カテゴリ:ワロタ
2017年8月29日

彼女『父に会って欲しいの』俺は彼女の父に合う事に→父『どりゃーー!!貴様かぁ!』バシバシ!バキ!俺『ぬおおぉぉ!』全て拳を受止めるww彼女『素敵、、』

570 :名無しさん@おーぷん 2017/08/08(火) 12:29:17 ID:EGB
かつて俺の恋人とその父親である格闘術の市販代との揉め事をかたる

元彼女「私のお父さんをしょうかいするわ」

俺「ああ一度は顔をあわせぬとな」

俺は彼女の父親がどんな男なのか見極めておく必要があったのだ
これから長い付き合いになるのだからな

彼女の家はゆうしょ正しき格闘技の道場を経営しているのだ

俺自身も格闘技をみにつけており彼女の父親はそんな俺の実力を嫉妬して交際をみとめてはいないらしいのだ

2017年8月29日

小学生の時初めてのヘアーサロン『この髪型にして下さい!』とノリピーの写真を見せたら・・・結果→ベリーショートのウッキッキーwwww

227 :おさかなくわえた名無しさん 2011/02/19(土) 10:54:05 ID:qHu5PzHq
連投すみません。
小学生の時初めて一人でヘアーカットをしに行き、明星ヘアカタログを持って
この髪形にしてください!とのりPのショートを指定したはずが、
出来上がりはベリーショートのモンちっちヘアーになってしまった。
のりPの隣には、当時まだアイドルをしていた、
森昌子ヘアスタイルの長山洋子が載っていてそれと間違えられてしまっていた。
新学年の始業式前日の出来事で、せっかく気になる男子と同じクラスになったのに、
人生で初めてタヒにたいと思った・・・
しかも初夏、半袖人口が多くなった頃に気にしていた毛深さを指摘され
その気になる子に付けられたあだ名が「毛ガニモンキー」
中学卒業までずっと呼ばれていた。

2017年8月28日

繊細な人ほど魔力が高い。という設定をして中学時代を過した黒歴史wwww長い髪をバザバサなびかせ、無駄に泣いたり、無駄に叫んだりww

489 :おさかなくわえた名無しさん 2011/04/16(土) 00:07:12 ID:pJZI+u8b
無駄に設定作って、「繊細な人ほど魔力が高い世界」設定で中学を過ごした。
伸ばしてた長い髪をバサバサ振り回しながら歩いてた。
髪が風に靡くのがセクシーだと感じ、目をつむって「…風…」って呟くのよくやった。
雨が降っただけで泣き、最初は心配してくれてたクラスメイトに、
「ごめんね…でも仕方ないの…私みたいに魔力の高い者の宿命なの…だから背負うの」
って説明してどん引きさせてた。でもこの台詞が気に入って、後々も多用し続けた。

美術の時間には紫一色で校庭を書き、先生を盛大に困らせて、社会の時間にはさも知り合いかのように
「ふふっ、アントワネットったら…ひどい言われようよ?」とか皆に聞こえるように言ってた。
卒業までそれはずっと続き、卒アルには「世界は一つ。皆の心。それはまるで水面に統べる月」って書いた。
卒業式の後の最後のHRが一番の悪夢で、皆がすすり泣いてる時に一人派手に泣き出し、
「いや…っ!皆の…皆の悲しみがダイレクトに私の心にっ入り込んでくるっ!私を乱さないで!」
って言っちゃった。皆の親もいたのに。最高に盛り上がってると思ってた。

その後、親に皆の前でど突かれてちょっと反省したけど、懲りずに高校でまた馬鹿やった。

2017年8月28日

男から殴られてる女ってカッコイイー!!って思ってたwwwwバイトの時にだけ片目だけアイシャドウで殴られた跡を作って→バイト中には悲しげな顔、痛みを演じてたり→バイト中の写真を見ると汗でアイシャドウが落ちて・・・wwwwブワーッ(笑)

