カテゴリ:いい話
2019年11月12日

昨夜、夫から「一緒にいてくれてありがとう、これからも一緒にいてね」と言われて、夫が寝てからちょっと泣いた。私と結婚するまで、クソウトメに搾取され続けてた夫は今・・・

418 :名無しさん@おーぷん 2015/10/15(木) 16:04:37 ID:SAs
旦那に昨夜
「一緒にいてくれてありがとう、これからも一緒にいてね」って言われて「万が一嫌だと言われても一緒にいる、嫁と家は逃げないから大丈夫!」と言って旦那が寝てからちょっと泣いてしまった

糞ウトメに金稼ぎマシーン扱いされて付き合い出した頃は心がタヒんでたのかずっと無表情だった
私と結婚するまでお疲れ様の一言も言われずもっと働けと言われ続けてたらしい

長生きして欲しいから献立や塩分量も気をつけて激務で疲れた身体をマッサージしたり出来る事はやってる
糞ウトメを恨む気力も勿体ない
旦那が気を緩めて笑ってくれて最近笑い皺が出来て本当に嬉しい
旦那のいない世界は考えたくないから長生きして欲しい

2019年9月20日

嫁に「こんな食材があるけどAとBどっちが食べたい?」と聞かれるだけで幸せ。俺母がメシマズとダラのコンボだったから、待たされた挙句俺の食うメシといえばいつも・・・

10 :名無しさん@お腹いっぱい。 2012/07/15(日) 10:02:41
大したことじゃないんだが、
「こんな食材があるけどAとBどっちが食べたい?」と聞かれる時
うちは母がメシマズとダラのコンボで、いつもすごく待たされて
やっと出てきたごった煮を黙ってかきこんでおしまい、という食事だったから
嫁の作るきちんとした食事がすごく嬉しい

一昨日、テレビでみた冷たい茶碗蒸しが美味しそうだな~と何気なく言ったら
昨日の夕食に冷たい茶碗蒸しが出てきた
今朝は「最近あんまりご飯が進まないみたいだから」といって
紫蘇とゴマの混ぜご飯が出てきた
結婚してから、夕食はなんだろうな~と考えるようになった
俺の胃袋は完全に嫁に支配されてる
幸せ

2019年9月13日

母は私を連れて離婚。世間体を気にする母の親族からは絶縁された→15歳の冬、母が入院することになり、母の従兄弟の男性宅へ一時預けられることになった→そして男性に一つ質問された…

18 :名無しさん@おーぷん 2018/09/07(金) 01:38:40 ID:po9
私の実父は昔碌でもないことを仕出かし、母は私を連れて離婚
しかし母方の親戚は世間体をものすごく重視するので、母と私は親族から絶縁された
母の親族は皆子どもたちを迷わず私立の学校に入れるくらいには裕福らしく、私の従兄弟たちは皆、お嬢様やお坊っちゃんばかり
生活保護ギリギリの私はかなりバカにされながら育った

