カテゴリ:不思議な話
2018年9月18日

自宅の建て替えのため、神主さんを呼んでお祓いをしてもらったお隣さん「こういうのはどうせ気休めなんだからw」→お隣さんは5円玉を神主さんの足元に放り投げ・・・

160 :名無しさん@おーぷん 2015/09/24(木) 13:55:13 ID:U7I
先月、お隣さんが自宅の建て替えのために神主さんを呼んで
お祓いだかお清めだかしてもらったのだが
「こういうのはどうせ気休めなんだから」と、
礼は5円玉一枚だけ、それも神主さんの足元に放り投げて終わり
神主さんは拾わず、その場で二度、音高く手を打って立ち去った
翌日から、大雨が続いたり、重機のエンジンが火を噴いたり
来ていた作業員も事故が続き、一週間で3人病院送りになったり
挙げ句、立ち入り禁止と言われていたのに
お隣のおばあちゃんが入って大怪我したりで大騒ぎ
工事どころではなくなり、お隣さん体重は落ちたが白髪をだいぶ増やしていた
神主さんをもう一度呼びつけて「お前、何をした!」と怒鳴りつけたが
神主さんは「気休めじゃなかったんですか?」不思議そうに小首をかしげるばかり
お隣さんがまだ何か言おうとすると、神主さんは両手を前に出して
手を叩く素振りを見せつけたため、お隣さん何も言えず
そのまま神主さんは帰っていった

まったくの偶然なのかあの神主さんが何かしたのかは不明だが
大雨でうちの庭に埋まっていた江戸時代の貨幣が出てきたり
お隣でエンジンが火を噴いたせいか野良ネコが来なくなったり
ボケてるお隣のおばあちゃんがうちに入ろうとしなくなったりで
うちは大助かりしている

2018年9月13日

俺「(やばい!門限に遅れちゃう!)」→「たとえ近道でも絶対に通るな」と厳しく言われていたトンネルを通り抜けようとしたら・・・

1 :名無しさん@おーぷん 2016/07/04(月) 02:18:33 ID:jN1
ワイの実家の近くに地元の人間は近づかないトンネルがある
というか暗黙のルールみたいな感じで小さいころから近道でも絶対通るなみたいな感じだった場所がある

そういう場所ある?

2018年9月9日

いよいよ御臨終というとき、祖父の目がカッと開き、乳を傍に呼び寄せた。「(父)よ、今まで言えなかったが・・・」←衝撃の告白内容が・・・!

932 :名無しさん@おーぷん 2014/10/07(火) 18:45:35 ID:???
自分の衝撃は、いよいよご臨終という時にボケてたはずの祖父がカッと目を開いて、父をそばに呼んで喋りだしたこと。
昔台風で大水が出て、家が流され赤ん坊もタヒなせてしまった。
避難先で近所に住んでた大工に会った。
嫁も家財道具も流されてたと、小さい赤ん坊を抱えて呆然としてた。
母さんがその赤ん坊を泣いて欲しがった。
それがお前だ。

戸籍もそのままにして、タヒんだ子の名前で呼んできた。
お前の父親の大工の男はまだ生きて近所にいる。○○○○という男だ。母さんがタヒんでも言うなと言うから今まで言えなかった。
父親と偽って済まなかった、という話だった。