622 :おさかなくわえた名無しさん 2011/05/16(月) 12:42:51 ID:lY3J5VaD
19歳の頃、男から殴られる女は大人の匂いを感じて格好いい。
と思っていた。

カラオケのバイトに行く前には必ず、アイシャドウの黒と紫で片目だけパンダのように塗って、
前髪で少し隠して少し見えるようにして仕事してた。
自転車通勤だったがおばちゃんに二度見されたりしまくってたが
暗い顔で悲しく微笑んだりもした。
バイトでは目をハンカチでそっと押さえる仕草もしてた。
触った後いたって芝居もしてた。

皆総スルーだった。

バイト時の写真を見るとアイシャドウが汗で頬まで落ちてセイキマツの閣下。
写真は全部燃やした。
大学に行く時は友達達につっこまれると思ってできなかった。

バイトのメンバーの記憶を消したい(´д`)

2017年8月27日

ひっさしぶりに実家に帰ると・・・母『話があるの、』真顔でビビるとww『私達は狙われてるの・・・ 電車が止まったでしよ?あれは、』『スパイが狙ってるの』などなど真顔で言ってきたwwwwwwww

539 :名無しさん@おーぷん 2017/08/04(金) 00:57:19 ID:iLp
就職してから数年後に実家に帰省したら親と実家住まいの兄弟たちが全員糖質っぽい状態になってたこと

俺は大学出てから遠方の会社に就職したので帰省がめんどくさくて数年ほど帰省しなかった
新人だったからあんまり休みが取れなかったってのもあったし
数年して仕事にも慣れて余裕も出たから長期休暇を取って帰省した

家族たちは皆俺のことを歓迎してくれて「やっぱ実家っていいなぁ」とのんきに考えてたら
その夜に母親から「大事な話があるの」とすごい怖い顔で切り出されて「まさか誰かガンにでもかかったのか!?」とビビってたら
「あのね、我が家は狙われてるの。今日も家の前に犬の糞が落ちてたわ。あれね、我が家への嫌がらせよ」と真剣に言われた
最初は真に受けて、いったい誰から!?どういう理由で!?と真剣に聞いていたがその内容が
・北朝鮮が日本を核攻撃するために日本で活動するスパイを選別しようとしてる
・我が家は実は数代前に霊能力者がいるの。だから優れた能力を持つ一族としてやつらに目を付けられたんだわ
・私たちの昔の友達も親戚たちも奴らの手が回ってるわ
・警察も裁判官もクロネコヤマトも病院もJRも奴らの言いなり。最近よくヘリコプターで私たちを監視してるわ
・あなたも以前チンピラに暴行を受けたことがあったでしょ。やつらだったのよ(俺にそんな経験はない)
・貴方に近付いてくる女に注意しなさい!やつらよ!○○区に住んでるあなたの友達にも注意しなさい!○○区はやつらの手の内よ!
・貴方が帰省するときに乗ってた電車が5分くらい遅れたって言ってたでしょ。それ、やつらの貴方個人への嫌がらせよ!
・世の中には私たちの味方もいて、新聞記事や音楽の歌詞の中に暗号を込めて私たちに警告をしてくれてるのよ
などなど
もう意味不明で頭の中が真っ白になった
しかも母だけでなく父も兄弟も全員真剣な顔をしてて、兄弟なんかは「職場で狙われたからやむを得ず仕事を辞めた」とのことだった
最初はネタ?どっきり?冗談?と思ったけど、全員常に盗聴を気にして口では何気ない雑談をしながら筆記で会話してたり
窓の開け閉めも物凄く気を使ってたり、買い物をわざわざ遠くの町まで行ってやってたり、俺が地元を散歩しようとしたら
物凄い形相で怒られたり(狙われるようなことをするな!など)
異次元にでも来てしまった気がした