15歳の高校一年生の冬、母が倒れて入院することになった
貧しい私達が住む団地は訳有の人がそれなりにいて、全12世帯が入ってるんだけど、知的障/害者の人たちがやけに多かった
そのうち知的障/害の子供三人抱えた老夫婦のところの長男(40過ぎ)がかなり色キチ
私は1人で大丈夫だと言いはったんだけど、母の従兄弟だったか、独身男性.の家に預けられることとなった
母の親戚だけあって、その男性.の家は屋敷と言えるほどの大きさだった
男性.は母より10歳は上で、寡黙で、私も元々寡黙だったから会話はほぼ無し、挨拶だけの毎日
私が食事の度に手を合わせていただきます、ごちそうさま、と言うと、無言で頷いていたのをよく覚えている
通いの家政婦さんとの方が100倍くらい話してたと思う
私は朝6時に家を出て、帰るのが20時過ぎ、寝るのが23時、土曜日も学校があったので、預け先でゆっくりできたのは日曜日だけ
それでも日曜日は宿題やテスト勉強に忙しく、与えられた部屋にこもっているか、気分転換にテラスで延々と英語のCDを聞いて発音や構文を詰め込んでた
母は2週間ちょっとで退院できることとなった
退院の日が近づいた時、男性.が変なことを聞いてきた
「この家の中にあるもので何でも一つ与えると言ったら何が欲しい」
なんかそんなことを言われた
断ろうと思ったけど、何か断り難い、硬い空気で、わたしはおずおずと、辞書を探すために入った書庫で見つけた一冊の絵本をあげた
海外の絵本で何が書いてあるのかわからなかったけど、絵が綺麗で一目惚れしたものだった
油絵で描かれていて、夜景が描かれた絵の青と紺の色合いが鮮やかで、絵本のあるところだけ違う世界が広がっているようだった
そんなことを辿々しく説明していると、男性.がその本を私に差し出した
だけど私の家は本当にボロくて、そんなきれいな絵本を持って帰っても、傷めてしまうと思った
それに書庫の雰囲気はその絵本の魅力を引き立たせていると感じた
だからそれも伝えて辞退した
その時男性.と色々と話したんだけど、私は本が好きだけど、本は高いから買えないこと
小・中と学校に図書室がなく、図書館も遠くて、2週間に1回くる移動図書が楽しみだったこと
高校には図書室があるけど、勉強が忙しくてあまり読めないこと
アルバイトで好きな作家の本を買ったけど、家に本の置き場所が無いこと
いつか父の作った借金を返し終え、引っ越すことができたなら、小さな書庫を持って、そこに好きな本を少しずつ貯めていきたいことを話した
それが私の目下の生きる意味で目的だとも
日記を見返すまで忘れてたほどの遠い記憶

そんな会話をしてから15年、男性.が遺書で私にあの屋敷と本を残すとの遺言を残して逝ってしまわれた
母方の親族とは一切交流がなかったが、やいのやいのと騒いでくる
だけど現実味がなくて、なんだか夢を見てるみたいで、今でもフワフワしてる
屋敷を見に行ったけど、中はもう殆ど空っぽで、書庫だけが当時のままだった
男性.は私が好きだと言った絵本のページを開いて書庫の机に置いて眺めていたらしく
ライトのせいか、そのページだけ、記憶より少し色あせていた

男性.が逝ってしまわれたことも全然実感がわかないけど、あの書庫と屋敷があなたのものだと言われたのはもっと現実味がない
ひとまず専門家を挟まないと何がなんだかわからないので、今はあえて考えないようにしている
たった2週間と少しお世話になった男性.が、なぜ私に残そうと思ったのか
可能ならば男性.にもう一度会ってじっくり話したかった

2019年9月2日

幼稚園ぐらいの娘さん「おにぎりおいしかったね!」お疲れ気味なお母さん「ふーんそう…」娘「お母さんのおにぎりがいちばん好き!お母さんはもっと好き!」母「…!」→その結果

988 :なごみ 2012/05/13(日) 20:19:49 ID:+9RsI8Bn0
同じ方向で前を歩いてた親子の会話
幼稚園くらいの娘さんと、お母さんちょっとお疲れモード
娘さんは幼稚園の話を元気に話してたけど、お母さんは生返事ばっかりで
ちょっと娘さんが可哀想だなって思ってた。
それで少し会話が途切れた後に、娘さんが大きな声で言った

娘「おにぎりおいしかったね!」
母「おにぎり?」
娘「うん!おべんとうのおにぎりね、すっごくおいしかったの!」
母「え……あぁ、そうなの……」(( ´_ゝ`)フーンって感じ)
娘「○○ね、お母さんのおにぎりがいちばん好きなの!」
母「……」(ハッって感じでちょっと固まってた)
娘「今日のおにぎりも、とーってもおいしかった!お母さんのおにぎりがいちばんおいしいんだよ!
○○ね、お母さんのおにぎりだーい好き!」
母「じゃ……じゃあ、また作ってあげるね」(狼狽えてる)
娘「ほんと?!やったー!○○、お母さんのおにぎり大好きだけど、
お母さんはもっともっと大好き!!」
母「お母さんも○○ちゃん、大好きだよ」(涙声)

最後は二人でニコニコしながら、繋いだ手を揺らしながら歩いていった
娘さんよかったね~~って心の中で喜んでしまった

2019年6月21日

いい感じのレストランだなーと何気なく入ったら超高級店だった!バックパッカー丸出しの自分「しょ食事できますか…?」店員「どうぞこちらへ^^」→夢のような経験に・・・!