俺の父親は父さんだよ、と父が言うと、祖父は目を閉じて何も喋らなくなり、その夜他界した。

なんというか、晩年のボケは何だったのかという感じの、最後にパッと輝いた蝋燭を見てる気分だった。

2018年9月8日

私「母が急に倒れて病院に付き添ったので遅刻します」女上司「いい歳してママ、ママって甘えんな!会社員は会社優先!」→とんでもない事態に・・・

61 :名無しさん 2014/04/11(金) 08:43:15 ID:???
20数年前、当時まだ20代前半の独身でOLやってた。
新しく異動してきた上司が当時うちの会社では珍しい女性所長だったんだけど
色んな意味で注目されてたのもあって気張り過ぎてたようで、とにかく女性社員に対して厳しかった。
その上司が着任した当日、母が急に倒れて病院に付き添った為に会社への連絡が遅れ
始業時間を15分ほど過ぎてから遅刻しますって電話を入れたんだ。
それがこの上司の逆鱗に触れた。
いい年をしてママ・ママって甘えんな、会社員は会社優先!みたいな説教をされた。
係長が横で聞いてて「私子さんは母一人子一人だから、
お母様が倒れられたら私子さんが病院に連れて行くのは仕方のないことですよ」ってフォローしてくれた。
それが余計に火に油を注ぐ結果になった。
男は若い女性社員には甘い!私が来たからにはそういうことは許しません!って感じ。
本当に絵に描いたようなヒステリックな上司だった。
最初にそんなふうだったから完全に嫌われてしまって、その後は今で言うパワハラを毎日受け続けて鬱になりそうだった。
なんとか踏みこたえていたのは、母に心配を掛けたくないという一念だった。
だけど“その日”は会社に向かう通勤途中で(マイカー通勤だった)、
前日に怒鳴られた上司の声が耳から離れなくて、どうしても出社したくない気持ちになって
もうダメだと思って一旦家に帰ろうと路地を左折した。
左折して200mか300mか走った時に後方から爆音が聞こえた。
すごく大きい音だったけど、私の頭の中はそれどころじゃなかったのでそのまま走って
ファミレスで気持ちを落ち着けてから帰宅したら、自宅療養中だった母が私の顔を見た途端に号泣。
私が聞いた爆音は橋げた落下事故(広島の)の音だったんだ。
生まれて初めて腰が抜けた。
あのまま左折しなかったらタヒんでたかも知れない。
この一件があって、人生なんていつプツンと終わってしまうか分からないと思うと
あんな上司にびくびくしながらこの一瞬を生きるのがアホらしくなって、母に全てを話して退職を決めた。
母には「隠し事はするな」とこっぴどく叱られた。
その後、専門学校に通い今の夫と知り合って結婚。
夫婦で店をオープンすることを目標に頑張って働いているところ。

2018年9月5日

ゲームを一週間ほどクラスメイトに貸したら、返ってくるとき「俺が」料金請求されたんだわwww

268 :おさかなくわえた名無しさん 2012/03/30(金) 11:31:06 ID:nFlJX6mz
このバカな流れをぶった切る意味で
ちょっと小さいことだが。

高校の頃、次世代機戦争というのか
セがサターンとプレステが発売されて、
俺はサターン派。クラスはほとんどプレステ派。
で、サターンをやりたいって奴が近付いてきて
「貸してくれ」ときた。
まぁ貸すのは別にかまわなかった。

一週間ほど貸したんだが
返ってくるとき「俺が」料金を請求された。
なんでも、「サターン用ソフトを購入したからその代金」とのこと。
そいつ、俺の貸したソフトが良いものないってんで、ゲームソフト勝手に買いやがった。
なんか本体を盾に取られてる様な気がして、払ってしまった。

そいつ「またやりたくなったら貸して」
・・・当然次回はなかったですとも。

2018年9月5日

【不思議】爺ちゃんが老人会の帰りにチワワを拾ってきた。雨が降る中泥だらけになったチワワをお風呂で綺麗にしてあげて飼い主を捜したのだが見つからず我が家で飼う事に。でもこの犬、あるタイミングでくしゃみをするんだ。

95 :名無しさん@おーぷん 2014/10/19(日) 12:40:29 ID:???
不思議って言うのとはちょっと違うかもだけど。
20年ぐらい前に実家でチワワを飼ってたんだが、
その犬がなんか変だった。
じーちゃんが老人会の帰りに拾ってきた犬で、
雨が降る中、泥だらけでクシャクシャになって震えてたそうで
あんまり可哀想で連れて帰ってきたそうだ。
お風呂でキレイに洗ってブローしたあと写真を撮って
地元のフリーペーパーに「飼い主探しています」と載せて貰ったんだけど
飼い主は現れなかった。
首輪していたから絶対飼い犬だったと思うし、
首輪の特徴も明記しておいたんだけどね。
うちは今まで犬とか猫とか飼ったことなかったけど
じーちゃんがその犬に情が沸いちゃって、もうこのまま飼うかってことに。
名前もポチ(仮名)とつけて一家の一員になった。
このポチがやたらとクシャミをする。
風邪ってわけでもなさそうだけど、
忘れた頃に「ビシッ!」って感じの変なクシャミ。
不思議だったのは、そのタイミング。
うちのじーちゃんは、とにかくつまんないギャグを連発して
笑いを欲しがるジジイで、
家族はみんな面倒臭がってあまり相手にしてなかった。
(だがたまにヒットがあったww)
でもそんな時、じーちゃんのギャグのあとにポチが「ビシッ!」とクシャミをする。
「あかまきがみ あおまきがみ ちあみなおみ」「ビシッ!」
「痛いの痛いの屯田兵~」「ビシッ!」
とか、そんな感じ。(すみません、それぐらいのギャグしか覚えてない)
じーちゃんのギャグに対しての“つまらん”という突込みなのか
私たちの白けた空気の代弁なのか分からないけど
とにかく絶妙のタイミングだった。
昔「うしろの百太郎」という心霊漫画で、
“生類憐みの令があった江戸時代に犬を切り捨ててタヒ罪になった男の生まれ変わり”
という設定の、言葉をしゃべるゼロという犬がいたけど
もしかしたら、そんな感じの何かの生まれ変わりなのか?と思ったりもした。
でもポチのクシャミのおかげで、少々ウザかったじーちゃんのギャグが
楽しくなったのも事実だった。
じーちゃんはポチをすごく可愛がってて
ポチがタヒんだときは、ばあちゃんがタヒんだときより落ち込んでた。