正直どうしていいやら分からんうちに数年後に両親がガンで立て続けに亡くなった
兄弟たちは今でも実家で仕事もせずに息をひそめて生活してる
生活費は亡くなった祖父が資産家だったんでその遺産がけっこうあるからそれで生きてる
一応、たまに様子を見に行ってるけど、精神病院への通院を勧めても「お前はやつらだまされてるんだ」とか言われてどうしたらいいか分からん

てか糖質って遺伝するらしいから、俺もそのうちああなるのかなって思うとすごい怖い

2017年8月26日

高校入学時に『〇〇君(俺の名字)かっこいいよねー』って言う女子が何人かいた→俺(えっ?!マジで)何日もその話を聞いた(よし!思いっきって告ろうw)結果→『えっ、違うんだけどwww』黒歴史決定

845 :おさかなくわえた名無しさん 2011/06/26(日) 15:51:55 ID:6N7vDEdf
高校のときの話だが
入学早々(俺の名字)君ってかっこいいよねー!と女子が言っているのを聞いて
それが何週間も続いたから思い切ってかっこいいと言っていた中で一番可愛い子に付き合ってくれと告白してみたら
「・・・は?」と返された
なぜならあいつらがかっこいいと噂していたのは他のクラスの同姓の奴だったからだ
部活にも入らず他のクラスの奴とは一言も話したことがなかった俺には知る由もなかった
いや、少し考えれば分かっただろうとは思うが心の底から勘違いしていたので考えようともしなかったんだ
そして学年中で専らの噂になり、笑い物にされる日々がスタートした
廊下を歩いていると知らない奴から突然「○○君かっこいいよ!!!あははははwww」とか言われたりした
中学の頃の友人からも裏切られて酷い扱いを受けた俺は人間不信に陥った
あのクソ女に告白する日の前夜は付き合ったらどこに行こうとかそんなことばかり考えていた、痛すぎる
今思い出しても心臓を取り出して掻き毟りたくなる衝動に駆られる
ケケエエエエェェェェェェェェェェェェェェェェェェェッッッッッッッ!!!!!!!

2017年8月26日

陰陽師になりきって転入した学校に早く馴染むようにしたwwwwいかにも式神を操るように・・・『この子鬼め!いたずらにしおって!!ふううんんん!!!』wwww

545 :おさかなくわえた名無しさん 2011/04/24(日) 16:50:22 ID:zdVAPBGv
小学五年で転入した学校に早く馴染みたくて陰陽師を語った。
初めは田舎のばあちゃんの家にあった呪文のような言霊?かなんかの言葉からうちの家系は陰陽師だと思い込んだ。
龍を扱う陰陽師設定で式神みたいなのに憧れ、
世界で一人しかいない火龍・水龍・土龍・風龍・白龍・黒龍を扱える特別な存在になりきった。
雨が降って寒いときには
「水龍め…悪戯しおって。みんなごめん。うちの子が。すぐに火龍に暖かくさせるから」
とか言ってた。
なんか小難しい呪文唱えて火龍を召喚した演技をしてた。
ちなみに敵キャラとしては大鬼・中鬼・小鬼が居た。
消しゴム落ちたら「小鬼…いい加減にしないと怒るよ?ほら、悪さを止めて大人しくしな」とか言って授業中の先生に「こいつは危害加えないですから…ふっ」とか言ってたうわあああああん!!!!

2017年8月24日

『やめて~、私の為に争わないで~』と喧嘩の仲裁をするのがマイブームだった→陸上部の部内でも『私が悪いのね、私がいなくなればいいのよ』2階の手すりから飛び降りた結果→そんなはずじゃ・・・

