278 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 10:52:06 ID:2dB0xtYB.net
おはようございます!!
またちょっとずつ書いてきます!!


285 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 11:01:55 ID:wQk8tBgM.net
待ってた
286 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 11:07:07 ID:rBxtmIDi.net
土曜日
結局眠ることもできないまま朝を迎えた。
隣の妹の部屋をドアの隙間から確認すると二人はぐっすり寝息を立てていた。本音としてはちょっと拍子抜けだった。
まぁそれに越したことはないんだけどね。
女性って多分男よりも打たれ強いよね。

僕は居心地の悪さを感じて置き手紙を書いて家をあとにした。特に彼女の母親は昨日の父親との口論ですごく怒ってるようだったからね。
警察に行くことも考えたけどこれ以上勝手な行動をすると彼女の母親も敵に回しそうだったので、素直にバスに乗った。

海水でシワシワになった千円札が2枚
運転手に怪訝な顔をされながら両替をしてバスを降りた。

自宅の玄関がとてもありがたいようなものに思えた。
僕の母親は朝から待っていたようだ。朝食が用意してあった。

僕は完全に緊張の糸が切れたのだろう。トーストをかじりながらボロボロと涙を流していた。
母親は何も訊いてはこなかった。塩水まみれの制服を見てもなお、まだパン要る?なんてことを聞いてくる。
僕は母がこんなにも優しい人間だったことを今まで知らなかった。
288 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 11:15:32 ID:rBxtmIDi.net
自室に戻ってしたことと言えば、もちろんオナニーだ。もちろんってのも変な話だけど人間は生命の危機を感じると種の保存をする為にフルポッキになるのだ。
眠い時に限って息子が起き始めたり、授業で居眠りしてたらムクムクしてきたりするよね。

極度の疲れを感じていた僕はがっつりオナニーをした。馬鹿だよね。

いや、書かないでおこうって思ったんだけどね。あまりにもはっきりと覚えていることだったからね。

3回目をしようとお珍ちんを握りしめたまま寝落ちしたしまった。

夢の世界では悪夢に魘された。
この時見た夢もはっきりと覚えている。
彼女が自分の胸を両手で抉って心臓を僕に差し出したり、耳を勢い良く千切ったり、そんな夢だ。

現実世界では多分お珍ちんを握ったまま、うーうー魘されてたんだろうな。
289 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 11:21:41 ID:rBxtmIDi.net
僕は夜、ウィノナからの電話で目を覚ました。

「昨日はごめんなさい。」

その後の言葉が出てこないようだった。
後には泣き声と鼻を啜る音しか聞こえてこなかった。

僕は
「大丈夫。絶対に何とかしてやるから、すぐにそこから助け出してやるからもう少しだけ時間をくれないか」

そんなことを言った。
僕にできることなんてほとんど無かったのにとんだビックマウスだ。
本当は会いに行って、抱きしめてそう言ってあげたかった。
ただこれ以上僕の家族に心配をかけて引き止められたらまずい。
父親に殴られることは構わなかったが、騒ぎ立てられては困る。まだ例のメールはしばらくは続くんだ。
またタヒぬと言い出さないか、不安な気持ちを抱えたまま今日は電話で我慢することにした。

その後も泣き声が続くばかりだったが結局、僕は2時間ほど泣き声をずっと聴いていた。
291 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 11:27:55 ID:rBxtmIDi.net
日曜日

偉そうなことを宣った割に僕は土曜日の反動で日曜日はほとんど寝て過ごした。体が動かなかったんだ。
といっても寝付くとすぐ悪い夢ばかりを見てなかなか深く眠れない。
まるで瞼の裏がスクリーンになったみたいに彼女のタヒを上映し始める。
僕もそんなに精神的には強いほうじゃなかったんだなって改めて思った。
きっと当の本人よりもタヒのイメージに怯えていたんじゃないかな。

彼女の妹から、例のメールはまだ続いていると言うことと、彼女たちの母親ももともと結構ヒステリックで妹もたまに困ることがあったこと、父親は見た目通りで母親がヒステリーを起こした時は何も出来ないことを教えてもらった。

僕は明日の月曜日には警察に相談に行けるように何とかならないかと妹に相談した。

妹はうまく交渉してくれたようで、
翌日警察にもう一度相談しに行くこと、その為に両親とも仕事を休ませたことを報告してくれた。

ちなみに妹はまだ中3だったな。
すごく良くできた妹で彼女にも救われた部分は大きかった。
290 :滝山 ◆7gTe4bH3Yk @\(^o^)/ 2017/07/02(日) 11:26:59 ID:7klr36F9.net
いちの母ちゃんがすこ
293 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 11:33:05 ID:rBxtmIDi.net
>>290
ありがとう!!
そうだね。今となっては世界で一番のおかんだと思えるよ。
結構体もでかくてね、まるで男みたいなんだけど本当に優しい人だ。
おかんとのエピソードだけで本当はここまでの内容と同じくらいの長さの話がかけるくらいに、色んなことがあったんだ。
296 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 12:17:25 ID:2dB0xtYB.net
月曜日

僕は風邪を引いて学校を休んだ。
どうせウィノナも学校には来ないことは分かっていたし無理をする必要は感じなかった。半分ズル休みみたいなもんだったけど、確かに鏡をみると病人の顔つきをしていた。

その日はマンドリルと飯田がお見舞いに来た。おそらく僕の欠席の理由が風邪じゃないと睨んでのことだ。

土日にあった事は伏せておいた。
ウィノナが自サツ未遂をしたなんて言えなかった。
でも二人は察してくれたんだね。詮索はしなくて、お前が話したいことを話せよなんて言ってくれたよ。
自室で二人と話しているうちに涙が止まらなくなった。俺もうどうしていいかわかんねぇよなんて言っていきなり泣き出したら普通びっくりするよね。
マンドリルが僕の頭をワシワシ撫でて、また元気になったらパフェでも喰おうぜなんて言う。この時は流石にマンドリルの食欲については何も思わなかったよ。むしろそんな他愛のない話をしてくれたおかげてわ少し現実に返ってきたような気がする。

僕は翌日、学校にいくふりをしてウィノナの家に行くつもりだった。2日前にあったばかりなのにもうだいぶと遠くに行ってしまったような気がしていたから。
二人には何とかうまいこと学校には風邪で引き続き休みと言うことにしておいて欲しいとお願いしたら快くOKをしてくれた。
302 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 13:39:11 ID:rBxtmIDi.net
火曜日
学校には行かずウィノナ宅へ直行
彼女の両親が仕事に出ていることは確認済みで妹からは鍵の隠し場所を聞いてあった。

勝手に上がりこみ、2階へ上がりウィノナの部屋のドアの前で入るぞとだけ言った。

返事はなかったがそのまま入室した。
303 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 13:41:48 ID:rBxtmIDi.net
ウィノナはドアに背を向けて勉強机に向かって何か作業をしているように見えた。

そのまま顔を覗き込もうとして隣に立ち、状況を把握した。


僕はすっかりノートに何かを書いていると思っていたが、彼女は自分の左腕を右手で持ったカッターで切り刻んでいた。所謂リストカットだ。
304 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 13:46:22 ID:rBxtmIDi.net
僕は彼女の行為をやめさせるべくカッターを取り上げた。

嫌がる彼女にビンタをした。

僕は、お前のやっていることを分からせてやると言って彼女と同様に左腕に右手でカッターを突き立てたんだ。
こうして客観視させれば彼女が僕にどれだけ心配と恐怖を与えたのかわかってもらえると思ったんだ。

これは結果的に失敗だった。
リストカットってものはそんなに勢い良くやるもんではないことを知らなかった。

格好つけて思いっきり突き立てたことと、興奮してたこととが相まって割とやばい量の出血があった。
305 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 13:47:10 ID:rBxtmIDi.net
ここで痛いと言っては格好がつかない。カーペットも血まみれになってきた。

僕はいても立っても居られずカッターナイフを握りしめたまま黙って部屋を去った。


玄関を出てからと言うと緊張が解けたせいか痛みが何倍にも感じられて、半泣き状態で病院に駆け込んだ。
我ながら情けない末路である。
306 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 14:06:35 ID:rBxtmIDi.net
なんだかんだ緊急で数針縫ってもらった。
ウィノナからの“バカ。どこにいるの?”と連絡があった。なんだ案外元気じゃないか、ちょっとびっくりした。
当時の僕はリストカットがタヒぬ為にやる行為じゃないってことを知らなかったんだな。


病院には有無を言わさず自宅に連絡をされ、母親に回収され、状況を根掘り葉掘り聞かれ、こっぴどく叱られながら自宅に戻った。

母は泣いていた。
僕は初めて母親を泣かしてしまったことを激しく悔いながら、目を離した隙を見計らって家を抜け出した。

罪悪感に押しつぶされそうになりながらウィノナに“バカはお前だろ。タヒぬのも自分を傷つけるのも俺が許さない。今から行くから待ってろバカ”と馬鹿丸出しのメールを送りつけ、包帯で巻かれた左腕を隠しながらまた彼女の家に向かった。
313 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 16:54:02 ID:rBxtmIDi.net
母親には“本当にごめんなさい。今晩中には必ず戻るから”とメールをした。

“海で待ってる”との彼女の返事に海の中でないことを願いながら、彼女がフナムシまみれで寝ていた堤防まで到着した。

かなり時間がかかった。自転車は彼女の家に置きっぱなしだったからだ。

それでも彼女は待っていた。
314 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 16:58:59 ID:rBxtmIDi.net
ウィノナ「痛かった?」
僕は正直に痛かったこと。彼女にタヒんで欲しくない一心でやったこと。母親にバレたことを話した。
ウィノナ「バカだね。ありがとう。」

少しだけ彼女に笑顔が戻ったような気がして僕は彼女にキスをした。やはり男子高校生だ。あんなに落ち込んでいたのに隙あらばである。

今朝と比較したら彼女はだいぶ落ち着きを取り戻した様子だった。
あとで分かることだが、彼女は躁鬱病の初期症状を発症していた。
この時は恐らく躁状態に近かったのかもしれない。
315 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 17:01:04 ID:rBxtmIDi.net
その後ウィノナから話を聞くには警察には届け出た模様。
時代としてはこういった事件が丁度増えてきた頃でそういう専門の窓口があったらしい。前回のおっさんは何だったんだ。

僕は彼女にこんなことを話した。
「犯人がわかってしまうこともそれはそれで怖いかもしれない。ただ、今俺が調べた限りではそんなに親しい人ではない可能性が高いように思える。だから、もう覚悟決めよう。あと、恨みはなんの解決も産まない。冷静に解決して行こうな?」
恨みがどうのこうのは飯田の受け売りである。

彼女はただ分かったと頷いた。
僕は母親との約束を守るために彼女との性交は諦めて自転車をぶっ飛ばして帰った。
316 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 17:10:39 ID:rBxtmIDi.net
少し顔は怒っているように見えたがそれでめ僕の母親は優しかった。
少し夕食には遅れたが黙って温め直して出してくれた。

その後警察の調査が始まった。

飯田とマンドリルにも手伝ってもらっていたが残念なことに高校生なりの限界があった。
だが調べれば調べるほど、学校にいるとは思えない。ただいたずらに周りの人間のアリバイを増やしていくようだった。


もう少し早くにその限界に気が付けばこんな想いはせずに済んだのだろう。
皆には腕の怪我も心配されたが結局詳しくこの話をしたことは一度もなかった。

ウィノナに届くメールは更にエスカレートをしていった。
317 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 17:20:17 ID:rBxtmIDi.net
結局、当初一週間程度と目された警察の調査は実際にはその何倍もの時間が費やされた。

この間、ウィノナは一度も登校はしなかった。
それに対する彼女の母親の叱責、鳴り止まないどころかエスカレートする脅迫メール。

一月の間に彼女の人格は破壊されつつあり、何とか自我を保つために僕に依存をするようになった。

3日に1日は大切な彼女からタヒにたいと連絡が来る生活に僕も精神を蝕まれつつあった。
例えば1通目は大体“もう疲れた”こんな感じだ。僕は“もうしばらく我慢すれば大丈夫だから。”なんて無意味な励ましを返す。
何通かのやり取りすると“助けてくれるって言ったじゃない”と僕を責めるようになり、最後は決まって“タヒにたい”或いは“あの時タヒなせてくれたら”そんな内容になった。
そのたびに僕は出動し彼女に会いに行った。
実際にタヒにたかったのかと言えばそうではないのだろう。寧ろ生きたいからこそ、僕に助けを求めていたのだと思う。
時間が経つに連れてこの“タヒにたい”の発作間隔は短くなっていった。
何度かは以前の様に実行に移そうとしたこともあった。
318 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 17:24:33 ID:rBxtmIDi.net
ウィノナの長期休みは校内の全員が知る事実となり、病気ではない“何か”がウィノナに降り掛かったと噂されていた。

それでもバンド活動は続けたかった。高校生のコンテストみたいなのがあって、オリジナル曲で出場した所、結構いい結果が出ていたんだ。
寧ろ、そういう風に何か別のことに打ち込んで忘れたかったのかもしれない。

視聴覚準備室でバンド練習をしていた日曜日、調査が始まり大凡2ヶ月後、漸く事態は進展した。

彼女の妹から電話があった。
319 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 17:25:44 ID:rBxtmIDi.net
「イチさんですか?ウィノナの妹です。連絡したいことがあって姉の携帯から電話しました。」

若干息切れをしていた。

「実は金曜日に警察から連絡があって、例の件の犯人が母に知らされました。近くにお住いの山本家が契約しているドコモ端末より送信されていることが分かったんです。はい。姉の友人の山本レナさんのご家庭です」
まさにこんな口調だった。

僕は言葉を失った。絶句、この言葉を本来の意味で実感した。
レナちゃんと言えば早々に容疑者リストから消し去っていた人物だったしとてもそんな事をする人にも思えなかったからだ。

