カテゴリ:いい話
2017年10月17日

家族でお出かけの帰り電車がラッシュで混雑してた俺も疲れてたので座ってウトウト・・・ 目が覚めると目の前に妊婦マークをつけた女性が・・・〔どうしよう、俺、、、〕

57 :名無しさん@おーぷん 2016/05/05(木) 18:42:26 ID:Jo8
愚痴というか自分にモヤモヤ
自分に酔ってるわけではないので叩いて欲しいです。

今日、というかさっき、某施設に自分と嫁、子供の3人で遊びに行ってました。
本当は一昨日行く約束をしてたのに、体調を悪くしてしまい、今日に変更になりました。
帰りの電車でなんですが、帰宅ラッシュといいますか、混雑を避けるために少し早めに帰ろうとしたのですが、、
すでにかなり混雑している状態で嫁さんも疲れてるし、子供は立てますがまだフラフラなのでベビーカー持ちです。
大きめのリュックも持っていたので子供と荷物で手一杯ですし、何より病み上がりでかなり体力的にきてたので、どうしても座りたく電車2本見逃して座れる状態になるまで待ってから電車に乗りました。

電車に乗り幸い座る事はできましたが、普通座席の上にある棚?がなくリュックを膝の上に乗せ、嫁さんに子供を抱っこしてもらい、ベビーカーを支える状態で座ってました。

電車に乗ってしばらくは、疲れもあって俯きながらウトウトしてたのですが、、
途中、目の前に妊婦マークをつけた女性が立っているのに気付きお腹もそんなに大きくないので、初期か中期どちらにしても混雑している中立ちっぱなしは良くない時期なのは一目で気付きました。
続きます。

2017年9月15日

模試の試験中Aが泡吹いて倒れた!B『Aはてんかんの病状だ!』と小学生の時一緒だったので処置を知ってる『先生救急車!』→翌日Bはヘッドギアをつけて現れた『昨日はごめん』

771 :名無しさん@おーぷん 2017/09/09(土) 02:15:43 ID:iGM
携帯電話のなかった、大昔の高校生の話。

高校生のとき、模試の最中に
同じクラスのA君が突然震えだしたかと思うと、泡ふいて倒れた。
監督の先生もびっくりしていると、近くの席にいた
A君と同じ小学校だったというB君が「てんかんの発作だ」
と立ち上がり、てきぱきと周囲の机をどかしてAを横にすると
持っていたハンカチを噛ませて
「こいつ小学校の時にも同じことがあったんだよ。A!A!わかるか!」
と声をかけるがA君は反応しなくて、
「先生、救急車呼んできて!」
と、先生を走らせた。
すぐに救急車が来てA君は運ばれていったので、皆模試を続けた。
模試が全部終わった後、担任からA君は意識が回復したと伝えられ
B君はヒーローのように皆に凄い凄いと言われてたけど
照れくさいのか、さっさと帰ってしまった。

衝撃だったのは翌日。
A君は遅刻して2限目の途中で「おはようございます!」と元気よく教室に入ってきた。
頭にラグビー部の部室からかっぱらってきたヘッドギアつけてた。※A君はテニス部
笑っていいのかどうすればいいのかわからなかったんだけど
A君は授業もそっちのけで「B、ごめんな。ありがとう!」とB君に握手を求めた。
「皆も心配させてごめんなー!模試の邪魔してホントにゴメン!!」
とクラスの一人一人に謝ろうとしてきた。先生に怒られてやめたけど。
ラグビー部のC君にも「パクるな!」と怒られていた。

それまでA君は、共学の男子高校生にありがちな、男だけで固まって
女子とは口もきかないような硬派な感じだったので、突然のキャラ変更に
皆戸惑ってしまった。やがて馴染んで、クラスのムードメーカーになったけど。
それからA君は発作も起こすことはなく、無事に高校を卒業していった。

この前同窓会があって、B君が来ていた。
A君のことがあったからかどうかはわからないけど、B君は看護師をしているらしい。
A君は来ていないのかと思ったらホテル(同窓会の会場)の黒服に肩叩かれて、
よく見るとA君だった。A君の特権でかなり安く借りられたそうだ。(ただし本人は出勤)
A君は今も車の通勤は危ないからって、ホテルから歩いて通える場所に住んでいる。
当然あの模試の話になって盛り上がったけど、その後のキャラ変については
「まわりの男子に合わせて硬派を気取っていたけど本当は明るいキャラになりたかった。
皆に心配させたし腫れ物扱いされるのも嫌だから、ふっきれることにした。
Bには感謝しかない」
と言っていた。

