410 :名無しさん@HOME 2013/02/03(日) 00:27:49 0
修羅場って言うのとは違うかもしれないけど、精神的にだいぶてんぱったお話

小学校の修学旅行の自由行動中、教師の所にわき見運転だかなんかの自動車が突っ込むという事故が起きた。

帰りのバスはなぜか出発しないし、担任・バス運転手・ガイドさんはとなりのクラスのバスにいってしまい不在
窓から見えたとなりのクラスの友人と懐中電灯でモールス信号で話しても向こうもよくわからない…
なんて事があって、学校に帰るのが2時間ほど遅れた。

学校到着後の保護者への報告で、頭に包帯を巻いた2組の担任が説明するには。
・教師の群れに車が突っ込む
・(俺は1組として)2組担任は軽症、4組担任は無傷、3組担任は重体で現地の病院に入院
ということがわかり、その後何日かは学校はその話題で持ちきりだった。
3組担任はクラスは違うけど、怪我をしたとき手当てして貰った事もあって個人的にだいぶ心配してた。


で、ひどいのがこの後。
3組は担任が重体なので、一時的に担任をしていない先生が臨時担任になったんだけど
この臨時担任は俺たちが1年のときにこの学校に赴任した人(そして卒業と同時に他の学校に移る)
ということでいい先生だったこともあり6年全員に慕われていた。
そして入院した3組担任はこの年に学校に赴任した人で、生徒と知り合ってから1月ちょっとで入院
そして退院して職場復帰したのが卒業式の一週間前。
3組生徒も含めてみんなその先生のことを忘れてて、卒業式後、他クラス担任と3組臨時担任の周りは
お世話になりましたの挨拶の生徒がたくさん居たのに、その3組担任に挨拶に行ったのが俺と2~3人しか
居なかったのが精神的にてんぱったトラウマ。


424 :名無しさん@HOME 2013/02/03(日) 08:53:27 0
>>410
事故起こしたやつ以外誰も悪くないのにね。
でも、三組担任がどう思ったかわからないけど、わざわざ挨拶にきてくれた
生徒の存在は嬉しかっただろうね。


1001: 以下、管理人が読んで面白かった記事です。: 2019年3月23日 10:49 ID:shurabahoka

注目の記事記事

他サイト人気記事

コメント一覧