714: おさかなくわえた名無しさん 2010/01/19 20:37:59 ID:hNMZqfnP
二人の兄が死んだ事。つってもヨウムとハスキーなんだが、敢えて二人と書いた。ヨウムは母親が子供の頃に、父親(俺にとって祖父)の知人から贈られて以来、 ハスキーは母親が俺を身籠った事が分かった翌日に父親が連れてきた。 俺は小さい頃、一人で勝手に遊び歩いては知らない所まで迷い込んで帰れなくなってた。 知らない所と言っても、今にして思えば一駅に満たない距離だったが、 無我夢中であちこち歩き回り、ふと気付くと全然知らない所にいて、それは心細かった。 そんな時は大体、ハスキーが迎えにきてくれた。 夕方になっても俺の姿が見えないと、ヨウムとハスキーは家で良く騒いでたらしい。 それで父親もはてと思い、ハスキーを連れて出てみると、いつも俺をみつけてくれた。 んで連れられて家に帰ると、玄関で待ってたヨウムが肩に止まって 「オカエリ、オカエリ、ヨカッタネェ~」と連呼する。 俺は間違いなく二人を兄弟だと思ってたし、彼らもまた、俺を弟の様に思っててくれたと思う。 ハスキーは俺の大学合格を見届けるかの様に、それから間もなく、19年の生涯を終えた。 ヨウムは俺が就職して間もなく。その頃は一日の殆どを止まり木の上で過ごしてたけど、 毎朝毎晩の挨拶は欠かさなかった。ある夜、いつものように「おやすみ」って声をかけたら、 その日はいつものように「オヤスミ」でなく「バイバイ、バイバイ」って言うんだ。 「違うでしょ、おやすみ」と言って「オヤスミ」と一言返ってきたが、俺が部屋から出る時は やっぱり「バイバイ」だった。 翌朝、止まり木から降りて、籠の隅っこでうずくまってた。48年の大往生。 不出来な弟で苦労かけたと思うよ。でも一人っ子でも寂しくなかったのは、 頼れる兄が二人もいたからだって俺は今でも思ってる。 何でこれ書いたかって、もう犬も鳥もいない生活が余りに寂しいから、そろそろ 新しい家族を迎えたいなと色々考えてたんだけど、これ書いてて涙とまんねえから まだ暫くは無理そうだ。

716: おさかなくわえた名無しさん 2010/01/19 20:58:11 ID:5slfE06c
>>714 48歳か。 そのヨウムは>>714をどういうふうに見てたんだろう。
720: おさかなくわえた名無しさん 2010/01/19 21:28:03 ID:dyrdBnAs
>>714 そんなに大事にしてもらえてヨウムもハスキーも 714のこと大好きだったろうね きっと君が泣いているのを心配してると思う。 新しい家族を迎えるのも良いし、別の方法でも良いし 彼らを安心させられるように元気だせー
友人はヨウム2羽と暮らしているのだが 片方がやたらしゃべったりさけんだりすると もう片方が「うるさいよ!」と叱る。 すると騒いでいた方が「〇〇ちゃんこそうるさいよ!」と反撃して 叱りあいの喧嘩になったのを見たのが衝撃だったw
715: おさかなくわえた名無しさん 2010/01/19 20:42:10 ID:yzGNdGWb
ヨウムってどんな生き物?
718: おさかなくわえた名無しさん 2010/01/19 21:10:09 ID:9J6Ue51C
>>715 インコの仲間。よく「オウム」の誤表記と間違われる。 非常に知能が高くておしゃべりが得意。ヨウムのアレックスで調べれば、その天才ぶりも窺い知れるかと。
ハスキーは大型犬の例に倣って知能が低いとされてるけど、集団帰属意識は強いから きちんと躾ければ鳥や幼児との共存も可能。 ちゃんと家族と認識してたと思う。

引用元: http://nozomi.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1261561413/


1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2015年5月16日 10:49 ID:shurabahoka

注目の記事記事

他サイト人気記事

コメント一覧

名前