723名無しさん@お腹いっぱい。 2014/10/02(木) 20:40:02.49 .net
すごい話ばっかりでびっくりした…
俺も嫁との思い出話を書いてみる

嫁と出会った当時は暇さえあれば家で好きな音楽かけて
レンタルした映画見て過ごしてた
仕事柄人と接する機会も多かったんだが
その反動なのか一人になる時間もかなり欲してた
いま思えば面倒くさがりで無気力で自分の時間が大事なだけだったんだが
そんなんだったし自分には恋愛は絶対無理だろうと

ある日の仕事休憩中、私用のノートPCで映画のHP眺めていたら
後ろから同期の社員Aに「あ…それ怖そうなシリーズですよね。
前に映画館で予告みました」と話しかけられた
人当たり良い美人のAの前では俺は緊張していつも背中や尻に変な汗かいてた

少し話した 何受けごたえしたかあんまり覚えていないがこの辺りは覚えている
A「そうなんですかー。ああそうだ。さっきホラーが好きって言ってましたよね」
A「私の友達でホラー映画にすごく詳しい子がいるんですよ」

それがきっかけだったんだがある会社の人の送別会でほろ酔いだったAさんが
その例の「ホラー映画に詳しい子」に電話をし出した
話していたと思ったらいきなり近くで飲んでいた俺に携帯電話を渡してきた
さすがに焦ったが酒が入っていたのもあって軽いノリで通話開始

このホラー映画に詳しい子ってのが嫁 これが始まり

自己紹介後、嫁はテンションの高い話し方で喋り始めて
俺は半分は相槌うっていただけ だが映画の趣味は合いそうだった

フットワークも軽くなかった俺が
どうして「会いましょう」という嫁の誘いにのったかは今でもわからん
顔も知らんがとりあえず沈黙にならなさそうだと思ったんだよね

とはいえ初対面の女性と会う、俺にとっては相変わらずハードルが高い
約束しておいて待ち合わせまでの日まではジワジワ後悔したり
Aから事前に嫁とのツーショット写メを見せてもらったときも
何か思うでもなくフーンって感じ

724名無しさん@お腹いっぱい。 2014/10/02(木) 20:42:10.15 .net
いざ会った日、嫁は写メと雰囲気がずいぶんと違った
柔らかい感じの色合いの服を着てきていたのもあると思う
嫁がいうには「半年ぶりに美容院いって整えてきました」んだとw
インドア派で仕事以外でほとんど外出しないらしい

俺は野暮ったさをごまかさそうとセンスないわりに地味に頑張ってた
いま思えばだっさい話なんだがざっくばらん嫁を見ていると正直に言ってしまったんだ
「女性と二人でお話するのは久しぶりすぎて何着ていくかから考えてました」って
そしたら嫁、「同じです!」って自分指さして言ってた

話の中で社交辞令も多々あったと思うがこの子はモテそうだなーと
嫁の返事は「全然です」だった
好きになった相手におもしろいけどそういう対象でみられないと言われたそうな
男友達にも「ホラーとかお前メンタル大丈夫?ハマリ方がひく」
「そういうの映画オタクみたいなのやめろよ彼氏できないよ」とひかれたり

Aとは付き合いが長いらしい
前にAと遊んだ時に映画に誘ったら怖そうだからいやだとまた断られ
「みんなそう言うんだよね。誰か語り合える人いないかな」と呟いたら
数日後にAから例の電話がかかってきたらしい

話が合う嫁と話せて楽しかったし
「俺も似たようなものなのでひかないし」って言っておいた
そしたら嫁から「友達になってください」と頼まれた
後日に映画も見に行ってからはたまに遊びに行く仲になった

告白もプロポーズも緊張でgdgdだったから特記できるほど恰好いいもんじゃないけど
俺にとってはこんなに一緒にいて気が楽な人いないって思ったのが決め手

Aには「(紹介は)深く考えて無かったです。お付き合いするとは思わなかった」と言われた

のちに「嫁ちゃんがシリーズにのめりこんでてDVD-BOXまで買っていたので覚えてました」
俺さんが映画のHPを見ていたときに「誰か語り合える人いないかな」
と言ってた嫁ちゃんをふと思い出したので軽いノリです
もうホラーに誘われなくなって前は厄介だったのにいまになってちょっと寂しいですが」

と教えてくれたがそのノリに俺は感謝してやまない

725名無しさん@お腹いっぱい。 2014/10/02(木) 21:08:05.05 .net
>>724
嫁さんと貴方が、いつまでも幸せでいて欲しい!

726名無しさん@お腹いっぱい 2014/10/02(木) 21:22:01.84 .net
>>724
こらこら、gdgdをkwskしないか

728名無しさん@お腹いっぱい。 2014/10/03(金) 00:47:12.03 .net
>>725
ありがとうございます
今はさすがに初々しさもないけど少なくとも一緒になれて俺は幸せです

>>726
腰抜けぶりが酷いもんで省いたけど少しだけ

告白しようと試みて一回目も二回目もgdgdだった
三回目、食事の帰りにまた言うタイミング逃していいかげん自己嫌悪
店で団子買い終わった嫁にいきなり「好きです」って言ってしまった
困惑した顔で「ん・・・?え、団子?が?」って言われたよ

改めて言い直したら「アッチョンブリケだ。びっくりした」
「これは告白というやつだ」と挙動不審になりはじめた嫁を見て
思わず「ごめん」って謝ってしまった
「謝らなくていい!嬉しいんだけどね」と言ってくれたものの
沈黙で返事もらえなくてこりゃ終わったなって思っていたら
「私でいいのかな、大丈夫かな」と嫁
嫁ちゃんがいいから今日伝えたけど無理なら断ってほしいと伝えると返事はOK

プロポーズも一回目に「今日はお話があります」とまで言ったあと緊張しすぎて
別の話にすり替えて誤魔化して逃げた
二回目に手紙と贈り物渡しながらなんとか成功



引用元:http://maguro.2ch.sc/test/read.cgi/tomorrow/1389281241/


1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2015年10月23日 10:49 ID:shurabahoka

注目の記事記事

他サイト人気記事

コメント一覧

名前