「それから…」
妹は続けた。
320 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 17:28:06 ID:rBxtmIDi.net
「それから、それを今日の朝、父と母から姉に伝えたんです。姉は暴れ出して手がつけられず部屋に隔離してたんですが、今部屋を飛び出して行きました。もし姉がそちらにいれば…」

僕は即座に居ないと、答えてすぐそちらに行くと申し出た。返答は聞かなかった。

すぐに視聴覚準備室を飛び出した僕だったが状況を察した飯田が僕の後ろを走ってきていた。

「平山と石原にはざっとだけ説明しちまった。すまん。取り敢えず俺も行く」
二人は予想通りだと言う反応だったようだ。

何が出来るかは分からなかった。
ただ何か良くないことが起きる予感に衝き動かされていた。
321 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 17:30:22 ID:rBxtmIDi.net
僕が真っ先に向かったのは彼女の家ではない。
レナちゃんの家だ。
やはり改めて見るとやはり大きな家で玄関の前にちょっとした門がある。

この門の前に不可解なものが置いてあったが近づいてすぐに分かった。

ウィノナの部屋にあったぬいぐるみだ。
部屋の中の一番大きいサイズの口がバッテンのうさぎのぬいぐるみだ。
あとで分かった事だけど、このぬいぐるみはレナちゃんが中学時代にウィノナにプレゼントしたものだった。

首の部分からワタがはみ出してワタが少なくなったからか、耳がしんなりしていた。
無表情なそのうさぎはいささか不気味だった。
323 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 17:33:23 ID:rBxtmIDi.net
門には私の人生を返してと書かれたルーズリーフが一枚貼り付けられていた。

門の外側についたインターホンは壊されていた。

初めから誰もいなかったのか、あるいは居留守か。
既に警察から山本家にも連絡が行っているだろう。いずれにせよ会えることはないと判断した。
幸いな事に、立派な家が例外なくそうであるように、山本家もセキュリティはしっかりとしている様子では有った。


飯田には最寄りのバス停を中心にして街を探索を依頼、僕はウィノナの家へと向かった。
322 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 17:32:12 ID:CSJ+fvEu.net
なんかヤバくなってきたな
324 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 17:35:28 ID:rBxtmIDi.net
>>322
そうだね。
確かにヤバさみたいなものは感じた。
僕はどちらかといえば彼女が被害者になるより加害者になる方が怖かったな。
加害者になったら、もう好きではいられなくなるかもしれないからね。
325 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 17:42:14 ID:rBxtmIDi.net
ウィノナ宅では母親と妹に会った。状況の確認をざっと済ませる。
警察にも相談済みだが各交番に通達が行く程度で捜査員などをつけたりは出来ないようだった。
母親も今日の日までずっと神経を擦り減らしてきたのだろう。自分で探し出すという気力はとても無いように見えた。

石原から電話がありウィノナらしき人を学校で見かけたとの事。
彼と平山は事件の状況を知らないが見つけたら方法は問わないから拘束してくれと頼んだ。
突飛な頼みに聞こえたのだろう、何度も聞き返されたが僕は彼女が加害者になってしまう事を恐れてこれ以上隠しては居られないと覚悟した。

急いで飯田に連絡し引き続き彼女の自宅周辺を見て回ってもらうことにした。
326 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 17:55:15 ID:rBxtmIDi.net
幸いにもウィノナはすぐに見つかった。学校最寄りのバス停に居た。
制服姿でカバンを持って。
カバンにはうさぎの胴体とワタとカッターナイフが入っていた。
小雨の降る中、バス停の屋根の下、まるで虚空に繋がる穴の様な目で時刻表を凝視していた彼女の姿は今でも克明に覚えている。

急ぎ協力を依頼していたバンドメンバー各人にメール。彼女を自宅に送り届けたあと、状況を説明したいと送信した。
327 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 17:58:00 ID:rBxtmIDi.net
ウィノナは虚ろだったが、急に笑い出したりと完全に壊れてしまった印象だった。

無理やり手を引きバスに乗り込み彼女の自宅へ向かう。
バス停に居た理由を聞いたらウィノナは「レナちゃん今日は部活の練習なんじゃないかなって。いつもバスで通って居たから…」

とすると彼女は白昼堂々、他の生徒の前でレナちゃんを刺すつもりだったのかと考えるとゾッとした。

バスを降りて、カバンからカッターナイフを即座に抜き取り畑の方へ投げ捨てた。

彼女を自宅に送り届け彼女の家族には絶対に目を離さない様に伝える。
道中彼女とろくな会話はなかった。

去り際にウィノナが「もう行っちゃうの?」と言っていたが完全に幼児退行したそれだった。
328 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 18:22:40 ID:rBxtmIDi.net
バンドメンバーは飯田宅に集まっていた。
僕は今まで隠していた事を詫びつつ状況を全て説明した。はじめてメールが届いた日のことから犯人がわかった今まで、事細かにね。


部活動外の人間の犯行だったので、少しは気が楽だった。
平山と石原はクラスが同じだったり、一緒に行動したことがあったりするレナちゃんのことは友達として認識しているだろうし、いざ犯人の名前まで言うとなるとかなり躊躇ったが…

「それで…どうやらレナちゃんからそのメールが送られてきているらしいんだ」

そんな風に僕が話した瞬間、平山が予想外のことを発言した。
331 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 19:02:02 ID:rBxtmIDi.net
平山「つい先週のことでまだ皆んなには話してなかったんだけど、、、先週の学校からの帰り、レナちゃんに告白されたんだよね…」

石原「それで平山なんて返事した?」

平山「いいよって言っちゃったんだよな」

僕は犯人を言うべきではなかったと言う後悔と焦りで冷や汗と脂汗が吹き出していた。

飯田「いや、お前は気にするな」
そんな飯田が僕の肩を叩いてフォローをしてくれた。

平山「正直、僕も押し負けたって言うか…だから気にしないで欲しい。僕もこんなあやふやな状態は嫌だからほとぼりが冷めてから整理するよ」


あとは、みんなが僕の事を励ましてくれて、その日は解散となった。
332 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 19:04:31 ID:rBxtmIDi.net
翌日月曜日はバンド練習を無しにしてもらって放課後いつもの様にウィノナ宅へ向かった。

ウィノナは思っていたよりもずっと平静だった。曰く昨日の記憶があやふやらしい。

昨日の状況を説明した。
なんで学校に行ったのかも正直分からないと言う。嘘をついているようには思えなかった。

玄関の呼び鈴が鳴った。

妹がドアを叩き呼びに来た。
「山本さんちのご両親が来たよ…」
凄く怯えた様な表情だった。
ウィノナはまるで猫みたいに早く立ち上がり部屋を飛び出した。

その日は彼女の両親が早くから家にいたので僕と妹はウィノナの部屋で様子を見ることにした。
335 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 20:15:08 ID:rBxtmIDi.net
妹はお姉ちゃんがあんなでごめんなさいと少し涙ぐんで謝ってきた。
僕が気にすんなと答えようとしたその刹那、一階からウィノナの怒声と金切声が聞こえてきた。

「私の人生、返してよ!!返してよ!!」

ひどい物音と彼女の父親のモゴモゴした口調も聞こえた。
恐らく、ウィノナを父親が抑えているのだろうな。制御できず玄関先の花瓶なんかが壊れたりしているんだろう。陶器が割れる音、壁を殴る音、何かが壊れる音。
金切声はしばらく止まらなかった。妹の涙も止まらなくなった。
336 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 20:19:19 ID:rBxtmIDi.net
山本家側は黙っているしかなかったのだろう。まだ声は聞こえなかった。
ドアは開けっぱなしにしていたのでビンタと思しき破裂音なども聞こえた。
殴ったのはウィノナだろうが、誰が殴られたのだろうか。

30分以上は確実に、呼び鈴を鳴らした客人たちは口を開く隙を与えられなかった。野球の乱闘なんかが玄関先で起こったらあんな感じだろうな。
ウィノナのそれほど大きくない体のどこにそんな力があるのか、想像だにしなかった。
脳内麻薬か何かだろうか。
あの暴れ方は、一階から聴こえる音だけを頼りに考ええも人間の限界を超えていたように思う。

ウィノナの声もようやく枯れた頃、知らない男性の声がした。
338 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 20:23:04 ID:rBxtmIDi.net
「この度は本当に申し訳ありませんでした。」
恐らくはレナちゃんの父親だ。

ここでまたドカッと言う物音がした。
これは、後で分かったことだけど、レナちゃんの父親が土下座している顔をウィノナが蹴り上げた音だった。
鼻でも折れたんじゃないかな。すごい音だった。

知らない男性の声が続ける。
「今回の件でまずお話ししたいことは、一連のメールを送信していたのはこいつだったと言うことです。本当に申し訳ありません。」
一階はしばらく沈黙している。

僕は妹が妙な顔をしていることに気がつきどうしたと聞いた。
340 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 20:34:27 ID:wQk8tBgM.net
悪いのはレナちゃんかもしれないけど、ウィノナもここまでいってしまうと怖いんだが。こんなにも変わってしまうもんなのか…
341 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 20:47:28 ID:+7GgQhgr.net
>>340
そうだね。
僕も気乗りしなくて例えば嫌がらせのメールの内容書かなかったんだよね。
でも相当ひどい内容だった。
そういう書いていない部分でのダメージと
母親が僕の見ていない間に結構彼女を責めていたそんなダメージとがあったと思う。

あと潜在的なメンヘラって言うのかな。
人に依存したり、感情の抑制が一点を越えると利かなくなるタイプって居るのよね。
彼女もそういうタイプだった気がするしか、彼女の母親もそういうタイプだと思う。
342 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 20:50:24 ID:jQf6jhXG.net
お前がジョニーデップじゃなかったのが悪い
346 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 22:03:45 ID:+7GgQhgr.net
>>342
さすがに彼女の名前を体に掘ったりはできんからねwww
343 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 21:11:12 ID:wQk8tBgM.net
>>341
なるほど。
そうなるとレナちゃんの登場が楽しみなような恐ろしいようなw
ゆっくり待ってる
347 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 22:04:54 ID:+7GgQhgr.net
>>343
そうだね。
半端なところで途切れて申し訳なかった!!
ちなみに僕はその後もメンヘラに好かれるタイプだったよ。
349 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 22:10:34 ID:+7GgQhgr.net
妹「レナちゃんは今日来られないってさっき言ってた…」

彼女の顔つきの違和感の原因を理解した。
350 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 22:12:42 ID:+7GgQhgr.net
そうするとさっきのレナ父が言った“こいつ”が指す言葉は…と思考をめぐらした。
一人しか居ないじゃないか…
まだにわかには信じられなかった。
と今度はウィノナの母親が発言した。

「嘘言ってんじゃねーわよ。うちの娘がどれだけ傷ついたか分かってるの?アカリちゃん!!当事者を出しなさいよ」

妹が補足してくれた。
アカリちゃんってのは山本アカリの事。即ちレナちゃんのお母さんとの事だ。月に一度くらいランチかモーニングをする仲だったらしい。
家も年齢も近く、娘も同い年だ。当然の流れとも言えた。

即ちレナちゃんの父親曰くのこいつはうちの家内のアカリだったんですと言う意味だとやっと理解が追いついた。
351 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 22:16:49 ID:bjYnYYUX.net
何という思わぬ展開
353 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 22:21:03 ID:+7GgQhgr.net
>>351
うん。ホントにこの時の僕の中での衝撃はすごかったよ。
当の1階で揉めていた本人たちも理解が追いつかなかったのか長い沈黙があったからね。
352 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 22:19:14 ID:+7GgQhgr.net
レナちゃんの母親なら一度会ったことはある。
と言っても飲み物を出してくれただけだしよく知らなかった。

結局さらに乱闘は続き、僕の終バスが無くなるまで玄関は塞がれたままだった。

乱闘の結末はウィノ母の裁判を起こすという捨て台詞で終わった。

乱闘の原因が去った後も僕は暫く動くことができなかった。
事態の展開についていけない。
まずレナちゃんの母親が犯人だという事実。
裁判という言葉の非現実さ。
穏やかだった2つの家庭、幼馴染の友情がかんたんに崩壊したこと。
354 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 22:24:34 ID:p5oa1zTo.net
面白い展開だ
357 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 23:19:53 ID:+7GgQhgr.net
>>354
こうして書き出してみるとね
確かに意外な人物だよね
355 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 22:24:53 ID:+7GgQhgr.net
母親とウィノナは冷静に話ができる状態ではかった。ごめんなさいねと言いつつもウィノ母の眉間にはさっきまで無かった深いシワが刻まれていて般若のような顔をしていた。

ウィノナは玄関に座り込んで、いくら体を引っ張っても動こうとはしなかった。

一先ず妹に様子を見てもらいながら僕はウィノナの父親に車で家まで送ってもらった。

父親曰くは
「犯人はまだどちらかはわからないけど、昔から家が近く家族ぐるみの付き合いがあったから僕も悲しい。」
「母親があれだけ取り乱したのは犯人が自分の友人だと思っていた人物だったからだと思う。」
「一発目のビンタはウィノナから父親の僕に対してのものだった。娘に殴られて情けないよね。」
こんな事をのらりくらりとどこか他人行儀に話す父親は決して悪人ではなかったのだろうがやはり頼りなく思われた。

だからこそ僕もこの何ヶ月かでかい顔をできたのだろう。
359 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 23:23:05 ID:+7GgQhgr.net
その後事態は収束に向かった。
玄関先での乱闘の後、メールはピッタリと止んだ。
レナちゃんもその後学校には来られなくなった。平山曰くひどく病んでいるとの事。ただ、彼女は犯人ではないと断言していた。
一つはその後彼女の携帯を確認した時、一度もメールアドレスの変更はされていなかったこと。
もう一つはレナちゃんは友情を破壊した母親をひどく責め立ている現場を何度も目撃した事。
例の事件の間、レナちゃんとレナ父がレナ母と一度もメールのやり取りをしたことがなく、気が付く余地もなかったようだ。
客観的に見ても娘をかばって母親が犯人になったわけではないことだった。