461 :なご ◆g0A3JSu6AE 2008/03/29(土) 00:30:48 ID:LZ5cLx4M0
他のとこから見つけたやつだけど。

—————————————————-

先日、定食屋だと思って入ったら、一番安い料理でも3千円はする高級和食店だった。
悩んだ挙句、顔を真っ赤にしながら正直に「予算が足りないので失礼します」と伝えたら、
店主は状況を察して「ご予算はいかほどでしょう?」と言い返してきた。
顔から火が出そうになりながら「千円では無理ですよね?」と言ったら、
笑顔で「天丼はいかがでしょう?」と勧めてくれて、余った高級食材らしきものを
集めてかき揚げ丼を作ってもらった。感動して泣きそうになった。
本当の高級店とはこういう店をいうんだなとしみじみ感じた。

2019年5月30日

職場の同期が新人に告白され、俺「可愛い子だし付き合えばよかったのに」と言ったら、同期「人間界に来たての妖精みたいでヤダ」俺「?!」→2年後、結婚したそいつの相手がなんと…

834 :名無しさん@おーぷん 2015/08/07(金) 21:02:16 ID:yh6
個人的にすごく感心した思い出書く。
職場の同期入社の男が新人の教育係になったんだけど、その子から告白されて断ったって噂になった。
昼休みになんとなくその話を振ったら、告白されたことも事実だし、振ったのも事実とのこと。かわいい子だし付き合えば良かったのにって言ったけど、ああいう子は嫌って言われた。
「入社して半年経たない内に社内恋愛しようとするのも嫌だし、今30で意味深刻な年齢だし、軽はずみなことはできない」
て、最初はそんな感じの言い分だったんだけど、その後のボロクソ言いっぷりがひどかった。
「あの子ちっちゃい弁当に温野菜とかいっぱい入ってそうでヤダ(茶色いドカベンが好みらしい)」とか、
「休日にカップケーキ焼いてそうでヤダ(お菓子は素人の手作りより買ったほうが美味いって言い分だった)」とか言いはじめて、
最終的には「人間界に来たての妖精みたいでヤダ」「花の蜜とか吸ってそうでヤダ」とかただの言いがかりじゃねえかみたいな感じになった。
まあ生活感がないからノーサンキューってことなんだろうな、って思ったけども、そこまで言わなくてもって当時は感じた。

そっから2年後くらいに同期は結婚したんだけど、「嫁さんがまったく女っぽくなくて最高」って言ってた。
お金にしっかりしてるし、なによりお互いにビシビシ文句言い合えるのが良いんだってさ。
結婚して5年経つけど子供も出来て幸せそうだよ。
で、新人だった子は去年社内不倫の末に慰謝料で火達磨になって退職していった。
ああいうのが見る目があるっていうのかなぁ、ってふと思った。偏見が上手く作用しただけかも知れない。

2019年5月28日

職場の飲み会で大卒の同期Aが、N係長に高卒sageをグチグチ→N係長「A、言ってなかったけど俺も高卒だぞ」A「えっ・・・」N係長「じゃあ言わせてもらうけど」→その結果

513 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/02/09(火) 23:34:53 ID:Ju5O03sv.net
職場でスカッとした話。長文&乱文で申し訳ない。