でも救急車で運ばれた翌日、ヘッドギアつけて教室に入ってきたA君を見たとき
「昨日の発作で頭がおかしくなったのか…
でも本人はそれに気づいていないのかもしれないから、合わせておこう」
って、各自の判断でA君を腫れ物扱いしていたことは、ついに言い出せなかった。
それまでのA君は顔もいかつくて一部女子には怖がられていたから。

おわり。

2017年9月7日

誰もが『あの人とは付き合えないわぁ』って男の人→愛情タップリかけて、身なりを整えて、はい!出来上がり

578 :名無しさん@おーぷん 2017/08/22(火) 15:32:34 ID:Wzs
ガサツで口が悪くて大酒飲みで「あの人とは付き合えないわ~w」と皆が敬遠していた男性がいたんだけど、
ちょっと賭けをしてみた。
朝は彼の眉や爪をマメに整えて夜は温かいご飯と寝床を用意し、何があっても褒めちぎって愛情をたっぷり注いでいたら
表情も口調も柔らか~くなり酒も全く飲まなくなって毎日直行直帰。
飲み屋でバラ撒いていたお金は2人の旅行や私へのプレゼントに変わった。
元々箸の持ち方が綺麗な事や人の目を見て話す所なんかに目を付けていたので、今ではすっかりただのコミュ強な紳士に。
そしたら案の定今まで目もくれなかった女の子たちが擦り寄って来るようになった、というのがスレタイ。
「いい人がいない」「出会いが無い」=「見る目が無い」なんだなぁとその子たちを見て思う。

2017年9月7日

小さい子供がいる家族がAサンの麺を掴んだ!→Donq母『こら、お姉さんに怒られるからやめなさい~』A『〇〇チャン、、』結果→スカッとした 

964 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/04/30(日) 13:10:01 ID:soT5FEHa.net
自分の武勇伝じゃないけど。
地元で評判のつけ麺屋さんに行ったら、近所の女性が先客でいたので軽くお互い会釈して少し離れた席についた。女性をAさんとするね。

そこに小さい子を連れた家族がやってきて、Aさんの隣に座った。
子どもはすごく騒いでいて、うわぁ…って思ってたら案の定その子、Aさんのつけ麺の器に手を伸ばして掴んだんだ。

親は、注意もせずあらあらこの子は~って温かい目で見ていて、あまりに何度も繰り返すからAさんが「やめてね、これは私のだから掴まないで」ってやんわり注意したら、途端に顔を真っ赤にして「○○ちゃん!!このお姉さんに怒られるからもうやめな!!」って叫んだ。

うわ~こんな叱り方する親いるんだ~ってドン引きしてたら、Aさんが子どもの顔を覗きこんで一言、
「お姉さんに怒られるからやめるんじゃなくて、○○ちゃんが将来恥ずかしい大人にならないためにやめよう?」ってゆっくり諭した。
子どもは固まってたけど頷いてた。

Aさん退店後、その親は「子どももいないやつがわかったような顔して偉そうに!そもそもこんな休日に一人でつけ麺なんてどうせ独身の穀潰しよ!」ってぶつぶつ言ってたけど、Aさん子持ちなんだよね。
つけ麺好きだけど、ワンオーダーもとらない小さい子をカウンターだけのお店に連れていくのは心苦しいからって、休日に旦那さんに子ども見てもらってつけ麺食べに行くのが月一の楽しみだよ~って前言ってた。

このいろいろと非常識親子にきちんと言い返していたのがすかっとしたので書き込み。

2017年8月26日

バイト代で好きな車を購入!新車は無理だが、20年前の中古車(好きな車種だしラッキー)→母『何この車?!!!』俺『俺の金で買ったんだから!』・・・

177 :おさかなくわえた名無しさん 2013/09/10(火) 19:54:21 ID:qz5raMxw
追突事故で思い出した衝撃的というか奇妙な縁があるなぁという感じの話

私は車好きの大学生で、バイト代が貯まった時に丁度いい出物があって車を買ったのが今年の始め。
当たり前だけど新しい車は買えないから買ったのは20年前の車。
前々から欲しかった車種だし、色々手が加えてあったからお買い得だったなーと思いつつ先方から車を引き上げて、
ナンバーを取るまで置かせてもらおうと思って実家まで持ってきた。