その後、裁判自体は行われなかったが数百万円の慰謝料というか、示談金が支払われたこと。当然だが僕は一円ももらえなかった。割と心は傷ついたんだけどね。
360 :滝山 ◆7gTe4bH3Yk @\(^o^)/ 2017/07/02(日) 23:27:02 ID:Ehjs1fqs.net
れなママの動機が気になるな…
361 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 23:34:44 ID:+7GgQhgr.net
警察の取り調べなどによってウィノナ側にも犯人の動機が伝えられた。
平山からの情報も加味するとこんな感じだった。

・レナ母は極端な教育ママでレナちゃんが思うように育っていないこと(恐らくレナちゃんは極端なスパルタ教育からうまく逃げるために不思議ちゃんになっていった)
・高校3年生になり演劇部の活動に没頭していたレナちゃんは舞台女優になりたいと、母親に告白。母親はこれを否定。大学進学を命令。大喧嘩をしてこれ以来親子関係がさらに悪化。
・言うことを聞かない娘へのフラストレーションの捌け口を探すレナ母。ちょうどこの頃ウィノ母とランチに行く。
順調に受験勉強が進み、模試での志望校(ちょうどレナ母が行くべきだと考える学校と合致)の判定も良かったなどと言うことを聞く。レナ母にはまるで我が子の自慢に聞こえたんだろう。
363 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 23:43:14 ID:+7GgQhgr.net
レナ母とウィノ母はちょうど同級生の娘を持ち、お互いに助け合いながら子育てをしてきた仲だったんだそうだ。でもどこかのタイミングでレナ母はウィノ母とウィノナに劣等感を覚えるようになったらしいんだ。

何をやらしてもうちの娘はウィノナちゃんに勝てない。ルックスも運動も、とりわけ勉強も。
もともと芸術家肌で勉強が苦手だったレナちゃんを半ば殴りつけながら教育したそうだ。なんとか高校まではウィノナと同じ高校に行かせることは出来たんだろうね。

レナ母は最後の大学進学で娘をウィノナよりも少しでも偏差値の高い大学へ送ることが生きがいになっていたそうだ。

そこに娘からの突然の告白。そもそも大学に行かないと言われた。もちろん殴りつけてまでそれを捻じ曲げようとした。
ただどちらにしてもレナちゃんの成績は届かなかっただろう。

ちなみにレナ母は日本でも指折りの大学出身でレナ父は地元の大手企業の3代目社長になる予定の人物だった。
二人は大学で知り合った仲らしい。
364 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 23:46:58 ID:+7GgQhgr.net
レナ母は結構歪んだ愛情の注ぎ方をしていたようで、殴りつけて教育をしてその埋め合わせに色々なキャラクターのおもちゃやグッズを与えていたらしい。
幼少期からそんな風に育てられたレナちゃんはそういうキャラクターに依存していたのか、異常な拘りを持つようになったそう。
一度家にお邪魔したときもケロッピのグラスだったことが思い出された。

平山曰くそんな風に少し歪んだ所があるレナちゃんだが不思議ちゃんキャラを装って友人たちに家庭の歪みを見せないように努めたり、本気で演劇の道を目指したりする健気な良い子なんだそうだ。
365 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 23:49:14 ID:+7GgQhgr.net
ちょっと理解しにくいかもしれない。
実際に僕もあんまりピンとこなかった。

簡単に言ってしまえば妬みなのかな。
いつの間にか、一方通行で娘を使った代理戦争をおっ始めたレナ母は娘の謀反によって敗戦した。まぁそんな感じだ。

それで怒りの矛先がウィノナに向かっていたんだそうだ。
とんだ迷惑だよね。
366 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 23:54:36 ID:+7GgQhgr.net
>>360
動機は上記の通りなんだ。
レナちゃんとウィノナが知り合ったのは5歳の頃だったそうで、本人たちはすごく気の合う親友だったんだって。
レナ母が明らかにウィノナ家をライバルとして認識したのは二人をスイミングスクールに入れたときだったみたい。
8歳くらいかな。

進級システムがあってね。レナちゃんはいつまで経ってもビート板で25メートルのバタ足すら出来なかったらしいんだけど、ウィノナはどんどん進級していったらしいんだ。

当の本人たちは気にも留めてなかったんだけどね。
レナちゃんが通いたいって言っているのに何かしら理由をつけてレナ母がスイミングスクールをやめさせたんだって。

あとから考えるとこの頃からライバル心や敵意が芽生えたんだと思うってウィノ母からは聞いたよ。
367 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 00:01:06 ID:cxnTt+Zt.net
娘が勝てないのなら私が潰すまで
そんな風に考えたんだろうね。

娘の携帯を監視する癖のあったレナ母はメールで嫌がらせをすることを思い付いたんだ。
学校での様子なんかもレナちゃんから聞いたりしてね。
学校に出席したかどうかはゴミ出しなんかをしながら監視していたようだ。


外面が良かったレナ母は犯行をしながら何度かウィノナの母ともランチに行っていたようだ。
ウィノ母もまさかレナ母がそんなことをしているなんて思いもしないから、最近娘が不登校でどうしていいのかわからないなんて感じで相談までしてしまっていたらしい。
レナ母はウィノナの崩壊ぶりを聞くたびに喜んだのだろうね。
それでどんどんメールの内容はエスカレートしていったんだと思うよ。
368 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 00:09:35 ID:cxnTt+Zt.net
メールの手口は至ってシンプルで制限回数の分だけアドレスを変えては嫌がらせのメールを送るだけだ。
レナ母はもともと地元の人じゃなかったから交友は少なかったそうだ。自分のプライドが高くて、表面的な付き合いしか出来なかったって警察の聴取に対して本人がそんな風に答えたと聞いた。
生まれも都会だったみたいで、田舎の生活はなじまなかったそう。

頭のいい人なんだろうに、足がつくとは考えなかったようだね。最初はちょっとした悪意だったのかもしれない。
それが思ったよりも効果があって、いつからか憎くなっていたウィノナ家の面々が目の前で崩壊していく様が愉快だったんだろう。

思っていたよりも簡単に望むものが手に入ってしまって、欲望の箍が外れてしまったのかもしれない。
369 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 00:23:40 ID:cxnTt+Zt.net
残念ながらその後もウィノナは学校には出て来なかった。
僕は毎週末のように彼女の家に行き一緒に勉強をした。今までみたいにデートに出かけたり学校であったりは出来なくなったが、平穏を取り戻しつつあることに幸せを感じていた。

当初は同じ大学を目指していたんだけど、彼女は例の事件がハンディキャップになり志望校の偏差値を下げざるを得なかった。
結局は同じ街の別々の大学に通うことになる。
370 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 00:29:14 ID:cxnTt+Zt.net
平山とレナちゃんについては残念ながらうまく行かなかった。
レナちゃんは身勝手な母親のせいで人生を狂わせてしまった、そういう事だろう。
ただ、あれほど興味がない風だった平山は事件のあと、レナちゃんにかなり尽くしていた。
ウィノナとレナちゃんの仲さえ元通りならばまたみんな元通りだと僕と平山で修復を試みたりもした。ウィノナと話をする場を設けるのであればいつでも連絡をしておいでと僕の連絡先も伝えておいたが一切連絡はなかった。

だがレナちゃんは心を閉ざし、次第に平山とも連絡を取らなくなった。

平山は未だに彼女を救えかったと後悔をしているようだ。

全てがドラマのようにうまくは行かない。
371 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 00:30:51 ID:cxnTt+Zt.net
バンドメンバー、その他軽音楽部の面々もそれぞれ、順調に志望校に合格を決めた。
バンド活動も卒業まで続けて、卒業ライブでは同級生や後輩たちを何百人も動員することができた。
373 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 00:38:48 ID:cxnTt+Zt.net
この卒業ライブは進学先が決まった後にやったんだ。
僕はこのライブでウィノナにプロポーズすることにしたんだ。
ウィノナ自身はだいぶ心を取り戻しライブハウスには出て来てくれた。

あの一件があって僕は彼女のことをどうしても一生をかけて守りたくなったんだ。
本音を言えば、別々の大学になってしまったことが心配で既成事実を作りたかったのかも。

普段ボーカルの平山とパートを交代して歌わせてもらった。曲は彼女とのきっかけになったCan’t Take My Eyes Off You、君の瞳に恋してるだ。

顔から火が出るほど恥ずかしい話だけど、これを歌った後、同級生でひしめき合うフロアの中にいるウィノナに向かって僕と婚約してくれと言ったんだな。

指輪はフロア最前列から最後尾のウィノナまでお客さんにリレーして渡してもらった。
ウィノナは恥ずかしがって声は出さなかったけどちゃんと指輪をつけてステージに向けてかざしてくれた。
372 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 00:35:16 ID:Vh4DThOS.net
暇つぶしに読んだら一気に追いついてしまった
子供を親の見栄の道具にするのは一番やっちゃいけないね
エリート一族に有りがちだけど
374 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 00:42:24 ID:cxnTt+Zt.net
>>372
ホントに嬉しいよ!!
冗長な文章だったからお疲れになったでしょう?
もう少しだけ書かせてもらいますね。

そうだね。
人間ってのはどっちが優れているとか比較できるもんじゃないんだよね。
でも人と比較して自尊心の為に生きている人とやりたいことをしてのびのびと生きている人を比較したら少なくとも僕は後者の人が素敵だと思う。
375 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 00:43:19 ID:cxnTt+Zt.net
本来はここで終わりたいんだけど、一応後日談も語りたい。

もう少しだけいいですか?
378 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 00:46:29 ID:Hr780xDS.net
後日談ももちろん聞きたい!
ウィノナ幸せになれたかな
383 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 01:02:40 ID:T5lCvSLN.net
>>375
後日談お願いします!
379 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 00:46:57 ID:CQ1is7Sy.net
ドラマみたいやね
390 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 01:24:27 ID:cxnTt+Zt.net
>>379
現実はドラマみたいには行かないってのは後日談も含めてすごく思うところがあった。
ただその都度味わった素敵な瞬間の光景は忘れられないものだったよ。
誰しもがそんな光景の1つや2つはあると思うんだ。忘れてしまうにはもったいないそんな景色があると思うんだよね。
380 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 00:51:14 ID:Vh4DThOS.net
>>374
ホントそれだね
限度はあるけど好きなことさせるのは大事
夢を持つ人は素敵だよ
393 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 01:27:55 ID:cxnTt+Zt.net
>>380
夢を追いかけた人は夢を破れても悔いない人が多いと思う。
親の敷いたレールを盲信する人生は虚しいかもしれないとは思うよ。
377 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 00:45:29 ID:Hr780xDS.net
すごい青春を過ごしたんだね
メールの件は大人がほんと酷すぎるけど卒業ライブの話とかキラキラしてるなあ
389 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 01:20:17 ID:cxnTt+Zt.net
>>377
もう15年前の話だし
辛い思いも楽しい思い出も全部僕にとっての財産になったと思う。
でも僕を含めていろいろな人間がトラウマを背負ったし関わった人すべてが幸せになったわけじゃないこと、僕の力で幸せにはできなかったことを悔いてるって側面もあるよ
376 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 00:44:16 ID:O3EsiuyU.net
結婚したの?!
397 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 01:41:22 ID:cxnTt+Zt.net
レスももらってたけどまず僕とウィノナが結婚したかどうか。
やっぱり現実はドラマみたいには行かないんだ。
結論としては結婚には至らなかった。
398 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 01:49:04 ID:cxnTt+Zt.net
大学に入学する前後間、2日に一回くらいは彼女の家に居たんだよ。この頃は楽しかった。そりゃそうだよね。お互い下宿で今まで出来なかった性交もやりたい放題だもんね。
ウィノナも出会った頃のような元気を取り戻しつつあった。
二人で新しい街の観光地なんかにも出かけた。


でもそんな人生で一番楽しいと思われたときは入学から1ヶ月も立たずに終わってしまったんだ。

彼女の家にいつものように行ったある日。僕の居ない間にふと便座が上がっていることに気がついたんだ。

それで後日、電話をして、隣に男でも居るだろう?とかまをかけた。かまをかけたつもりがこれが図星で彼女泣き出してしまったんだ。

それで僕は色々な青春時代が無茶苦茶に破壊されていく感覚がして衝動的に別れを告げたんだ。
381 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 00:55:23 ID:Vh4DThOS.net
ドラマみたいな青春と比べて自分は陰キャで中学後半から休みがちになって高校は2年持たなくて中退したからホントなんもない学生生活だったわ
中卒でフリーターやってるけど少しづつ自立して親孝行してこうと思う
423 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 02:41:50 ID:cxnTt+Zt.net
>>381
親孝行は本当に素敵なことだ
人に感謝することは素敵なことだ
人に感謝することを忘れないあなたはきっと素敵な人なんだと思う。
382 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 00:59:38 ID:KfhVkZHz.net
>>381
>>1
この2人の高校生活だったら人はどちらを選び易いんだろうな
385 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 01:04:43 ID:Vh4DThOS.net
>>382
そりゃ10割>>1でしょw
壮絶だけどキラキラした青春なかなか送れないよ
学生時代からなんでも話せる家族のような絆の深い親友がたくさん居るってもデカイ
自分はもう一人もいないからね
元からいないかも分からんけど
425 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 02:45:42 ID:cxnTt+Zt.net
>>385
僕はただただ人に支えられて生きてきた人間だからね。言い換えたら甘えて生きてるのかもしれない。
387 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 01:15:30 ID:KfhVkZHz.net
>>385
一概には言えないと思うぞ
俺が言うのもなんだが>>1はウィノナが苦しむという選択肢があれば避けるんじゃないか
人は白紙に1点でも汚れがあればそれを「汚れた紙」と言うし
全体的に見れば輝かしいものでも大切に思ってる人が苦しんでたら俺は水準程度で良いと思う
427 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 02:49:38 ID:cxnTt+Zt.net
>>387
君の言うとおりだね。
人にはそれぞれの価値観があるし人生を俯瞰で眺められるのは自分がタヒぬときだもんね。