俺高卒で今の会社に就職して半年。
自分で言うのも何だがそこそこ大きな会社で従業員数も多く、係長になるのは平均して35くらい、キャリア組は別として、生え抜きで30くらいで係長になる人はかなり優秀らしい。  
ちなみに同期が50人近く、そのうちの一人、以下Aとするが、同じ部署にいる。
Aは大卒で4つ上、キャリア志望だったみたいだがそっちには引っかからず、通常採用された人。
世渡り上手な人ではあってそこそこ部署内での人気も高い。
俺はというと要領悪いしいっぱいいっぱいで、まぁAに比べれば全然。
よって、何かある毎にAにだめ出しされ(断っておくがダメだしされる内容自体は俺に非がある)、最後にはこれだから高卒はダメなんだ、今の時代、大学でてないと戦力にはなれない、が口癖。  
俺とAの共通の上司でN係長(30歳)って人がいる。
29歳で係長に昇進した人で上からの信頼も厚く、それこそ40とか50とかの人たちからも意見求められたり相談受けてるバリバリの人。
だからといって、俺様とかそんなのはなくてすごい気さくな人で尊敬している。
なんだけど、AはもうN係長信者かってくらい持ち上げる。
29で係長になる人の下で働けるなんて光栄、持ってるもの全て吸収します!みたいな感じでN係長自身もAに好感抱いてる感じだった。俺は日々お説教。。。(諭されてる、って意味)  
まぁそんな感じ。

で、先日の飲み会。N係長は子供さんがずっと入院しており、一緒に飲むのは今回が初めてだった。
当然未成年で俺は飲めないわけだが、酒の入ったAがいつものだめ出しをしてきた。
別に喧嘩腰ってわけでもないので回りも静観。当然N係長も。
で、お決まりの高卒に関してグチグチいってきたとき、気さくなN係長が切れた。  

2019年4月25日

母が要介護になったら、兄嫁「子供いるし面倒見れない!実親の介護はあなたの仕事!」私「はいはい(この際リフォームだな)」→実家をバリアフリー&住み込みヘルパーさんを手配したら

67 :名無しさん@おーぷん 2016/07/08(金) 01:25:20 ID:D8X
さっきまでうたた寝してて、今目が覚めてしまったので今日むかついた話する。


私は高齢独身女、兄が一人いる。兄は既婚者で、私は昔からこの兄嫁によくdisられていた。
私がいつまで経っても結婚しないので、老後にうちの子供達に迷惑かけないでね!とのことらしい。
お金は貯めて自分のことはなんとかしますから大丈夫ですよ、っていうんだけど、そうはいっても
わからないでしょ! まったく結婚も出来ない女の人はこれだから、性.格に問題があるのよね
とかなんとか。
そもそも兄もあまりいい兄じゃなかったので、兄を糸交めてもどうにもならないし、ごめんなさいねえ、と
適当に流してた。
私は実家に住んでて、そこから仕事に行っているんだが、この前から母親が要介護になった。
兄嫁は、親の介護を私に押しつけたいらしく、聞いてもないのに、母が要介護になったというと、
「私たちは子供がいるし面倒見れませんから!!!!」とか叫んでた。
おまえ独身で実家にすんでるんだから親の介護はおまえの仕事だろ、結婚もしなくて、孫の顔も見せられない
親不孝な娘なんだからそのくらいしろ、とか兄にも言われた。
私も昼働いてるからいつも介護できないし、病院に入れるのもありなんだろうが、本人は家にいたそうだったので、
これを機に実家をバリアフリーに建て替えた。

ちなみに兄夫婦には、家をちょっとリフォームして車いすでも歩き回れるように変えるから、とかしか
言ってなかった。なんか母親の介護話はとにかく聞きたくないみたいだったので言わなかった。
たぶん聞かされて、自分たちに負担が回ってくるのがいやだったんだと思う。
ぼっろい家だったから、ついでに広くして、私の趣味の部屋も増やして、収納とかもいろいろ作った。
親は、もうおまえが建てた家だから、ってことで権利は私に移った。
母親は車いすで家をうろつきまわれるし、エレベーターもつけたので、二階にも行けるし、車いす
ながらけっこう頑張って家事が出来ている。
でもやっぱり大変そうだったし、父も足が悪いので、ヘルパーさんを募集した。
介護の資格がある人で、離れに住み込みOKな人。
そしたらシングルマザーの奥さんが応募してきた。なんか旦那さんのDVから逃げて離婚したいけど頼れる人が
いないらしい。

