971: 本当にあった怖い名無し 2013/12/21(土) 08:19:03.92 ID:H9teYNpXi
アル中で私達兄妹に暴力を振るっていた父に復讐した話。

暴力の中には下品な物もあった。
兄と私はなんとか普通に暮らせているものの、
末の妹はPTSDになり成人した今でも苦しんで、
精神科に通院している。
兄妹全員、男性を嫌悪するようにもなって、
妹に至っては男性が隣に座っただけで吐くほど。

両親の離婚をきっかけに縁を切って、
数年、父が癌で苦しんだ後に死んだ。
当然、誰も見舞いに行かなかった。

ここからが復讐。
「あいつが死んだらお洒落をしてパーティしようね」
と妹が冗談で言った言葉を実行した。

葬儀の場に遅れて現れた私達。
葬儀場に着くと同時にクラッカーを思い切り鳴らす。

兄はどこで買ったのか
紫のベルベットのジャケットの胸ポケットにバラの花を刺し、
私は同じく紫のサテンのパーティドレスを着用。
妹のドレスは私達が念入りに選んだ真っ赤でスカートの膨らんだ物。

制止を力づくで振り切り、持参したラジカセで大音量で音楽を鳴らし、
それに合わせて拡声器で歌う妹。
歌の終わりとともにシャンパンをあけて、棺に思い切りぶちまけた。

マイクに向かって全力疾走した妹が、
「お父さん、私達に一生の苦しみを与えてくれてありがとう。
お嫁に行けない体になりました。
箪笥の中に児童モノの雑誌がたくさんあるのを知ってるよ。
あれどうするのかな?
地獄で大好きな児童モノでも見て1人遊びでもしとけ、クソ野郎。」
と演説。

そしてざわつく場内を大声で笑いながら私たちは去った。

972: 971 2013/12/21(土) 08:26:56.06 ID:H9teYNpXi
これで外面の良かった父の名誉は地に落ちたはず。
私達は親戚にキチガイ扱いされたけど、
そんな事はどうでもよくなるくらいスッキリした。

葬儀が終わると、個室の居酒屋で乾杯。
祭りの後のような高揚感が収まると、妹は
「勝手に死ぬなんて許せなかった。
この手で本当は殺したかった。」
と呟いた。
私達は抱き合って号泣した。

絵が大好きな妹は努力の末、美大に入学。
絵を描くことがはけ口になったのか、
男性嫌悪が収まりつつある。

妹に彼氏ができたので記念カキコ。

973: 本当にあった怖い名無し 2013/12/21(土) 08:57:17.48 ID:dtDJbbrn0
映画化決定

974: 本当にあった怖い名無し 2013/12/21(土) 09:08:47.69 ID:1BjHVwsm0
親戚からみたら、
ああ、あの親にしてこの子ありか…
ってみられるんだろうなあ。

死んだ人間のせいで生きてる自分が損する道を自分で選んじゃってるよ。
もっと自分の人生を大事に扱いなよ。

御愁傷様でした。


引用元: http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1384343850/


1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2015年12月14日 10:49 ID:shurabahoka

注目の記事記事

他サイト人気記事

コメント一覧

名前