今の記憶を持ってもう一度あの視聴覚準備室にもどったらどうなるだろうって考えたことがある。
それでも僕は同じ選択をするだろうし同じ間違いをしたい。
そう思えるくらいに今を幸せに生きることが過去の自分への餞なんじゃないかなと思うよ。
400 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 01:55:01 ID:cxnTt+Zt.net
そりゃあもう悲しかった。
自分の青春が爆散したって感じ。
電話口で絶叫したよ。 

あとで分かったことだけど、隣に男がいるのは事実ではあったけどやましいことは何もなかったらしい。

サークルの顔合わせで一緒になったメンバーたちが大学からほど近い彼女の下宿に集合する所で、たまたま男が最初に来ただけだったらしい。

そのサークルの面々にも僕を旦那として紹介するつもりで、その日全員が集まったら僕のことを呼ぶつもりだったらしいんだ。

でも僕があまりにも瞬間的に怖い声で迫ったものだから彼女泣き出してしまったんだよね。それで僕の勘違いは余計に暴走してもう止まらなくなってしまった。
後々彼女がいくら否定をしても僕は聞き入れなかった。
俺がいなけりゃタヒぬんじゃなかったのか?って実際居なかったらタヒんでたんじゃなかったのか?って

僕はと言えば、浮気をされた(と思い込んだ)ショックで1日1キロペースで一週間以上痩せ続けたがもともと細身ではなかったので丁度よかったかもしれない。
399 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 01:51:57 ID:O3EsiuyU.net
メンヘラってすぐ浮気するよな
402 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 01:56:12 ID:cxnTt+Zt.net
>>399
ウィノナはそこまでメンヘラではなかったと思うし浮気はしてなかったみたいだけどそれはそうだね。
その後の大学生活でメンヘラには何度も痛い目にあわされたよ。
404 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 02:00:42 ID:+1sNmoUj.net
あっという間に別れてワロタ
406 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 02:01:14 ID:cxnTt+Zt.net
ただ彼女は失った青春時代を取り戻そうとしていて、僕は彼女を失うまいと以前のまま過保護にしてしまった、そんな行き違いだ。

大好きだったあの娘と結婚していたならばまた違う未来だったのだろうが、彼女がきっかけで進学した大学を出て、その大学から選ぶことのできる選択肢の中で就職して、今の僕がある。
実際、僕は今別の人と結婚したんだけどとても幸せを感じている。
この人とは今の会社にいないと知り合えなかったし、今の会社は僕の出た大学が縁で就職したし、その大学はウィノナが居なければ選ばなかったのだから。

当初望んだ未来とは違うかもしれないけど、今となってはすべてが今の幸せに導いてくれた道標だったのだろうと思う。

たまに思い出すんだ。
結果オールライトなんて訳の分からないメールが送られてきた日のことをね。
407 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 02:07:11 ID:cxnTt+Zt.net
昨年、飯田とマンドリルが結婚した。
二次会は同窓会を兼ねた様相で10年以上連れ添った二人を祝福しながら昔話に花が咲いた。友人代表のスピーチもやらせてもらったし、余興って感じで新郎も含めたバンドメンバーでアコースティックライブもやった。


ボーカルのアユちゃんはすでに地元で2人の子供を授かった。所謂授かりスタイルだったから結婚式は開かなかった。SNSでその事実は知っていたんだが子供はめちゃくちゃ可愛かった。

ベースのサユミちゃんはバリバリのキャリアウーマンに変貌していた。大都会の大企業勤務だそうだ。


ウィノナは残念ながら欠席だ。
あえて連絡は取らないようにはしていたんだけど、今は海外勤務だそうだ。未婚らしいけど、まぁ多分外人のイケメン彼氏でも作って毎晩そういう事に明け暮れてるんだろうと思うとちょっと胸糞は悪かったよ。
408 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 02:09:27 ID:cxnTt+Zt.net
平山はその後一度も恋人を作っていないそうだ。彼なりに思うところがあるのだろうか…少々複雑な気持ちになった。彼も堅実な職について円も縁もない地方都市で暮らしている。

石原は同棲中らしい。もちろん男とだ。
彼は高校の先生に教わったドラムテクニックを磨き続けて今は音楽に携わっている。夢を追うことは素敵だ。

飯田とマンドリルは言わずもがな幸せそうだ。
2人の子供を早く見たくてたまらない。
409 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 02:12:01 ID:cxnTt+Zt.net
僕はそんな昔話を聞いてどうしてもウィノナに連絡をしたくなってしまった。

好きだとか嫌いだとかじゃない。
ホントは彼女の幸せを願っているのに酷いことを言って別れてしまったことを謝りたかった。

ラインの連絡先が分からなかったから取り敢えずほんとに久しぶりにドコモメールとやらを開いたんだよね。
410 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 02:13:30 ID:cxnTt+Zt.net
中学から一度も変えたことのないアドレスだからか、受信ボックスは未読の迷惑メールだらけだ。

近頃はドメインがdocomoなどになっている巧妙な迷惑メールも多いなぁ、騙される人が居るのかなぁなんて眺めていると数年前から不可解なアドレスからメールが来ていることに気がついた。
411 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 02:14:12 ID:cxnTt+Zt.net
sinesinesine@docomo.ne.jp

全てあなたのせい
412 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 02:15:12 ID:cxnTt+Zt.net
正直かなり戦慄した。

1年以上僕が気が付いていない間にこんなメールが頻繁に届いていた。

最後のメールは飯田マンドリルの結婚式の半年ほど前
こんなメールを最後に終わっていた。
413 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 02:15:17 ID:T5lCvSLN.net
ひーっっっ!!!
414 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 02:15:30 ID:cxnTt+Zt.net
never-mind@docomo.ne.jp

あなたは私を助けられなかった
415 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 02:20:12 ID:cxnTt+Zt.net
一体どういう意味か
誰からのメールかも実はわかっていない。
特にメールアドレスなんかもあんまり意味のある言葉には思えなかった。


なんとなく無作為なイタズラには思えないが…何せもう届かなくなったんだから掘り返すこともしたくない。

現実はドラマみたいにはうまくいかない。
助けられなかった人は何人も居たと思うし、そんな人たちの想いを踏みにじってこんな風に面白おかしく文章にしてしまう卑怯者の僕にはこれくらいのことは当然の報いなのかも知れない。

もう忘れてしまおうと昨日そのメールを全部消して、一切変えてなかったアドレスを変更したんだ。
なんだか意地で変えてなかったんだけど、もう全部ラインで事足りる世の中になったしね。

実際アドレス変更の旨は誰にも送っていない。
416 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 02:26:01 ID:cxnTt+Zt.net
素敵だった思い出と辛かった思い出が渾然一体だったんだ。忘れたいこと、忘れたくないこと色んなことがあった。
だからもう一度だけアドレス変更をきっかけにして文章に起こしてみることにした。
どうしても人に読まれるって気概で書かないと最後まで書けない気がしたからね。
それがこのスレで読んでもらった文章です。

現実は恋愛ドラマみたいにはうまくいかないし、サスペンスやホラーみたいに落ちもつかないから
なんだかせっかく読んでもらった人がいるのに不完全燃焼な気持ちにさせてしまったかと思います。


でもこれで僕の物語は終わりです。
終わりにしないとダメなんだ。
読んでくれてありがとう!!
419 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 02:29:17 ID:+1sNmoUj.net
最後の最後でゾッとしたわ
420 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 02:29:41 ID:HttQ0dcF.net
おつかれ
結局最後のメールは誰から、何の意図で送られてきたかわかってないのか
430 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 02:54:50 ID:cxnTt+Zt.net
>>420
そうなんだよね。
ちなみにメールが途絶えた期間に誰かが亡くなったとかはなかったよ。
421 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 02:30:01 ID:T5lCvSLN.net
感想乙!
ウィノナたんは躁鬱病だったんだよね?
ちゃんと通院してたの?
432 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 02:56:56 ID:cxnTt+Zt.net
>>421
ありがとう!!
そうだね。
通院もしてたね。
その辺の詳しい病名なんかはよく覚えてないけど、簡単に言うと大きなショックがきっかけで始まる躁鬱病の初期症状って言われていたね。

まぁ精神病と言えるまでじゃなかったのかもね。人に言わせたら只のメンヘラって言われてしまうかもしれないし。
422 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 02:39:51 ID:j2Bvxa2l.net
大学生なら友人の男女が遊びに来ることもあるだろうに…
傷つきやすい女の子だと説明できずにパニクってしまうんだね
なかなか付き合うのが難しいね
433 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 02:58:44 ID:cxnTt+Zt.net
>>422
そうだね。
あとから色々聞かせてくれたのも本文中のマンドリルだったんだよね。
ほんとケチョンケチョンに怒られて復縁しなさいって言われたんだけど、なかなか気持ちに整理がつかなくてね。
そんなこんなしてるうちにウィノナは長期海外留学に行っちゃってもうそのままみたいな感じだったね。
424 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 02:45:04 ID:+1sNmoUj.net
ウィノナだと思ったから思い出してスレ立てたんだよな
大概こういうのは当たるもんだ
そう考えると半年前までずっと幸せになれてないんだなぁ

刺されないようにな
435 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 03:02:10 ID:cxnTt+Zt.net
>>424
どうなんだろうね。
共通の友人を介して聞くところによるとウィノナは何人かとは付き合っていたらしいよ。
闇に墜ちたなんて話も聞かなかったし不幸ではなかったはずなんだよ。

本文には書けなかったけどいろんな人とのやり取りがあったし、ウィノナ以外の人だったとしても全然不思議じゃないんだよな。
431 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 02:56:35 ID:HHcvIQPd.net
>>425
自分は両親に甘えすぎてるからなぁ
一日でも早く独立して両親を世界旅行に連れて行ったり美味しいものを食べたり家を買ってあげたいと思う
436 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 03:07:46 ID:cxnTt+Zt.net
>>431
親には甘えるもんだよ。
僕もこの件以外でもタヒぬほど迷惑をかけたからね。
親父はタヒに際に親孝行ってのは親に甘えるのと大して変わんねぇからお前は十分親孝行をしたなんて言ってたよ
親になんないとこの言葉の真意は分かんないと思った。
439 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 03:37:21 ID:KfhVkZHz.net
>>1
ありがとう 靄靄が一つ消えたよ
その言葉覚えておくねw
440 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 03:39:47 ID:KfhVkZHz.net
あとスレ汚しすまん
普段まとめしか見ないから気付かない所で粗相があったかもしれない
444 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 08:36:14 ID:cxnTt+Zt.net
>>440
いえいえスレ汚しなんてとんでもない!!
とっても嬉しかったです!!
もやもやを漢字で使う人は珍しいねwww
445 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 08:47:34 ID:U/Qt7ZoY.net
>>444
書いてから漢字にするとアイアイになることに気がついた
カナカナにするべきだったw
451 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 11:03:17 ID:eoLNODCJ.net
>>445
いや普通に関心したよwww
441 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 05:00:00 ID:2K3G49kT.net
>>1
お疲れ様です
読みやすくてオチまでしっかりしてて現実は小説よりも奇なりで面白かった(他人の不幸な話で不謹慎かも知れないが)

この物語は現在の>>1を形作るのにとても重要で必要なパズルの1ピースだったんだね
そして今この瞬間の完成した絵もこれから先に見れる絵の1欠片にもなる
誰にでも大事な思い出の1欠片がある事を改めて認識させてくれた>>1の物語に感謝します

脱線ぎみな質問だけどまだ見てくれてたら>>1に聞いてみたい
結局ウィノナさんには連絡とらなかったのかな?
伊坂幸太郎って小説家知ってる?

本当短い時間で色んな事を思い出しながら書き起すのは(その時はハイになってできたとしても後々)心身共に疲れただろうと思う
質問しといて何だがゆっくり休めるのならスレは気にせず心身を休めてあげてほしいお疲れ様でした
感想が長文になってしまい申し訳ない
最後に>>1と奥さんが末永くお幸せでありますように
446 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 08:56:38 ID:DhW8pGIL.net
>>441
めっちゃ嬉しくて僕にはもったいないレスをありがとう!!
そうだね!!全部全部僕の大事な思い出なんです。
不謹慎なことがあるのだとしたらそれは全部僕の責任だよ。

頂いた質問にお答えしますね。
ウィノナには別れてすぐは全然連絡しなかったね。向こうから来てたメールを見るのにも数カ月かかったと思う。電話は何度かしか出なかったな。
その後はほんの少し連絡のやり取りは正直したような気がするね。マンドリルに言われたりして。

伊坂幸太郎ね。何冊か読んだことあります!!
オーデュポンの祈りが一番覚えてるかな!!僕が読んだものの中では。
442 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 05:00:05 ID:XDscoC6t.net
どーせならこのスレ>>1の他のむかしばなしで埋めちゃえば?ってか頼む(笑)
447 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 09:35:35 ID:DhW8pGIL.net
>>442
そうだね。多分そんなにたくさん書いたら面白くはないと思うwww

面白かったことといえば…
そうだね。それこそ彼女が例の一件で精神的に落ちこんでて眠れないって言うから3時頃会いに行って朝方まで散歩してたんだよ。

海岸線をブラブラとね。
そのときに海側300~500メートル先くらいかな
UMAがいたんだよねwww

いやほんとに
さっき迄タヒにたいって言ってた彼女が僕の手を引いてネッシー!!ネッシー!!って
思わずギャップで笑ってしまった


僕も急いでそっちを見たら確かに結構大きな黒い塊、ちょっと小さいけどネッシーの背中に見えなくもないものの浮かんだり沈んだりしてたんだよ。
断続的に1分沈んでは1分浮かぶみたいな。

朝焼けの中ほんとに不思議だった。

結局これも何かわかってないんだけどね。
多分クジラから何かなのかなぁ…
443 :滝山 ◆7gTe4bH3Yk @\(^o^)/ 2017/07/03(月) 07:32:40 ID:dBD2rqt8.net
おつかれ、思ったよりバッドエンドでなくてほっとしてる 思い出しついでにウィノナとの楽しかったデートなどを聞かせてくれ
448 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 10:01:46 ID:eoLNODCJ.net
>>443
そうだね!!
思い出ねー