そうして帰宅した私と車を見て母親がすごく驚いた様子で「どうしてこれなの!」と言ってきた。
自分の稼いだ金で買うのだから、何を買ってもいいって言ったのそっちじゃん!と思いつつ、話を聞いて初めて知ったのが、
どうやら私が2歳の頃に同じ色の同じ車種で大きな事故に遭っていたそうな。

当時から車が大好きな子供だった私は他の車が良く見えない後部座席にチャイルドシートを付けると泣き止まないので、
あまり良い事ではないが、渋々助手席に取り付けて乗せていたらしい。
そんなある日、交差点で右折待ちをしていた所に直進しようとした大型ダンプが突っ込んできた。
後部座席は完全に潰れて、よく前列座席まで潰れなかったなという状態だったとの事。
もしあなたが車を好きでなかったら、助手席でないと泣き止まない子でなかったら、今この場に居なかったかもしれないと言われて衝撃的でした。

余談になるがその時事故処理をしてくれた現場近くのディーラーの人が私の車を見てくれているディーラーの営業で一番偉い人。

2017年8月23日

【感動】親子3人でこれから頑張る!!屑両親や屑旦那も縁を切り今まで全力で頑張ってきた・・・

698 :名無しさん@おーぷん 2016/02/17(水) 13:24:52 ID:vjE
これから頑張るという決意表明。長いから嫌な人はスルーしてね。
夫が不倫した。私が双子妊娠して、経過が悪くて初期から入院が多く、さらに難産め、そして産後もヘロヘロだったことで、寂しかったからが理由。
うちの子が産まれる少し前に相手の女性も妊娠していて、ただし一人で経過は順調、ギリギリまで普通に残業も出張もしながら働いて産休に入って、するっと産まれたらしい。産後も床上げ後からすぐに家事も完璧にこなしたらしい。
それを見ていた元夫は、いつも疲れきってご飯も魚や肉焼いただけと味噌汁サラダで暗い顔している私より、いつも元気で明るくご飯も毎日違うメニューでおいしい不倫相手と生きていくことを決めたらしい。
で、離婚。もうもめる力も無くて、とにかく子供たちに不利にならないように金銭面だけは頑張った。
そしたら、うちの両親が略奪婚だったことを知った。
父親は、元妻が妊娠中に母と不倫。元妻は堕胎したんだか流産したんだかで子供は産まれず、母との間にできた子が私。
普通に優しく真面目な両親で、全く知らなかった。
元夫の不倫で夫にブチ切れた父親には、同じことやったくせにと軽蔑の気持ちしか湧かないし、あなたも可哀想だし、相手の女性も可哀想とお花畑な母親にも軽蔑の気持ちしか湧かない。
離婚後しばらく双子育児を手伝ってもらうつもりでいたけど、そんなクソみたいな人間にうちの可愛い子供たちを見てもらいたくないので、絶縁した。
当時0歳だった子供たちを保育園に預け、私は元夫からの慰謝料と財産分与で看護学校に入った。
看護師になるなんて全く考えたこともなかったけど、2人を育てるために一番現実的な高収入の仕事はこれしかないと思った。
出産までは普通の会社員だったから、資格もないし。
何度も泣いたし、子供たちにも寂しい思いをさせてしまった。
でもこの3月で卒業。試験は終わって、結果待ち。でも取得見込みで4月から就職も決まった。
寝返りもはいはいもたっちもおしゃべりも新しい何かができるようになった瞬間は、全部保育園。先生たちには感謝しかない。
保育園は、来週退園。あと2ヶ月、たくさんたくさん子供たちと遊んで、4月からは就職先の保育所に転園する。
貯金も財産分与も慰謝料も生活費と学費でなくなったし、勉強も辛かった。
どうしてもお金がなくて日雇いの仕事もしたし、私だけ食事抜きの日もあった。
保育園でパパという存在を知った子供たちに、どうしてうちにはパパがいないの?タヒんじゃったの?離婚したの?と聞かれたこと。
だれだれちゃんのパパも離婚したんだって!おそろいだね!と笑う子供たちに胸が締め付けられた。
おじいちゃん、おばあちゃんという存在、しかも2人ずついるらしいと知った子供たちに、どうしてうちには1人もいないの?と聞かれたこと。
うちには大人はママだけいるんだねと言われて、ごめんねと泣いてしまったこと。
でもママも妹ちゃんもいるから楽しいね!と上の子が言ってくれて、下の子も私たちが大人になったら大人がたくさんになるから安心だね!と言ってくれた。
クリスマスにも、お手伝いがしたいからと子供も使える包丁が欲しいと言っていた。
変身ベルトもプリキュアも、全部ダンボールや紙の手作りなのに喜んでくれる子供たちに、就職したら本物のやつを買ってあげたい。
今も子供たちといられて私は幸せだけど、子供たちはどうだろう。絶対幸せにしなければと思う。








2017年8月14日

10数年ぶりに採用された俺はかなり職場から可愛がられた→飲料も買ってくれたりお菓子を分けてくれたりといたれりつくせり→数年すると体調が悪くなり病院へ行くとなんと診断は・・・!!

