カテゴリ:お別れ
2018年10月20日

彼氏に学校の階段から突き落とされ、利き腕を骨折して小論文試験を受けられなかった。先生「何してるの!?」彼氏「●●」←とんでもない理由とは・・・

376 :名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火) 00:16:22 ID:CEO
他の方と比べるとゆるいとは思いますが、結果的に復讐になった話。
フェイクはいっています。

中2から高3まで付き合っていた彼氏のAがいました。
小・中・高がそれぞれ2つくらいしかない田舎で卒業後は、Aは地元で就職。
私は地元に大学がないので、地元を離れ進学することに。
色々ありましたが、第一志望の校内推薦をゲットして小論文と面接をこなす予定だったのですが、試験3日前に学校の階段からAに突き落とされました。
落ち方が悪かったのか利き手を骨折し、小論文試験は断念せざるを得ませんでした。
幸いにも目撃者も多く、すぐに先生方も駆けつけてくださってAに事情を聞いてくれたのですが
自分より学歴の高い女は好きじゃないという身勝手な理由だったらしく先生方とA両親は開いた口がふさがらなかったそうです。
その後、A両親に慰謝料と治療費をいただき当然Aとは別れました。

センター試験も希望していたので、第一志望も受けたのですがダメで結局第二志望の大学へと進学しました。
そこで大学の学生課に勤めていた旦那と出会い、卒業後交際し数年後に結婚しました。
地元が田舎だったこともあり、よくも悪くも噂されるのが嫌だったのでしばらく実家にはもどらず
私両親への挨拶も、父の意向で私達のいる地域へわざわざきてくれました。

結婚して数年後、祖父の法事があり前日に実家へ帰ることに。
旦那と父が盛り上がり用意していたお酒がなくなったので、酔いさましがてら旦那と一緒に近くのコンビニへ徒歩で向かった。
お酒やつまみなど買っていざ会計をしようとしたらレジ打ちがAでした。
Aも気付いたようで、すこしきまづそうでした。
その場で特に会話もなく、そこで終了しました

その後共通の友人に、私の結婚式の写真があるかと訪ねていったそう。
友人は私に許可をとってくれて、私が前撮りの写メを友人に送信した。
その写真をみて、私と結婚するのは自分(A)だと思っていたが幻想だったんだ。
と結婚指輪?をみながら愚痴っていたそうです。

色々やってやろうかと考えたこともありましたが、
幸せな姿を見せるだけで出来る復讐もあるんだなと思いました。

2018年10月12日

旦那にモラハラされていることに気が付き、目覚めた私はこっそり離婚の準備。そんな矢先、旦那の難病が判明して・・・

82 :名無しさん@おーぷん 2015/12/17(木) 13:10:52 ID:8BW
難病になった元旦那を棄てたこと。
しんどそうにしていても労おうとも思わなかったし離婚に迷いなんてなかった。
理由はどうあれ現旦那には絶対言えない。
墓場まで持っていく。

2018年10月6日

【超感動】俺には生まれる前に流れてしまった兄がいたらしい。ことあるごとに兄の事を持ち出されてうざかった俺は典型的なDQNになり・・・

553 :本当にあった怖い名無し 2010/02/01(月) 16:29:16 ID:eXQVYWj50
長い上にとりとめない話なんだが
流れ読まずに投下していいかな

2018年10月6日

俺「昔からある夢を見るんです」嫁両親「(俺)くんはタヒんだ息子の生まれ変わり!」嫁「そうなの?だったら別れて」俺「」→嫁の精神がおかしくなり・・・

54 :息子? 2013/06/13(木) 21:28:28
俺27 会社員 300万
嫁25 パート 60万 結婚2年目の小梨
賃貸アパート暮らしで借金とかは無し
親とは別居
◆離婚危機の原因の詳細
というのも義父母、特に義母が俺の事を子供の頃タヒんだ息子の生まれ変わりだと信じてるみたいで、義父も義母ほど盲目的では
ないが信じてる、で嫁としては俺が兄だとすると近親相姦になるので好きだし愛してるけど別れたいといってる。
義父母は猛反対、どうも俺との縁が切れるのがイヤらしい