書き出したら止まらないかもしれないね


今、営業の移動中でゆっくりは思い出せないけど

丁度僕が高校生だった頃、愛・地球博があったんだ。まだ例のメールが来る前だね。
僕らの地元からは結構遠かった。高校生にとっては結構な距離だったんだよ。

普段ウィノナにはわがままな印象はなかったんだけど、その時は万博行きたい!!万博行きたい!!って顔を見るたびに言ってきたんだよ。

後々考えたらきっとお泊りデートがしたかったんだろうね。
なんとかお互いの家に言い訳をつけて、別々のグループとして行くってことにしたんだよ。
お互いのバンドメンバーにも口裏を合わせてもらってさ。

お金なかったから特急すら使えない貧乏旅でね。1泊目は名古屋近辺に泊まった。
格安のビジネスホテルだね。見た目は幽霊屋敷みたいな市街から離れた宿でさ。
廊下なんかは今にも幽霊が出そうな雰囲気だったよ。ペイチャンネル用のカード自販機だけがまるで後光に包まれるかのように輝いていた。

もちろんすることはして、ペイチャンネルの何秒かだけ見れるお試し時間の分とかもしっかり見せてガッツリ殴られた。
翌日は予定通り愛・地球博に行ったよ。

といっても帰りの時間も早かったから全然見て回れなかった。

どの国のパビリオンか忘れたけど(確かにオーストラリアだったかなぁ)なんか30人くらいの団体に分けられてコースをぐるぐる回るタイプの展示だったんだよ。

そのコースの最後の方、急に電気が落ちて真っ暗になる演出があった。
ものの5秒くらいかな。

その瞬間に30人くらいがすし詰めになってるど真ん中でキスをしてもらったな。
その後すぐ耳元でこのパビリオンつまんないねって言われたwww

パビリオンを出てすぐこれだったらホテルでペイチャンネル見てたほうがマシだったなってでかい声で言ったらガッツリ腹を蹴られて蹲っちゃったんだな僕。

そのパビリオンに並んでる人たちにすごい白い目で見られたよ。
449 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 10:31:54 ID:Fw1qsTn6.net
痛いカップルやなw
まあ高校生のカップルって感じで可愛いな
全部読んだけど地元近いか同じな気がするわ
452 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 11:12:38 ID:eoLNODCJ.net
>>449
痛いよねwww
もういい年になったからほんとに恥ずかしい話ばっかりだった思うよwww

地元近いかな?
愛知県まで鈍行で行けなくはない距離で海と工業地帯と山があった。
僕んちが山側で中腹に高校、海側にウィノナ宅があったよ
何をするにしても自転車が多かったし行きは良くても帰りはしんどいみたいな

中途半端な街だけど僕は地元が大好きだよ
450 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 10:54:16 ID:X4/lS4+Y.net
お幸せに!!
453 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 11:13:01 ID:eoLNODCJ.net
>>450
ありがとね!!
454 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 11:25:06 ID:aQfdbp9G.net
>>451
そっかw
書きたいことがなかったら、良ければ今の嫁との馴れ初めとか聞きたいんだけど大丈夫かな??
457 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 13:50:56 ID:eoLNODCJ.net
>>454
うんなかなか居ないね

聞いてくれてありがとう!!
後日談の後日談みたいになってしまうけど、嫁との馴れ初めや結婚にも聞いてもらえるなら聞いてもらいたい話があるんだ

仕事が終わったら少し、本文の続きとして書いて見るから良かったら読んでみてよ!!
455 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 11:33:08 ID:XGS33LDm.net
>>19
完結したのに今更だがSweet Child O’ Mineか
昔イントロのリフを練習したのを思い出した
今はどんなの聴いてるの?
459 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 14:01:21 ID:eoLNODCJ.net
>>455
最後まで読んでくれてありがとう!!

僕の音楽遍歴を少しだけ

小学校時代
とあるきっかけでエレキギターを購入
この頃はBeatles一色だった
小学校時代5年生でMetallicaに出会ってBeatles以上の衝撃を受ける
hideなんかも聴いていたね
彼の曲が下手くそだけど弾けるようになってすぐに彼は天国に旅立ったから印象に残ってるよ
好きな曲はMiseryだ
ウィノナの件でどうしていいか分からなくなったりしたときはこの曲を聞いて一人で泣いていたりしたね

中学時代
hide、Metallicaの影響でより激しいものがかっこいいと思うようになる
ガンズ、MOTLEY CRUEあたりのHRHMの大御所もこの頃一生懸命コピーした
いわゆる厨二病の発症だね
SLAYERから始まってグラインドコアやらブラックメタルにまで手を出した
NuMetalあたりもまだまだ全盛期だったから最終的にはMudvayneとかよく聞いていたよ。
460 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 14:09:04 ID:eoLNODCJ.net
>>455
高校時代が一番練習したね。
もうジャンルは何でも良かったんだよ。
でもウィノナが喜ぶ曲ばっかり聞いていた気がする。
彼女はべただけど椎名林檎とかL’Arc~en~Cielとか好きだったね。
それまで糞だと断じてたのに掌返しでよく聞いたよwww

大学時代はポストロックのバンドをやってたからtoeとかenvyあたりだね

今はギターからベースに持ち替えたからリチャードボナとかSnarkyPuppyとかわりとジャズよりの音楽が好きだ


まぁ要するに音楽ならなんでも好きなんだ
462 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 14:17:09 ID:eoLNODCJ.net
>>455のオススメがあったら是非
仕事終わったらそれ聴きながらあと少しだけ話の続きを書きたいなって思ってね!!
464 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 15:31:14 ID:XGS33LDm.net
>>460
お勧めか、おっさんになると大体なんでもアリになるよね
中学の頃にBOφWY、ブルーハーツから始まりガンズ、レッチリ、RATMなんかはよく聴いたな
Metallica、SKID ROW、OASIS、Linkin Parkあたりも好き
ちょっと前に話題になった http://rocketnews24.com/2016/11/23/828059/ は最高にクールだw
今はぐるっと回ってEDMやら日本のロック・ポップスやらディーヴァ系じゃない女性ボーカルやら雑食だな

>>1には心穏やかに書いてもらいたいから、ColdplayかU2あたりにしておこう
あと子供はいる?いると音楽の趣味がちょっと変わるかも
467 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 19:46:19 ID:TVOe5FFp.net
>>464
レスありがとう!!
Metallicaのそれは知らなかったよ!!
家についたら早速見てみる!!

挙がってたバンドの中で一番僕が反応したのはスキッドロウ!!18 and Lifeをカラオケで熱唱してウィノナにドン引きされたことを思い出したよwww

帰ったら早速Fix youあたりを聴こうと思う!!
ジ・エッジのギターも大好きなんだよね!!
久し振りにCD引っ張り出すね!!
469 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 19:48:34 ID:vqN9r5a9.net
>>464
あ、子供はいないよ!!
欲しいけどね!!

青春時代にBOOWYは通んなかったんだけどベース弾くようになってから松井恒松の凄さが分かるようになったよ!!
465 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 18:55:38 ID:jPoaAPSe.net
楽しく読ませてもらったよ
後日談の後日談も楽しみに待ってます
468 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 19:46:50 ID:TVOe5FFp.net
>>465
ありがとう!!
いま会社から帰りながらつらつら書いてます!!
またお時間があれば是非とも!!
470 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 19:51:18 ID:vqN9r5a9.net
リクエストを貰ってあまりにも嬉しかったので駄文ではありますが後後日談を少しだけ語らせてください。

嘘つきました。
少しではありません。
ちょっと書き始めたら止まらなくなりました。
また冗長な駄文になってしまうかもです。
それでもお付き合い頂けましたら、私めは大変嬉しゅうございます。


先に断っておきたいこととしては
本文を楽しんで読んでもらった方がもしいらっしゃれば、これは蛇足になる可能性もあるってこと

あと昨日までに書いた文章と多少時系列が重なる部分があって分かりにくい部分があるかもしれないこと

もし良ければ読んでみて下さい。
471 :後後日マン@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 19:53:08 ID:vqN9r5a9.net
まず本文中でも登場した僕の両親をもう少しだけ紹介したい

以下はスペック

母親
身長172CM
人としても物理的にもデカい人物で僕の自慢の母親なんだ。
顔は布袋寅泰に似ている。
文中でいちいち僕の母親なんて書くと長ったらしいのでホテイトモヤスと母親をひっつけて母ヤスとでも呼称しよう。

父親
身長158CM
本人曰くは猫背なだけで背筋を伸ばすと170CMは越えるらしい。
寡黙だけどたまにそんな冗談を言う気のいい親父だ。
結構厳格なところがあって、ウィノナの一件では僕の頬をガッツリ振りかぶってグーパンチで撃ち抜いた人物だ。
良くも悪くも古風な人間で母ヤスが亭主関白なので、体は小さいけど家では一番偉かった。

ちなみに兄弟も居るが特にお話に絡まない人物だ。
473 :後後日マン@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 19:56:17 ID:vqN9r5a9.net
あ、ごめん。
電車で立ちながらだから間違えてしまったよ!!

続き↓↓

物語は僕の失恋から始めよう。

本文中でもお話したとおり僕は3年間、身を焦がすような恋をして婚約までしたウィノナと別れることになってしまった。まぁ婚約なんてもんはなんだ、おままごとに毛が生えたみたいなもんだな。

ただそれでも大学1年生。
地元よりもずっと都会の街に出てきた僕にとっては本当に辛い出来事だった。
474 :後後日マン@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 19:57:53 ID:vqN9r5a9.net
毎日のように嘔吐を繰り返し体重はみるみる減っていった。
実際自業自得ではあるんだが、この時期はかなり一番辛かった。
必修単位の授業を一発目からおサボりするレベルだった。

ここからはよくある話なんだ。

蒟蒻ゼリーくらいは摂取できるようになった僕は、それからと言うもの酒、タバコ、更に良くない何か、そんな摂取しなくても良い物をどんどん摂取するようになった。

授業のスタートも出遅れた僕にとって救いは音楽だけだった。
475 :後後日マン@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 19:59:03 ID:vqN9r5a9.net
軽音サークルには顔を出したり、ライブハウスで知り合った人間とバンドを組んでライブに出たり、とまぁありきたりな話だよね。

音楽をするにはお金と時間がかかる。学費や生活費も必要だった。
効率よく稼ぐためにギャンブルも覚えた。
主にはパチ、スロ、麻雀だった。実際、普通にバイトするよりは多少なりとも稼げたんだよ。まぁ麻雀自体は勝つためにイカサマも覚えたりした。麻雀は今でも大好きだ。
476 :後後日マン@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 19:59:58 ID:vqN9r5a9.net
僕から拒絶しておいてめちゃくちゃ勝手な話なんだけど、ウィノナが恋しくて仕方なかった。今のウィノナじゃなくて、高校の頃のウィノナが恋しかった。毎日のように彼女の夢を見た。

そんな淋しさを埋める為に音楽とギャンブルに明け暮れた。

僕がいなきゃ生きていけない、そんな風に言ってもらわないと愛してもらっていると実感できなくなったいたんだ。

すっかり対メンヘラ人型兵器の出来上がりだ。
もちろん1年目の取得単位は1桁だった。
477 :後後日マン@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 20:01:52 ID:vqN9r5a9.net
当然のことながら女にも溺れた。
最初は学費に回すぞと貯めていたギャンブルの勝ち分(その発想の時点で誇れたものではないけど)は女遊びのために消えていった。

僕はイケメンでは無いけど、ちょっとやさぐれた雰囲気と多少のお金があれば高望みしなければ割りと女の子には不自由しなかった。

風俗にも足繁く通った。

何度も言うようだけどホントによくある話だよね。
478 :後後日マン@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 20:02:49 ID:vqN9r5a9.net
少し別の話をするね。

僕の家は地元の小さな店舗で居酒屋をやっていたんだ。10人も並んだらもう満員みたいな隠れ家的居酒屋だ。
僕は店をやったことがないから分からないけど地方の小さなこの店舗だけで家族全員を養っていた父ヤスは今思えば途轍もない人物のような気がする。体は小さいけどね。

僕はウィノナと同じ大学に行くというただそれだけのめちゃくちゃ不純な動機で大学を選んだ。
母ヤスなんかはそんなこと百も千も承知だったろうに何も言わなかった。
父ヤスもお前が選んだ道なら文句はない。出せるだけの金は出してやるから俺たち夫婦が見られなかった世界を見てこいと背中を押してくれた。

本当にいい両親だ。今思い出しても涙が出るほどだ。
479 :後後日マン@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 20:23:52 ID:vqN9r5a9.net
無利息の奨学金と自分でこれだけは稼げると提示した金額を足して
大学でかかる学費、生活費を足した金額から差し引いたら、結構な金額が残った。

親父は利息のある奨学金を使うくらいなら俺が出してやるからと申し出てくれたんだ。

きっと将来稼いで返そうって高校生だった僕は誓った。
480 :後後日マン@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 20:24:21 ID:vqN9r5a9.net
が、上記の通りの自堕落っぷりだ。
その上、両親には大学生活はうまく行ってるなんて嘘で塗り固めた報告まで差し上げていた。最低の人間にまで落ちぶれた。
当時の自分が今の目の前に至ら殴るくらいじゃ済まさないね。

ただ、本当にウィノナが恋しくて仕方なかったんだ。
481 :後後日マン@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 20:35:36 ID:WIJGDTvx.net
1年はあっという間に過ぎ去り実家の方にも残念ながら大学から取得単位が明記された成績表が送られてしまった。もちろんなんとか阻止しようとはしたんだけどね。

