922: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/01/02(金) 02:06:15
思い出話しの長分失礼します。

同棲して結婚の約束をしていた彼氏から別れようと言われた。
お金なくてすぐに出て行けなかったので、とりあえず別れて同居という形をとり、
私の貯金が出来たら出て行く約束に。
で、バイトしつつ速攻で彼氏を作った。
ある日、同居元彼がなぜかせまってきたので、彼氏が出来たことを話すと泣き出した。
泣いて泣いて、どうしても相手を教えて欲しい、お前の幸せを見守りたいと。
で、うっかり相手の名前を言ってしまったら、激切れ。
私と元彼は同じ会社だった。私が先にやめたんだけど、新しい彼氏ってのが、私の同期で
元彼からすると後輩にあたる人間だった。
何度も顔に張り手、髪を鷲掴みにされ壁に何度も打ち付けられ、〆に首を絞められた。
意識が朦朧とする中、相手が戻ったようで、手を離してくれた。
泣きながらお酒を飲みだし、「俺はお前を愛している、よりを戻すつもりだった」とさ。
「一緒にお風呂に入ろう」といきなり言われ、逆らうと怖いので「先に入ってて、すぐ行く」
といって、相手が入った隙に財布と靴を持ってダッシュで逃げ出した。

行くところもなく、結局新彼のところに逃げ込んだ。でも会社の寮なので、こっそりと。
次の日、元彼が乗り込んできて「俺の女を返せー!」だと。
新彼も頭にきたらしく、応戦するつもりでドアを開けた瞬間、缶コーヒーを持ったままの
手で殴られた。歯が折れて、口から水道のように血がジャージャー。
ショックのあまり硬直する私を尻目に元彼が新彼をボッコボコに。
「やめてー!!!」と止めたが効力なし。もう何もかもがスローモーションに見えて、
自分の声が遠くから聞こえる感覚でした。
寮の他の人が警察を呼び、元彼はパトカーでお持ち帰り、私と新彼は救急車で病院に。

結局それが原因で新彼とは別れてしまいました。
人生の中で何度かあった修羅場の中で一番陰惨なものでした。


923: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/01/02(金) 02:41:16
同棲してたクソ野郎、キチガイだね

924: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/01/02(金) 02:46:41
つか、同じ穴のなんとかってやつっぽい
3人とも同じレベルなんだろうな

926: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/01/02(金) 06:15:05
クソ野郎はキチガイだけど
922も新彼もそうとうおかしい

927: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/01/02(金) 06:32:09
会社は風俗産業
同期はキャッチですね
わかります

929: 922 投稿日:2009/01/02(金) 11:27:54
>>927
>会社は風俗産業

たしかに風俗に分類されるらしい。伏字をすると更にそれっぽい。
○チンコ屋を経営している会社です。
大阪ではかなり名のしれたところでした。
大きな会社だし、本社勤務なので大丈夫かと思ったけど、やっぱり○チンコ屋とかって
柄悪い人が集るんだな~としみじみ。

930: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/01/02(金) 11:56:17
・結婚するつもりなのに貯金もない
・結婚するつもりの男と別れたばかりなのにすぐ男を作る
・風俗に分類される会社(笑)

931: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/01/02(金) 12:11:54
社会の底辺を垣間見た
922も元カレも、頭も股もユルい

932: 922 投稿日:2009/01/02(金) 12:48:08
>>930>>931
まさにその通りです。
ドキュだからこそ、ドキュな彼氏が出来たんですね。類友です。

922の出来事以前にも彼氏関係で何度も修羅場を見て、それでも何度も似たような
彼氏を作り、本当に底辺人生だったと思います。

現在はまともな人と結婚し、まともな生活が送れていることに、自分でも驚きを感じます。
目が覚めた瞬間があってよかった・・・
過去の底辺人生があるからこそ、今は些細な事に幸せを感じられる。

933: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/01/02(金) 14:25:09
目が覚めたきっかけは何だったのですか?

934: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/01/02(金) 15:44:20
>>933
大作様が「あのコント面白かったね」とおっしゃってくださった瞬間、頭がパーンッ!と

937: 922 投稿日:2009/01/02(金) 21:34:26
>>936
>今彼「ごめん無理っ」て言い残してベランダ(二階)からダイブ。ダッシュで闇に消えた・・・
ごめん、笑ってしまったw
でも、無事でよかったね。

>>933
別のドキュと付き合ってて、浮気されたりお金貸したりと辛い日々を送ってました。
浮気を責めたら殴られたり、でも頑張って仕える毎日。
ある日、パソコンの出会い系サイトでの女の子とのやり取りをプリントアウトした
紙を見つけて、なぜかパッと目が覚めました。もういいや~って。

絶縁状態にあった親に3年ぶりに電話して、今すぐ迎えに来て欲しいと。
理由も聞かずに車で普通2時間はかかる距離を1時間で、車2台+3人の人手を連れて、
頑固でうるさかった父が飛んできた。そして、ドキュ彼が仕事の間に荷物を全て運び
出して、夜逃げならぬ昼逃げです。
家に着いて、22歳にして初めて父の胸で大泣きしました。

ドキュ彼はストーカーと化し、ロミオメール・ロミオ電話・実家への無言電話がしばらく
続きましたが、3ヶ月ほどで収まりました。
それからは地元でOLとして働き、同じ会社の今の夫に出会い、結婚し今に至る。
今の夫は、賭け事も浮気も借金も暴力もなく、本当に素晴らしい人です。

引用元: http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/live/1194348911/


1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2015年9月13日 10:49 ID:shurabahoka

注目の記事記事

他サイト人気記事

コメント一覧

名前