590名無しさん@お腹いっぱい。 2014/08/25(月) 20:49:37.30 .net
義父「娘の結婚の面倒見てくれんか(お前が貰ってやってくれんか)」
俺「良いっすよ(娘さんの結婚相手くらい探してやんよ)」

意思の疎通って本当に大事だなと本当に思う。

599名無しさん@お腹いっぱい。 2014/08/26(火) 11:45:54.57 .net
Kwsk! Kwsk!

612589 2014/09/05(金) 00:21:36.94 .net
仕事が忙しくて言いっぱなしになっていたスマン。
嫁さんと二人で当時を振り返りながら書いてたらアホほど長くなったので、
のんびりと斜め読みでもして欲しい。

後、割とマイルドにしたつもりだけど、封建的な点や男尊女卑的な部分が含まれるので、
人によっては不快な気分になるかも知れん。別に嫁や女性を軽んじているわけじゃないけど、ごめんなさい。

三行Ver
・義父が娘と結婚してくれという意味で面倒見てくれと俺に言った。
・俺が娘に男を紹介してやってくれという意味で面倒見てくれと言われたと勘違い。
・何やかんやで誤解が解けて、これも経験だと思って結婚した。

613589 2014/09/05(金) 00:22:21.33 .net
元々、俺と親父殿は取引にあった。初対面から妙に馬が合って、
男親のいない俺にとって親父殿は実の父親のように頼りなる人だった。
だから、義父だからでは無く元から敬意を込めて親父殿と呼んでいる。

当時の俺は会社を立ち上げたばかりで苦しい思いをしている所を
大口の仕事を回してもらったり、商品を独占販売させてくれたり
俺みたいなボンクラでも親父殿のお陰でどうにか会社を経営出来ていた。

つまるところ親父殿には並々ならぬ恩義があるわけだ。
だから、突然「今から呑みに行くぞ!」と呼び出しがかかろうものなら、
面倒だとか思うよりも「おっしゃ、親父殿と飯だ!」と喜んでいた。

当時の時点で俺の歳は三十歳。
実の親からは勿論、親戚からも「まだ結婚せんの?」と言われる歳だ。
相手がいないのは勿論そうなのだが、親父殿のお陰で会社の経営も軌道に乗り始めた頃だった。
仕事が楽しすぎて、女を含め仕事に関わらない全ての行為が時間の無駄だと思っていた。

だが、親父殿はそんな俺に異を唱えた。
「遊べ、人と出会え、新たな価値観を得ろ、寧ろ結婚しろ」と。
言わんとすることは、まあ分かる。

とは言え「大恩のある親父殿の言うことだから……」とは流石にならんが。
そんな話の流れで>>599の「結婚の面倒を見てやって欲しい」というやり取りが始まった。

親父殿の一番下の娘さんがいい歳だが、五十過ぎてから産ませた子供だから
箱入りで猫かわいがりしてしまい、いい歳にも関わらず浮いた話の一つも無いという有り様。
と言うか、寄り付く男を親父殿が片っ端からぶちくらかしていたのが一番の原因だ。

それは兎も角、俺の嫁にやると言われているなどと欠片も思っておらず「親父殿に仁義を通す機会だ」
それくらいにしか思っておらず、俺は娘さんの夫候補となる男を頭の中でピックアップした。

614589 2014/09/05(金) 00:23:54.42 .net
親父殿の出身地が修羅の国の中でも荒れに荒れている所な上に昔気質な人だから、
娘さんの旦那になる人は暴力とは無縁で、言葉遣いも乱暴じゃ無くて、性根も人畜無害な奴が良い。

そんな奴がいるのかと言われたら居る。昔気質の親父殿が求めるような男らしさは幾分か欠けているが、
仕事は真面目で煙草もギャンブルもしない。酒は嗜む程度で趣味も金がかからないような健全なもの。
優しいが女慣れしていない。だからと言って将来的に女遊びにハマるようなタイプでも無い。
こいつらなら絶対に女を不幸にしたり、無責任な真似をしない。そう断言出来る独身の友人が二人。
なんで十年以上も俺の友人をやれているのか甚だ疑問だが。

まあ、こいつら二人の内、どちらか娘さんが気に入った方と上手くいくように動けば良いかと思い、
親父殿には「まあ任せといて下さいよ」と二つ返事で済ませた。

そして、その週末。アルコールを抜いて滅多に着ないスーツに袖を通して、親父殿の家に。
勿論、目的は仲人をやらせてもらうことになったので親父殿と娘さんに改めて筋を通すことだ。
親父殿に「先日は酔っていましたので改めてご挨拶に伺いました」と俺にしては珍しく標準語で言うと、
「そうかそうか!よぉ来た!」と親父殿はやけに嬉しそうだった。

居間に通され、娘さんと初の顔合わせをすることになった。
娘さんの第一印象は「このお嬢さんは何処のお嬢さんね?」だった。遺伝子が全然仕事してない。
寧ろ、赤ん坊のときに間違えて余所の娘さん連れて、育ててしまったんじゃないかと思った。
因みに一番上の娘さんは恰幅の良い豪快な人で「血ぃ引いてんなw」って感じだった。
だが、俺が紹介しようと思っていた友人二人となら相性は悪く無さそうだとも思った。