僕はそんな放蕩っぷりだったから1年間実家には帰らなかったんだけど、遂に父ヤスから怒りの電話があって招集されてしまった。店に来いとだけ言われたんだ。

母ヤスもお客さんも居ない父ヤスの店で1年ぶりに僕は父親と対峙した。
482 :後後日マン@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 20:36:32 ID:WIJGDTvx.net
幼い頃から慣れ親しんだ店だ。暖簾をくぐるたびにそこにはいつもの景色があった。
地震が来たらきっと真っ先に潰れてしまうようなボロボロの店舗のはずなのに父ヤスの絶え間ない努力で保たれた清潔感と優しいおでんの匂い。

招集に応えて舞い戻ったバカ息子はこの日も暖簾をくぐると能天気に同じ感覚になっていた。

所謂ノスタルジー。

を感じたのも束の間、目の前には父ヤスの拳があった。
人生二度目の鉄拳制裁だ。

僕は鼻血をぶちまけた。
483 :後後日マン@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 20:39:51 ID:WIJGDTvx.net
父ヤスは多くを語らなかった。何をしていたんだなんて余計な詮索は全く持ってしなかった。
僕を殴りつけたあとはいつものように店の調理場に佇むばかりだ。

僕は鼻血を拭ったが拭っただけで新たな鼻血が出るばかり。何も言葉は出てこなかった。
僕いつもは地元の人々で賑わう座席に腰掛けて項垂れるばかりだ。

いつも父ヤスがお客さんとそうしているようにカウンター越しの対峙だった。
484 :後後日マン@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 20:40:49 ID:WIJGDTvx.net
カウンターの木目をなぞりながら
「親父、ごめん」
とだけ告げた矢先だった。

目の前にはキンキンに冷えたビールとおでんが差し出された。

厳格な父親でかつ酒の怖さも知っている父ヤスは絶対に目の前で酒を飲むことを許さなかったはずだ。
僕はまだ未成年だ。

「1年ばかし早いが、まぁ飲めよ。母ヤスには内緒やぞ」
父ヤスは無表情にそう言った。
485 :後後日マン@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 20:41:31 ID:WIJGDTvx.net
こんな状況だ。
言えるはずがない。

父ヤスが汗と涙を流して稼いだ金で買ってもらった時間をすべて女とギャンブルとロックに使い果たしました。

そんなこと言えるはずがない。

たった一年前、これは自分の責任だと高らかに宣言した目標金額の達成率は0%です。

そんなこと言えるはずがない。
486 :後後日マン@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 20:42:13 ID:WIJGDTvx.net
僕はこの時、大学を辞める覚悟をした。

ただ一言、親父…と呟いただけなのにそれを制した親父はこんなことを言った。

「全部わかっとる。皆まで言うな。はよに飲めや。」

背伸びをして無茶をして飲む酒では感じたことのないタヒぬほどうまいビールがそこにはあった。

「俺は大学なんていったことないから知らん。ただ一回言うたことや。男やったら卒業せえよ。」

やめるなんてまだ一言も言っていないのにな。
487 :後後日マン@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 20:43:10 ID:WIJGDTvx.net
父ヤス「金のことはええ。気にすんな。」
なんでわかったんだろう。

だいぶ後になって母ヤスから聞いたことだがこの時僕の実家はかなり無理をしていたらしい。
兄弟もいたしね。

その後は静かに夜がふけていった。

もう一杯だけだぞなんて言いながらビール樽が空なろうかと言うほど酒を注いでくれた。
まるで両親が僕に注いでくれた無限の愛情のようにね。
490 :後後日マン@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 20:59:12 ID:WIJGDTvx.net
ベロベロに酔っ払って、父ヤスの激しい嘔吐音に始まった人生最大の二日酔いの朝、僕は更生を決意した。
ぼくの人生の転機はいつも春だった。
そんな風に思い返した。

まずはウィノナを取り戻す。
あれだけ可愛らしかったんだ。彼氏の一人や二人居るだろうが、構いやしない。


だが人生はドラマのようにうまくは行かない。
彼女はどこぞの国に長期留学に飛び出した後だった。彼女の学校には2年生の1年間、単位の交換留学ってのが有るらしいと知ったのはその後だった。

正直やっぱ外人には勝てないって思ってしまう。
自分よりもおチンチンが二倍くらいデカい人に抱かれてるかもしれないって思うとそれだけで怖気づいた。
ドラマだったら僕も留学するんだろうけど、もう最初の1年間を棒に振ってあとには引けなくなっていたんだ。

ホント格好悪いよね。
491 :後後日マン@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 21:00:50 ID:WIJGDTvx.net
この帰省でかつてのバンドメンバーや軽音楽部の面々とも再会したんだ。

それぞれの進学先でうまくやったりやらなかったり。
相変わらず飯田とマンドリルのいちゃこきぶりには閉口したけどね。
良くもそんなにも長く一人の霊長類を愛せるものだ。
492 :後後日マン@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 21:15:52 ID:WIJGDTvx.net
2年生
ドラマならここで生まれ変わる所だが、割りとうまく行かなかった。

無茶な酒やタバコetcは鉄拳制裁でやめられるものだ。
だが女性関係はそうも行かなかった。
しこたまルーズに結びつけた人間関係は早々断ち切れるものじゃあなかった。

別れるならタヒぬなんて言われて高校生の頃の情景がフラッシュバックすることもあった。
バンド遠征から久々に帰宅すると鍵をかけたはずの家が何故か空いていて、住所も教えていないはずの女性がそこにいた事もあった。
いつぞやに撮ったプリクラがわざわざ木工用ボンドで玄関のドアに貼り付けられていたこともあった。

来るもの拒まずどころが進んであさり尽くしたメンヘラの方々の復讐は結構大変なものだったんだ。
恐らく、高校時代にウィノナが受けた攻撃と同じくらいの攻撃力はあったと思う。
それも各人に。

ただこの件に関しては僕に責任があるという点で全く別物ではあった。
493 :後後日マン@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 21:16:33 ID:WIJGDTvx.net
残念ながら、どのメンヘラの方もその魅力はウィノナの足元にも及ばなかった。少なくとも僕にとってはね。

その後卒業までの時間ほぼ全てをそんな関係の精算、取りこぼした単位の回収、そしてその抑圧から解放されるためのバンド活動に費やした。
494 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 22:01:49 ID:iTOLoCjP.net
おっさんだけどギター弾きながらみてる
495 :後後日マン@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 22:03:55 ID:WIJGDTvx.net
>>494
あっざす!!
僕のベースとセッションしたいね!!
498 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 22:06:35 ID:iTOLoCjP.net
ギター下手よw
俺もノニー大好きだった
リアリティバイツとシザーハンズは自分のオールタイムベスト映画ランキング常に上位です
500 :後後日マン@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 22:19:29 ID:WIJGDTvx.net
>>498
楽器で食える人なんてめっちゃ少ないぜ
プロじゃ無かったら皆一緒よ!!

シザーハンズの金髪もいいんだよね。
映画としてもその2本は素晴らしいよね。
あとエイリアン4の頃のめっちゃ髪短い彼女も好きなんだ。
496 :後後日マン@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 22:05:15 ID:WIJGDTvx.net
父ヤス、母ヤスは単位さえ取れていれば卒業さえできるのならと口出ししなかった。

当の僕といえばそんな時間の使い方をしていたものだからすっかり就職活動はおざなりになっていた。

ちなみに父ヤスは僕にも兄弟にも店を継がせる気はないようだった。
この時の僕は知らなかったけど、仕事が原因で母ヤスに苦労をかけることが多かったから継がせたくなかっただとか、そんな風に父ヤスは母ヤスに語ったことがあったらしい。
497 :後後日マン@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 22:06:19 ID:WIJGDTvx.net
就職氷河期でもあり、まともに学校に通っていた人間ですら仕事が決まらないと嘆いていた。

3年以上本気でやっていたつもりだったバンド活動も芽の一つも出やしなかった。
まぁ途中で抜けて別のバンドやったりとかインディーズレーベルに搾取されたりとかそんなありきたりなドラマがそこにはあった。
まぁ所詮親に言われてるから大学の単位が大事だとか言う奴は根本的にはロックじゃないんだろう。僕には向いていなかった。
音楽業界は極端な世渡り上手とほんの一握りの常識の範疇外の天才と音楽以外のすべてを投げ出してそれに賭けて勝った人間しか食っては行けないんだと実感させられた。

そんなこんなで卒業までもう半年を切ってしまった。
499 :後後日マン@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 22:11:00 ID:WIJGDTvx.net
僕の就職は絶望的だと思えた。その日も二次募集に落ちた連絡が入り落ち込んで飛び込んだとあるバーで知らない男性と古いロックの話で意気投合した。
見た目はフランクザッパにちょっと似ている。ザッパさんと呼ぼう。


お前就職困ってんのか?
お前の為に面接を開くから受けに来いよ。
社長に会わせてやる。
そんな感じであれよあれよと面接の日取りが決まった。

まぁこの辺もよくある話かもしれないね。
当時の追い詰められた僕にとっては神か何かに魅入られたんじゃないかって疑うほどのありがたい話だった。
501 :後後日マン@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 22:21:06 ID:WIJGDTvx.net
支店も何もない小さな会社
社員は30人に満たない。 


約束の時間に面接に行くとバーで知り合ったザッパさんと小さめのジャバザハットって感じの社長が待っていた。

普通はオフィスでやるよね。
二人が設けた面接会場はボロボロの喫茶店だった。
僕は大事な話はだいたいこんなボロボロの喫茶店だったなだなんて思い返した。
502 :後後日マン@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 22:22:53 ID:WIJGDTvx.net
注文したコーヒーが届く前にまず訊かれたのは出身大学。
このおじさんそう言えばロックの話をするばかりでそんなことも聞いてなかったなぁと思った。

僕は自分の大学名を告げると、目がほとんど黒目みたいな顔をした社長は目をキラキラ輝かせた。
どうやら同じ大学の出身らしい。

それでその社長は
「君!!校歌を歌ってくれないか??」
そんなこと言った。

僕は大学の校歌など、もののワンフレーズも歌えやしない。

沈黙の中、二人のおじさんは期待している目つきでこちら見ていた。
仮にも歌えたとしてだ。
他の客もいる喫茶店のど真ん中で歌えだなんてそれだけで酷じゃないか。
何、目輝かせてんだって正直悪態をつきたい気持ちは山々だったが僕には他の就職先なんてもう見つかりっこないってのは分かっていたんだ。
503 :後後日マン@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 22:24:23 ID:WIJGDTvx.net
僕はもう自暴自棄になって
「メロディも歌詞のワンフレーズも知りません。申し訳ないです!!」

机に頭を擦り付けて謝った。
社長の落胆或いは憤慨のリアクションを予想したが、存外穏やかな表情をしていた。

社長
「ふむ。なら大学で、引いてはその人生で君は何を得てきたのか話して御覧なさい。1時間あげよう。但し面白くなかったらその時点で終了にします。」

そりゃあもう僕はタヒにもの狂いだったよ。
面白くというフレーズが異常なまでのプレッシャーを放っていた。

僕は
「僕は人生で2回、それはそれは優しい父親に頬をぶたれました」
そんな切りだしで始めたことだけは記憶に残っている。
インパクトが必要だと思ったんだ。
あとはまるでこうしてここに書き殴った内容をつらつらと話をした。

もちろんウィノナの話も出てくる。というかほぼそれが全てだった。
社長も昔はスケベものだったらしく、ウィノナをはじめとした女性関係の話のときの方が楽しそうにしていた。

緊張して気が付いていなかったが、腕時計を見ると1時間は軽く超えていた。僕はそれって合格なんじゃないかな・・・と思いつつずっと話つづけたんだ。
504 :後後日マン@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 22:33:12 ID:WIJGDTvx.net
話がやっと父ヤスに殴られたあの日まで戻ってきたころ、それまで腕組みをしながら聞いていた社長がアイスコーヒーに手を伸ばして切り出したんだ。

社長
「条件付き採用!!」

もし条件が無給とかだったら手放しでは喜べないはずだ。
ましてや業務内容もザッパさんからちらっと聞いている程度で殆ど知らない。
でも僕は焦りと喜びのあまり「ありがとうございます!!頑張ります!!」なんて叫んでいた。

さっきまでかしこまっていた社長は急にべらんめぇ口調みたいなしゃべり方に変貌した。猫をかぶっていたようである。
505 :後後日マン@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 22:34:17 ID:WIJGDTvx.net
実際ザッパさんから説明される雇用条件は並以下だった。
それでもこの申し出は僕にはカンダタにとっての蜘蛛の糸みたいなものだった。
この日は一度家に帰ったがもう心は決まっていた。

面接があまりにも急で履歴書の用意も間に合わなかった僕は、履歴書をへたくそな字で書き纏め、まず自宅にあった10冊の本の感想文をA4用紙にびっしりと書き殴り、面接でもらった入社に際しての必要書面を全て署名して翌日、会社に持参した。

社長曰くは、「おめぇ字、きったねぇな」だけだった。

あとあと聞くにはやはり一社会人として面接ではちゃんと大人な対応をしなければと猫をかぶっていたらしい。あ、こいつうちに来るなーちょろいなーと思ったから猫をかぶるのをやめたそうだ。
校歌については社長も歌えないらしい。
僕が歌えないと告白した時は内心やっぱりぃ~~~?なんて思っていたらしい。
506 :後後日マン@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 22:34:49 ID:WIJGDTvx.net
僕はただなんとなく自分が必要とされているって気がして嬉しかったんだ。
ウィノナの一件からずっとそんな感覚が染み付いているんだろう。

結局100冊の読書感想文と共に僕は入社することになった。

社長は本当に熱心にいい年こいた人間の読書感想文を読んでくれた。
営業の9割はアウトプットだ!!短く分かりやすく!!だとか
お前の文章は冗長だ!!