2018年10月5日

中学の教育実習である生徒に懐かれ文通を開始。生徒「付き合ってください!」私「受験がうまくいったらね」→無事恋人関係になったが、信じられない事実が発覚した・・・

82 :名無しさん@おーぷん 2016/09/02(金) 13:52:42 ID:hIp
旦那と結婚するまで弟と付き合ってたこと。
気持ち悪いと思う人もいるだろうけど子供の頃親が離婚して私は父親
弟は母親について行ったんだよねってか弟はまだ生まれてなかった。
知らずに弟の中学校に教育実習に行ってなぜかめちゃくちゃなつかれて
なぜか文通。
4年間文通してて進路の相談に乗ってほしいって言われて会ってその時告白されて
受験うまく行ったらって約束で私の言ってた大学に入学後から付き合い始めた。
弟が就職決まってそろそろ結婚考えるかみたいな感じになって弟が私の父親に会いに来て
弟と発覚。
その後どうしても別れられなくて別れるふりして隠れて付き合ってきたんだけど弟の25の誕生日に
ほんとは別れたくなかったけどいい加減お互いにけじめつけようって私が言いだして話し合った。
私はもうとうに30超えてるからいいけど弟はほかの人を見つけたほうがいいと思ってた。
でもたぶん私も弟との関係につかれてるって弟は感じてたんだろうね。別れた。
弟の考えるけじめが自杀殳することだったとバカな私は気付かず。
別れた次の日に自杀殳したって連絡があった。
その後何もかもどうでもよくなって今の旦那と結婚。
なんか弟に感じが似てる。多分父親は私が旦那と結婚した理由にうすうす気づいてるんだろうと思う。
この間父と旦那が飲んだら父がタヒんだ息子にちょっと似てるって言ってたんだって。
旦那にしみじみとお父さん大事にしようねって言われてものすごい今タヒにたい気分。
旦那にも弟にも父にもなんかものすごく申し訳なくって。
墓まで持っていくのは当たり前なんだけど、いつまで生きるつもりなのかな私。

2018年10月2日

私「そろそろ結婚とか考えない?」彼氏「家計はそれぞれ別で、家事は全部キミ、子供はキミの稼ぎだけで自分一人で育てて」私「サヨナラ早く氏ね」→結果

167 :名無しさん@おーぷん 2016/09/26(月) 12:28:24 ID:yki
二十代の時付き合ってた彼氏に「そろそろ結婚とか考えない?」と訊いたら、
「結婚嫌、子供要らない、自分の稼ぎは自分に使う、でも○○(私)は料理も車の運転も上手いし別れたくない、
どうしてもというなら結婚してもいいけど、家計はそれぞれ別で、家事は全部君、子供は君の稼ぎだけで自分独りで育てて」
と言われ、
「今までありがとう。さよなら早く氏ね」と伝えて別れた。

別れたのに職場近辺に現れて「この前の冗談だよ」とかベチャベチャ話しかけてくるので、
「もう付きまとわないでほしい」と言ったら、「もう30歳目前で後無いでしょ、強気だねー」とか付きまとって言う。

困ったので、職場の後輩で、若くて可愛い系美人の彼氏募集中の子を紹介してあげた。
後輩には「私の男友達。元彼だけど別れたのはすごい前。別れた原因は私の移り気で、彼は悪くない。
彼の実家はすごいお金持ち」と伝えた。

彼の実家はお金持ちではないが、田舎の農家で土地持ちだから、土地が売れるならまあ嘘ではない。
彼も後輩がかなり気に入ったらしく、『君とは考えられなかった結婚も彼女とは考えられるかも、
この前は彼女のご両親に会った、色々もてなしてくれた』とかアドレス変えてメール来たので、
『良かったね。後輩ちゃんはすごい良い子だよ。幸せになって』と返事して再度着拒した。
その後、後輩が元彼と出来ちゃった婚約したという所までは後輩から聞いたが、その後転職したのでよく知らない。

