カテゴリ:いじめ
2017年6月24日

入社して数年感は女3人にいじめられてた→数年たった飲み会で同僚が『もしかしていじめられてた?』私『まぁそんな事もありましたね』上司『もっと話がききたい!』結果→イジメ女。上司の奥さんでしたww奥『(私を)杀殳しとけばよかった!!』

836 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/06/07(水) 12:48:47 ID:M4XWpcJw.net
入社して数年、3名の歳上女性から結構な嫌がらせを受けていた。
嫌がらせは小学生レベルから犯罪レベルまであり、修羅場もあったけど取りあえず今回は最近あった修羅場を。

部署での飲み会で、私が入社した時の話になり、先輩から「私さん、あの3人が退職してからすごく変わったよねー。実はいじめられてた?」
と言われ、「まぁ、そんなこともあったかもー」くらいで流した。
が、それを聞いていた上司が「いじめについて聞きたい、ちゃんと聞きたい」と言い出したので犯罪レベルのことは伏せて少し話した。
もう、上司は激おこ!そして私に平謝り。
実は3人のうちの1人は上司の奥さん。
私は「10年も前の話ですし、もうそんなこともあったなーくらいだからそんな謝られても困ります」と言ったのに
上司は「いや、謝らせる!」と言って奥さん召喚。
10年ぶりに見たその人はヒールレスラーみたいになっていた。
私がいて上司の怒り様になんとなく状況を察知したのか「私は悪くない!他の2人が主導でやってたのを見ていただけ!!」などと急に騒ぎ出した。
いじめとかなにも言ってないのにそう騒いでしまったがために夫婦喧嘩勃発。
奥さんは10年間猫をかぶっていたらしく、喧嘩時の奥さんのDQNぶりに上司唖然。
その場にいた人達は『10年もよく演技してこれたな…てか上司鈍すぎ…』などと思いながら傍観。
しかも、上司は「私さんのこと、いいなと思っていた!」とか叫び奥さんは「雰囲気でわかってた!だからこいつ(私)をいじめたんだ!杀殳しとけばよかった!」と叫び出しびっくり。
楽しい楽しい飲み会がこんなことになるなんて…

その後上司は調停の末離婚、親権は上司が取ってシングルファザーになっている。
仕返しするつもりはなかったのに幸せな家庭を壊してしまったことが修羅場でした。

2017年6月13日

母親をいじめるママ友を許さない!!復讐するには何が効くのかな??→ママ友が自○するぐらい凄い事をしたい・・・

875 :名無しさん@HOME 2016/10/25(火) 21:39:56.68 0.net
中2です
母親がママ友イジメに遭っててすごくムカつくんですけど、仕返しは何が有効ですか

・相手の子供を避ける
・理由を聞かれたら「お前のカーチャンがウチの母親の悪口言いふらしてるから。クソ親だな」という
・周囲に聞かれたら「アイツんちのBBAがうちの親の悪口広めててムカつく」と正直に言う

先週やったのはここまでです
結構家が近いんだけど、日曜日の夜ソイツが暴れてBBAの化粧品を二階の窓から
投げ捨ててBBAは泣き叫ぶ、という騒ぎになったのでいい気味

2017年6月1日

水泳部の私、髪の毛の色がぬけやすくて茶髪に、、生徒指導の先生から『部活を言い訳に染めてるな!』と2人がかりで泣かされた→祖父が話を聞いてくれて『よし、ワシが行こう』と一緒に学校へ、結果・・・校長&生徒指導の先生2人がwwじ、爺ちゃん