よく説教されたものだ。
ただ説教をしながらも社長は何か楽しそうだったっけな。
僕もそうして自分の書いた文章に反応をもらえることが嬉しかった。

そう。だから今こうしてここに書き殴ってしまうんだ。

兎に角、僕はまた人に人生を救われたんだ。
507 :後後日マン@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 22:36:22 ID:WIJGDTvx.net
会社の話は特に楽しくはないから割愛をする。
普通の商品を普通に営業する会社だ。

ドラマだったらここで社長やザッパさんがすげぇ有能だったりするんだろうが、彼らはどちらかと言えば無能だ。僕が言うのも何なんだけどね。

社員全員がそんな感じで、のらりくらり、多くを望まずやっている会社なんだ。

ただ社長と同様にみんないい人柄なんだ。
給料は全然上がらないけど、僕を救ってくれた恩はまだまだ返せていないと思うから、もっとこの会社で頑張らなきゃねって思うんだよね。
508 :後後日マン@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 22:37:35 ID:WIJGDTvx.net
ちなみに入社後の僕は社長とザッパさんと会社の経理のベテラン社員と麻雀仲間だったんだ。
社長は最近の若いやつは麻雀もできねぇって怒っていたし、多分麻雀が出来るだけで僕のことを気に入ってくれていた。もちろん、彼らと卓を囲むときは僕はイカサマをしていた。給料安いから仕方ないね。

話がそれちゃったね。
先日、このジャバザ社長が亡くなったからついつい書いてしまった。
“社長見てますか?僕の文章はまだまだ冗長ですよ。”
なんて言ってこのスレを見せたい。てんめぇこの野郎なんて言って怒るだろう。

ちなみにザッパさんが社長業務を引き継いだ。
509 :後後日マン@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 22:38:16 ID:WIJGDTvx.net
やっと嫁との出会いについてです。
ホントに冗長でごめんなさいね。
510 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 22:47:01 ID:nJWecSCg.net
>>509
お前、そろそろタヒぬのか?

なんか、タヒを目前にした人間の悲壮感のような
吐き出し方だ。
511 :後後日マン@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 22:53:36 ID:WIJGDTvx.net
>>510
タヒなねぇタヒなねぇ
まぁこんなにグダグダ脈略なく吐き出すんだ
タヒねと思われることはあるかもしれないけど
なんか心配かけてすまんなwww


まぁ最近色々思うことがあった
ただそれだけです
512 :後後日マン@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 23:00:40 ID:WIJGDTvx.net
僕の嫁さんもほんとによくある話だ
会社の先輩なんだ。

入社してからもずっとウィノナのことを引きずっていた僕は彼女のことなんて恋愛対象としてみた事はなかったんだ。
見た目はウィノナと全然違う。
特攻服を着せたなら似合いそうな茶髪のネーチャンだ。
まぁそれでも実際僕にはもったいない美人だとは思うけどね。


メンヘラの方々との精算も時間が解決してくれつつあり、真っ当な社会人になりつつあった2年目くらいに会社の飲み会で酔っ払ってしまった彼女がもう一軒いこうって誘ってきたんだ。
513 :後後日マン@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 23:19:32 ID:WIJGDTvx.net
それまでの僕と言えばちゃんとした恋愛はウィノナとのだけだったんだ。
それ以降はメンヘラさんばかりだった。

嫁さんは竹を割ったような性格で
多分高校のときのあの事件が彼女に降り掛かったとしてもきっと一人で解決してしまえそうな強さを持っていた。

全く正反対の人種だったんだよ。
僕の常識にはない女性だった。

会社でもわりとぶっきらぼうで男みたいな人だな、と思っていた。

たまたま二人で酔っ払った日
普段、ぶっきらぼうだったこの女性は少し頬お赤らめて初めて僕の目に女性らしく写ったんだ。
514 :後後日マン@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 23:46:27 ID:WIJGDTvx.net
月に一度くらい
どちらともなく誘っては飲みに行って
ちょうど一年くらいになろうとしたとき

当時の嫁はいつになく神妙な面持ちでこんなことを言ったんだ
「あんたさ、運命って決まってると思う?」

僕は素直にわからないと答えたんだ。
自分で切り開いてきたつもりの人生、振り返れば人に助けられてばかりだった。

「どうしてそんなことを聞くんですか?」

そう訊くと当時の嫁は

「私ね、お父さんが893なんだよね…」

そんな感じで切り出した。
そこからは雪崩のように彼女は崩れた。
いつも気丈に振る舞ったり、少し人を近づけさせないオーラを纏っていたことも全部その事実を悟られない為だったこと
人並みに恋愛をしたりもしたけど昨日5年も連れ添った人にその事実が原因で別れを告げられたこと
そんなことをつらつらと語っていた。
515 :後後日マン@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 23:58:56 ID:WIJGDTvx.net
ウィノナとは正反対の女性を1年かけて少しずつ好きになっていっていたんだ。

僕はまるで運命に従うように、人に助けられてばかりだった人生の何かを変えたいと思った。
出来るはずだった努力もしないで失ったことを嘆くばかりだった今をこの人と一緒なら変えられるんじゃないかって感じたんだ。

自分の手で誰か一人を最後まで救いたいって思ったんだ。

それでこんなことを言ったんだ。
「仮に先輩が生まれだとか家系だとか、そんな障壁を運命だって謂うのなら、僕がそんな運命を変えたい。仮にその運命があなたと言う人格を作り上げたと言うなら、僕が先輩を好きになるのもまた運命です。」

安い居酒屋のボックス席だった。
ロマンチックさのかけらもない場所で僕は厨二病を再発した。
516 :後後日マン@\(^o^)/ 2017/07/04(火) 00:01:41 ID:da+pOfaB.net
彼女は今までに見せたことのない表情で泣いて、笑った。
付き合いましょうなんて言葉はどこにもなかったけど、この日依頼この女性は僕の特別な存在になった。

ちなみに付き合って下さいと申し込んだのは、何回目かの性交をしている最中だったね。


運命なんてどうのこうの宣っておいて
僕はそんな運命に4年間も翻弄された。
517 :後後日マン@\(^o^)/ 2017/07/04(火) 00:06:19 ID:da+pOfaB.net
まず彼女の生まれの運命

父ヤスは職業柄、893の悪い部分をたくさん知っていた。勿論いい部分もあるんだろうけど。
彼女との結婚を申し込みに行った時は人生三度目の鉄拳制裁を食らった。

彼女の父、当の893の本人にも会いに行った。自分勝手な人物でよく彼女が生まれてきたなと驚いたよ。まぁ反面教師ってやつだろうね。
彼女の父は自分が結婚式に出席できないならば結婚は許さないと言った。

僕は二人の父親の間で板挟みだった。
518 :後後日マン@\(^o^)/ 2017/07/04(火) 00:10:09 ID:da+pOfaB.net
そして寿命という名の運命。

こんな揉め事の最中に父ヤスには癌が見つかった。
見舞いに行った病室でも俺は結婚を許さない、出ていけの一点張りだった。

陰ながら母ヤスは僕の結婚を応援してくれていたようで、反対する父ヤスの前では言えなかったがなんとか父ヤスに僕達の結婚式を見せたいと泣いていた。
それはもう今までに見たことないくらいに。
519 :後後日マン@\(^o^)/ 2017/07/04(火) 00:17:02 ID:da+pOfaB.net
ちゃんとした解決方法じゃないかもしれない。
何年も苦悩する僕達をみてなのか。
僕達を困らせる旦那の姿を見てなのか。
彼女の母は自分勝手な893の父と離婚することを決意した。
戸籍上は僕の奥さんは893の娘ではなくなったんだ。

ただ父ヤスに残された時間は長くはなかったし、彼は最後まで頑固者だった。結局、結婚については好きにしろとだけ言ったが母ヤスの望むように結婚式に出るということについては拒否を続けた。
520 :後後日マン@\(^o^)/ 2017/07/04(火) 00:20:53 ID:da+pOfaB.net
結局、僕たちはどちらの父親も出席しない形で結婚式をあげることになったんだ。

勿論、結婚式自体はとても幸せなものだった。
会社の人、軽音楽部の人、大学で世話になった人、僕の運命を彩ってくれたすべての人が出席してくれた。

たった一人、本当に晴れ姿を見せたかった父親を除いてね。
521 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/04(火) 00:25:02 ID:41bIPj4o.net
>>1さんに聞きたいんですけど
入部のときに先輩がいなかったのはなんでですか?
廃部になりそうな部活だったんですか?

疑っているわけじゃなく、個人的に事情があって知りたいです
523 :後後日マン@\(^o^)/ 2017/07/04(火) 00:29:43 ID:da+pOfaB.net
>>521
あ、そりゃあ居たよ。ただでさえ冗長な僕の文だからね。
先輩たちの話まで書いてたら多分えらいことになってたんじゃないかな。
524 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/04(火) 00:31:09 ID:41bIPj4o.net
>>523
助かった、
ありがとう
527 :後後日マン@\(^o^)/ 2017/07/04(火) 00:37:01 ID:da+pOfaB.net
>>524
いえいえ!!
でももう僕の母校の軽音楽部はなくなってしまったよ。顧問の先生が学校変わっちゃったからね。
その代わり新しい軽音楽部がまた何処かで生まれたはずだ。
522 :後後日マン@\(^o^)/ 2017/07/04(火) 00:28:36 ID:da+pOfaB.net
結婚式の時期としては丁度去年だ。
去年と言っても秋頃だからつい最近のことだね。
飯田とマンドリルの結婚式の直後にあたる。

実際は飯田とマンドリルの結婚式の一週間後、先代の社長が亡くなった。
その一週間後が僕達の結婚式だったんだ。
結婚式で僕達の馴れ初めのスピーチを寝る間も惜しんで考えてくれていた矢先の出来事だった。

僕は自分の結婚式の喜びも、本来スピーチする人の不在の悲しみも、一番見せたかった人に晴れ姿を見せられなかった不甲斐なさも
全て一気に受け止めなければならなかった。
526 :後後日マン@\(^o^)/ 2017/07/04(火) 00:35:33 ID:da+pOfaB.net
そして僕達の結婚式のおおよそ一週間後、父ヤスは逝ってしまった。

結婚式の翌日、母ヤスに式の写真を見せられた父ヤスは泣いたらしい。
母ヤスは彼が泣くところをはじめて見たそうだ。

もう言葉もそれほど発することが出来なかった父ヤスは自分の頑固さを悔やんで泣いたそうだ。
529 :後後日マン@\(^o^)/ 2017/07/04(火) 00:42:37 ID:da+pOfaB.net
新婚旅行のための休暇を使って僕と嫁は父ヤスの側に居ることにした。
最期の一週間、父ヤスはほとんど言葉も発せなかった。

僕はいつぞやの自分みたいにただ「親父、ろくな恩返しも出来ずにごめんな」としか言えなかった。

父ヤスが最期に残した言葉はそんな僕の謝罪に対して
「親ってものは子供に甘えられるのが本分や。お前には十分甘えてもらった。甘やかした甲斐あってお前は立派に育ったこと。俺は親として幸せだった。」
だった。

僕は結局運命に振り回されて何もできなかった自分が不甲斐なくて何も言えなかった。
その日の夜、父ヤスは二度と話さなくなった。
530 :後後日マン@\(^o^)/ 2017/07/04(火) 00:56:20 ID:da+pOfaB.net
もう一度、本気で頬をぶち破るくらいに殴ってほしい。
そう思ってももうそれは二度と叶いはしない。

この間に続いた極度の感情の起伏で僕は数ヶ月、精神を病んでいたんだろうね。


やっと元の精神状態を取り戻したのはつい一月前のこと。
母ヤスに父ヤスの遺書を見せられてのことだった。

こんなことが書かれてたんだ。
お前がこの人生で得た最も大切な物は“人”だ。俺も人に助けられてばかりだった。
タヒを目の前にして思うのは、それは自分の作り上げたかけがえのない財産だったということだ。
特にお前が貰う嫁さんはその中でも一番の財産だ。タヒぬまで守りなさい。
俺みたいにつまらない意地を張る人間にならずにあの嫁さんを大切にして、人に感謝をしてタヒになさい。
いつまでも泣いていないで人に笑顔を与えなさい。

そんな激励だったんだ。
531 :後後日マン@\(^o^)/ 2017/07/04(火) 01:03:36 ID:da+pOfaB.net
それでだ。
僕の過去にあった一番大きな後悔。
本文に書いたあのメールの件だ。

それをどうしても整理したかったんだ。

先代の社長が教えてくれたようにアウトプットする事によって整理をしようと思ったんだ。
ここにレスをくれた人はそれを手伝ってくれた。

一週間くらい頭を整理して、過去に繋がるメールを消し去ってから思い切ってここに書き出してみたんだ。
人に説明をしようと色々思い出すたび少しずつ分かった。

すべてが繋がっているって。
532 :後後日マン@\(^o^)/ 2017/07/04(火) 01:09:34 ID:da+pOfaB.net
全然ここには説明出来なかったけど、僕は今の奥さんが本当に大好きなんだ。
付き合ってから結婚までの間、ここには書ききれない想い出がいっぱいなんだ。

だからこそ、もう一人の大事な人、ウィノナとある意味決別したかったんだ。
こんな風に掲示板の中の一つのつまらないスレッドとして。

この一ヶ月で自分を取り戻したように思う。
顔も知らない人にはなおのこと気丈に振る舞えるし、僕にとっての青春に興味を抱いてくれる人がいたことは驚きもしたし感謝もしてる。
534 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/04(火) 01:15:01 ID:da+pOfaB.net
こんな風にここを利用して本当に申し訳ありませんでした。
どうしても、自分があの本文を書いた真意まで語りたくなってしまったんだ。
その後の本当の自分のことまで語りたくなってしまったんだ。
後後日談を楽しみにしてると書き込んでくれた人には本当に申し訳ない。楽しませる気のないものになってしまった。


でもこうして全てをここに吐き出せて僕はただ一人満足してます。蛇足ではありましたが、もしもここまで読んでくれた人がいたらその人には本当に感謝しないといけないですね。