後輩は本当に良い子。感じが良くて、オットリしてて男を立てるタイプで、熱心な信仰を持ってる。
公安に睨まれてて、被害者救済会もあるようなカルト宗教の。
後輩の両親も兄弟も親戚も入信してて、後輩も稼ぎのほとんどをお布施にして、休日はだいたい集まりに行くらしい。
私も何度か折伏されかけたが、のらくらとかわしてた。

今の元彼がどうなのか知るよしもないが、きっと案外幸せなんじゃないかと思ってる。
元彼のご両親とかだけは申し訳ないかもしれない。

2018年9月29日

彼氏がいい歳こいて中二病すぎる。コーヒー飲むと別人格が出るって何!?

361 :名無しさん@おーぷん 2016/07/20(水) 16:45:41 ID:cBb
いい年こいて鳥居をくぐると体調がおかしくなるだとか、
海に近づくとタヒにも近づく・・・。なんてこと言い出した時がスレタイ。
設定ガバガバの中二病で、普段から自己陶酔たっぷりなのが本当にキモかった。
お酒とコーヒーを飲むと別の人格が出ちゃう(笑)なんて言ってたのに、カルーアミルクをお代わりしておいしい~!って言ってたのにはワロタ。
せっかく自分にひたるんならもうちょっと細部にまでこだわってくれたらいいのに。

他にも普段から清潔アピールしてるくせに下着の前後が色付きだったりと、
言ってることとやってることがいちいち真逆でキツかった。

2018年9月27日

同居していた彼氏が趣味での遠征旅行ばかり行くようになった。ある日、食事会から帰ると遠征に行っているはずの彼氏がいて怒り狂っていた。

295 :名無しさん@おーぷん 2016/07/19(火) 13:27:24 ID:vhM
結婚を前提にお試し同居を始めると同時に元彼が金のかかる趣味にハマりWワークを始め、休みには遠征と称して泊まりででかけるようになった。
その頃は私が土日休み、元彼は平日休みでなかなか予定が合わなかった上、家にいる時間まで減ってしまって寂しかったけど
私が寂しいから趣味を辞めろというのもおかしな話なので体調にだけは気をつけてとお願いして自由にして貰っていた。
同じ時間私も趣味や資格取得に打ちこもうと思っていたある日、終業後にちょっとしたセミナーを受けて
同僚と付き合いの食事をして帰宅したら遠征に出かけたはずの元彼がいて、すんげー怒り狂っていた。
上手くまとめられなかったので箇条書きする。括弧内が私の言い分。
・主婦たる物、仕事と家事に必要な外出以外は極力せず家を守るのが役目だろうが!
・部屋が散らかっているぞ!(元彼が遠征に持っていった荷物と食べ散らかしたお菓子の袋が散乱してた)
・腹が減った!俺の飯はどうした!(帰ってくると思ってなかったから用意してない。家で食べたかったのならなぜ連絡しなかったのか)
・お前がちゃんと家にいれば連絡する必要なんてなかった!(セミナーと外食の予定は前もって言ってあった)
・家にいて旦那の帰りを待ち、旦那が暮らしやすいように尽くすのが妻だろうが!
 腹が減ったと言われてから飯を出す、喉が渇いたと言われてから茶を出すんじゃ遅いんだ!
(つか仕事と家事に必要な外出(食材の買い出しとか)以外は家にいてそうしろって何?私をなんだと思ってるの?)
・妻とはそういう物だ!
あ、これは駄目なヤツだと思ったので駅前のビジホに逃げ、そのまま同居解消、結婚の話も無しにした。
謝罪のつもりなのか元彼は、楽しみにしていた遠征が同行者の急病でおじゃんになり、つまらなくなって八つ当たりしてしまった、
お前なら許してくれるという甘えがあったって言ってたけど、そんな言葉で気持ちが戻ると思ってたところが神経分からんかった。

2018年9月23日

父が自タヒしてしまった。親戚「夫婦なんだから気付けるはずだ!!お前がコ□したんだろう!!」→理不尽に頭を押さえつけられ土下座させられる母を見て兄がブチ切れた!