24 :名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水) 14:54:40 ID:JDr
俺が新卒で採用された会社は若手が少なく、俺は10数年ぶりの新卒
一番年齢が近い人でも一回りは離れていたので、末っ子扱いされてとても可愛がってもらった
喫煙所にいくとだいたい誰かがいるのだけど、毎回俺の好きな炭酸飲料をおごってもらえる
女性事務員も毎日おやつを分けてくれる
一人暮らしで食が貧しかったことを周りが気にかけてくれ、毎日のように誰かしら飲みの誘いをくれる
体育会系のノリじゃなくて、純粋に久々の若者を可愛がってやろうって感じだったので
俺も嬉しかったし、周りも「可愛がり甲斐がある」と喜んでくれた

しかし入社から1年ちょっとたった頃、風邪を引きやすくなり、めまいもするようになった
顔がむくんで目がかすれ、下痢を繰り返すように
2年目の夏の健康診断で「尿に糖が出ています」と言われ、病院にいったら軽度の糖尿病との診断で呆然とした
幸いにして服薬はまだしなくていいということだったので、実家に帰って食事制限と運動を開始
職場にも早々にオープンにして事情を説明した
たまに「これは食べられる?」という感じに飲み物やお菓子を持ってくる人はいたが、申し訳ないけどもと
すべてお断りしていたら、残念な顔をしつつも「大変だね」と同情してくれた

それからしばらくして先輩が海外に転勤することになり、飼えなくなったハムスターを
上司の発案で社内で飼うことになった
俺が面倒をみることになったんだけど、色んな課の人が見に来ては持参したえさを与えていく
「食べさせすぎると太りますから」とえさやり禁止の張り紙をしても効果なし
俺が席を外した隙にさっとえさを放り込んでいく
ハムスターが見境なく食べ物を頬袋に詰め込むのが可愛く見えたせいか、えさやりを制限する俺の存在が
だんだんと疎まれるようになった
「おまえ、自分が思い切り食べられないからってハムスターに八つ当たりするな」とまで言われた
それなら他の人が面倒みてくださいと言ったら、上のフロアの事務員が面倒をみるといって連れて行った

それから数ヵ月後に、ハムスターは下痢が止まらなくなってタヒんでしまった
ぶくぶく太って違う生き物みたいになっていたけどさすがに哀れだった
すると一週間もしないうちに、誰かがハムスターの子供を連れてきた
また過剰なえさやりをして、二匹目も3ヶ月ほどでタヒんでしまった
「ハムスターも(俺)も、黙って食べてたら可愛いのに、なんですぐ病気になるんだろうね?」
「可愛がってもらってる自覚が薄いんじゃない?」「恩知らずだね」みたいなことを
先輩たちが立ち話しているのをうっかり聞いてしまった
さすがに怖くなって転職した

2017年8月12日

海が大好きな叔父が凸前亡くなったしかも海で。。突然だったが海でタヒぬなんて叔父らしいと家族納得→ある日夢に叔父が出てきた 私『叔父さん何やってるの?』叔父『今なぁ〇〇やってんだ』またまた納得ww

164 :本当にあった怖い名無し 2010/08/15(日) 05:00:27 ID:XR8JE9pu0
保守あげがてら、自分の体験談を書いてみる。
いい話かどうかは別として。

4年前、叔父が亡くなった。
板金工だったんだが、彼はとにかく海が好きな人で
「職業上、雨が降ったら仕事にならない。晴れた日は海に行きたいからやっぱり仕事にならない」という
ハメハメハ大王の再来のような人だった。

タヒ因は脳溢血。孫娘の初節句に、貝のお吸い物を作るとかで潮干狩りに行ったものの、
貝を捕っている途中でプツンといってしまったらしい。
潮干狩りも彼の好きな遊びだったけれど、まさかタヒぬまで潮干狩りをするなんて誰も思っていなかった。
あまりにも突然のことだったので、葬儀に参列し、納骨まで立ち会ったけれど、どうもピンとこない。
多分、家族の方も同じだったと思う。