469 :名無しさん@おーぷん
祖父に助けて貰った話。
うちの高校、校則が厳しくてスカート膝下10cm以上とか髪型は三つ編みやショートなど指定のもののみ、当然染めたりなんかはダメ、みたいな感じで私たちからしたら時代遅れと感じる校則が沢山残っているところでした。
私は水泳部だったんだけど、水泳って毎日してると髪の色が抜けて茶髪になってくる。
中でも私は髪の色が変わりやすかったので、部を言い訳に髪を染めてる!と生活指導の先生に指摘された。
生活指導の先生は2人いるんだけど両方体育教師で、体育教員室に呼ばれるとその2人に30分以上毎回怒られた。
何度も説明したし美容師さんにも髪色が抜けやすいっていう話を紙に書いて貰って提出したんだけど全く効果なくて、髪を引っ張られて何度も泣かされた。
担任の先生に相談するも生活指導の先生2人にはゴニョゴニョ…と。
そして辛くなって親に相談し、父が校長へ抗議しよう、となったときに同居の祖父が「おじいちゃんが明日行くからちょっと待ってなさい」と言ってなぜか祖父が来ることになりました。

2017年5月26日

子供にも相性はあると思うけど、幼稚園から『もはやイジメに近いので家庭で指導して欲しい』って手紙をもらった幼稚園児にどう指導すればいいんだ

823 :名無しの心子知らず@\(^o^)/ 2016/05/30(月) 14:54:05.04 ID:GN9+x6wR.net
バス停が同じAちゃんとBちゃん。
Aちゃんはうちの子と同じ年中で、上の子の学年も一緒、家族ぐるみで仲良くさせて貰ってて、子供同士の中もいい。
Bちゃんは年少だけど小さい頃から知ってはいて、発達早めの優等生タイプというか、凄くしっかりしていて誰とでも仲良くなれる。
末っ子で甘えん坊、ちょっと気難しいうちの子にとってBちゃんみたいなタイプは苦手らしく、Aちゃんとうちの子の間にBちゃんが入ってくるのを凄く嫌がる。
先週からBちゃんがバスに乗ってこなくて、風邪でもこじらせたのかと思っていたら、今日うちの子が先生から手紙を貰ってきた。
Bちゃん、どうやらうちの子と同じバスには乗りたくない!!意地悪されるから!!となっていたらしく、でも幼稚園に着けば他のお友達もいるから大丈夫だと、とりあえずしばらくは送迎することになったそう。
で、バスに乗らなくなったら今度は幼稚園で自由遊びの時間にうちの子がBちゃんに意地悪するようになったと。
背中を向けて絶対入れないようにする、それでも入ってきたら「みんなあっち行こう!」
と置いていく、酷い時は突き飛ばしたりすると。
先生もBちゃんママも、子供同士のことなので基本的には見守る、という事になっていたらしいが、Bちゃんだけにピンポイントでそういう事を繰り返すのは、もはやイジメに近い、家庭での指導をお願いすり、といった内容だった。
子供に何と教えればいいんだろう。
うちみたいな引っ込み思案はBちゃんみたいなハキハキしたタイプが苦手だし、Aちゃんママも「年中さんは年中さん同士っていうプライドがあるよね〜」とさりげなくフォローしてくれてるのに、BちゃんママはBちゃんがこっちに入ってくるのを止めようとしないし、
なんていうか子供に「みんなと仲良くしなさい」ってのも違う気がする。
子供同士にも合う、合わないはあるんだから、同じバス停ってだけでBちゃんと仲良くしなきゃいけない理由はない。
むしろBちゃんママが、「誰にでもガンガンいくべきではない」と教える機会だとも思う。「うちの子は、みんなに歓迎されて然るべき」とでも思ってるんだろうか。
とりあえず「相性が悪くても、あまりあからさまなことはしないように」って言えばいいのかな?
大体家族ぐるみで付き合ってる子の中にガンガン入ってきて「仲間外れにされた」とか何なんだよもう。

2017年5月18日

モラハラ夫に『金食い虫、ガタイいいな』など暴言を吐かれてた→家に同僚を連れてきて私を襲わせた!私『どりゃー』金ケリでフルボッコ。もちろん夫共々にwwおかげで立場逆転

27 :名無しさん@おーぷん
もう別れたけど、元夫にずっとモラハラされてた
専業だったんで「金喰い虫」「寄生虫」「金が欲しいなら○○しろ」
スポーツやってたせいで「ごつい」「ほんとに女か」「××の奥さん見習え」
妹は逆に女らしい外見・趣味だったんで「あっちもらっとけばよかった」「裸の写真でも撮ってこい」
突然夫の同僚家についれてきて「なんの用意もないのか」「酒・つまみ買ってこい」「気が利かない」

