530 :おさかなくわえた名無しさん 2011/04/23(土) 18:01:29 ID:E+QxR7Jl
俺は生まれつき、自分が生まれる前の記憶を失っている、だが少しずつ思い出せるんだ。
平安時代に俺の父親である天雷尊(テンライノミコト)と母親である咲羅御前(サクラゴゼン)がいた。
二人が幸せに暮らしていたある日、闇の神であるヤマタノオロチが誕生し、二人が暮らしている村で暴れ始めた。
咲羅御前は妊娠していたため村の住人と共に逃げ出すことはできなかった。
天雷尊はヤマタノオロチと戦ったが、その強大な力に手も足も出ず、もう終わりかと思えた。
だがその時、咲羅御前の腹から一人の赤ん坊が生まれた。
天雷尊は最後の力を振り絞り、自分の命と引き換えに禁術を使い、ヤマタノオロチをその赤ん坊の体内に封印した。
咲羅御前は夫を失った悲しみと、子供が生まれた喜びの境で生きていた。
その時、ヤマタノオロチが赤ん坊の体を使い、咲羅御前をこ○してしまった。


531 :おさかなくわえた名無しさん 2011/04/23(土) 18:04:40 ID:E+QxR7Jl
>>530の続き


だが赤ん坊は深い悲しみに包まれたが故に、感情が生まれ多少ながらも自分の体を制御する事ができた。
だがヤマタノオロチの怨念は強く、1年に一度年明けから111日(壱百壱拾壱ノ禍祭)の日に、禍ノ矢が突き刺さった女性を喰らわないと世界が滅びてしまうと言うものだった。
もちろん自分を責めながらも女を喰らい続けた。
その赤ん坊はすくすくと成長し、立派な青年となった。
その男の名は天明大雷神(テンミョウダイライジン)
俺の前世だ。。。
532 :おさかなくわえた名無しさん 2011/04/23(土) 18:07:05 ID:E+QxR7Jl
>>531の続き

そして話は戻って今日、今年はヤマタノオロチが誕生してから千年目であり、
壱百壱拾壱ノ禍祭に大きな闇がやってくるとされている。
しかし俺は今日女を喰らうことは無かったと言うか、
禍ノ矢が見つからなかったから喰えなかったので、腹痛、謎の不快感、
携帯電話の電源がつかない、体育テストの時にいい結果が出せずに転んでしまった、
友達3人が学校にこれなかったなどの不幸が続いた。
僕は全てを終わらすために、冷ノ菓子(アイスクリーム)を食べまくり、
体内のヤマタノオロチが凍えてる好きに、光の力を流し込み見事に千年の宿命に終止符を打つ事となった。
千年目の大きな闇とはヤマタノオロチにとっての闇だったのかもしれない
533 :おさかなくわえた名無しさん 2011/04/23(土) 18:08:56 ID:E+QxR7Jl
>>532の続き

これを友達の前で話してしまって、友達はどん引き状態だった
自分は世界を救う為に真剣に話しているのに、誰も真面目につきあってくれなかった。
誰かあの時の俺をこ○してくれOTZ
534 :おさかなくわえた名無しさん 2011/04/23(土) 18:15:19 ID:/ZbP2Qlg
現役の人が来ましたね
535 :おさかなくわえた名無しさん 2011/04/23(土) 18:47:50 ID:ZIut+sjy
似たような設定の漫画があったような
536 :おさかなくわえた名無しさん 2011/04/23(土) 18:48:49 ID:V4XmzRyS
完全に現役生ですね
引用元:https://www.logsoku.com/r/2ch.net/kankon/1290167285/


1001: 以下、管理人が読んで面白かった記事です。: 2018年12月29日 10:49 ID:shurabahoka

注目の記事記事

他サイト人気記事

コメント一覧