110名無しさん@HOME2006/10/20(金) 05:36:20

遠距離恋愛(彼:関東 私:関西)5年目で
今冬から同棲を開始して翌春に入籍する予定でいたのですが、
くだらないトメ主演ドラマのせいで、先週、婚約破棄になってしまいました。

彼が仕事の激務などから連絡を怠るようになり、半年ほど音信不通状態に。
私はこれらの事から、彼自身や結婚に対する不安・不満で
軽くノイローゼ気味になってしまいました。
(後にこれは昇進を賭けたプロジェクトに関わっていて
本当に帰宅さえままならなかったと発覚。
まぁ、だからといって音信不通が許されるとも思えないので
言い訳にすぎないのですが。)

毎日こちらから彼に連絡しても、メールも電話も繋がらない状態。
とにかく悲しくて寂しくて、自分自身ではどうする事もできず、
恥ずかしい事を承知で婚前から仲よくさせていただいていた
彼母に電話で相談しました。

「嫁子ちゃん(まだこの時点では嫁じゃないんですが)を結婚前から不安にさせて!
私からガツンと言うから任せなさいね!連絡させるから待っててね!」と頼もしいお言葉。

ことあるごとに親身になって励ましてくれたり、
優しくしてもらえて、不安で仕方なかった私は本当にありがたくって、
このお姑さんとならきっともうまくやっていけると思っていました。


しかし、一週間たっても二週間たっても彼からは何の連絡もこず。
彼母からは3日おきくらいに私に電話がかかってきて
「あの子ったら何してるのかしら!嫁子ちゃんごめんなさいね、
うちの息子が…(電話口で啜り泣き)」と、湿っぽい空気が流れるばかり。

「男の人ってこういう事がたまにあるのよ」とか
「奥さんとして迎え入れてあげてね」など、
毎回お決まりの台詞しか言わない彼母との会話に
徐々に不信感を感じてきた私は、本当になんとなくなんですが、
「彼母さん、彼氏さんに私から連絡があった事は
伝えてくださったんですよね?彼、どう言ってました?」と聞いてみた。

するとなんだか急にそわそわすると言うか、
口調が明らかにおかしくなる彼母。

111名無しさん@HOME2006/10/20(金) 05:37:47

聞いてる事には答えず、話題を変えて
また啜り泣いたり、辻褄の合わない話題に振り替えたり。
「彼母さん、そのお話はあとで伺いますから、
とにかく聞いてる事にお答えになってください」と
ついイラッとした強い口調で聞いた時に返って来た返事は

「あの子にはまだそんな事 話 し て ま せ ん ! 」


工エェ工エェ(゜Д゜(゜Д゜)゜Д゜)ェエ工ェエ工

そのあとはなんかもう、マシンガンのように
「自分がいかに貴方達のことを考えているか」だの
「波風を立てないように順序だてて順番に事を進めているのに性急に急かすな」とか
「これだから片親のお嬢さんは人の気持ちや都合が分からない(うちは母子家庭)」とか。

「全て私に任せておけばいいのよ!」という彼母の主張に堪え切れず、
その場は電話を切って即、実母に、たった今おこったことを報告。
実母は激怒して、彼実家に電話。どういう事か、どういうつもりなのかとまくし立てて、
関西弁独特のきつさ丸出しで、そりゃもう、手がつけられない状態に…。

実母が電話を切って数分後、彼から私の携帯に半年ぶりに電話。
内容は
「お前の親がうちの親を脅迫してきたと怯えて泣きながら電話してきたがどういうことだ!」
「俺に不満があるなら俺にいうのが筋だろう!親を使うなんて、そんな女だと思わなかった!」

工エェ工エェ(゜Д゜(゜Д゜)゜Д゜)ェエ工ェエ工


112名無しさん@HOME2006/10/20(金) 05:39:12

もう、その後の事は正直怒濤のような展開で、
細かなとこまで覚えてません…

どうも彼母は、私から相談を受けてから
彼に電話をしていたものの、私の事は全く話さず
お嫁さんを貰うにあたってのトメドリーム、
初めての身近な女性(彼は2人兄弟)への母娘ドリーム、
支えるお嫁ちゃん、支えられる息子ちゃんの夫婦善哉ドリームに酔っていた様です…。
彼はそれを『いつものこと』として全面スルー、
私が寂しい思いや不安を抱えてるとは夢にも思わず仕事に没頭していたようです。


うちの実母から電話で怒鳴られた直後、
このままでは不味いとおもった彼母は彼に作り話をした模様。
そんな嘘、すぐばれるのに…何考えてるんだろう…
ちなみにこの時点で、まだ彼は、私が数週間前から彼母に相談と
彼への伝言を頼んでいた事を知りませんでした。
私の泣き声と怒り狂う私の実母から真実を聞いて、
自分が酷い勘違いをして私を傷つけた事に気付き、
ただただ、謝罪…数時間、ひたすら謝罪していました。