ずっと耐えてたけど、ある時酔った元夫が「同僚にご奉仕させてもらってお情けいただけ」
拒んだら、同じく酔った同僚が襲いかかってきた
元夫はコップ持って笑うだけ
それで抵抗した
鼻を折られて金蹴り喰らった股間をかばってうずくまる同僚を、ビシビシ蹴り続けた
夫はと見ると唇腫らしてひんまがった眼鏡をかけたまま正座してた

もう超スッキリwww

何をしようとしたか、全部喋らせて録音、二人で殴りあったことにして同僚は家に帰した
元夫は「病院に連れてってくれ」って言ったけど、「馬鹿かお前」と言うと「ごめんなさい」w
鏡見たら私も何発か殴られてて顔が腫れてた

それから1年余り、元夫を暴力で支配した
私より背が低くてヒョロガリ眼鏡の元夫、どうやったって私に勝てるはずもない
それは元夫も、よーく分かったみたいだった
結婚して3年足らず、ずっとモラハラの餌食だったその恨みを晴らしまくった
主に竹刀と蹴りで

面白くてたまらなかったけど、ふと我に返って、楽しかった交際期間を思い出した
それで悲しくなって離婚した、一応、円満に

元夫はそれまではなんとか会社勤め続けてたけど、なぜか離婚した途端、精神を病んで離職したらしい
元義両親から連絡があったけど、もう他人なのでと伝えて電話を切った

今は自分でお金を稼げる仕事とモノ言わぬ盆栽の世話を楽しんでる
結婚はもうしないだろうな・・・

2017年5月17日

小5の娘がスキー合宿に行った時に、猛吹雪で転倒し動けないのに先生が助けてくれない→その後も『泣き虫ちゃ~ん』と悪態つく始末(怒)なめとんのかぁ~

157 :名無しさん@おーぷん
小学五年生の娘が行ったスキー合宿での先生がスレタイ
猛吹雪の中で雪山で転んで動けなくなったところを放置された。
大泣きしながら上級コースの先生に助けてもらって下まで下ったらその場では平謝り。
その後帰るまで「泣き虫ちゃーん」だの「誰かさんみたいに泣かないでね?(チラチラ娘を見つつ)」をしたと娘に訴えられた。(勿論然るべき対応済)
頭おかしいと思う

2017年5月15日

隣の女の子から壮絶ないじめにあってた当時私は3歳ぐらい・・突き落とされたり知らない道で放置されたり、暴言吐かれたり。能面のような女の子だった・・・大人になりその能面の理由がわかり衝撃

571 :名無しさん@おーぷん
私が5歳の頃まで祖父母が健在
その祖父母の家の隣に住んでた家族に女、女、男の三姉弟がいた
私の記憶には上の姉妹しかいなかったんだけど、その姉妹の妹のほうに執拗にいじめられていた
もう20年は前の記憶だからほんとうに曖昧なんだけど、妹は私より年上で、とても綺麗な能面のような表情が張り付いていた
彼女はまだ3歳かそこらの私を遊びに誘っては、私がタヒんでもおかしくないようなことを繰り返した
ジャングルジムのてっぺんに登らせて両手を離して立たせたり(鉄にぶつかりながら落ちた)
鉄棒の上に立てと言われたり(顔面から落ちた)
滑り台の上から飛び降りろと言ったり(突き落とされた)
知らない道に連れて行って放置したり(教会の十字架を目印に帰ってこれた)
漕いだブランコから飛び降りろと言ったり(頭かち割れて大流血した)
すべて両親共働きで祖母に預けられている間のこと
妹の方はなぜか周りからイイ子として扱われており、私がこんな大怪我をしても誰もそいつが犯人だとは思わなかった
私は怪我をさせられるたびこっぴどく周りから叱られることが続いた
妹のほうがやったと言っても、叱られたくなくて人のせいにしてると思われてた
今でも当時負った傷の跡が残っている
相当ひどい怪我だった
心の中では「なんであの根性悪の妹を大人たちは可愛がるの」と思いながら、常に妹の方に恐怖していた

