐに母と祖母が弟を引き上げ、人工呼吸をしている間に救急車到着。
いまだにあのときのショックは忘れられない。

幸い発見が早かったおかげか、弟は夜には回復して病院の食事を
ぺろりと平らげたらしい。



しかし今は引きニート。せっかく拾った人生なんだから、大切に生きて欲しかった。

2015年5月30日

【悲劇】山道を普通に走ってただけなんだけど・・・→トンネルを抜けると視界が全く変わった・・・友人『目がぁ…』

18: おさかなくわえた名無しさん 2010/01/31 14:52:38 ID:RqOoB4GN
男3人で雨の日に車でお出かけ
少し見通しの悪い山道を走っていた
大きなデコトラがものすごいスピードで煽ってきていて、ちょっといらっとした
少し広くなってから避けようと、なんでもない(と思った)直線を普通に直進
小さいトンネルを抜けて即ヘアピンカーブがあり、事故ってしまった
車は大破 対向車線で鉄くずになった
後ろから来たデコトラはクラクションを長く鳴らして去っていった
フロントガラスが割れたが3人とも車外には飛び出さず、倒れていた
二人の無事を確認しようと見回すと、助手席の友人は動いて何かしゃべっていた
よかった、無事か
でも、友人は割れたガラスを大量に浴びていて、つぶやいていた言葉をよく聞くとこうだった
「目が見えん~!目が見えん~!」

2015年5月21日

【閲覧注意】小学生の頃、課外活動での自由時間。私は普通に大縄跳びの回し役をしていたところ足に衝撃を受け転倒→そこで想像もしていなかった大事故が発生!

86: おさかなくわえた名無しさん 2013/02/04 08:42:29 ID:/Mpmwsi1
レスありがとう。 失明は… あれは確か小学校の中学年の頃、親に強要されて入会してた少年団に毎週日曜日通わなくてはいけなかった。 その少年団では、~中学生くらいの子供達にブラスバンドやバトン、手旗信号を教えてくれ、夏はキャンプをしたりする活動をしてた。 学区外だったので普段遊ぶ同学年の友人とは違う年上や年下の子供とも交流出来き、特に私は年上のお姉さんに遊んで貰えるのが楽しくて活動にはこれっぽっちも興味無かったけど何となく通ってた。 そんな平和な日も突然終わった。そう、私が加害者になったのだ。 その日は活動が早く終わり、色々教えてくれる先生が「皆さん遊んで良いですよ~」と子供達に屋上を解放した。 (ちなみにその少年団の活動場所は三階建て+屋上のビル) 自然と女の子は大縄とび、男の子は鬼ごっこと楽しく遊びはじめてた。 私は縄を回す係で皆が飛びやすいよう体を大きく上下させる事に細心の注意を払っていたら急に踵に衝撃を受けバランスを崩して地面にたたき付けられた。 何が起こったか訳が分からず、足は激痛だしキョトンとしていると凄まじい悲鳴と青ざめる周りの人達、ふと彼等の目線の先を見ると足元のコンクリに横たわる男子。そして血だまり。 どうやら彼は鬼ごっこの時私の後ろを走り、私の足に引っ掛かってフェンスの下のコンクリの角で右目を潰したらしい… そこからは犯人容疑者さながら事情聴取を受け現場検証、周りの女の子達の証言で私の過失の疑いは晴れた。 縄跳びは端っこでしてたし、見通し良いし、鬼から逃げるために無理に狭い所に来たのは彼の方だったしね。 あの後「私子ちゃんの足に引っ掛かりA君は右目を失明してしまいました」と皆の前で言われ、吊るし上げの気分を味わった事と、A君の病院に母と行き謝罪させたられた事が「私悪くないのに」と思っていた小学生の頃の私の第一の修羅場でした。 もちろんそれから屋上が閉鎖になったのは言うまでもない。

2015年5月19日

買い物へ行く途中、なんてことの無い段差に躓いて転んだ私「痛い…これは折れたか?いや歩けるし大丈夫だろう」→買い物を続けていると急激な痛みに襲われたので病院に行き診断を受けると…

115: おさかなくわえた名無しさん 2012/06/05 15:43:54 ID:WuiBjSr/
プチですが 3、4日前 年取って足腰弱くなった母親を連れて買い物に行こうとした。 ちょうど給料日だったので銀行に寄ろうとして、お金をおろしてさあ行こうとしたら ちょっとした段差につまずいて足を捻り、そのまま仰向けに転んだ。 足首を曲げた状態で体を反らせたものだから足が痛いっていうより 痺れた感じになって動かせない。 今まで怪我とかしたことなかったから「ヤバイ!足首折れたか?」とパニック。 一人だったら救急車か?とか思うかもしれんが 車に母を乗せていたので 「まてまて、母は運転できないしそのままほったらかしにできん」 「しかし、説明するにも歩けるのかこれ?」 「折れてたら仕事どうしよう」 「母は肉を買うとか言ってたよな」 「こんなとこで転ぶなんて恥ずかしいー」 「自分ももう年だなー」とか完全に頭に中が修羅場。 しばらく唸っていたが、足は折れてなかったみたいで無理やり歩いたら歩けたので 大したことなかったかと思いそのまま買い物に行ったものの 途中急激に痛みが増してきて我慢できずに早々に買い物を済ませ 病院に行ったら靭帯損傷と言われ第二の修羅場。 幸い切れてしまってたわけではなかったので3日ぐらいで杖なしでなんとか歩けるようになったが その時は「どうする?どうする俺?!」みたいな某CMみたいな心境でした。(自分は女ですが)