643: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/11/06(水) 22:55:00.06 ID:6kB4QP12
>>637
洒落にならんぐらい怖っ
無事でよかったね

山といえばオカ板に書いたことあるけど山で軽い遭難した時に彷徨い歩いてたら朽ち始めた神社っぽいところに出た
もう時間的にも夜で歩きつかrて賽銭箱の後ろの階段を軽く掃除して休憩してたらそのままうたた寝してしまった
もう深夜と言える時間に目が覚めたら何か明るいのがゆらゆら揺れてた
最初は寝ぼけててよく分からなかったけど頭がハッキリしてきたら八つ墓村Styleな女の人が御神木にガンガン五寸釘打ち込んでんの
「タヒねー○○ー」みたいなのをいいながら…もうこれだけで俺フリーズ
見つかったらヤバそうだからそのまま息を殺して小一時間ぐらい待ってたら帰っていったのでちょっとだけ確認してみたらもう樹の一面に藁人形だらけ
五寸釘だけじゃなくて包丁とか錐、鎌とかもう色んなもんが突き刺さってる
超怖くなって一応道があったので道なりに山を降りて何とか店を見つけて電話借りて迎えに来てもらったけどあの衝撃は忘れられない…


644: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/11/06(水) 23:01:10.68 ID:zJVxS618
ここここえーーーー

645: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/11/06(水) 23:08:01.73 ID:jvJNktCK
丑の刻参りはやってる最中を他人に見られると失敗
呪詛は全部自分に還ってくる
その後は目撃された人の修羅場ですね…

引用元: http://nozomi.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1382525715/


1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2015年6月22日 10:49 ID:shurabahoka

注目の記事記事

他サイト人気記事

コメント一覧

名前