大人になり、ふとその時の話を思い出して母にした
すると私の知らない真相を母が知っており、母の知らない真相(上記)を私が知っていることが判明

母によると、私が恐怖し恐れていた妹は「全く笑うことのできない」子供だった
原因は母親の愛情不足
顔の表情が一切変わらなくなったことも、母親は幼稚園の先生に指摘されるまで気づかないほど放置されていた
表情が消えてから数年経っても改善しなかった
しかも妹のほうは大人の前ではまるで気弱で内気な女の子のように、物陰に隠れ、一言も発せず、大人の言うことに小さく首を動かすことしかしなかったそうだ
大人からはとてもか弱く儚い少女に見えていた
私の知っている人物像とはまるで違う
私の知る妹は、能面の顔で残酷なことを告げ、多弁で罵り、従わなければ暴力、時に崖から突き落とすような真似を簡単にする人だった

母には「なんでその時言わなかったの」と言われたが、まだその時私は3歳か4歳
弁の立つ年上の妹の言い分は私の言い分より理路整然としていて説得力があり、泣きじゃくりうまく喋れない私が真実を話す前に周りの大人たちは妹の言うことから偽の事実を予想しそれを信じ込んだ
「遊びたくないといえばいいじゃない」と言われたが、面倒見のいい優しい妹と評判だった彼女の遊びの誘いを断るのは子供の立場からして辛いものがあった
子供は扱える言葉数が少ない分、自分でも不思議なくらい空気を読む
残酷な妹が面倒見のいい女の子、私が手のかかるグズな子と大人が見ていれば、私は大人の当てはめた役を演じるほかなかった
私が大人の作った役から外れれば、大人が困るということを3歳にしてなんとなく理解していた
大好きな祖父母も母も困らせたくはなかった

今思えば妹にとって私は唯一のストレス発散の相手だったのかもしれない
母によると、私が幼稚園に行ける年齢となり、遊ばなくなってから、より症状が悪化したようだ
本当は私が週に一回も母に会えず、夜に寂しくて泣いていることも知らず
母と私が楽しく縁側で談笑している姿を見ては、私に嫉妬してか、私を遊びに誘い、母の目がなくなった隙に大怪我をさせられていた

私は妹から執拗にいじめられていた理由が分かったし、母は私がなぜこうも大怪我を繰り返していたのかの真相が判明したが、お互い残ったのはその妹がどうなったのかという心のシコリだけだった
母も私も忘れたままでいたほうがよかったのかもしれない

2017年5月12日

義兄が結婚する事になり紹介してくれた女の子な見覚えが・・・『あっ、』高校時代に私をストーカーしてた男の妹だ→なんでどうしてこの子を選ぶの

766 :名無しさん@HOME 2014/10/09(木) 15:52:05.73 0.net
義兄から紹介された結婚相手、私が高校一年生の頃にストーカー被害に遭った
男子生徒の妹だった。
私が何かのキャラクターに似ているという理由で追いかけ回し、友人や先生が
止めてくれたが効果が無く、付きまといが女子トイレにも及んだので親に相談。
担当教師と一緒に相手の親に話に行ってくれて、ようやくストーカー行為は
止まった。彼が自さつしたから。
私だけでなく、彼に色々言ってくれた友人達にも後味の悪い経験だった。
義兄嫁は、兄のストーカーの件は知らず、中学時代に人気者だった兄が
高校に入学してから段々と元気がなくなり、ある日知らない人達が家に来て、
母と兄に訴えると脅したと思ったら、その日のうちに兄が自さつした。
あの人達のせいで人気者だった兄が自さつしたんだ、という事になってた。
私が離婚しなければ絶対に結婚しないと言い張ったけど、既に妊娠してたので
私達夫婦とは交流しないという条件で結婚したらしい。
義兄嫁の母親は私の事を覚えてて、兄の一方的なストーカー行為だった事を
話してくれたらしいけど、やはり顔を見ると辛くなる、と言う事で、未だに
交流無し。
なんでよりによってあの人と結婚したの?と義兄に言いたいけど、義兄嫁も
同じ様な事を考えてるだろうなぁ。

