480 :名無しさん@おーぷん
会社の先輩がタヒんだこと

残業時間ワースト1位〜10位くらいに毎月ランク入りして、
社内でもやばいと思われていた私よりも先にタヒぬなんて考えもしなかった。
「この人は70ぐらいまで生きそうだな〜」なんて思ってた。

新卒で入社して、基礎知識はあるけど仕事の流れも全然わからない私に
手取り足取り仕事を教えてくれて職場でもよく話しかけてくれて
異性とはあまり話したことがなかった私でも話しかけやすくて、
とてもいい人だった。

1月の研修では笑顔で今年の目標を語り、翌週先輩のいる支店に電話をかけたときも
元気な声を聞かせてくれていたのにその翌週にはタヒんだなんて信じられなかった。

マネージャーから電話で
「非常に言いにくいことなんだけれども、〇〇さんって前一緒に働いてたよね?
 …先週の土曜日に病気で亡くなりました」
って伝えられた時も驚きすぎて「えっ?」を連発したし、質の悪い冗談かなにかだと思った。

お通夜に参加してようやく先輩はタヒんだんだ、って理解したけど納得はできなくて
心のどこかで「タヒんで生き返ったとかあの先輩ならありそう!」なんて考えてた。
そして、3日ぐらい前に先輩がタヒぬ直前まで働いていた工場へ
ヘルプで行ったのだけど、そこで先輩にそっくりな人が先輩が働いてた部署にいた。
あまりにぽっちゃり具合や背丈がそっくりなんで思わずまじまじと見てしまった。

「やっぱり!先輩はタヒんでなかった!生きてるじゃん!」
なんて思ったのもつかの間で、
その人と少しだけお話したのだけど、全然違った。当たり前だけど。
顔も全然違うし、声の高さが1〜2オクターブぐらい違う。
そこで初めてようやく「先輩はもういないんだ」と気づいた。

自分の頭が幼稚すぎたことにスレタイ


http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1485523017/


1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2017年3月18日 10:49 ID:shurabahoka

注目の記事記事

他サイト人気記事

コメント一覧

名前