952: おさかなくわえた名無しさん 2007/05/07(月) 13:27:13 ID:tvf82lii
あれは平成12年3月4日、
自分が高校1年の時のお話。

その日はPS2の発売日。

予約すらできなかった自分は、
入荷するかもという僅かな希望を頼りに
近所のゲームショップへ。
学校終わって午後1時にお店に到着。
店のカウンター前には既に3人の客が並んでいた。
自分は、こりゃ無理かなーと思いながらも4番目に並んだ。
すると前の客が
「入荷は4つか3つらしいので、もしかしたら買えないかもよ?」
と不安を煽る。
まー他に希望は無いので並び続けることに。

並んで2時間、
何人かの客が自分の後ろに並んでは
入荷数を聞いて帰っていった。
ところが入荷予定時間の5時が近づいた頃、
DQN親子が自分の後ろに。
入荷数を聞いても帰らない。
わずかな希望にもすがりたいんだろーなとか思ってた。

そしてついに午後5時。
お店のロゴが入った車が駐車場に到着。
何台入荷だ?とドキドキして見てた自分。
店員が青い箱を運び出す。
1、2、3・・・4!4台ある。自分も買える!
後ろのDQN親子残念でした。
ジャンプして叫びたいのを堪えながらお金を準備する。
4万2千円あるのを確かめて視線をカウンターに戻す。
すると!

自分の前にDQN少年が立ってる!
割り込まれた!
DQN親父が「大丈夫、大丈夫」とか言ってる・・・
ヘタレな自分なオロオロしてた。頭真っ白。
そうこうしてる間に一人、二人と会計を済ませ
ついに最後の1台になったとき、
DQN少年がカウンター前に・・・
そしたらなんと!
店員さんが、青い箱を手に持って自分の前に
「41790円です」

あわてて4万2000円を払う自分。
DQN少年ポカーン。
店員さんは、
自分が4番目に並んでたのを
ちゃんと見てたようだ。
涙が出そうになりながら
お釣りを受け取り店を後にした。

ありがとうゲームショップ桃太郎。
でもPS2の箱の保障印に
隣のツタヤの印鑑があったのはワロタw


956: おさかなくわえた名無しさん 2007/05/07(月) 15:29:20 ID:3Yi+4VaS
>>953
感動した


引用元: http://life8.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1176477429/


1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2016年1月15日 10:49 ID:shurabahoka

注目の記事記事

他サイト人気記事

コメント一覧

名前