3日間付き合ってくれた方本当にありがとう。
533 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/04(火) 01:10:55 ID:eRBTSPL7.net
お疲れちゃん(^ ^)
535 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/04(火) 01:16:48 ID:da+pOfaB.net
>>533
ありがとう。
面白くもないものに付き合ってくれて本当にありがとう。
538 :441@\(^o^)/ 2017/07/04(火) 01:22:49 ID:UU7Mo/kk.net
>>446
返信ありがとう!遅くなってすまない
責任なんてそんな重く受け止めないでほしい
>>1の独り言にこちらは勝手にあれこれ思い巡らせてもらってるだけ
それ以上でもそれ以下でもなくていいんじゃないかな

そうなのかー
最後の部分で久しぶりに連絡とろうと思ってメールフォルダ開いたってあったから最近?不審なメールが発覚してからも連絡とろうと試みたのかなと思って
まあウィノナにとっても良い思い出ばかりじゃないだろうから触れないでおくのも優しさなのかもね
あの頃はこうだったっていつか本音で話せる時がきても楽しみだね

「結果オールライト」って文言に伊坂幸太郎の小説を思い出しただけなんだけどねw
俺もオーデュボンの祈り好きだから嬉しいね
「残り全部バケーション」なんてのもポップで読みやすいよ
知ってるかもしれないけどw
後日の後日談もゆっくり読ませて頂きます
お疲れ様でした
ありがとう
541 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/04(火) 01:36:57 ID:da+pOfaB.net
>>538
そうだね
ただの独り言のはずなのにみんなすごく優しいんだもの。
君は特に優しいんじゃないかな。

ウィノナは過去においてきた大好きな人、今の奥さんは目の前に存在する大好きな人、
僕は自分の人生を思い返したときに二人の存在を整理したかったんだ。
過去の自分の選択も結果オールライトに出来るようにって思うんだ。

優しい君が影響を受けた本ならきっと素敵な内容だ。
伊坂幸太郎、もっといっぱい読んでみるよ!!
536 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/04(火) 01:21:01 ID:eRBTSPL7.net
面白かったよ
まだ新婚さんなんだね
そしてお父様、ご愁傷様です
立派な方だね
540 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/04(火) 01:27:47 ID:da+pOfaB.net
>>536
面白かったかなぁ
なんだかそういう風に優しいレスをくれる人たちが沢山いたから
聞いて欲しくなってしまったんだ。
ごめんね

いつまでも落ち込んでいられないよね

僕に子供ができたら僕の両親みたいに無限の愛を子供に注ぎたいなって思うよ
542 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/04(火) 01:42:23 ID:eRBTSPL7.net
>>540
子供は可愛いよー!

それでも自分を犠牲にするのは大変
経済的に厳しくても進学させてくれたご両親は立派だね

俺も高校の時、同級生でちょっとウィノナに似てた子が好きだったし、音楽も好きで低レベルな文化祭バンドやったりしたから、なんか共感しまくり
543 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/04(火) 01:50:02 ID:da+pOfaB.net
>>542
ほんとに子供は可愛いよね。人の子ですらあんなに可愛いんだ。
自分の子になったら一体どれほど可愛いのだろう。

うん。
父親がもう一つ立派だったのは、店のお客さんには保険を扱う人もたくさんいたんだ。
彼らへの付き合いってのもあるだろうけど、母親に苦労させないようちゃんとそんなにいらないだろって生命保険に入ってたことだ。
お陰で母親は経済的に困窮せずに済んでるよ。
僕もお金として借りた物は全て返すことができた。
でも親から貰った愛情とか恩ってのはなかなか返すことができないね。


そうだね。
あの手の顔の子ってたまにいるよね。日本人でも。

自分で気付いてなかったけど多分、共感してもらうってのが僕は嬉しいんだと思う。付き合ってくれてほんとにありがとう!!
544 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/04(火) 01:50:31 ID:eRBTSPL7.net
ぽけ~っと生きてきたからあまりハードな経験はないけどね
545 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/04(火) 01:52:02 ID:da+pOfaB.net
>>544
経験がハードだとかソフトだとかは関係ないよ。
僕はただ誰しもが経験するような恋愛を自分でこじらせただけだしね。
546 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/04(火) 01:57:42 ID:eRBTSPL7.net
1の音楽の趣味に年齢詐称を疑ったけど、彼女の音楽の好みで納得
547 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/04(火) 02:07:27 ID:da+pOfaB.net
>>546
そうだね。疑われるくらい結構幅は広いと思う
趣味も含めてここに書いたことは個人を特定できる情報以外は全部ホントだよ。

当時はL’Arc~en~Ciel派とグレイ派がいた時代だったね。
549 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/04(火) 02:11:41 ID:eRBTSPL7.net
>>547
俺はNirvana直撃世代w
おかげでギターは上手くならなかったよ
551 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/04(火) 02:24:17 ID:da+pOfaB.net
>>549
じゃあちょっと世代が上なのかな??
NIRVANAは僕も大好きだよ。
カートコバーンに憧れて27歳でタヒのうとしたくらいにねwww
548 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/04(火) 02:10:42 ID:imFeC6Wd.net
1は誰かを救わなきゃ、誰かのために自分を犠牲にして生きなきゃと背負い込みすぎてるかもしれないけど、1はできることをできるだけやればいいんだよ。
私自身が大好きな作家に言われた言葉です。
ウィノナのことが気になってるかもしれないけど、別れたらウィノナはウィノナの人生。1は目の前の奥さんと家庭を大事にしてね。
ウィノナのことは過去のこととして整理して幸せを祈ってるくらいの方がウィノナはウィノナとして幸せになろうって思えるようになりそう。
いいスレでした、ありがとう。
550 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/04(火) 02:21:45 ID:da+pOfaB.net
>>548
すごく嬉しいレスをありがとう。
あなたの言うとおりで僕はそんな風にこだわり過ぎていたと思う。
過去は過去のことだって思わなきゃね。
書いててなお思ったんだよ。
この今も過去が僕にくれたものなんだって。
だから自分の過去も愛せるように、笑って思い出せる事実になるようにあなたの言うように今の幸せのために精一杯生きようと思うよ。

本当にありがとう!!
552 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/04(火) 02:31:05 ID:da+pOfaB.net
飯田とマンドリルの式のあと、僕がウィノナに送ろうと思ったのは自分の結婚報告だったんだ。

結局送れないまま、いろんな感情の波に飲まれてしまったけど

送れないほうが良かったのかもね
いろんな意味でね
555 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/04(火) 02:53:25 ID:UU7Mo/kk.net
>>552
気付けばまた深夜だねww
ホント体調には気を付けろよ!
559 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/04(火) 03:05:37 ID:da+pOfaB.net
>>555
ありがとね!!
色々なことがあって、まだよく眠れないんだ
だから時間気にせず書き込めるここはすごくありがたかったよ
深夜まで付き合ってくれてありがとうね!!
556 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/04(火) 02:57:09 ID:eRBTSPL7.net
>>552
ウィノナがそれ聞いて素直に祝福できるなら多分結婚式に来てただろうし送れなくて良かったんじゃない?

男は答え合わせしたがるけど本当の正解なんてないよ

共通の友達も居るし、神様とか運命とかよくわからないけど、機が熟したら再会する事もあるさ
その時お互い幸せならいいね
560 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/04(火) 03:06:46 ID:da+pOfaB.net
>>556
そうだね。
幸せになった彼女との再会があると信じたい!!
553 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/04(火) 02:35:58 ID:eRBTSPL7.net
確か高校一年の時にNever mind
リアリティバイツは大学だったな

奥さんと仲良くね(^ ^)
俺もかみさんもっと大切にしようと反省

1とセッションして酒飲みたいよ
557 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/04(火) 03:00:35 ID:da+pOfaB.net
>>553
そのネバーマインドが僕に届いた最後の謎メールのアドレスだったんだよ。
どういう意味だったんだろうか…

そうだね。
僕もだいぶ復調したし、家庭に迷惑をかけない趣味の範囲でまたライブハウスに立てたならって思ってるんだよ。

今は家でまた練習生活なんだ。
セッションは叶わないけどお互い嫁にバンバン楽器をきかせよう
554 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/04(火) 02:52:33 ID:UU7Mo/kk.net
「結婚報告」
こればかりは受け取り手の主観に依るからなー
それに仮に仮に万が一にも恨みメールの送り主がウィノナだった場合(考えたくは無いけど)ノロケと捉えられる可能性もあるから恨みが増幅するかも・・・

って書きながら思ったんだがウィノナよりもレナorレナ母の方が送り主説は強いかもな
当時と手法が似てるってのがメンヘラの特徴でもありそうだ
558 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/04(火) 03:04:22 ID:da+pOfaB.net
>>554
そうなんだよね。
僕が一番最初に疑ったのはレナ母だったよ。今もそうだと思ってるしメールが止まってたのは単純に諦めただけだったらいいのにって思う。
でも、もしかしたらウィノナかもって思うと結婚報告はできなかったんだよ。
562 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/04(火) 08:07:13 ID:Oua8sc+k.net
>>1
三日間お疲れ様
>>1は酷い目に遭っても心の底から狂いきることが出来ないみたいで苦しいだろうけど俺は尊敬する
個人的には>>437の考え方を覚えておこうと思った
過去を肯定するっていうのは凄く時間のかかる難しいことだと思うよ
571 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/04(火) 14:48:43 ID:jpUx3r3+.net
>>562
そうだね。
狂うって何なんだろうね。

僕も僕とて
ただただ皆さんの優しさに甘えて好きなだけ自分の言いたいこと吐き出して

人によっては狂ってるって言われちゃうかもね

でもあなたの優しい言葉に救われます
ありがとう!!
564 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/04(火) 11:08:21 ID:hawimPW5.net
この三日間全く仕事できなかったぜ
明日から頑張るよありがとう
573 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/04(火) 14:50:46 ID:jpUx3r3+.net
>>564
ほんとにそうだったとしたらすごくごめんなさい。
うん!!
僕も頑張る活力をもらえたよー!!
今から遅めのお昼ごはん食べて今日も頑張るよ!!
ありがとね!!
565 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/04(火) 12:35:40 ID:9DxeOk1C.net
1さん、とても心にしみる良いスレでした。
聞かせてくれて感謝です。
574 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/04(火) 14:52:01 ID:jpUx3r3+.net
>>565
いえ、感謝するのはこちらの方です。
ある種のセラピーみたいな感覚でした。

正直2ちゃんねるに期待はしていなかったから尚の事嬉しかったよ。

本当にありがとう!!
567 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/04(火) 13:43:26 ID:IfRXu4so.net
たーーのしかった!
おつかれさま♪
575 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/04(火) 14:53:02 ID:jpUx3r3+.net
>>567
人生って生きてるだけで疲れてしまうこと多いよね
お互いお疲れ様だと思います。

こうしてレスをもらえただけで
僕には今日頑張る気力がもらえました。
ありがとう!!
576 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/04(火) 16:08:58 ID:Yn5P4SvL.net
あ~面白かった
ホントに良スレ有難う
久々に感動できた
577 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/04(火) 20:28:35 ID:zAHwTKxR.net
>>576
ありがとう!!
盛り上がりもオチもない話だったと思うけどそう思ってもらえて本当に嬉しいよ!!
581 :>>1@\(^o^)/ 2017/07/05(水) 02:00:03 ID:u1DjesdY.net
未練がましくスレに残って申し訳ありません。
このスレ中にもあったように僕はこの件を過去のものにしたいので、この書き込みを最後に去りたいと思います。

僕がこの書き込みをする迄
僕に対しての中傷が全くなかったこと。
本当に驚いています。
もっと殺伐としているものだと思っていました。
見えない所で不快にさせてしまった方も居たかもしれないし、レスを返しそこねた方もいたかもしれないです。
もう一度改めて謝罪とお礼を。

最後にもうレスだけ書き込みさせて下さい。
582 :>>1@\(^o^)/ 2017/07/05(水) 02:21:46 ID:u1DjesdY.net
僕はきっと泣き虫で、スレにも書き込んだけど人生でたくさんの涙を流して来ました。

人生で僕が一番涙を流したのは
このスレの文中にはなかったけど

父親の体調が悪化して、店をたたむことになって、最後の営業日の翌日。
母親と店の片付けが完了した時でした。

普段たくさんのおばんざいが並んだネタケースが空になったのを見た時。
店内に立ち込めていた出汁と人情の匂いを洗い流した業務用洗剤の匂いを嗅いだ時。
そんな時でした。
その時の涙はそれはもう厨二病的に言えば“慟哭”でした。

僕が実感したのは人はタヒという一つの終わりよりもモノの消失の方がより現実味を感じるということ。
特に僕にとっての父の店は普遍性の象徴みたいなものでしたから、一層そう感じたのだと思います。


たくさんの優しい人が僕を励ましてくれたこのスレもの、きっとそういう“モノ”と同様に過去の“モノ”になっていきます。
それを象徴として僕の中にあった靄靄を過去の“モノ”にしていければなんて思います。


馬鹿にされるかもしれない。
たかだか2ちゃんねるの一つのスレじゃねぇか。
書き込んでるの殆どお前じゃねぇか。
でも僕は確かに顔も見えない人たちの優しさを感じたんだ。
大げさだよと馬鹿にされても構わないからもう一度だけお礼を言いたい。

そして、また僕が“今”とこれからを語ることができるようになったら
またいつかこんな風に僕の独り言を聞いて欲しい。次は過去の話じゃなくて、未来の話をしたい。そう思った。また皆さんの優しさに甘えてしまったらごめんよ。
まだまだ先になるような気がするし、それは永遠に来ない可能性もあるけど。

またいつか
どこかの未来でお会いしましょう!!

それでは!!
左様なら!!
583 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/05(水) 07:05:29 ID:HxArVRmn.net
おお靄靄使ってくれてる
>>1
584 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/07/05(水) 09:09:02 ID:pmj8kXjD.net
人との出会いや今という時間を大切にせななと気付かせてくれた>>1に幸あれ!
乙でした!
引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news4viptasu/1498869073


1001: 以下、管理人が読んで面白かった記事です。: 2017年7月24日 10:49 ID:shurabahoka

注目の記事記事

他サイト人気記事

コメント一覧