313 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/07/28(金) 18:47:31 ID:V4ooFpSa.net
父親の葬式の夜が修羅場。
保証人になり父が借金を作った。母は父の作った借金を朝から晩まで仕事をして返していた。
夜間の方が時給がいいからと夜も仕事をしていつも寝不足だった。
そんな中でも夫婦仲はとても良くて父母と兄も絵が好きだったから時間を見つけては家族で絵を書いてニコニコしてた。
私が10才、兄12才の時父が自タヒした。
葬式の夜は親戚中で母親を責めた「夫婦なんだから気づけたはず!お前がこ○したんだろ!」と。
頭を抑えつけられて母は土下座させられた。
私は大人達の怒鳴り声が怖くて一歩も動けなかった。
母は土下座しながら「子供達を休ませてあげて。私ちゃん、お兄ちゃんをつれて別の部屋に行って」と言った。
あぁ、兄は私より気が弱いからお母さん私に言っただんだなっと思った瞬間、
兄がテーブルの上の食べものを勢いよく手で払った。刺身がふっとんだのを今でも覚えてる。そしてテーブルをひっくり返そうとしたけどできずにテーブルを部屋の隅まで勢いよく蹴飛ばし親戚に座布団を投げつけた。
「お前らふざけるな!何も知らないくせに好き勝手いいやがって!
ばあちゃん!お前の息子の借金返してたの誰だ!そこでお前が土下座させてる人だよ!父さんがタヒんだのは母さんのせいじゃない!お前ら全員出て行け!」

普段おとなしくて頼りない兄が親戚中を怒鳴りつけてみんな帰って行った。
ドアがしまった瞬間、堰を切ったように3人抱きあって泣いた。兄は足ガクガクで肩も震えていた。
大人になった今でも兄が怒ったところを見たのはその1回だけ。
暗い話でごめんなさい。

2018年9月21日

【閲覧注意】高校生の時に彼氏の子を妊娠した。彼氏「どうするの?親に言えないよ」私「(コイツの子を産むなんて絶対イヤ)」 → 結果・・・

604 :名無しさん@おーぷん 2016/03/19(土) 03:24:26 ID:OYq
高校の時に付き合っていた彼氏の子供を妊娠。

進路も決まっていたし、今子供を産んで育てるなんて
無理だと思った。
お互いの親も厳しくて、特に私の母親(母子家庭)には
虐待?モラハラ?をうけていたために、
そんな恐ろしい相手に言い出す事なんて絶対に出来なかった。
彼には「どうするの」「どうするの」と言われ続けて
私だってどうしたらいいかわからないと思いながら、
段々と気持ちはさめていった
醒めていくにつれて、こんな相手との子供を
産むなんて絶対に嫌だという気持ちが強くなっていった

誰にも言えないままどんどん時間は過ぎて、
お腹が膨らんで動いていても怖くて触れなかった。
誰かが近くにいるときは常にお腹に力を入れて凹ませて
過ごしていた。
いつか誰かに気付かれるんじゃないかと思っていた。
気付いて欲しかった。
不思議と親にも彼にも気付かれなかった。
どうにかして流産しないものかと色々試した。
学校は春休みになって進学先へ行って夏休みになった
そろそろ産まれるんだろうな、と思っていた。

夜中にその時はきて、どれぐらいしたら産まれるのか
これがいつまで続くのかわからないまま
朝になって昼になって夜になって
私は普段から休みの日は夕方近くまで寝ていたために
親も不信に思わなかったらしい。
そのうち出掛けていった。

産んだのは、家のトイレ。
産声を聞いた瞬間に、反射的に首を絞めていた。
首を絞めたまま風呂場へ行き、はさみでへその緒を切った。
もう手を離しても動かなかった。
血がたくさん出て、しばらくその場に倒れ込んでいた。
いつ親が帰ってくるかわからなかったから、
はやくこの血だらけの状態を何とかしなくてはと思い
朦朧としながら床を拭いた。
自分の部屋に帰り、産まれた子の冷たくなった
身体を丁寧に拭いた。丁寧に丁寧に拭いた。
ようやく抱きしめて、泣いた。