その日の深夜、彼と電話で今後について相談。
もう、うちの親が結婚を許さなかったし、私自身もあの彼母とは関わりたくないと思ったし。
彼も、私の実母に合わせる顔がない、我が親ながら情けないと泣きながら謝る事しかしないし。
少なくとももう、結婚しましょう♪そうしましょう♪いう空気ではなくなっていて、
お互いにしばらく距離を置いて、落ち着いてから結婚については検討し直そうという事になりました。

そんな現実的な話や思い出話をしんみりしている時に、
電話の向こうで急にインターフォンがなり響き。
(深夜1時ごろでした)
彼の静かな怒りの声→罵声と、彼母の言い訳→号泣が電話越しに聞こえてきました…

『お母さんが悪かったからああああああああああ!!!』とか
『嫁子ちゃんと話をさせてえええええええ!!』とか言ってた。

んじゃなんでうちに詫びの電話一本かかってこねぇんだよwと、
私はものすごく冷めざめとした気持ちに。


113名無しさん@HOME2006/10/20(金) 05:43:28

何故、彼に事実をきちんと伝えてくれなかったのか?という問いに対しては
『だって!波風があった方が絆が強まるじゃない!!!』
うちの親からの連絡を脅迫とはいったいどういうことなのか?には
『だって、関西の人って怖いから殺されると思ったんだもの』

他にも『嫁子ちゃんから相談されて嬉しかったの』とか
『長引いたほうが私もいろんな事情がわかるし…貴方達、自分達で解決しそうだから』とか。
一番耳を疑ったのは
『だって、なんだかドラマみたいで私も混ざりたかったのよ!』

もうね、この人はキチGuyなんだなぁ・・・と思いました。

翌々日、彼は有給を取って新幹線で実母に会いに来て、土下座をして謝罪。
私は実母と彼の婚約解消のやりとりを呆然としながら眺めていました。

その最中に私の携帯に彼母から着信…
とりあえず出て、いま実母と彼が話していると伝えると
『何故私も呼んでもらえないんですか!』
『婚約解消だなんて、勝手な事を!』
『私のいないとこでそんなドラマみたいな事が行われているなんてズルイ!』

この『ズルイ』を聞いて何かがプチっと切れてしまいました。
「誰のせいでこうなったと思ってるねん、このキ○ガイがぁぁぁぁぁ!!!!」

電話を彼に取り上げられ、彼は泣きながら電話に何か怒鳴っていました。
私はそのまま眩暈を起こしてへたり込んでしまいました。
実母は…彼から電話をもぎとってまたエキサイトしていました(苦笑)。

こうして、ものすごい勢いで婚約解消成立。あっという間でした。


114名無しさん@HOME2006/10/20(金) 06:15:06

元々誰が悪いのかといわれれば、連絡不精な彼だというのは重々承知です。
きっと結婚してたら、真のエネミーはこの人だったんだろうなぁと思います。
そして、あの彼母をいい人だと信じていた私の甘さ・弱さもあったと思います。

でも、それらを差し引いても、
人の不安な心や悲しんでる気持ちを自分の娯楽に変えよう、
楽しもうという彼母が許せませんでした。


いまは、実母が彼と彼母を訴えようとしているのを止める事で忙しく、
落ち込む暇がないのが救いです。
別に嫌いあっての婚約解消じゃありませんし、彼なりに私との溝を埋めようとしてますから。
もし訴える事があるとしたら、私の心情的には彼母のみでいいと思いますので。甘いですね。
(あ、彼は彼実家とは絶縁するそうで。今回の件でほとほと愛想が尽きたのだそうです。)

彼にはいえませんが、結婚前に姑になる人の性根がわかってよかったな、というのもありますしね。

結婚前のことなのでトメ(予定)で、
板違い・スレ違いになるのかもしれませんが、
先輩方に聞いていただきたくて。
長文、内容がご不快でしたら、どうかお許し下さい。


はぁ…したかったなぁ、結婚…。


115名無しさん@HOME2006/10/20(金) 07:26:11

>>110
いろいろ大変だったね。
お疲れ様。
でも結婚前に発覚してよかったんだと思うよ。
結婚前でこれなら、結婚後はもっと悲惨だったはず。
彼には悪いけど、慰謝料がっつりもらって、
あなたは別に他に彼氏つくればいい。
彼も可哀想だけど、彼にとってもいいことだったんだよ。
これで自分の母親を誤解したまま結婚してたら、
ただの腑抜けのへたれで子供にもきっと悪影響だったと思う。

結婚はいずれできるよ。
今回は人生経験だったと思って元気だしな。


116名無しさん@HOME2006/10/20(金) 07:29:44

何というか…お疲れ様でした。
でも、110さんも書いているように、そんなとんでもない彼母と縁が切れた
のは不幸中の幸いだったかも知れない。彼もかなり鈍感な方だと思うし、
もし結婚していたらイライラしっぱなしだっただろうね。

それにしても、とんでもない奴がいるもんだ。
彼母、まさに悪気がない悪人だ。



引用元:http://life7.2ch.net/test/read.cgi/live/1160636200/l50


スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • ライブドアブログ


1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2015年11月27日 10:49 ID:shurabahoka

注目の記事記事

他サイト人気記事

コメント一覧

名前