672: 名無しさん@HOME 2013/05/08(水) 16:50:04.52 O
幼稚園の時、兄のクラスメイトに連れ去られた。

通っていた幼稚園にはバスが無く、保護者がお迎えに来て自転車で帰る、みたいな方式をとっていて
基本祖父が迎えに来ていたんだが、時々、兄(当時高1)が迎えにくることもあった。
高校が幼稚園の近くで、多分テスト週間かなんかの時、ついでに私を拾って帰ってたんだと思う。

で、ある日、兄が女の子と一緒に迎えに来た。
よく覚えてないが、そのお姉さんに、めちゃくちゃ可愛い、と褒められたと思う。
兄は始終ぶすっとしていたんだが、いつもからかってる私がチヤホヤされて、面白くないんだろうと思ってた。

私が母に報告すると、母は「ガールフレンド?」とニヤニヤしてたが、兄は全力で否定してた。

しばらくして、兄じゃなくて、お姉さん一人がお迎えにきた。
「私ちゃんのお家は、御用時があるみたいだから、お姉ちゃんのおうちで遊びましょう。お芋とケーキあるよ」
セキュリティーとか当時の幼稚園は甘かったし、私も「お兄ちゃんの友達なら良いよね」と、ホイホイ付いてった。
あと、当時ふかし芋大好きだったので、それだけで行く気満々になってた。

お姉さんが、めっちゃスピード出して自転車こぐのが怖かった。

お姉さんの部屋に通されて、おやつとか出された。
あまり記憶に残ってないので、普通の民家だったと思う。
すごく丁重にもてなされてた記憶があるんだが、お姉さんは何かにつけ「○○って言って」と私に要求してきた。


引用元: ・今までにあった最大の修羅場 £81

673: 名無しさん@HOME 2013/05/08(水) 16:52:00.76 O
例えば、お芋を等分にならないように割って、

「『みー(仮名)お姉ちゃんのが大きくってずるい』って言って」
「?」
「『みー(仮名)お姉ちゃんのが大きくってずるい』って言って」

私が台詞を言うまで譲らない。で、私が言うと、ニコッて笑って、
「えー、でも、みーちゃんの方がお姉さんだから…。でも…私ちゃんお芋好きだから、特別にあげる♪」

みたいに、お姉ちゃんの考えた対話を延々とやらされ続けた。
最初のほうは、真似っ子ごっこみたいで楽しかったんだが、だんだん怖くなってきて、「おうちに帰る」と私は泣き出した。
泣くたびに、「もうちょっといい子にしてようね」と、お姉ちゃんは、お菓子を持ってきてきれた。

ここからは記憶が曖昧なんだが、母、兄、祖父、お巡りさん、お姉ちゃん母?が、部屋にベランダから押しかけてきて
私は家に帰ることができた。
そのときの、大の男2人(兄、祖父)の怒声が私にとっての修羅場。
男の人の大声が今でも怖い。
私の家族にとっては、相当な修羅場だったと思う。

少し大きくなってから話を聞いたとき、「お姉ちゃん」は歳の離れた妹に憧れていて
同じクラスだった、兄のような関係(学校帰りに幼稚園のお迎え)が羨ましくて、兄に付いていった。
その時は、形だけでも体験できればよかったんだが、実際幼稚園に行ってみると「自分が行ってもバレないんじゃないか?」と思い決行。

お姉ちゃんがその後どうなったのかや、教えてもらえなかったし、よく分からなかった。

それ以降、習い事や遊びに行く時の干渉が凄まじくなり、片道2時間の大学でも門限7時だったのもある意味修羅場。


1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2015年10月17日 10:49 ID:shurabahoka

注目の記事記事

他サイト人気記事

コメント一覧

名前