502 :おさかなくわえた名無しさん 2011/04/17(日) 10:27:24 ID:Rh7oYyqT
同級生がが喧嘩している時、全く関係ないのに間に入って
「止めて!私の為に争わないで!みんな私が悪かったのぉぉ!!」と突然叫びながら
走りさって行くというのがなぜかお気に入りだった。
当事者は唖然として何あれ?状態で、争う気もなくなるらしく上手に喧嘩を仲裁している
つもりだったけど、部活(陸上)の前に部室内で同級生達と下級生達が言い争いをしていて
自分の出番だと思い、
「どうしてみんな仲良くなれないの!そうね・・・すべて私がいけないのね私がいなくなれば良いいのね!!」
と言ってダッシュして部室棟の廊下に出て手すりから飛び降りた。2階だったけど。
その直前までその下に高跳び用のマットが敷いてあり、他のクラブの部員と飛び降りて遊んでいたので
安全は保障されていた・・・はずだったのに。
部室に戻ってすぐに先生に見つかってかたずけていたらしい。
骨折した。全治3ヶ月。
県大の選手に選ばれていたのに外され、いたたまれなくなって退部した。

2017年8月24日

ボイスパーカッションかっこいい!!俺必タヒに家で練習→姉や母に邪険にされても練習した→学校の給食時に(よし!今だ!)ずっちゃずずんちゃ♪気合入れていきなり始めたら・・・結果→

781 :おさかなくわえた名無しさん 2010/10/29(金) 10:23:31 ID:+edKSms0
中学1年の時にテレビでボイスパーカッションを見てめちゃくちゃ憧れてしまった。「口だけしか使わないなら俺だって出来るはずwww」と、いつか学校で披露してやろうと思い、家で練習に励んでいた。
練習中2つ上の姉には薄気味悪そうな顔をされ、母親にも同じような顔をされた俺は顔真っ赤にして練習した。
一週間くらいが過ぎた頃、「もう披露出来るだろww」と思い、給食時間に決行することに。
そして運命の瞬間は訪れた。
(※給食の時は班ごとに机を向かい合わせて食べる風習があった)

「ぼんちっ!ぼんちっ!ぼっぼぼぼーん!ぶんぶんぶぶぶんつっつっつー!ぼんちっちっちっ!ぶんぶんちゅくちゅくぴゅわぁー!パンパン!」(たしか手拍子も交えてこんな感じでやった)

いきなりやり出したものだから、さあ食べようとしていた周りの皆はビックリ状態。
おまけに俺はかなり気合いを入れてやったものだから、向かいや隣の人の食器に大量のツバが放出されてしまい、非難ごうごうに。

「お前何やってるんだよー!もうこれ食えねーじゃねーか!」
「きったない!〇〇くんサイッテー!」
「急に奇声あげるなや!」
俺は背中に水を流されたように感じ、その日は午前中で早退した。

それ以来、周りからは相手にされず孤独な毎日を送った。

2017年8月18日

ネイルを趣味でやってる私にトメ『同窓会に行くからして!』→ちょー適当ww施術してる中トメからの口撃、私は密かに→ラメで文字書いたのよねーwwww

28 :名無しさん@HOME 2012/05/20(日) 17:53:15 0
ヌカならごめん

ジェルネイルを趣味でやってる私
材料費自体はそんなでもないので友達には差し入れもらったり
するのですごくいいお小遣いというか物資稼ぎになってる

でも近距離別居のトメには絶対やってあげない
タダでやってもらって当たり前見たいに言うから
テンプレ通りの嫌がらせと嫌味も言うし

でもこないだ同窓会に行くからやれ!と出発前に来た
なので前々から温めてたプランを実行
施術に2時間くらいかかるけど下処理も適当に
1時間くらいでネイルを施してやった
その間ずっと孫梅男梅同居汁できそこないの嫁!と言いたい放題

タクシーの到着と同時に出来上がったネイルを見て激怒

両手に黒ベースで
右手にはゴールドのラメで ”くそばばあ” 
左手にはシルバーのラメで ”よめいびり”

タクシーの運転手は幼馴染のお父さんで我が家の事情も知ってるので
“ほらほら、遅刻しますよ♪”と連行してくれた

ざまぁw