719 :名無しさん@おーぷん
決して人には話せないけど、整理して文章にして吐き出す事で気持が楽になるかな、と思い立ちました。
ある小さな悪夢の記憶が、平凡な私の人生のところどころで影響を及ぼしている気がします。
最近ちょっとしたことで、当時をとても鮮明に思い出しました。
長くてすみません。不快に思う人も居ると思うので、どうぞ無視してくださって結構です。

ありがちかもしれないけど、小学校1年生の時に変質者にあった。男は同じマンションの住人だった。
両親共に働いてて、毎日寂しいから学校から帰ってすぐ友達のところへ行っていた。多分いつも一人で鍵を開けるところを見られてたんだと思う。
たまにすれ違うおじさん(おにいさん?)に、マンションの廊下の隅っこでいたずらされた。
後ろからガッてつかまれて、お母さん!?急に帰ってきた!?とか思って笑顔で振り向いたら「何このオジサン」で、ショックだったのを覚えてる。息が臭かった。
大声なんて出せるはずもなく、終わった後もしばらく動けなくて、その日は友達との約束すっぽかして家の押し入れでずっと布団にくるまっていた。
なんとなく、ものすごく恥ずかしくて屈辱的なことをされたことは分かってた。恐怖と怒りと、それから友達との約束を破った罪悪感で苦しかった。
局部から血が出てて、トイレとお風呂がしみて痛かった。

翌朝パンツが血だらけで、母親に見つかり、前日夕飯をあまり食べなかったこともあって「病気かも」と優しく心配されて、初めてどっと泣いた。
学校を休んで、母も仕事を休んで、近所の小児科に連れてかれた。
手で広げられたりしてすごく痛かったけど、なにより物心ついた時から知ってる先生の前で足を広げるのは恥ずかしかった。
あまり覚えてないけど、たしか外側に小さい傷があって「転んでぶつけた」などと言ってごまかしたんだと思う(何年も後に自分で知ったけど、膜は無事だった)
もしかしたら当時小児科の先生と母親は私の挙動からなにか気づいてたかもしれない。でもそれ以上何も聞かれなくて、そのまま誰にも言わなかった。
その後もたまに男を見かけては、見つからないように逃げて隠れた。心がぐちゃぐちゃだった。途中から不思議と全く会わなくなったけど。


720 :名無しさん@おーぷん
文長過ぎる、、、すみません

一時は大好きだった父親にも触れないほど男性が怖かったけど、だんだん6歳ながらにも「嫌な事にも逆らえない、ボンヤリ大人しいままじゃだめだ!」と思い、
それまで地味キャラだったのを無理矢理に明るいキャラに転身して(男子のちょっかいに反撃したり、いきなり演劇会の主役に立候補するなど、担任もびっくり)
本当に単純でアホな考えでトラウマ克服を図り、そのまま、素は超ネクラ無理矢理明るい強いキャラのまま大人になってしまった。

書かずにはいられないのだけど、小学校5年生の初めての性教育で、された行為の意味を知って第二のショック、喪失感、更なる嫌悪感を覚えた。
中学生になって周りの友達が色めき立つと同時に「早く同年代のかっこいい男子とそういう事をして、あの汚れた記憶を薄めたい」というような気持になった。
ようやくできた彼氏とは結局怖くて最後までできず、未遂でも恥ずかしくて怖くてショックだったけど、でもあの日のショックが薄れたみたいで嬉しかった。
少なくとも今回は自分が好きな同年代の男の子だったから。
「中学生なのに」と批判されると思うけど、とにかくタフになりたかった。あの日のあんなことなんかカスリ傷程度ですよ、と言えるくらいに。
もう少し考え無しだったらそのままビ○チ→なんやかんや→風俗とかになってたかもしれない。(風俗をのお仕事をバカにしてる訳じゃないです。上手い書き方ができずごめんなさい。)

その後は高校、大学、就職と年齢相応の普通の恋愛ができた。でも恋愛なんかより、勉強や慈善活動、本当に親しい友人、仕事とどんどん世界が広がって、そうやって気持に
余裕ができることが一番心によかったと思う。時間の解決がなによりもあったと思うけど。電車の痴漢も最初は傷ついたけど、勇気を出して正しく対応できるようになった。

最近結婚して、久しぶりに実家に帰った。そしたら、本当に偶然だと思うんだけど、例の男に会ってしまった。マンションの前の通りで男とすれ違った。
あれから25年もたっているのに、すぐにわかって、じっと男を見てしまった。男が覚えてるか気づいてるかは知らないけど、すれ違う時に口パクでなにか言ってた。
たまたま独り言で、私に対してじゃないかもしれないけど、目が合って怖かった。
フラッシュバックでいろいろ思い出してしまい、それ以来、男を残忍な方法で痛めつけてコ□す妄想をずっとしている。映画のスプラッタシーンとかも置き換えてしまう。
夫には絶対言えないし、この過去と黒い気持ちは墓までもっていくつもり。でも上手い笑い話にしてしまって誰かに打ち明けたい気持もある。
誰か、一緒に笑って「たいしたことないじゃん、結構みんな経験してるよ」とか嫌みなく言って、それからちょっと慰めてくれる強い女性と会いたい。