2017年4月24日

ウトメが嫌すぎて自○まで考えた・・・旦那は『聞き流せ』という。耐えて耐えてウトメもトメも居なくなった→悲しい感情がないwww嬉しすぎる。旦那は号泣だけどねwワラ

180 :名無しさん@おーぷん
ウトが逝って15年、トメが逝って3年経った。
私はウトメから逃れるために自さつしようと思った事もあった。
夫は、「気にしなければ良い」「そんなんだと、お前は世の中の
どんな義父母ともやっていけない」「言いたいだけ言わせて、
お前は聞き流せば良い」と言うだけ。

待って待って25年、最後に残ったトメが逝った。夫は号泣してた。
その直後は、私は嬉しくもなく、もちろん悲しくもなく、ただただ
終わったなあとしか感じなかった。

この頃、しみじみとウトメが居なくなって嬉しいと感じる。
私は人間として腐っているのだろうが、折に触れてしみじみと嬉しい。
今となれば、ああも言い返せた、あんな事も仕返しできたと無念に思うが、
もう、どうでも良い。

彼らは居ないのだ。墓!墓!とか跡継ぎ!とか喚いていたが、全部彼らの
希望通りになっていない。「折に触れて兄弟で集まって親を偲べ」などと
言っていたが、夫の兄弟には2年前に会ったきり。

彼らはタヒんでもう居ない。さまざまな嫌な思い出を思い出す度に、
盆と正月が来る度に、しみじみと喜びを感じる。
ウトメはタヒんでもう居ない!\(^-^)/


 

2017年4月22日

俺の友人Aの父と俺の父が同級生だった。A父がよく家に来るようになったA父『お前の腕より若い腕がいいよな~』と、母は真相をしると、逃げるように離婚した・・・若い腕って、、まさか

958 :名無しさん@おーぷん
俺が小学生の時。運動会に両親が来た。
クラスメイトの親に俺の親が挨拶していると、クラスメイトAの父親と俺の父親がお互い「あ」という顔をした。
父親同士が中学時代のクラスメイトだった。
その日から、A父がちょくちょく家に来るようになった。
夕飯時に来て、親父とビール飲んでちょっとつまんで帰っていく感じ。
A父は片腕が不自由だった。ちょっと特徴ある障害だからここは省略する。
ある時A父が、どういう話の流れか親父に向かって
「今さらお前の腕なんかもらってもな〜、もっと若いのがいいよ」
と言った。
そしてA父は俺に向かって「×年×月×日の新聞見てみな」と言った。
俺はその日付を何となくノートの端っこにメモって、すぐ忘れた。
そんな昔の新聞見れネーヨと思ったし。
それからしばらく経って、母がA父の来訪を快く思ってないのを知った。
俺はあの日のことを思い出し、日付のメモを母に見せた。
そこから怒涛のように色々起きて、両親が離婚して俺は母実家に引っ越した。

察しのいい人はとっくにわかるだろうが
A父の怪我は俺父のせいだった。
親父と数人がA父をいじめていて、いじめがエスカレートした末の事故だったらしい。
例の日付の記事にはいじめと書いてなくて、中学校の名が載っていただけで
「転落、重傷」といったことしか書かれてなかった。
昔の記事は図書館で観れるんだな。母がまず当時に閲覧して、俺は大人になってから見た。
しかし記事はそれだけでも地元の人はみんな事情を知っていたそうで
父実家の周囲で少し聞きこんだらすぐ色々わかったらしい。
んでA父の「今さらお前の腕なんかもらってもな〜、もっと若いのがいいよ」発言で
母は「若いのって…息子(俺)が復讐のターゲットにされるのでは」
と恐れおののき、急いで離婚して逃げたというのが真相だった。

父とは高校くらいまで定期的に会ってたが今は音信不通に近い。
再婚したらしいし。
あの頃は色々麻痺していて真相を聞かされても「へー」位だったが
大学生の時、部屋で寝ていて忽然と「うわ怖ぇっ」と思った。
A父がいつ俺や母に何をしてもおかしくなかったんだよな、あの状況…