2019年3月21日

【いい話】弟が高校に入学してまだ10日なのに、みるみる変わって行ってる。厨二な言動が消え、美容院やファッションを検索したり、俺の部屋にしょっちゅう来るようになった。

5 :名無しさん@おーぷん 2018/04/25(水) 11:31:05 ID:2XM
1乙


弟が4月に高校入学した。
入学して10日ちょいなのに見る見る変わっていくのが衝撃
中学は近所の公立だった。
地元は田舎で未だ男女の垣根があるような土地柄で、言っちゃなんだがガラもあまりよくない。
高校は電車で3駅の偏差値まあまあ良。街にある。
その高校の女子がすごくフランクで
笑顔で毎日挨拶、ガンガン話しかけてくるらしい。
中学は男女グループが完全に分かれてたが高校はグループ男女混合が当たり前で
弁当を男女一緒に机くっつけて食ったり、
「どっか行こう」となったら普通に女子を誘って、普通に女子が「いいよー」な世界だという。
モサくて陰キャだった弟がすごい勢いで明るくなっている。
無口だったのに俺の部屋にしょっちゅう来るようになりめっちゃ学校の話をする。
美容院やファッションを検索し、意見を求めてくる。
Fさんという女子の名前がめっちゃ出てくる。
厨二な言動が消えた。食った直後に歯磨きしてる。筋トレ始めた。
面白くて弟から目が離せん。
とりあえず、いらんこと言いの親に「絶対からかうなよ!」って厳重注意しといた。

2019年3月18日

結婚して初めての義実家訪問のとき、義母が注文したお寿司がひとつ足りなかった。私「(これが嫁いびりか・・・!?)」→しかし私の手元にはお寿司が届き・・・

71 :名無しさん@おーぷん 2018/04/19(木) 13:40:34 ID:8oY
結婚して初めて旦那の実家に新年の挨拶に伺った時の話。
旦那の実家は飛行機の距離だったので結婚してからの訪問はこの時が初めてでした。
実家には、私達夫婦と義母、義父、義姉夫婦、義弟が集まった。
義母がお寿司を注文して下さっていて届いた時に配膳をお手伝いしようと思って一緒に玄関に行ったんだけど、お吸い物が1つ足りないなと思ってお店の人に言おうかと思ったら、お寿司自体が1つ足りなかった。
ハッとして、まさか、これが嫁いびりの始まりなのか。と思ってた完全に身体が硬直してしまった。
それでも気づかないふりをして台所に運んだんだけど、台所に運ぶと義母さんに後はするから座っててと言われたので恐る恐るみんなの所に戻って待ってた。
義母さんはお吸い物とお寿司を配膳しながら、手元に来た人からサッサと食べて!と言ってみんなに配ってた。
私には来ないかも知れない、と思ってたら予想外にも早い段階で私の元にもお寿司とお吸い物が届いた。
みんな言われた通りお寿司が手元に来た人は食べていたんだけど、なかなか台所から帰って来ない義母さんに早くおいでと声をかけた時に義父さんがようやくお寿司が1つ足りない事に気付いた。
義母さんは自分がお寿司を我慢して、みんなに足りない事を悟られない様にしようとしてくれていた。
そういう時は早く言いなさい。と義父さんが自分のお寿司を義母さんに取り分けていて、皆んなが「じゃあ自分のこのお寿司も義母さんにあげる」と義母さんに渡していた。
「こんなに食べれないー」と義母さんはニコニコしていてこの家の家族になれて良かったと本当に思った。
後で、「実は足りないのに気付いてたのに、ごめんなさい」と義母さんに言うと、「嫁いびりかと思ったでしょ?私がドジばっかりしちゃってビックリさせちゃって私の方こそごめんなさいね」と謝られた。
その後、義弟が私達が話している所にやって来て、「ゴメン、お寿司足りなかったのって自分が帰省するって連絡遅れたからだよね」と謝りに来て、皆んなで謝ってるねって三人で笑ってた。
家族みんな優しくて大好きです。
赤ちゃんを授かった事が分かったので、これから報告するのが楽しみ。