叔父のタヒから2年くらい経ったある日、夢の中に叔父が出てきた。
夢の中の叔父は、海の浅瀬にくるぶしまで浸かって立っていた。
私に気がつくと、叔父は「よぉ、○○(私の名前)」と生前と変わらないゆる~い口調で私を呼ぶ。
あんまりにも生前と変わらなかったからか、夢の中の私は彼がタヒんでいることなんか忘れて近づいていく。
でも、近づくにつれ違和感を感じた。叔父の背が妙に低い。146センチの私よりも明らかに低い。
妙に思った私は「叔父さん、なにやってんの?」と聞いた。すると叔父はひとこと、恥ずかしそうに答えた。
「妖精やってるんだわ」
ああ妖精ね。妖精だったら身長が低くても仕方ないわ。夢の中の私は何故か納得してしまった。
そこで目が覚めた。
まさかタヒんだ後も海で遊んでいるなんて思いもよらなかった。しかし目が覚めた私も納得した。
叔父は海の妖精になったのだ。

その話しを叔父の息子(私のいとこ)に話したら彼も納得した。
多分、叔父は今でも妖精の姿で海にいるのだと思う。
でもお盆くらいは家族の元に帰っておいでよ。

2017年7月24日

無駄に広い大学の構内でウロウロしてたら犬が俺を誘導してくれた(どこいくんだろ??)『うそ!こんな近道あるの!?ありがとう』→誰からも愛されてた犬だったのに・・・

346 :名無しさん@おーぷん
大学で飼われてた犬の話

俺が通ってた大学のキャンパスは山の中腹あたりにあって迷路みたいにあっちこっちに学部の施設が配置されてて無駄に広くてややこしい構造になってた
一年生のときに好奇心から普段通ってる校舎からだいぶ離れた学部の校舎に大学の外側をぐるっと回って行ってみたところ、見覚えのある犬が現れた
その犬は部活棟で学生に飼育されてる犬で、俺もサークルで部活棟には何度も行ってたから見知った仲だった
犬種は秋田犬にゴールデンレトリバーか何かが微妙に混ざってる感じ(正確には不明)
声をかけて撫でて上げたところ、俺のシャツの裾を軽く噛んで山道のほうに引っ張っていった
何かあるのかなと思って奥深い山道を付いて行ったところ、ほんの数分で部活棟の裏側に着いた
思わず「えー、こんな近道があったのか!外から回ったら30分以上かかるのに!」とびっくりしてたら犬はドヤ顔で尻尾ぶんぶん振ってたので
抱きしめて「すごいすごい!」と撫でまわしてたらワフンワフン言いながら大喜びしてた
その話をサークルの先輩にしたら「あの子はよく新入生に山道を案内してるよ、うちの山道ややこしいからね」とのことだった
人間には全然吼えないし人懐っこくて可愛いくて部活棟のアイドルだった
先日、その子が亡くなったと連絡があった
自分の飼い犬じゃないし、大学を卒業してから何年も会ってないのにショックだった
なんでも16歳だとかで犬としては長生きだったからそれが救いかな……
現役の学生たちが有志でお金を出し合ってペット葬儀社で火葬してもらったとのことだった
どういう流れで個人ではなく大学の部活棟で飼われることになったのかとか全然知らないけど、みんなから可愛がられてたからきっと幸せだったよなと願ってる

2017年7月19日

重度の認知症で寝たきりのAさん、あまり喋る事もなくて過ごしてた→震災時にTVでその様子を見てたAさんが『ヴー!ー!』と叫びだした!泣き出し、、よく声を聞いてみると・・・(TдT)

417 :名無しさん@おーぷん
特養で介護の仕事をしてるんだけど
以前そこに、重度の認知症で意思の疎通ができないAさんという女性入所者がいた
高齢で体の衰えも激しいことから、ほとんど寝たきりで
起きてる時もただ車椅子に乗ってじーっとしてた。

あの東北大震災が起きた時、うちは首都圏なので大きな被害はなかったけど
入所者や職員も皆、結構動揺した。でも、Aさんは相変わらず無表情でじーっと固まってた。
ところが、テレビに津波や被災者の様子が映ったとたん
突然Aさんの能面のような顔が変わって
テレビに向かって手を伸ばしながら、うーうーと何か叫び出した
そんで、泣きだした。
よくよく聞いたら、「助けなきゃ、助けなきゃ」と言っていた。

Aさんはもう何も考えられないと思っていたのに
そうじゃなかったのか、しかも他人を心配する気持ちがちゃんと残っていたのか
なんか人間ってすごいと、衝撃を受けた体験だった