957: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/11/25(月) 20:22:15.18 ID:HfunmDS8
電車通学をしていた高校生だったときの事。

その日は英語の期末テスト当日。
テスト勉強が間に合わず、電車の中で必死に単語を暗記しようとプリントを睨めつけていた。
かつてないほどの間に合わなさで、本当に気が立っていた中、痴漢に遭遇。
パニックになりつつとりあえず手をつねろうとしたとき、相手が私のバッグで死角になるようにしていたのに気が付いた。
そこですーっと冷静になり、バッグを上に持ち上げると、案の定、すぐ目の前に立っていたおっさんだった。
引っ込んだ手を見て何かのスイッチが入り、「さわんな!キモいんだよ」と反撃すると、鼻息が荒くなり震え出すおっさん。
「警察いく?」と睨めつけたまま聞いても、そのまま鼻息が荒く震えているばかりで、睨む女子高生と震えるおっさんという状況が次の駅に着くまで続いた。

駅でおっさんの荷物の肩紐を掴み下車。「違うんです違うんです聞いてください」「うんわかった。聞こう」「違うんです違うんです違うん(ry」「(ここまできてまだ謝罪の言葉が出てこないのか)」というやりとりをしつつ、改札へつながる階段を下りた。
駅員のいる改札口まで連れて行こうとしたのだが、改札口を目の前にして、それまでおとなしく女子高生に引きずられていたおっさんが逃げようと抵抗し始めた。
さすがに力の差には敵わず、必死に肩紐を掴んだまま、「駅員さん助けて!!」と叫んだら、すぐ近くを歩いていた人達が取り押さえてくれた。


958: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/11/25(月) 20:22:51.27 ID:HfunmDS8
あとは近くの交番でその日は軽く事情を聞かれ学校にも親にも連絡をされた後、学校へ行って定期テストを受けた。事情聴取と被害届は後日やった。

もともと気が弱い上に頭の回転が遅くて咄嗟の事態に対応できない子だったので、痴漢にキレて自分で電車から降ろしたこと。
改札前で痴漢と駅員さんと取り押さえてくれた男性たちと警察の到着を待っていたのを学年の人に見られ、結局その話が広まっていったのが修羅場だった。
なぜか酔っ払いの喧嘩に巻き込まれた、という噂が立っていた。

ただ、後日、ホームや階段で突き落とされたり、抵抗されたとき蹴られたり殴られたりされてもおかしくなかったのに気づいたときが最大の修羅場だった。

引用元: http://nozomi.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1384229691/


1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2015年6月25日 10:49 ID:shurabahoka

注目の記事記事

他サイト人気記事

コメント一覧

名前