2018年9月4日

学生時代からDQNだった弟が「公衆便所」というあだ名がつくようなDQNと結婚した。俺「(すぐ離婚だろうなw)」 → 数年後、久々に再会した弟夫婦はとんでもないことになっていて・・・

 

274 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/08/18(木) 04:40:46 ID:0QjNNbKK.net

学生時代からトラブルを起こす、女は取っ替え引っ替え、卒業後も定職にも就かずぶらぶらしてた弟が、地元では相当有名な公衆便所とあだ名のつくようなDQNと結婚した
正直すぐ離婚だろうだと思ってたが、数年後久々に再会したら見事なまでにまともになってた
弟は正社員になり髪も短く、言葉を知らないことはあっても言葉使いはまとも、物凄い数つけてたピアスも外し猫背が直ってた
弟嫁は結婚の挨拶にジャージとサンダルで来てたのが、今回はジーンズにTシャツを着て出迎えられ「こんな格好でごめんなさい」
いつの間にか産まれてた子供には意味も字も綺麗な名前をつけ、まだ3歳なのに自分の名前が漢字で書ける子供は今そろばんに興味津々らしい
弟は「俺そろばんなんてマラカスにして遊んだことしかないからやり方覚えなきゃ」と言っている

失礼ながら頭の中で「マイマイがプラって習ったよなぁ」と思ってしまった
それくらい衝撃的だった

2018年9月2日

猫好きの母が亡くなった。私「(猫も通夜に参加させたいけど、弔問客もいるし私の部屋で大人しくしててね・・・)」→お経を上げるとき、閉じ込めていたはずの猫が出てきて・・・

606 :本当にあった怖い名無し 2010/02/14(日) 02:12:16 ID:fMuc/zga0
心霊じゃないんだけど、うちの猫の話。

4年前に母親が亡くなった。
入院のとき家族の写真は持っていかないのに、猫の写真は持っていくくらい猫好きだった。
で、生前の母の希望で通夜と告別式は自宅でやったんだ。

私は猫も通夜に参加させたかったんだけど、少ないながらも弔問客が居たので
猫用トイレとご飯を持ち込んで、猫を私の部屋に閉じ込めていた。

お坊さんが来てお経を読み始めたら、いつの間にか猫が出てきて、母のそばに座った。
そして顔をぺしぺしし始めた。
「なんで出てきてるの?」と思いつつ、さすがに顔ぺしはマズイと判断して席を立って猫を部屋へ連れて行った。
猫は私の部屋の扉を開けたことがないので、きちんと閉まってなかったんだな、と思った。
だけど次の日の告別式でも同じことが起こった。
お坊さんがお経を読み始めたら、猫が母のそばに座った。
今日は開かないように、と扉はきちんと閉めてあった。
それなのに。
母の親友のおばさんが「この子も一緒に見送りたかったんだね」と言って、なんだか納得した。

うちの子は今9歳、扉を自分で開けたのはあのときだけ。
やっぱり見送りたかったんだね。

2018年8月30日

友達A「結婚することになったの・・・来てくれる?」私達「もちろん!幸せになれよ!」→当日参列すると、予想外の光景が次々と・・・

1 :名無しさん@おーぷん 2016/10/19(水) 19:10:29 ID:Drw
なくしたってか切ったんだけどね。
友達ってなんだろね。

2018年8月30日

店に一番乗りで入った私「(この店の一日10食限定のメニュー、今日こそは食べてやる!)限定メニューください!」店員「本日は完売しました^^」私「!?」

550 :おさかなくわえた名無しさん 2013/10/25(金) 00:12:45 ID:kyo1xGW0
「1日10食限定!」と書いてある料理がいつ行っても「本日の分は完売しました」と言われるので、
今日は休みだったこともあり、11時の開店と同時に行って、店に一番乗りで入るなり、その料理を
オーダーしたら「本日は完売しました」と言われた。結局は単なる客寄せパンダなんだろうけど、
せめて午前中くらいは「本日は仕込みがありませんでした」とか言えよ。バレバレじゃんすか。