長文駄文すみませんでした。
721 :名無しさん@おーぷん
ごめん、同じと言えるかどうかは分からない。
でも気持ちは分かる。
役不足かもしれないので、そのつもりで読んでほしい。

私は血のつながらない父親。小学校3〜4年生ぐらい。はっきり覚えてない。
見た目、気弱でとってもいい人(?)かもしれない。
実母は知っていたかどうか知らない。
でもいかがわしい事をしたというのは知ってたと思う。
(私も言ったし)
でも母は、娘を犠牲にしても新しい夫との結婚を守りたかったのかもしれない。
よく分からない

一緒に笑ってあげられなくてごめん。自分も弱くて慰めてもあげられない…本当ごめん
だけど気持ちはすごくよく分かったので何か書きたくなった。
何の役にも立たないのにごめんね。
722 :名無しさん@おーぷん
追記
アンカー付けてなかったねw>>720宛てです。分かると思うけどw

せめて、慰めになるかどうか分からないけど、私は今の夫に会えてよかった。
アホだけど基本的な人の気持ちを汲み取るのはうまい人。
夫には全て話した。
誰かに受け止めてもらえるだけで随分変わるよ。
誰かリアルで話せる人が出来たら(かなり難しいかもしれないけど)
少し違ってくるかも。
私がリアルの友達になりたいぐらいだ。
723 :名無しさん@おーぷん
よくある痴漢程度しか被害にあったことがないけど、
リアルで知り合いだったら一緒にコロしたいと冷たい憎悪がわいてくる
直接手を下すのではなく、だが計画を計算し尽して
そいつらが生まれてきたことを後悔するぐらいのひどいやり方で、倍返し以上の目にあわせたい
おふたりとも(の相手)にね
724 :名無しさん@おーぷん
痴漢とか小さい子に暴行する奴ら、全員高層ビルから突き落してコンクリの染みに
してやりたいな
725 :名無しさん@おーぷん
でも突き落としだと痛みは一瞬だよね…
726 :名無しさん@おーぷん
>>720-721
そのようなことをやるような変質者だから
被害者はあなた方だけではないかもしれない
特に、720さんの変質者は
直接手を汚さなくても自ら地獄へ足を突っ込むか
他の被害者によって地獄を見させられてるかも、て思う
月並みの言い方しかできないけど
いつか心の傷が癒えることを祈ってます

727 :名無しさん@おーぷん
720です
文字にした時は、具体的に思い出しちゃってちょっと後悔もしたけど
こうやって人からレスポンスをもらって、なんかとても救われる気持ちがする
書いてよかった。レスくれた人ありがとう
>>721
涙がでてしまった
いつかリアルでも吐き出せたらいいのかな

ニュースで子供の誘拐や性暴行、殺害とか聞くといろんな感情で混乱する
もちろん大人になってひどい被害にあう方もいて、聞く度に見知らぬ犯人に対して残酷な気持になる

もうひとつ、調子にのって
年齢に限らずこういった被害に合って、心にしまいこんでる人って実は結構多いと思う
思春期から始まる性教育で「貞節」を叩き込まれる度に、そういう子達はきっとものすごく傷ついている。セイカンドレイプっていうのかな。
私もこんなオバサンになっても「ファーストキス」や「処女」などの言葉は未だに心の中で拒絶してしまう
「貞節」がよくないってわけではないし、若い子の性の乱れは問題だけど、保健の授業は本当に本当に心がえぐられて、みんなはまだ持ってる大事なものを自分だけ無くしてる気持ちで堪え難かった
難しい問題だし、だから何ってかんじなんだけど・・・
学校や親の教育を始め社会では貞操観念が尊重されてて、若くして道を踏み外した人はひとくくりにして軽蔑される、っていう価値観は、黒い過去を抱えている人にとっては心の暴力で絶望で・・・
逆に子供の頃なにもなくて貞操観念を大事に大事にしてきた人が大人になって被害に合うケースも、ないといいけどあるかもしれない・・・
何十年も経てばある程度気持ちの整理はつけられるけど、苦しんでる子達に思春期にもう少しだけ、「違う人」をちゃんと認めてくれる、価値観の隙間?を見つけられる機会があればいいなって思う
学校カウンセラーとかこういう掲示板とか、親や交際相手のちょっとした一言とか・・・? あれ?結論ではないね。よくわかんなくなってきた笑

でも聞いてくれた人、本当にありがとう
思ってる事書き捨てて少しだけ楽になりました
http://ikura.open2ch.net/test/read.cgi/ms/1395449021/


1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2017年4月20日 10:49 ID:shurabahoka

注目の記事記事

他サイト人気記事

コメント一覧

名前