「初めまして589と申します。今回、お父様たってのご希望により仲人という大役をお引き受け
させていただくことになりました」と挨拶をすると娘さんはポカーンとした表情をしている。
そりゃあそうだ。親父殿からは「お前の夫候補が挨拶に来る」と聞かされているのだから。

思惑に行き違いが生じていることを知る由も無い俺は「俺何かやらかした!?」と焦り出すと
「キサン!!バカタレか!!」と親父の大喝一声。ヤッベ、何か無礼があったか!?と腹が冷えた。

615589 2014/09/05(金) 00:24:43.12 .net
「だぁれがキサンに仲人やれやら言うたか!ドボケが!」と親父殿がヒートアップ。
親父殿が怒鳴り声をあげる度に娘さんがビクビクしていたのが何と無く新鮮だった。

俺はと言うと「未婚の男女を仲介するのって仲人って言うじゃなかったっけ?何か間違ったかな?」と
的外れなことを思いながら、まずは親父殿を落ち着かせることにした。

「すんません。未婚の男女ば紹介してくっつけるのが仲人やと思って
仲人言うたんやけど、違っとったすっか?違ったらすんません。言い直しますわ」

「キサン、アホか!!いくらキサンの紹介や言うても何処ぞの誰とも知れん馬の骨なぞに娘ばやれるか!」

「へ?親父殿言うたろうもん。娘さんの結婚の面倒ば見れち」

「あー……あんときの話の流れで分かろうが、俺の娘ばお前にやるち言うたったい」

「あー!!そういうことば言いたかったとね。親父殿、それははっきり言わな分からんて。
俺ぁ、てっきり男ば紹介しちゃれってことかと思うとったわ。やけぇ顔合わせさせる前に挨拶来たんぞ」

「んなわけあるかぁ、ボケェ。日ば置かんで挨拶に来るや言うけぇ、礼儀のなっとる男や
感心しとったら、いきなり訳ぇ分からんことばほざくけぇ、俺ぁびっくりしたぞ」と、
こんな具合に主役の筈の娘さん置いてけぼりで言いたい放題の爺さんとオッサン。
そう。学校を卒業したばかりの年頃の子からしたら、三十の男なんてオッサンだ。
そりゃあ、最近の三十代は若いと言われるが、そりゃあ頭ン中がクソガキなだけだ。
身体なんてガタが来始めているし、頭髪だって日に日に怪しくなりつつある。

そんなことよりも結婚なんて、まだ早い。まだ独りで良い。
「娘ちゃんかて俺みたいなオッサンよりも、男前の兄ちゃんと結婚したいよなぁ?」と
同い年の友人を紹介するつもりだったのを棚上げして、オッサンを理由に断らせようとする始末。
だが、彼女からは「そうでも無いです。589さんは素敵な方だと思いますよ?」と言われた。
たった今知ったが親父殿に怒鳴られても平然と言い返している姿が頼もしく見えたらしい。
そんな人を見たことは無いと。

616589 2014/09/05(金) 00:25:26.41 .net
だが、俺は新しい家族を迎え、授かった新しい命を育み支えていくということに非常に重たい物を感じていた。
「ただ結婚するだけやったら役所で手続き一つやろうけど、
今の俺にゃ、まだその後の人生に対して責任取りきらんばい」
そう言うと彼女は「責任感の強い方だと思った」そうだ。人を見る目が無さ過ぎてとても心配だ。

そして、親父殿から「キサン、仕事から離れたらいっぺんにボンクラになるな。
小さぁても会社の頭やろうが。それやったら、とうに部下とその家族の人生に対して責任ば背負っとるやろうもん。今更一人増えたところで
何や変わらんめぇもん。結婚やらもっと気軽にやれば良いったい。一緒になりゃその内、愛着も沸こうが」と。

で、「ああ、そんじゃ結婚するか」と思ってしまった。
今になって思えば完全に詐欺師に騙される奴の思考だ。
幸いにも親父殿は俺を騙すつもりは更々無く、彼女は良き妻として俺を支えてくれている。
ただ遺憾ながら一番肝心な俺が良き夫を出来ていない。

>>590を書き込んだ直後に親父殿から営業車を買ってもらったり、
以前に「○○辺りに土地が余ってたら物販もやりたいんやけどなぁ」と言っていたのを覚えていてくれたらしく、
「○○の土地抑えたぞ!」と新しい事業の準備に追われている最中、大口の契約が複数入りてんやわんやしていたら、百貨店から催事に呼ばれたり、展示会の準備もやらなきゃで、落ち着いて夫婦生活が出来る見通しは経っていない。

入籍して一年近く経ってしまったが、先々月に漸く式を挙げることが出来たのは中々の快挙だと思っている。
次は新婚旅行、初夜と順を経て、近い将来に子供を授かりたいと思う。以上。

618名無しさん@お腹いっぱい。 2014/09/05(金) 01:10:23.01 .net
えええ…初夜まだなん?

619名無しさん@お腹いっぱい。 2014/09/05(金) 13:22:35.51 .net
いやいや、嫁の相手したれよ

621名無しさん@お腹いっぱい。 2014/09/05(金) 15:59:16.74 .net
>>616
乙!・・・と言いたいが、長文書く暇あったら嫁さんとイチャイチャする計画でも立てとかんか

引用元:http://maguro.2ch.sc/test/read.cgi/tomorrow/1389281241/


1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2015年10月25日 10:49 ID:shurabahoka

注目の記事記事

他サイト人気記事

コメント一覧

名前